いつまでも美しくいたいと思うのは、女性の永年の願いです。

そういった女性の願いを叶えるかのように年々美容業界はジャンルが増え、様々な業種や職種が出てきています。

店舗数もここ数年で格段に増えてきている分、各店舗が設定価格を下げることで集客をしていることも事実です。

そういった背景から、私たちも通いやすくなっています。

ここでは、めまぐるしい発展を遂げる美容求人には一体どういった業種や職種があり、実際にどういった募集内容があるのかをご紹介していきたいと思います。

「美容の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容求人はどんな種類があるの?

「美容」といっても頭の先から足先まで様々なパーツがあり、ひとくくりにすることはなかなか難しくジャンル毎で業種や職種が分かれています。

実際に美容に関わるお仕事はどういった種類があるのでしょうか?

美容求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

美容室

一番メジャーで誰もが一度は通ったことがあるのが美容室ではないでしょうか?

ただ単に「髪を切る」「髪を染める」といったことですがこれも立派な美容の種類になります。

一般的に、美容室は個人経営をしているところが多く少人数で経営してる場合が多いようです。

また、同時にネイリストを配置しネイルを行なっているところもあるようですがほとんどがヘアケアのみを行なっています。

アイラッシュサロン

ここ数年で一番の伸びを見せているのが、アイラッシュサロンといっても過言ではないはずです。

ひと昔前ではあまり見られなかった、まつげげエクステですがここ数年でかなりメジャーになっており若い女性ならかなりの確率で施術しているのではないでしょうか?

そこでまつ毛エクステの講習を受け、お店を開く人が増えてきました。

全国展開しているまつげ専門店もありますが、ほとんどが個人でお店をもちサロンを開いているようです。

マンションの一角で一人で運営している方も多くいます。

しかし、施術するには基本的に美容師の免許を取得していることが条件になります。

エステサロン

こちらも数多くの店舗を見かけるかと思いますが、年々新しい技術や機械が開発され店舗数を増やしてきています。

エステサロンに関しては、個人経営してるところも多くありますが全国規模で展開しているところが多くあります。

美容求人の募集でよくある職種

美容師

人気の施設の項目でお話ししたことと内容が被るようですが、やはり一番多い職種は美容師です。

自宅でセルフカットをしたりセルフケアする方もいるかと思いますが、ほとんどの人が美容室に通いケアをしていると思います。

そうなると必然的に美容室が必要で美容師の存在は欠かせないものになります。

国家資格ではありますが、合格率も比較的高く2年間規定の学校に通い試験に合格することで晴れて美容師として働くことができます。

美容師になるには、こちらの記事を参考に!

アイリスト

まつ毛エクステをしたりまつげパーマをしたりする人のことを指します。

先にも述べましたが、アイリストになるには美容師の免許を取得することが必須条件となります。

美容師の免許を取得したあとはそのほかに資格は必要ないのですが、ほとんどの人が就職先で研修を受けたり先輩アイリストから学んだりして技術や知識を習得しているようです。

アイリストになるには、まずは美容師の免許を取得しましょう。

エステシャン

全身のマッサージをしたりする人のことを指します。

実を言うと、エステシャンには特別な資格は確立されておらず様々な企業や団体が独自に資格を認定している形になります。

誰でもなれるといったら簡単そうに聞こえるかもしれませんが、人の体に関わることなので各団体が設けている資格を研修を受講したのちに資格を取得することをお勧めします。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

特にこれがいい。

と言うふうに一概には言えないのですが、やはり安心して就業できるのは大手の企業になるのではないかと思います。

先に美容業界は店舗数が拡大してきており、個人経営する方も増えてきているとお話ししました。

逆を返せば、業績がよくないとこの業界で生き残って行くことは難しいことが言えるかと思います。

もちろん、自身で事業展開することもありだとは思いますが、まずは長年支持されているような大手企業で知識や技術を取得してみるのも一つの手かと思います。

また、大手企業だと給料も比較的安定しており、福利厚生もしっかりしているところが多いようです。

ほかにも、各種休みが設けられており(産休や育休)出産後も安心して仕事復帰することが可能になります。

「美容の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容求人でよくある募集内容とは?

