電車の中吊り広告やテレビのCMでも度々流れている「脱毛サロン」。

エステティシャンって聞くと美意識が高くカッコいいけど、何だか怖そうな世界をイメージしてしまいがちですよね。

このページではエステティシャンとして実際に脱毛サロンで勤務していた著者がおすすめ求人のポイントや気になる疑問などを解説します。

脱毛サロンに興味がある、働いてみたいと考えている方は是非ご覧下さい。

きっとあなたのお役に立てる情報があると思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「脱毛サロン」の仕事例をチェック

脱毛サロンの仕事ってどんな仕事?

お客様の希望に沿ってボディはもちろんフェイス、デリケートゾーンを含めた全身の脱毛&美肌ケアをプロデュースする仕事です。

施術を行うことだけでなく、それぞれに持つ肌の悩みを聞き(カウンセリング)、その人に合ったケア用品の紹介、その他雑務などを含むサロン業務全般を行います。

著者は、今は脱毛のスタンダードになっている「光脱毛」を行う脱毛サロンで働いていました。

ちなみに脱毛サロンと一口で言っても、店舗によって「ニードル脱毛」「光脱毛」「レーザー脱毛」など様々です。

脱毛サロンの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

脱毛サロン求人でよくある募集内容とは?

脱毛サロン求人は会社によって給与などほとんど大きな差はありません。

ただし、地域によって来客数にかなり大きな差があります。

脱毛サロンのお客様のほとんどが女性です(女性専用のサロンも数多くあります)。

そのため、仕事帰りの女性が通いやすい地域では平日の夕方に来客が集中します。

ここではビジネス街にある脱毛サロンに勤務していた著者の経験に基づき、募集内容についてご紹介します。

職種

エステティシャンはしっかりと研修を受けて、お客様に技術を駆使して施術などのサービスを行います。

そのため、エステティシャンという職業は技術職、サービス業、販売業のそれぞれの要素を持ち合わせています。

給与相場

エステティシャンの月給は手取り18万円ほどが相場です。

夏季冬季ボーナスの有無は会社によっても異なります。

また、年間サロン賞など売り上げ功績により月給に+@で賞金(1万円~5万円前後)を貰える場合もあります。

年収的には20代女性の平均年収(中央値)のちょうど中間くらいに位置しています。

勤務時間や休日、残業

著者が働いていたサロンの場合、オープン1時間前に出勤し、閉店後は早いと15分後、遅くとも1時間後には退勤していました。

休憩も交代でしっかり取れて実働時間は8時間です。

しかし接客・サービス業のため、お客様の施術が伸びたり、コース契約や商品購入によって営業時間を過ぎることはよくあります。

そのため退勤時間はその日の状況によって多少異なります。

また、基本の営業時間は10時~19時が多いですが、地域によって大きく異なります。、

地域のニーズに合わせて、開店時間が11時や12時、閉店時間が20時や21時の場合もあります。

働く女性の多い地域の場合は朝の開店時間が遅く、閉店時間が遅いことが多い場合があります(新宿・渋谷・銀座などの都心部)。

休日に関しては完全週休二日ですが、お客様が多いため土日は避け、平日に固定休日が設けられていました。

ただし、数ヶ月前に責任者に相談して、お客様の予約状況を見てよっては休みを変更できたり、月に1回好きな日に希望を出して有給を取ることができました。

長期休暇を取得できる会社も多く、著者の場合、夏季は8月~10月の内で5日、冬季は年末年始前後に2日ほど長期休暇がありました。

年末年始の休日は所属しているサロンや商業施設によっても異なりますが、短いところが多く、年末年始の合計4日間ほどになります。

年始は1月3日から営業再開するところが多くあります。

福利厚生

福利厚生も会社によって様々ですが、ほとんどのサロンは制服や靴が貸与されます。

その他にも、時間外手当、皆勤に伴うボーナス、家族手当、妊娠出産手当、産休育休などの制度が充実していることもあります。

