「華やか」という印象が強いブライダル業界。

ヘアメイクとして仕事をする上で、ブライダルヘアメイクの経験は高く評価されます。

なぜならそれだけ技術が必要であり、接客力も試される仕事だからです。

やってみたい、と思ったらまず行動してみましょう。

ブライダルヘアメイクの求人について解説します。

ブライダルヘアメイクのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

仕事内容としては、式本番の新郎新婦のヘアメイク以外にも様々です。

式の前にする前撮り、リハーサル、本番の列席者のヘアメイクなど、式本番だけが仕事ではありません。

結婚式場やブライダルサロンの社員になると、それ以外にも事務作業などあまり目立たない仕事も行います。

またサロンによっては、和装婚にも対応出来るヘアメイクを求めていることもあります。

式当日に新郎新婦が困らないようにサポートする、アテンドスタッフとして働くこともあります。

ヘアメイクだけ出来れば良いというわけではなく、ブライダルに関わるあらゆることを知らないといけません。

精神力に加え体力も必要な仕事です。

ブライダルヘアメイクは会社でどういう役割を求められる?

ウエディングプランナー同様、新郎新婦にとても近い立ち位置であるのがヘアメイクです。

結婚式は新郎新婦にとっての晴れ舞台。

普段あまりメイクをしない人や、関心がない人もこの日ばかりは美しいメイクをし、似合うヘアスタイルをして、綺麗な自分でいたいと願っています。

中には自分で考えているイメージをうまく伝えられなかったりして、もどかしい想いをする新婦もいます。

そんな新婦の気持ちを汲み取り、寄り添い、「人生で一番綺麗な瞬間」を共に作るのがヘアメイクの役割です。

どんなヘアメイクもそうですが、人の肌に触れ、髪に触れる仕事です。

パーソナルスペースを超えて近づかなければいけない仕事なので、お互いの信頼関係が重要になります。

その上人生の一大イベントである結婚式のヘアメイクです。

新郎新婦と信頼関係を築き、美容の面やそれ以外のナイーブな面をサポートする役割を求められています。

ブライダルヘアメイクにはどんな種類があるの?

ブライダルヘアメイクの働く場所や働き方は多岐に渡り、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ブライダルヘアメイクの募集でよくある施設や事業形態のパターン

結婚式場

全国には多くの式場がありますが、ひとつの式場専属のヘアメイクという働き方です。

メリットは、同じ場所での勤務のため、自分の出来ることと出来ないことがわかりやすく、技術も習得しやすいことです。

例えばヘアメイクは出来るので、次は着付け、など、順序立てて研修が組まれることが多いです。

未経験の場合は先輩について教えてもらうこともでき、経験が少ない場合のスキルアップする場所としては適しています。

デメリットは、ひとつの場所で決まったスタッフだと式場の大きさにもよりますが、一人あたりの仕事量が多いことです。

正社員だと年間休日も少ない会社が多く、体力的にも大変なことが多いです。

ブライダルサロン

ひとつの式場の専属ではなく、そのサロンが契約している式場に出向いてヘアメイクをする働き方です。

メリットはサロンというひとつのホームがありつつ、様々な式場で働くことが出来るので、多くの人の技術を見ることが出来る点です。

請け負う会場がいくつかあるため、結婚式場よりもスタッフの人数が多いことがほとんどです。

また、七五三や成人式などの大きなイベントのときは、ブライダル以外のヘアメイクを施術することもあります。

デメリットは、自分のサロン以外のスタッフとも勤務することも多く、行く式場も変わるため、慣れるのに時間がかかることです。

新郎新婦のみでなく、他の会社やそれぞれの式場のスタッフに気を遣うことも多く、人付き合いの上手さが求められます。

ブライダルヘアメイクでよくある募集内容とは?