ここからはみなさんが気になる美容求人の内部事情について、お話ししていきたいと思います。

給与相場

どういった職種で働くかや、どういった場所で働くかによって異なりますが、調べてみたところ一般的に20万円前後のことが多いようです。

昇給があったりボーナスがあったりするところや、出来高によって報酬がUPする場合もあるようですが一般的にこの額からスタートすることが多いようです。

勤務時間や休日、残業

基本的に9時からの始業で、就業時間は営業所によって異なることが多いです。(美容室とエステサロンだとだいぶ異なる)

一般企業の場合だと、月〜金働いて週末にお休みといったところが多いかと思いますが美容業界の場合は週末出勤と言うところがほとんどです。

なぜかと言うと、お客さん目線で考えてみましょう。

エステに行きたいと思った時に、いつ行くか?と問われると休みの日ですよね。

先にもお話ししましたが、土日にお休みの企業がほとんどなので必然的にお客さんは土日に集中します。

とすると、働き手が必要になるのは土日ということになるわけです。

平日にお休みをして週末出勤のところが多いのも、この業界の特徴かと思います。

もちろん、週末に休みを取りたい場合は相談も可能ですので面接の際に確認しておくといいかもしれません。

福利厚生

こちらは働く企業によって大きく異なります。

大手になればなるほどしっかりしてきますが、個人経営になるとほとんどの場合は福利厚生はないものとして考えてもいいかもしれません。

求められる人物像

華やかなイメージがある美容業界ですが、実際はどういった人物像が求められるのでしょうか。

コミュニケーション能力が高い人

第一にこの点があげられるかと思います。

美容室やエステにいっても黙々と施術をする人よりは、日常会話を織り交ぜながら施術してくれた方がリラックスできて落ち着きますね。

ただ単におしゃべりをするという人もいるかもしれませんが、会話の中からお客さんのニーズを引き出すスキルも美容業界で働く上で必須になってきます。

忍耐力のある人

美容業界は心身ともに強くないと長年働くことは難しいです。

お客さんは綺麗にして欲しくて、時には高額のお金を払って来店してきます。

中にはイメージと違ってクレームをいってくる人も少なくはありません。

そういったお客さんに対しても辛抱強く耐え抜く忍耐力が問われます。

もちろん最初から備わっている人はなかなかいません。

働きながらそのスキルを身につけて行くことも大事な仕事の一つです。

トレンドに敏感な人

やはり美容というと、次から次へとトレンドが変化して行くものです。

そういった業界の最先端で働くわけですから、自身がトレンドに敏感である必要があります。

最新情報を常に把握しておくことで、お客さんとの会話が弾むきっかけになります。

必要なスキルや資格、経験

ここまでどういった業種があるかや、募集内容についてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか?

ここでは、美容業界で働くにあたっての必要なスキルや資格にはどういったものがあるかを、ご紹介して行きたいと思います。

美容求人のおすすめ求人のポイント

研修制度が充実している

美容師の様に国家資格が必要な業種もありますが、中には何の資格も必要ない業種もあります。

そういった中で適当な研修で知識や技術を習得してしまうと、お客さんに害を与えかねません。

しっかりと根拠に基づいた知識や技術を教えてくれるところを探しましょう。

自分の腕を上げるいい機会にもなりますよ。

実績がしっかりしている

様々な店舗がありますが、やはり安心して就職できるのは実績があるところに尽きるかと思います。

そういったところは、研修制度も充実している場合が多いのでチェックポイントとして抑えていてください。

自分にあった美容求人の選び方や注意点

色々な求人があり、実際にどこに目をつけたらいいか困ってしまいますね。

ここでは、どういった点に気をつけながら求人を見ていけばいいのかをご紹介して行きたいと思います。

【選び方①】雇用形態から探す

まずは、自分がどういった働き方をしたいのかということです。

フルタイムでバリバリに働きたい方。

子育ての傍、短時間のみ働きたい方と様々かと思います。

雇用形態を見つつ自身がどういった働き方をしたいのか再度確認しましょう。

【選び方②】職種から探す

どういった職種で働きたいですか?