更に、保養所を持っている会社も多く、社会保険制度も充分です。

求められる人物像

お客様のほぼ100%が美容に興味のある方です。

そのため、美容に詳しくなくても美容に興味のある方、美容が好きな方が求められています。

脱毛サロンは個室でお客様に施術をするため、トーク力も大事な要素です。

人と話すのが好きな方など、接客業、サービス業が好きでやりがいを感じるというのも重要です。

また、商品購入のおすすめやコース契約を取るための営業が得意な方、更に技術面もしっかりと身につけることのできる向上心のある方が求められています。

もちろん、最初から全てをこなせる方はいないため、入社してから徐々に身につけたいと思っている方でも問題ありません。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

脱毛サロン求人のおすすめポイント

脱毛サロンで働くと嬉しい特典やエステティシャンだからこその特権もあります。

ここでは、現場で女性が多く働く美容系の職業である脱毛サロンならではのおすすめのポイントをご紹介します。

制服がかわいい!

美容サロンということもあり、見た目の印象の良さは重視されてます。

そのため、エステティシャンが着る制服にこだわりのあるサロンが多く、清潔感があり、女性らしいデザインの制服が貸与されます。

毎日かわいい制服で働くことでモチベーションも上がり、仕事へのやる気アップにも繋がるかもしれません。

実際に「制服のかわいさで決めた」というスタッフもいます。

社割で化粧品や美容機器、脱毛も受けられる!

サロンにもよりますが、社員割引でサービス全般を受けることができます。

脱毛のコース自体も休日に受けることができたり、中には体験という名目で無料で施術を受けることができるサロンもあります。

商品の良さをお客様に知ってもらうためには、まず自分で試してみてからではないと伝えられませんからね。

働きながら綺麗になっていけるという女性にとって嬉しい特典があるのも、エステティシャンの特徴の一つです。

美容知識が増える!

今まで何となくとしか理解してなかったスキンケアや脱毛の周期(毛周期)など、正しく実践的な知識をしっかりと学ぶ研修が配属前にあります。

まずはそこで基礎を勉強します。

その後は自分で調べたり先輩に教わったりなどして、より豊富な知識を蓄えなければなりません。

しかし、日々知識が増えていくことはとても楽しいことです。

また、その知識を使って商品を販売することができるようになります。

お客様に上手に内容が伝わり、理解していただいた上で商品の購入に繋がると、とてもやりがいを感じることができます。

お客様もスタッフも女性だけで働きやすい!

同性しかいないサロンの場合、素直に会話がしやすく、生理痛で仕事に支障が出る時や結婚や妊娠をした時など、サポートがしっかりある働きやすい環境であると言えます。

また、日常会話も仲良くできることが多いので、とても楽しく働くことができます。

脱毛サロン求人についてよくある疑問

エステティシャンに憧れがあったり、お客様としてサービスを利用したことはあるという方は多いと思いますが、実際にエステティシャンとして働くとなると様々な不安や疑問があるかと思います。

ここでは著者も働く前に実際に抱いていた疑問を中心に、一般的なエステティシャンのイメージの真偽についてご紹介します。

エステティシャン同士のいじめなどって実際ないの?

脱毛サロンは女性しかいない職場がほとんどで、更に美容業界の仕事のため、常に向上心を持ち美意識も高く自分に厳しい人が多いのが特徴です。

しかし、実際いじめなどは少ない方だと感じています。

もちろん、考えが合わない人や苦手な人がいることもあります。

また、仕事のミスがあまりにも多いと注意されることが多く雰囲気が悪くなる可能性もありますが、これは少しずつ仕事を覚え、できることが増えていくと周りのスタッフに認められ、雰囲気も改善するでしょう。

女性だけの環境は男性の目がないこともあり、変な妬み嫉みもないため、そういった意味では女性の職場というのは本当に楽だと思える要素の一つです。

顔採用があるって本当?

