ひと昔前に比べ、美容に対する意識が高くなりそれに伴い美容皮膚科の需要も増えてきています。

同時に、そこで働くスタッフの需要も増えてきているのが現状です。

さて、「美容皮膚科で働く」というとどう言った事を想像するでしょう。

ここでは美容皮膚科求人のあれこれを細かく説明していきたいと思います。

美容皮膚科求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

医師の場合

美容皮膚科で働く医師の仕事内容は、まず診察があります。

来院された患者さんの診察を行いそこで皮膚に異常がないかどうかを確認したのちに希望する美容医療が可能かどうかを判断します。

その他に、簡単なものはレーザー治療から難しいものになると整形などの手術を行うのも美容皮膚科で働く医師の仕事になります。

一見簡単そうに聞こえるかもしれませんが、皮膚に関する知識はもちろんの事手術をするとなると麻酔の事やそこで使用する薬剤についてもしっかりと知っておく必要があります。

看護師

次に看護師はどういった仕事をしているかというと、医師の診察の補助や手術の補助を行います。

また、注射や脱毛に関しては看護師が行っていい事になっているので施術も看護師が行います。

先ほども医師の仕事内容の項目で少しお話しましたが、看護師も皮膚の事に関してはもちろん施術する内容や使用する薬剤についてしっかりと知識を持っておく必要があります。

それはなぜかというと、もしトラブルが起こった際に迅速かつ適切に対処する為です。

人の皮膚に関わる事なので「知らなかった」では済まされない場合もあります。

受付・カウンセラー

美容皮膚科では受付やカウンセリングを、看護師が行なっているところもありますが大手になると受付やカウンセラーは別で雇っている場合が殆どです。

この2職種に関しては文字の通り、受付を行い診察に来た患者さんのお話を聞きどういったことを望んでいるのかを医師の診察に入る前に聞く役割をします。

そういった情報を、看護師や医師に伝達することで業務分担をしスムーズに診察・施術が行えるようにしています。

美容皮膚科求人にはどんな種類があるの?

美容皮膚科で勤めている職種についてお話しましたが、ここでは求人について少し触れてみたいと思います。

美容皮膚科求人の募集でよくある事業形態のパターンや施設

美容皮膚科は独立している場合が殆ど

一般的にある「皮膚科」とは少しジャンルが違う為、総合病院などに併設されている事はなく「美容皮膚科」として独立している場合が殆どです。

大きな法人等になると、病院と系列の様な形をとっている事もありますが施設自体が一緒になっている事はありません。

美容皮膚科求人の募集でよくある職種

看護師

冒頭の方で、美容皮膚科で働く職種についてお話しましたが医師ありきで成り立つのが病院というものです。

しかし、そこで働くスタッフの数を見てみますと一施設に対し最低で医師は一人いれば十分です。

その反面、看護師の担う役割はとても重要かつ業務内容も多くなるので働くスタッフの数は多くなります。

その為、求人で圧倒的な数を占めるのが看護師となるわけです。

医師

美容皮膚科の場合、大体が大手企業で雇われ医師の場合が多いので転勤や退職があります。

その為、空きが出た場合医師の求人も出てくるのですが数的にみても看護師ほど多くはなく年中求人があるわけではないことが殆どです。

カウンセラー・受付

先ほどもお話した通り、受付やカウンセリングを看護師が行う場合もありますが受付やカウンセラーを別に設ける施設も多くあります。

その為、新設されるクリニックがある場合や既存のクリニックに空きが出た場合求人が出されることが多くあります。

どういう職種が良いか決まっていますか?