美容師とエステシャンでは全然やることが違います。

しっかりと明確にしておきましょう。

明確にすることで今後の方向性も見えてきますよ。

【選び方③】会社の業態から考える

難しく聞こえるかもしれませんが、大手の企業で働きたいのかそれとも個人で経営している様なサロンで働きたいのかということです。

それぞれに良い点や悪い点があるので事前に調べておいてほしい点です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

こちらも必ずチェックしてほしい項目になります。

働く場所によっては給料が数万円の差で異なってくる場合もあるので、しっかりとチェックしましょう。

いくら雇用条件がいいからといって給料の提示を見逃してしまうと、後々トラブルの元になりかねません。

【選び方⑤】エリアから考える

自宅から通いやすい場所がいいですか?

それともあえて、自宅から離れた場所がいいですか?

考えは人それぞれかとは思いますが、残業をした場合にどのエリアで働くことが自身の負担を最小限に抑えることができるかも重要なポイントです。

「美容の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容求人についてよくある疑問

ざっくりとお話ししましたがいかがでしたでしょうか?

美容業界も人材不足が続いている様で、どの業種も人手を必要としています。

そういった中、自分に合う求人が見つかった場合実際にどうやって就職まで動けばいいのでしょう?

簡単に説明して行きたいと思います。

応募方法は?

一般的に求人サイトを通して応募することが多いかと思います。

その際に必要になるのが履歴書です。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

どういったことを学んで、どういったプロになりたいか。

また、転職の場合は前の職場を辞めた理由やこの業種(店舗)を選択した理由については必ず聞かれます。

また、雇用者としては短期間で辞めてしまう人より、長期勤務してくれる人を優遇する傾向にあるので長く働き続けたい意思を伝えることで合格に近づくことができます。

未経験でも応募できる?

もちろんできます。

経験者も即戦力として重要ではありますが、未来の美容業界を担って行く新しい人材も必要です。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

職場によって異なります。

事前にしっかりと調べましょう。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

フルタイム勤務の方がパートに比べ給料は高いです。

そのくらい違いが出るかは、就職先によって異なるのでチェックしておきましょう。

残業って多いの?

残業時間の提示をしていないところが多いですが、忙しい時はどうしても残業をやらざるをえません。

全くないということはほとんどないので、ある程度は覚悟しておいた方がいいと思います。

資格って必要なの?

美容師やアイリストは資格が必要です。

また、その他の美容求人内容によっては必要になってくる場合も多くあるので必ず確認しましょう。

まとめ

美容業界の求人についてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。

美に対する意識が高まることと同時に、美容求人の数も増えてきています。

実際にどういった職種で働きたいのかを明確にした上で、求人に目をつけると選択しやすくなります。

ここでお話ししましたことを参考にしてみてください。

きっと、より良い求人がきっと見つかるはずです。


美容求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容外科カウンセラー転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

美容外科カウンセラーは、人気の職種です。離職率が低いために求人数も少ないと言われています。そのため倍率が高く競争率が激しい美容外科もあります。筆者は美容外科カウンセラー経験者です。筆者の場合は、20代の頃に飲食店などでフリーターとして働いた後に大手の美容外科カウンセラーへ転職しました。30代で美容外科カウンセラーは卒業しようと思い、ウイッグ販売などの職に就きましたが、「やっぱり美容外科カウンセラーの仕事が好きだ!」「宝くじで3億円当たったとしても美容外科カウンセラーとして働き続けるかも」と思うくらい天職かも!と思い、個人経営の美容外科カウンセラーに再転職しました。美容外科カウンセラーへ転職と再

ブライダルヘアメイク求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「華やか」という印象が強いブライダル業界。ヘアメイクとして仕事をする上で、ブライダルヘアメイクの経験は高く評価されます。なぜならそれだけ技術が必要であり、接客力も試される仕事だからです。やってみたい、と思ったらまず行動してみましょう。ブライダルヘアメイクの求人について解説します。ブライダルヘアメイクのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容仕事内容としては、式本番の新郎新婦のヘアメイク以外にも様々です。式の前にする前撮り、リハーサル、本番の列席者のヘアメイクなど、式本番だけが仕事ではありません。結婚式場やブライダルサロンの社員になると、それ以外にも事務作業などあまり目立たない仕事も行います。またサ

