華やかな仕事と言われる美容師。

その美容師のお手伝いをする縁の下の力持ちの「美容ディーラー」

では美容ディーラー求人とはどのような仕事でしょうか?

また待遇面はどのような待遇なのでしょうか?

一つ一つ詳しくお伝えします。

美容ディーラーという仕事を知ってもらうためのポイントを書いていきます。

「美容ディーラーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容ディーラーってどんな仕事?

美容室と切っても切れない立ち位置にある美容ディーラー。

あまり聞いたことがない人もいるかもしれません。

そしてあまり表舞台には出ることはないですが、美容業界では必要な役割の仕事。

ではその美容ディーラーとはいったいどのような仕事でしょうか?

仕事内容

美容ディーラーとは、主に美容室にシャンプーやトリートメント、カラー剤などの美容商材を卸す、卸売りの仕事をしている人のことです。

しかしただ商品を美容室に卸すのでなく、新商品が出たら美容師に向けて「臨店講習」という形で商品講習を行ったりします。

また毎週定期訪問をする営業の仕事もしています。

そのほかに美容師の休みの日にセミナーなど開いて美容師の売り上げのお手伝いをしています。

ですから美容ディーラーは美容室の悩みや要望を聞いてメーカーと解決し、またメーカーからの商品や情報を美容室に提案や案内をする、美容室とメーカーのパイプ役です。

メーカーから商品の買い付け

美容ディーラーは「代理店」です。

ですから契約をしているメーカーからの商品を買い付けて、その商品を美容室に提案をします。

そして美容室からの要望が多ければ、また新たなメーカーを探して契約をして商品の提案の幅を広げていきます。

美容商材だけではなく、美容室のシャンプー代やセット椅子などの美容器具もメーカーから買い付けて、美容室に営業をして導入します。

最近では美容ディーラーが自社メーカーを作って美容商材を販売している会社もあります。

サロンなどに買い付けた商品を卸す

メーカーから商品を買い付けて、商品をサロンに提案をし卸します。

ですがただ商品を卸すのではなく、その商品を導入してもらうために美容室でメーカーを呼んで、商品の知識を学ぶ講習をしています。

だいたいは美容室の営業時間が終わった後に講習会をすることが多いです。

その後に美容室にその商品を提案し卸します。

店舗の手伝い

営業や商品を卸したりする以外に、美容ディーラーがする仕事は「美容室の売り上げアップのお手伝い」です。

美容室が売り上げが上がらなければ商品を仕入れてもらえるわけがありません。

ですからどうしたら売り上げが上がるのかを、美容室のオーナーと話をしたり、スタッフミーティングに参加をしてスタッフのモチベーションアップをしたりします。

その他に美容室が休みの日に、有名な美容室のオーナーやスタイリストを呼んで、セミナーや勉強会を開催しています。

美容師の売り上げを上げることが店舗の手伝いになるので、さまざまな提案を美容ディーラーはしていきます。

チラシ・名刺作成

美容室のチラシやスタッフの名刺作成なども美容ディーラーが頼まれる仕事の一つです。

美容ディーラーはさまざまな職種の人たちと繋がっています。

メーカーやデザイン会社、求人関係などです。

ですからチラシなどは美容室から頼まれると、デザイン会社を紹介してチラシを作成します。

また名刺なども同様にデザイン会社やデザイナーなどに依頼をして作成をします。

美容ディーラーの名刺なども美容に通ずるデザイン会社などに頼むことが多いので、個性的な名刺があったりします。(ハサミの形をした名刺など)

販促

美容室の販売促進の方法はたくさんあります。

しかしその方法がその美容室に合っているかどうか。

またターゲット層にしっかりと伝わるかどうかを美容室のオーナーと話しながら販促をしていきます。

例えば1年間の年間スケジュールを決めて、どのタイミングでキャンペーンをするかなどです。

それ以外の美容室での販売促進は「集客」です。

お客様が来なければ美容室としての売り上げが上がりません。

ですからどうしたら集客ができるかを、商品のキャンペーンやWEBサイトなどを制作して、それを活用しながら集客をしていくお手伝いをします。

求人

ここ最近ではどこの業界も人材不足と言われています。

美容業界でも同じように美容師の人材不足が問題になっています。

美容師専門学校の卒業性も減っていき求人に頭を抱えている美容室がたくさんあります。

ですから最近の美容ディーラーは美容師専門の求人サイトを使って、美容室での求人のお手伝いをしています。

これからはこの「求人」という部分の仕事も増えていくのではないでしょうか。

「美容ディーラーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容ディーラー求人でよくある募集内容と募集職種