ブライダル業界のヘアメイクとして働きたいと思ったとき、求人にどのようなものが多いか解説します。

給与相場

経験にもよりますが、正社員の場合は18万〜27万ほどの会社が多いでしょう。

給与に関しては会社の大きさや請け負う仕事内容によって変わり、他の業界よりも幅が広いので、慎重にチェックしましょう。

給与が高いところが良いわけではなく、その場合は休日日数が少ないなど理由がある場合が多いので、併せて考えましょう。

勤務時間や休日、残業

シフト制を採用していて、土日祝日は基本的に出勤という会社がほとんどです。

ブライダル業界にも繁忙期があるので、繁忙期は残業が発生することが多いでしょう。

また、基本給にみなし残業代が入っていることもあります。

福利厚生

社会保険、賞与、昇給以外は会社によってまちまちです。

サービス業で、お客様に合わせる仕事でもあるので、充実しているとは言えないかもしれません。

勤務場所

ヘアメイクとして採用されれば、店舗や式場など現場の勤務がほとんどです。

社員だと事務作業や研修なども多いため、事務所での勤務もあるでしょう。

求められる人物像

憧れでブライダル業界に飛び込んで行く人も多いですが、実際に働くときはどのような人物が求められるのでしょうか。

ご紹介していきます。

体力、精神力がある人

ブライダル業界の仕事は楽なものではありません。

式に合わせて早朝からの出勤もありますし、深夜までかかる場合もあります。

人と深く関わる仕事ですが、人間ですから合わない新郎新婦もいるでしょう。

また女性が多い職場なのでストレスを感じる人もいるかもしれません。

そして、自分の担当の式が入っている日は体調が多少悪くても休むことが出来ません。

オンとオフがしっかりできる、体力的にも精神的にもタフな人が求められます。

空気が読める人

ヘアメイクのリハーサルや打ち合わせをしていて、「なんとなく違う」と思っていても、それを直接伝えられない新婦もいます。

それ以外にも、式の最中や前撮りの最中に気分が悪くなってしまったけど言い出せない、という場面もあります。

ですが、そのようなときは表情や行動、言葉の端々など、何かしらでサインを出しています。

そのサインを読み取れるような空気が読める人、またスタッフが困っていたら先回りして手助けをしてあげられるような人が求められます。

努力家な人

「ブライダルのヘアメイクさん」は、新郎新婦、親族からの期待値が高いところから始まります。

自分にとって少しの失敗でも、期待値が高い分、新婦を残念な気持ちにさせてしまうこともあるかもしれません。

ブライダルヘアメイクは技術職なので、日々の鍛錬が必要なのは当たり前のことです。

会社によっては定期的にテストがあるところもあります。

また、新婦が必ずしも希望の髪型やメイクがあるわけではないので、その場合は提案する力が必要です。

新婦の好みの感じに合わせて似合うものを提供しなければいけないので、技術の他に知識も必要です。

時には業務時間外に勉強しなければいけないこともあります。

自分のスキルアップのために、そして新郎新婦のために努力することが出来る、努力家な人が求められます。

必要なスキルや資格、経験

最近では、ブライダル業界未経験でも採用する会社が増えています。

しかし、ブライダルヘアメイクとして必須条件なのが美容師免許です。

ただし、美容師免許を保持していなくても、列席のヘアメイクのみであれば任せてもらえる会社も多いです。

新郎新婦を担当したいという場合、ほとんどの会社で免許の保持が必須条件です。

経験に関しては、ブライダルの経験がなくてもヘアメイクの経験があればOKと謳っている会社も増えていますので、若い人がチャレンジしやすい環境といえます。

ブライダルヘアメイクのおすすめ求人のポイント

求人で見るべきポイントを解説します。

年間休日の数

ブライダルヘアメイクの年間休日は多くて120日、少ないと90日にも満たないことがあります。

式が集中する土日祝日は基本的に休めず、まとまった休みも取りにくい仕事なので、年間休日の数をチェックして、自分の生活リズムに合っているかを確認することが大切です。

年間休日の数が多い会社ほどスタッフが多かったり、制度が充実している場合が多いです。

研修の有無

経験者であっても未経験者であっても研修の有無はチェックすべきポイントです。

しっかりと教育してから新郎新婦のヘアメイクが出来る、など、段階を踏んでいる会社は技術の上達が見込めます。

ヘアメイクが出来るようになったからその後は着付け、など、その後のスキルアップ時の教育にも期待することが出来ます。

ブライダルヘアメイクの雇用形態による違い

正社員、アルバイト・パート、業務委託など、ブライダルヘアメイクにもあらゆる雇用形態があります。

正社員

ヘアメイク以外の事務仕事も多く、後輩ヘアメイクの教育やシフト管理なども仕事のうちです。

ヘアメイクだけをやっていたい、という人にはあまり向かない働き方ですが、それだけ学べることも多く、教育制度が整っている会社であればアテンドや着付けまで、幅広いブライダルの技術を磨くことが出来ます。

