「ブライダル関連のヘアメイク」というと、華やかな世界を想像する人が多いかもしれません。

でも実際は花嫁様が輝くお手伝いをする、黒子的な存在です。

そんなブライダルヘアメイクの仕事について、具体的な仕事内容や、向いている人について解説します。

ブライダルヘアメイクはどんな仕事?

ブライダル関連のヘアメイクは様々です。

式本番のヘアメイクはもちろん、結婚式の前にする前撮りや、リハーサルヘアメイク。

式の最中に花嫁様のサポートをする「アテンド」も仕事のひとつです。

ヘアメイクといってもただヘアメイクをやっていれば良いというわけでもなく、細やかな気遣いが必要な仕事です。

結婚式には様々なドラマがあります。

予想しなかった出来事が起こることもあります。

その人の人生の中で、確実に節目となる場に同席し、そのお手伝いをする、重要な仕事です。

ブライダルヘアメイクの大まかな仕事内容

式の担当が決まったら、まずはリハーサルヘアメイクを行います。

リハーサルヘアメイクとは、本番にする髪型やメイクを花嫁様と相談しながら実際に作ってみることです。

強制ではありませんが、花嫁様のほとんどがリハーサルヘアメイクを希望します。

当日に着る衣装をチェックし、髪飾りやアクセサリーとも照らし合わせながら、花嫁様の雰囲気に合うヘアメイクを施します。

この時、実際に「こんな風にしたい!」という具体的な希望を持っている新婦様はほとんどいません。

ほとんどの方がプロと相談したいと思っています。

花嫁様の気持ちを汲み取る対応力と、ヘアメイクの提案力が求められます。

前撮りがあれば、前撮りのときのヘアメイクも担当します。

前撮りは写真用のヘアメイクなので、本番のときとは注意するポイントが異なります。

また、和装婚の場合は着付け師が着付けをしますが、洋装婚のときはヘアメイクがドレスを着せることも多いです。

前撮り、リハーサルヘアメイクが終わるといよいよ本番です。

本番では、ヘアメイク自体ももちろんですが、緊張している新郎新婦を和ませるという役目もあります。

もしかしたらそちらの方が重要な仕事かもしれません。

本番までに信頼し合える関係性を作り上げておくことが大切です。

その現場にもよりますが、そのままヘアメイクの人が式のアテンドを務めることもあります。

アテンドは、花嫁様の歩く道を示してサポートしたり、涙がこぼれそうなタイミングでハンカチを渡したりと、その仕事内容は多岐に渡ります。

緊張している場で慣れない衣装を着ているので、体調を崩す花嫁様もいます。

そんな少しの変化に素早く気付いたり、とっさの判断をしなくてはいけません。

花嫁様の一番近くにいる人、という自覚を持って仕事をしなければいけない、とても責任のある仕事です。

仕事上の役割とは?

ヘアメイクを美しく仕上げることは大前提としてあります。

ですが、自分が思う「新婦に似合うヘアメイク」をするだけではいけません。

新婦様の好みもうまく汲み取りながら、絶対に納得してもらえるヘアメイクを施す必要があります。

新郎新婦にとって人生の中の一大イベントであり、絶対に後悔したくないイベントでもあります。

万が一気に入っていなくても、はっきりと「気に入っていない」と言える花嫁様は少ないので、丁寧なカウンセリングが必要です。

そして、一番の役割は「新郎新婦を安心させること」です。

プランナーとはまた別の仕事にはなりますが、自分の晴れ舞台のヘアメイクを誰かに任せるということは、きっと不安もあるはずです。

そんな不安と緊張の中にいる新郎新婦を、確実な技術と細やかな気遣いで安心させることが、ブライダルヘアメイクのとても大きな役割です。

ブライダルヘアメイクの仕事はどんな人に向いている?