美容ディーラーは現在人材不足です。

また年齢が若い人を会社は必要としています。

それは美容師の年齢が若いということで、若い人の方が話が合うからです。

ですので企業的には30代よりも20代を求めています。

では美容ディーラーの募集内容や募集職種はどのようのなものがあるでしょうか。

詳しく書いていきます。

美容ディーラーの募集職種

美容ディーラーの募集職種はいくつかあります。

美容ディーラーが自社でしているメーカーとしての営業、美容ディーラーとしてのサロンへの営業、美容師向けに商品情報やカラーなどの技術などを教えるインストラクター、商品の受注をして商品手配をする事務やセミナーなどのイベントを運営する企画などさまざまあります。

美容メーカーのルート営業

美容メーカーとはシャンプーやカラーなどを作っている会社です。

美容メーカーの仕事は主に、代理店契約をしてもらった美容ディーラーに商品を案内し、提案する営業です。

新商品を開発したら、美容ディーラーのところに行き新商品を購入してもらうように営業をします。

またディーラーと一緒に美容室に訪問をする同行営業がメーカーの仕事です。

また全国の代理店に行くので、出張がほとんどになります。

全国をまわりたいと思う方には向いている仕事です。

美容室ディーラー営業

美容ディーラーの募集職種は主にルート営業です。

そして毎週決まった美容室を訪問しシャンプーやヘアカラーなどの美容材料を提案したり、商品の注文を聞いて配達や発送します。

またその他に美容室のスタッフ教育や美容室のブランディング、美容室の新設、リニューアルのサポートなどを行います。

美容室の売上アップをサポートします。

それ以外には美容師向けのセミナーなどのイベントのなどの案内もします。

美容インストラクター

美容インストラクターの仕事は、美容室や美容ディーラーやメーカーのスタジオなどで、美容師向けの美容材料の使用方法やカラーやパーマなどの技術講習をレクチャーする仕事です。

自分から美容室に営業をするということはありませんが、美容ディーラーやメーカーと一緒に同行してまわることが主になります。

事務・企画スタッフ

営業やインストラクターの他に、美容室から商品の注文を受けたり、美容室に請求書を作成し送ったりなどの事務職や美容師むけのセミナーなどのイベントを作り、企画運営していく企画スタッフなどがあります。

事務職はそのほかに伝票作成などの仕事もあります。

企画スタッフなどは美容ディーラーの大きさによっては営業と兼業をしているところもあります。

美容ディーラー求人でよくある募集内容は?

美容ディーラーの募集内容で一番多いのは、「ルート営業」です。

決まった美容室を1日何軒かまわって、美容材料のご提案や商品の配達をしていく仕事です。

要自動車免許

自動車免許は必ず必要になります。

1日に何件も美容室を回りますし、荷物や資料を車に乗せて動くことがほとんどです。

ですから美容ディーラーをするのであれば自動車免許は必ず必要です。

基本的PCスキル

美容ディーラーでの基本的PCスキルは、WindowsのExcelとWordができるといいです。

伝票を書き込んだり、資料を作るのはこの二つをメインに使います。

それ以外では企画などをする場合であれば、PowerPointやMacのIllustratorなどの経験があると優遇されます。

営業経験ありの方大歓迎

営業経験がある場合であれば、即戦力になるので雇う側からすると優遇します。

美容ディーラーの営業は、専門的なことを覚えるというよりも美容師と話したり、商品を提案することが主な仕事です。

ですから営業経験があるとすぐに仕事に慣れます。

また商品知識などは後からいくらでも覚えることができるので特に専門性は必要ありません。

男性活躍中!

美容ディーラーは正直、仕事の時間が長く、またスタッフをかかえている美容室のオーナーは男性オーナーがほとんどです。

ですから女性よりも男性の方が割合的には多く活躍しています。

しかし決して女性がダメなわけではなく、女性は女性にしかできない専門的な事(エステや化粧品)などのインストラクターとして活躍をしていますので、営業は男性が活躍して、女性はインストラクターとして活躍しています。

新卒・第二新卒歓迎

近年は大手の美容ディーラーは新卒・第二新卒を歓迎しています。

むしろ積極的に採用をしています。

なぜなら新卒であれば、下手な知識を持たずに一からその美容ディーラーの考え方や働き方を純粋に学ぶからです。

学生向けの就職サイトにもいくつかの大手の美容ディーラーが新卒を募集しています。

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

美容ディーラー求人の気になる疑問!