一方で時間に縛られることが多く、ひとつの式が終わったら次はリハーサルヘアメイク、など、忙しい時期だと休憩をとることが難しい場合もあります。

本当にブライダルという現場が好きで、いろいろやってみたいという向上心のある人に向いています。

アルバイト・パート

週に何回か決められた日数出勤していれば、自分の好きなときに働ける働き方です。

会社にもよりますが基本的にはヘアメイクやアテンドなど、現場で勤務しています。

社員に比べると気軽な働き方といえますが、人から指示されることも多く、柔軟に対応しなければいけません。

給料は時給換算の場合が多く、必ずしも自分の希望のシフトに仕事があるとは限りません。

主婦や、ブライダル以外のヘアメイクもやりたいという人に向いている働き方です。

業務委託

フリーランスのヘアメイクとして働いている人は、ブライダルヘアメイクをするとき、ほとんどの人が業務委託で働いています。

アルバイト・パートと似た働き方ですが、基本的には週に何日入らなければいけない、というような縛りはなく、自分の好きなタイミングで働ける働き方です。

給料は日給や、1案件に対して支払われることが多いです。

ブライダルヘアメイクについてよくある疑問

初めてブライダル業界に飛び込むときは、勇気がいるものです。

よくある疑問をまとめました。

ブライダルの専門学校を出ていなくても働けるの?

ブライダルに限らず、冠婚葬祭を扱うということは専門的な知識やマナーが必要なものです。

もちろん、専門学校を出ていればその知識は多少学校で身についているかもしれません。

しかし、学校と現場は全くの別物です。

学校を出ていなくても基本的には問題ありません。

その場合、充実した研修があるかどうかが大切です。

本番を見て学べることもたくさんありますし、先輩についていって自然に覚えていく、というやり方ももちろんあります。

ですが、未経験の場合は0から学ぶことばかりなので、ついていけないこともあるでしょう。

研修について明記していなかったり、不安なことがあったら、思い切って採用の担当者に問い合わせてみましょう。

ヘアメイクなのにヘアメイク以外のこともしなくてはいけないの?

働き方や会社にもよりますが、ヘアメイクとアテンド両方出来る人は歓迎されます。

出来なくても入社してからスキルを身につければ問題ありません。

業務委託の場合は、ヘアメイクだけでも問題ないことが多いですが、アテンドも兼務する場合は給料が変わります。

せっかくブライダルの業界に入るのであれば、出来ることは多い方が学びにもなりますし、今後の経歴にもなります。

ヘアメイク以外のこともチャレンジしてみることをおすすめします。

技術チェックってあるの?

面接と一緒に技術チェックを実施する会社は多いです。

やはりその人がどのくらいヘアメイクが出来るかどうかは、実際に見てみないとわからないからです。

このとき、技術のみではなく、モデルへの声かけや態度なども見られることが多いです。

技術だけではなく接客という面でも気をつけてチェックを受けましょう。

まとめ

華やかに見えて、実は体力も精神力も必要なブライダルヘアメイク。

しかし、担当した新郎新婦と関係を築くことが出来れば、人の記憶に一生残ることが出来るかもしれません。

そして、幸せな人は綺麗です。

そんな人を更に幸せに、綺麗に出来る仕事は、誇りを持てる仕事です。


関連キーワード

ヘアメイク求人

ヘアメイク求人についてもっと深堀りした情報を見る

ブライダルヘアメイクの仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

「ブライダル関連のヘアメイク」というと、華やかな世界を想像する人が多いかもしれません。でも実際は花嫁様が輝くお手伝いをする、黒子的な存在です。そんなブライダルヘアメイクの仕事について、具体的な仕事内容や、向いている人について解説します。ブライダルヘアメイクはどんな仕事?ブライダル関連のヘアメイクは様々です。式本番のヘアメイクはもちろん、結婚式の前にする前撮りや、リハーサルヘアメイク。式の最中に花嫁様のサポートをする「アテンド」も仕事のひとつです。ヘアメイクといってもただヘアメイクをやっていれば良いというわけでもなく、細やかな気遣いが必要な仕事です。結婚式には様々なドラマがあります。予想しなかっ

ヘアメイクの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ヘアメイクの仕事、と聞くとどんなことを想像しますか?芸能人のヘアメイクや花嫁のヘアメイクなど、華やかな世界をイメージする人が多いのではないでしょうか。では、実際のヘアメイクの仕事はどんな雰囲気なのか、具体的にどのような現場があるのか、ヘアメイク経験者が解説します。ヘアメイクはどんな仕事?ヘアメイクは、その名の通りヘアセットやメイクアップを人に施す仕事です。対象の「人」は様々です。一番イメージしやすい「人」は芸能人やモデルだと思いますが、その限りではありません。ヘアメイクの大まかな仕事内容ヘアメイクの仕事は、まずは髪の毛のセットとメイクアップです。海外のヘアメイクはヘアセットとメイクで分かれてい