ブライダルヘアメイクは人の晴れ舞台に携わる責任のある仕事です。

どんな人が向いているのかを解説します。

責任感が強い人

人の晴れ舞台に関わるということは、とても責任のあることです。

午前中の式の場合、始発で現場で行くことも珍しくありません。

式の最中は休憩もありませんし、基本的には立ちっぱなしです。

ブライダル関連の仕事を楽な仕事と言う人はいないでしょう。

また、人間なので、自分とは合わない新郎新婦も中にはいると思います。

そんなときでも、常におふたりのことを想って行動しなければいけません。

責任感に欠ける人にはとても務まる仕事ではありません。

最後までおふたりのことを考え、最高の式にしようと心から思える人が求められています。

提案力のある人

先述のように、全ての花嫁様が必ずしもやりたいヘアメイクが決まっているとは限りません。

本当は式はやりたくなかったけれど、親がどうしてもと言うから、など、しぶしぶ式を挙げる人も中にはいます。

自分で決めることが苦手な優柔不断な人もいます。

なんとなくは決まっているけど、やりたいことをうまく説明出来ない人もいます。

このように、様々な花嫁様がいるのです。

そこで求められるのが提案力です。

このドレスにはこんな髪型が似合う、この人にはこんなメイクが似合う、など、自分の中の引き出しをなるべく多く持っていることが大切です。

そのためには流行もドレスの形も勉強しなければいけません。

その引き出しの中からその人に合うものを選び、提案する力のある人が向いています。

根気がある人

人生の晴れ舞台ですから、こだわりの強い新郎新婦もいます。

中にはリハーサルヘアメイクを何回も行う人もいます。

自分の提案と新婦様の好みが合致するまで何回も話し合ったり、実際に作ってみたりしなければいけないので、根気が必要です。

また、それとは別に下積みに対しても根気が必要です。

最初から未経験でブライダルヘアメイクになることは難しいので、どこかの会社に所属することが必要です。

社員、バイト、業務委託、様々な働き方があります。

入った会社で一通りのマナーやブライダル業界のシステム、試着の仕方、ヘアメイク、アテンド、と必要なことを学びます。

すぐにデビュー出来る会社もありますが、下積みが長く、担当を持つまで時間がかかる場合もあります。

覚えることも多く、女性が圧倒的に多い業界なので、気を遣って疲れることもあるかもしれません。

「絶対に一人前になる」という強い意志と、下積みに耐えられる根気が必要です。

細やかな気遣いが出来る人

新郎新婦だけでなく、プランナーや一緒の現場で働く人などに気を遣える人が向いています。

結婚式を作ることにもチームワークが必要です。

自分の担当の仕事だけが100%出来ていれば成功する、というような単純なものではありません。

各セクションの人と協力し、新郎新婦の想いを形にしなければいけません。

そして一番に気を遣わなければいけない人はやはり新婦様です。

人生で、自分が主役になる式典は、実はなかなかありません。

そして大人になればなるほど、それは緊張するものです。

そんなとき、近くに信頼出来る人がいれば安心出来るものです。

この人に任せておけば大丈夫、と思ってもらえるように尽力することが大切です。

ブライダルヘアメイクの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

いざブライダルヘアメイクになりたい!と思ったときに活かせる経験をお話します。

美容師経験

美容師からブライダルヘアメイクへ転向する人は少なくありません。

ブライダルヘアメイクとして勤務するには、美容師免許が必須である現場がほとんどです。

実際に髪を切ったりすることはほぼありませんが、資格を活かせる現場といえます。

美容師はあらゆるタイプのお客様と関わっているため、接客力も活かすことが出来ます。

ブライダル関連の仕事

プランナーやアテンド、ドレスショップなどの経験は大いに役に立つでしょう。

ブライダル業界は気の遣い方や動いているお金の面でも少し特殊な業界です。

その業界を知らないと馴染むまでに時間がかかったり、大きなストレスを抱えることもあります。

業界経験者であれば歓迎されますし、自分の武器にもなるはずです。

ブライダルヘアメイクで働くメリットとは?