ここで度々質問を受けるのが、どの職種がオススメですか?ということです。

答えは一概には言えないということです。

「美容皮膚科で働きたい」となった場合でも、働き方はいく通りもあります。

しかし、その職種で働くには必要な資格も異なってくることが殆どです。

自分で美容皮膚科を持ちたいと思った場合は医師免許が必要ですし、脱毛等をやってみたいと思った場合は看護師免許が必須となります。

元々免許をお持ちであるのなら話は別ですが、まっさらな状態で今から勉強をするという方はどういう方法で働きたいのかを間あえて見るものいいかもしれません。

美容皮膚科求人でよくある募集内容とは?

さて、ここからは求人について掘り下げてお話したいと思います。

皆さんは求人を見る際に何に注目してみていくでしょうか?

人によっては「給料が高いところ」と答える場合や、「休みがしっかりと取れるところ」と様々だと思います。

ここでは項目ごとに分けてお話したいと思います。

給与相場

一般的な皮膚科と異なり、美容皮膚科の場合は異常のある皮膚を正常に戻すというよりは正常な皮膚をよりよくするのを医療の力で手助けするといったイメージを持つと良いかと思います。

その為、保険ではなく自由診療の区分が大きくなるので施設に入るお金も大きくなる場合が殆どです。

という事は、つまりそこで働くスタッフの給料も高くなることが殆どです。

職種によって異なりますが、医師は開業か雇用かによって大きく変わります。

看護師の場合だと20代後半で31〜34万が相場で、受付やカウンセラーだと25万ほどが相場になります。(施設によって大きくことなるのも美容皮膚科の特徴です)

勤務時間や休日、残業

勤務時間は、大体が9〜18時の場合が多いようです。

美容皮膚科のターゲットとする患者層は大体が平日日中に仕事をしている方が多いので、皆さん休日を狙って診察にします。

その為、カレンダーの休みの日が患者を集客するのに向いている日ということになるので大体が、土日・祝祭日は開業している施設が多くなります。

そこで働くスタッフの休日は、施設の定休日+平日に交互で休む形になります。

また、残業についてですが美容皮膚科に限ることではなく医療業界はいつ患者さんが来院されるか、そこで何が起こるか予測が難しい場面が多くあります。

その為、定時で帰宅出来る日もあれば忙しく残業になることもしばしばあります。

残業時間は平均で2時間程度のことが多いようです。

福利厚生

福利厚生については、完全に施設によって大きく異なると言えます。

一概には言えないので、気になっている施設があるのであれば問い合わせてみましょう。

勤務場所

最近の美容皮膚科は、全国展開している施設が多くみられます。

その為、店舗を構える各地方で働いたり本社で働く場合が殆どです。

また、地域で開業している美容皮膚科で働くという手もあります。

求められる人物像

美容皮膚科で求められる人物像はどういった人なのでしょうか。

いくつかに分けてお話しします。

常に努力し続けられる人

近年の医療美容の発展を見て分かるように、次々と新しい技術が導入されてきています。

その為、施術する側に当たる医療従事者はそういった知識をしっかりと学ぶ必要があります。

なので、新しい知識をしっかりと学ぶことに努力出来る人材が求められます。

美意識が高い人

やはり、美容皮膚科で働く場合自身の外見にしっかりと気を遣える人物がふさわしいかと思います。

極端な話、太っている人が痩身の施術を行ったとしても正直、信憑性がありませんよね。

来院される患者さんは、そこで働くスタッフの外見もしっかりと見ています。

コミュニケーションがしっかりと取れる人

美容皮膚科で働く場合に限ったことではないのですが、医療従事者の相手は人になります。

その為、しっかりと相手とのコミュニケーションを取れる人材が医療職には必須になってきます。

必要なスキルや資格、経験

では、美容皮膚科で働く場合必要なスキルや資格・経験にはどういったものがあるのでしょう。

必要なスキルは特にない?