ブライダルヘアメイクの仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

「ブライダル関連のヘアメイク」というと、華やかな世界を想像する人が多いかもしれません。でも実際は花嫁様が輝くお手伝いをする、黒子的な存在です。そんなブライダルヘアメイクの仕事について、具体的な仕事内容や、向いている人について解説します。ブライダルヘアメイクはどんな仕事?ブライダル関連のヘアメイクは様々です。式本番のヘアメイクはもちろん、結婚式の前にする前撮りや、リハーサルヘアメイク。式の最中に花嫁様のサポートをする「アテンド」も仕事のひとつです。ヘアメイクといってもただヘアメイクをやっていれば良いというわけでもなく、細やかな気遣いが必要な仕事です。結婚式には様々なドラマがあります。予想しなかっ

ヘアメイクの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ヘアメイクの仕事、と聞くとどんなことを想像しますか?芸能人のヘアメイクや花嫁のヘアメイクなど、華やかな世界をイメージする人が多いのではないでしょうか。では、実際のヘアメイクの仕事はどんな雰囲気なのか、具体的にどのような現場があるのか、ヘアメイク経験者が解説します。ヘアメイクはどんな仕事?ヘアメイクは、その名の通りヘアセットやメイクアップを人に施す仕事です。対象の「人」は様々です。一番イメージしやすい「人」は芸能人やモデルだと思いますが、その限りではありません。ヘアメイクの大まかな仕事内容ヘアメイクの仕事は、まずは髪の毛のセットとメイクアップです。海外のヘアメイクはヘアセットとメイクで分かれてい

ヘアメイク求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「ヘアメイク」と聞くと、みなさんどんな業務や働き方を思い浮かべますか?何となくイメージはできても、仕事内容や活動時間など詳細までは意外と知らなかったりしますよね。また、どうしたらヘアメイクになれるのかについてもよくわからないという方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、ヘアメイクという職業について解説したいと思います。業務内容や求人に関してもまとめますので、ヘアメイクに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。ヘアメイクにはどんな仕事があるの?ヘアメイクの主な業務は、その名の通りヘアセットとメイクを行うこと。しかし一言にヘアメイクといっても、働く場所によって担当する相手が大きく異なります。

美容外科求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

美容外科は少し敷居が高いイメージがありませんか?整形というと少し怖い感じがしますが、今ではメスを使わず糸によって二重にする埋没法はアイプチ感覚で受ける方が多くなっていますし、整形への偏見も薄れてきています。美容外科では整形だけではなく美肌治療や脱毛、美容点滴や注射などたくさん施術しており、医学的にキレイになるためのお手伝いをする仕事です。お客様の希望に合った治療を提案、施術していきます。提案するからには、美容の知識も必要ですので日々の勉強ですし、新しい治療がどんどん出てきますので情報のアンテナを張っておく必要があります。また、クリニックによっても医師によっても考え方や得意分野、治療方針が違うた


美容求人に関するコラム

美容に関わりたい人におすすめの仕事9選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

いつまでもずっと綺麗でいたい、今以上にもっと綺麗になりたい…。そんな願いを持つ女性は今も昔も後を絶ちません。近年では女性のみならず男性もエステに通い、メイクをする時代です。コスメも様々な種類があり、今や小学生でもメイクやネイルを楽しんでいます。そんな中、美容に関わる仕事に就きたいと思う人も増えています。そこで今回は美容に関わることができる仕事についてご紹介したいと思います。美容に関わりたい人におすすめの仕事9選美容といっても様々なジャンルがあります。頭から足の先まで考えると実に多くの仕事があります。今回はその中でもおすすめの美容に関わる仕事についてご紹介しましょう。エステティシャン美容の代表格

美容外科カウンセラーとはどんな職場?仕事内容や役割、仕事の探し方など詳しく解説します!

美容外科カウンセラー求人での仕事内容と気になる疑問について解説します。美容外科カウンセラーというと華やかなイメージがありませんか?実際は、来院されたお客様のコンプレックスや悩みを聞いたり、治療法を提案し説明したり、医師とお客様の間の橋渡し役をしたり、治療費の見積もりを作ったり、会計などお金の管理をすることも多くありクレジットカードやローンの手続きも行ったりと、とても忙しく動き回ります。そんな美容外科カウンセラーの仕事を詳しく解説します。美容外科カウンセラーとはどんな仕事?お客様とコミュニケーションをとり、どんな悩みがあるのか?その悩みを解決するにはこのような方法があるのか?その方法はどのような