美容ディーラーは全国にたくさんあります。

大手から中小企業まで様々です。

また求人は常に出ています。

ではその求人についていくつか疑問があるので、そこを詳しく書いていきます。

収入の相場は?

美容ディーラーの収入の相場ですが、大手の新卒ですと初任給は205,000~230,000円でした。

ですから他の企業とさほど収入は変わりません。

都市部であれば平均500万ほどで地方でも400万ほどはあると言われています。

ただ大手だから高いわけではなく、中小企業の主任の方が大手の支店長よりも年収が高いところもあります。

ですから自分の能力次第では年収も上がるということです。

営業だけどキツイの?

美容ディーラーの仕事はルート営業といいましたが、商品を提案する営業だけではなく、美容室向けに講習をするのも仕事の一つです。

美容室が営業時間を終えて夜から「臨店講習」という名の技術講習や商品知識の勉強会や商品提案があります。

ですから営業時間は他の仕事よりも長いです。

また美容室の定休日の時に(都市部では火曜、地方では月曜)美容師向けのセミナーやイベントが月平均2回ほどあるので、休日出勤なども正直あります。

美容ディーラーは時間拘束の長い仕事と言われます。

繁忙期はある?

美容ディーラーの繁忙期は、美容室が忙しくなる繁忙期がディーラーも忙しくなります。

例えば卒業式や入学式などがある3月から4月にかけて、年末の人が一番動く12月などが美容業界として繁忙期と言われています。

しかしここ最近では昔よりも忙しさは少なっているように感じられます。

それは美容室がかなり増えて、お客様がいつでもいけるという考え方に変わり、平均的に人が動く時期が毎月変わらなくなってきたからです。

キャリアアップはできる?

美容ディーラーは比較的他の業界よりは、キャリアアップしやすい職種です。

営業で成果を出していけば、営業主任や支店長、支社長などにキャリアアップしていきます。

逆に言えば実力成果主義が強い職種ですので、成果が出なければずっと変わらない立ち位置になってします場合も多々あります。

求人はあまり多くなさそうだけど人気職なの?

求人はあまり多くないように見えますが、実は全国で見てみると大手、中小企業気にしないのであれば、常に募集はしています。

なかなか募集をしていないように見えるのは、中小企業などは転職サイトなどに求人募集をしないからです。

お金をかけずに採用をしようとしているのが中小企業の傾向です。

しかしそれでも募集を出すと応募はすぐくるので人気自体はあるのではないでしょうか。

美容業界未経験だけどできる?

美容業界未経験でもディーラーはできます。

美容知識などはメーカーもいるので、全部覚える必要はありませんし、講習なども自分でやることはほとんどありません。

ですから営業経験があればできます。

もちろん営業未経験で中途入社の人も多くいます。

\「自分にもできるか?転職できそうか?」不安だなと思ったら/

土日に休みは取れるの?

土日の休みは取れないと思った方が良いでしょう。

大手は土日祝日を休みしにしているところがほとんどですが、中小企業の美容ディーラーは日曜休みと美容室の定休日が休みです。

それは土曜は忙しい曜日なので、商品の注文などが多いので土曜は仕事をしている会社は結構あります。

しかし週休2日制の美容ディーラーがほとんどです。

GWや夏休み、冬休みもしっかりととれる仕事です。

「美容ディーラーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容ディーラーの仕事は美容師さんとの信頼関係が大切!仲良くなったり信用してもらえるようになるとやりがいがある!

美容ディーラーの仕事がわかってもらえたのではないでしょうか。

美容ディーラーで一番必要なのは営業能力よりも、美容師さんとの信頼関係を作ることが一番大切です。

関係性ができれば、頼りにされたり、信用してもらえるようになります。

そしてとてもやりがいのある仕事です。

まだまだ美容業界で美容ディーラーは必要とされています。

ですからこれから美容ディーラーを考えている人にとってはとても魅力的な仕事です。