大変なことも多い現場ですが、そんな中にも働くメリットがあります。

人の人生の節目に立ち会える

結婚式は、小さな頃から憧れている新婦様も多く、親御さんやご親戚にとっても一大イベントです。

そんな家族の一大イベントに携わることが出来る仕事は多くはありません。

そして結婚式にはいろいろなドラマがあります。

友達でも親戚でもないですが、担当した人たちの結婚式はいつも心が震えます。

人の幸せを分けてもらえる、やりがいのある仕事です。

「ありがとう」と言われる仕事

基本的に新郎新婦の近くにいる仕事なので、信頼されていればとても感謝される仕事です。

結婚式が終わっても手紙をいただいたり、定期的に会いに来てくれる人もいます。

人から「ありがとう」と言われる仕事はありそうで、本当は少ないものです。

そしてここまで密接に人と関わる仕事も少ないです。

初めて担当した方や、初めて仕事で見た式はきっとずっと心に残るでしょう。

そしてそれと同じように、担当した新郎新婦の記憶にも残るはずです。

決して楽な仕事とは言えませんが、その分やりがいがあり、「忘れられない一瞬」を感じることが出来る仕事です。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

現場や働き方にもよりますが、チーフマネージャーなど現場を管理する道があります。

独立してヘアメイク事務所を立ち上げる人もいます。

ブライダル業界の社員の場合、フリーランスに転向する人も多いです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

ブライダル業界経験というものは、接客を必要とする業界では強みです。

ブライダル業界はある程度のヘアメイクのスキルも接客スキルも認められている人、という印象が強いからです。

そしてその業界にいたというだけで責任感の強さや、きちんとしているという印象を与えます。

ホテル業界など、接客に厳しい業界でも活かすことが出来ます。

自分にあったブライダルヘアメイクの求人の選び方や注意点

ブライダルヘアメイクと一言で言っても働き方は多岐に渡ります。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態は、式場やブライダルサロン・ヘアサロンの社員、契約社員、ヘアメイク事務所に所属、フリーランス等様々です。

フリーランスで働く場合は、業界経験がないと働くことは難しいので、式場などで経験を積んでからフリーランスに転向することが普通です。

稀に本番のヘアメイクだけお願いしたいという依頼もあるので、そのような依頼はフリーランスでも対応出来ます。

また、ヘアメイクだけではなく、アテンドも出来ると仕事の幅が広がります。

式場やブライダルサロンの場合は、美容師免許があれば0から教えてもらえることが多く、先輩のアシスタントから入ります。

急に花嫁担当となるのではなく、ご親族のヘアメイクなど、経験を積んでから花嫁のヘアメイクデビューになるので、段階を踏んで学ぶことが出来ます。

また、いろんな先輩や同僚のやり方を見て学べるので、長い間ブライダル業界で働きたいという人は、やはり一度式場やブライダルサロンに入ることをおすすめします。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

社員や契約社員の場合、給与は幅が広く、経験年数や立場によっても変わりますが、大体18万〜30万程です。

フリーランスの場合は、アテンドが出来るか出来ないかによっても変わります。

ヘアスタイルによって変わる場合もありますし、基本的に自分で金額を提示することが出来ます。

ヘアメイク事務所に所属して派遣される場合、日給のことがほとんどで、相場としては日給3万ほどです。

【選び方③】エリアから考える

式場は同じような地域に固まっていることが多いですが、どこの県でも式場は存在します。

地元でヘアメイクの仕事をしたい、という希望も、ブライダルヘアメイクだと叶いやすいでしょう。

まとめ

一生の中でも大きな想い出になる結婚式。

その中で一番新郎新婦の近くにいる人。

それがブライダルヘアメイクであり、アテンドです。

決して楽な仕事ではありません。

むしろ厳しい仕事かもしれません。

ですがそれ以上にいろんなドラマに立ち会うことが出来ます。

「人生で一番自分が綺麗だったのは結婚式のとき」と言う人も多いです。

そんな、人の一番の「綺麗」を作り出せるのは、ブライダルヘアメイクの醍醐味であり、やりがいです。

大変なことも多いですが、当日の新郎新婦の顔や、結婚式に出席しているゲストの「綺麗」という声、親御さん達の涙で、苦労は吹っ飛び、やりがいに変わります。


関連キーワード

ヘアメイク求人