正直、特別必要なスキルはないと言えるかと思います。

そこで働いて、徐々にスキルアップしていきます。

必要な資格

必要な資格に関しては、その職種で働くかによって大きく異なってきます。

医師として働く場合は医師免許が必要になりますし、看護師として働く場合は看護師免許が必要になります。

受付やカンセラーに関しては特別な資格は不要な場合が殆どです。

必要な経験

これといった経験が必要ではありませんが、美容関係や皮膚科で働いたことがあるといった方はそれなりの知識がある場合が多いと思うので、スムーズに業務に入ることが可能かと思います。

自分にあった美容皮膚科の求人の選び方や注意点

実際に、美容皮膚科の求人を見ていく場合どういった点に注意し選択すればいいのでしょう。

いくつかの項目に分けて説明します。

【選び方①】雇用形態から探す

まず、雇用形態にはどういったものがあるのかを確認しましょう。

例えば、フルタイムで働きたいといった場合や家庭があるので時間を決めて時短で働きたい場合。

また、正社員ではなくパートとして働くといった手もあります。

自身のプライベートと照らし合わせ、無理のない働き方を選択しましょう。

【選び方②】職種から探す

職種の選択は必須になります。

有資格者の場合は問題ないのですが、資格がなく漠然と「美容皮膚科で働きたい」と思っても様々な職種があります。(医師・看護師・受付)

資格がないのに、看護師として働くことはできません。

どの職種で働きたいかをしっかりと考え、どういった資格が必要になるのかをしっかりと調べておきましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

業態というと難しいイメージがあるかと思いますが、美容皮膚科の場合一種類しか選択肢はなく独立しているクリニックで働くしかないので、詳しい説明は省きたいと思います。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

先ほども少しお話した通り、求人を見るにあたり自身が一番何を重要視しているのかをしっかりと考えるようにしましょう。

それによって、働き先が大きく異なってきます。

【選び方⑤】エリアから考える

美容皮膚科は主流になってきているとはいえ、一般的な病院に比べまだまだ数が少ないのが現状です。

住んでいる場所の近くがいいのか反対に、少し離れた場所で働きたいのかによって求人サイトを見る際のエリアが変わってきます。

美容皮膚科求人についてよくある疑問

最後に、美容皮膚科の求人についてよくある質問にお答えして終わりたいと思います。

応募方法は?

一般的な応募方法と同じで、書類での応募になります。

また、書類審査を通過したのちに面接を受けるパターンがほとんどです。

未経験でも応募できる?

もちろん、未経験での応募も可能です。

むしろ、現在働いているスタッフのほとんどが未経験での応募で採用された人たちばかりです。

採用されてから、経験を重ねることでスキルアップが可能になるので心配はありません。

会社の雰囲気は?

雰囲気は施設によって異なりますが、女性が主に働く場所であり働いている人に共通して言えるのが「美容が好き」という人ばかりなので、共通の話題から割と和気藹々と働いている施設が多いようです。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

大体が正社員での求人になりますが、稀に派遣の求人もあります。

アルバイトの求人はほとんどないと思って頂いた方がいいかもしれません。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

やはり正社員はそれなりの額をもらうことができますが、時短やパートなどになると徐々に給料は下がっていきます。

基本給は施設によって異なるので一概にいくらという風に答えることは難しくなります。

残業って多いの?

こちらの質問も、前の項目で少しお話しましたが、日によって異なります。

土日・祝祭日に来院する人が多くなる傾向にあるのでその際は2時間ほどの残業がほとんどの様です。

まとめ

美容皮膚科で働くに際して、必要な情報をいくつかの項目に分けてお話していきましたがいかがでしたでしょうか?

美容皮膚科といっても、様々な職種の人が働いておりその業務内容も様々です。

自身がどういった職種で、どういった仕事をしたいのかをしっかりと考えた上で必要な資格などを取得する様にしましょう。

また、美容皮膚科の今後についてですがますます需要は高まる分野の一つであることは間違い無いと思います。

今回のまとめが将来の職に悩んでいるあなた、転職で困っているあなたのお力になれれば幸いです。

美容皮膚科の求人を探す時は、こちらの記事も参考に!