採用担当に直接聞いたわけではないため真偽は分かりませんが、顔採用はないと思っています。

もちろん、美容に関わる仕事をしているため、綺麗な方が多いのは事実です。

しかし、新人の頃から垢抜けた美人ではなく、働きながら切磋琢磨し、どんどん綺麗になってきたという方がほとんどです。

とは言え、体型は見られている場合があります。

会社にもよるかと思いますが、制服に大きいサイズの用意がないことが多く、一番大きいサイズでも11号までということが多くあります。

標準的な体型であれば、モデルのようにスラッとした体型である必要はありません。

また、それに加えて最低限の清潔感と明るさなどが求められます。

スタッフも必ず脱毛しなければいけないの?

脱毛はもちろん強制ではありませんし、スタッフの中には研修以外は脱毛経験がなく元々毛が薄くきれいな人も稀にいます。

しかし、初めの研修期間中は「お客様が施術を受ける際の不安や緊張など様々な気持ち」を理解するためにも施術を受けてみる必要があります。

研修生同士でペアになって脱毛の練習をし合う時に受けることになります。

研修で少しずつ知識を得る内に脱毛するメリットを実感できるため、自分でコースを契約して脱毛を行ってるスタッフも多くいます。

エステ業界はブラックだと伺いましたが本当ですか?

以前はエステ業界=ブラック企業のイメージが強かったかもしれません。

一時期、大手エステ企業の社員拘束時間について大きく問題になったことがあったため、そこから様々な企業で拘束時間や働き方の見直しが行われ、今は働きやすい会社がほとんどではないでしょうか。

確かに、一般的なOLの方と比べると夜遅くまで仕事をしていますが、その分出勤時間は遅く、休憩時間はもまとまっては取れなくとも全部で90分きっちり取れるサロンがほとんどです。

エステ業界にも「働き方改革の波」は確実に流れ込んできています。

是非安心していただきたいと思います。

脱毛のコース時間は?

サロンによってそれぞれ 機械の性能が異なるので一概には言えないですが、両脇、鼻下、あごなど短いコースで一回につき20分、全身のような長いコースで4時間前後で対応します。

急ぎの場合などはスタッフ2人〜3人で一人のお客様を対応し、時間短縮をすることもあります。

最近はスピードに特化した機械の導入が増えており、全身コースも2時間前後で終了することが可能になってきました。

脱毛サロンで働いていて辞めたいって思った瞬間は?

正直にお話しすると、「辞めたい」と思うことは何度もありました。

新人の頃は同期の中でも自分の研修の進みが悪く、厳しい研修スタッフの言葉に傷付き「辞めたいなぁ」と思ったこともありました。

また、研修を終えてサロンに配属されたばかりの頃は、お客様から激しいお叱りを受けて辞めたいと思ったことも何度もあります。

しかし、来店される様々なお客様と接して経験を積むことで、技術や接客対応を褒められることが増え、商品やコース契約の売上結果が良かったりスタッフ同士で楽しく会話したりなど、辞めたいと思う以上に「やりがい」や「楽しさ」を感じることが多くあったため、長く勤めることができたのかなと思っています。

研修は大変?覚えることは多いの?

お客様の身体や肌に触れる仕事のため、研修はどこもかなり厳しいと思います。

大手になればなるほど研修内容が充実していますが、それに伴い厳しさがついてくることがほとんどです。

研修は、研修生同士でペアになり実際に機械を用いながら行う「技術的」なものや、教本を用いた「知識的」なものがあります。

研修は実際の就労と同じように週に5日、1日8時間の実働でした。

この時期は覚えることも多く、慣れないことの連続のためとても大変で、この時点で辞めてしまう人も多くいました。

今振り返ると、心身的な疲労度は現場で働くよりも研修の時の方が辛かったように思えます。

まとめ

エステティシャンと聞いてイメージ通りの部分もありましたが、イメージとは違った部分が実際に働いてみて多くありました。

最終的に著者は脱毛サロンでエステティシャンとして働いて「良かった」と思います。

厳しいこと、辛いこと、悩むこと、苦しいことも本当に多くありますが、お客様に施術をして喜んでもらえたり、販促の結果がしっかりと出た時に「やりがい」を感じることのできる人や、綺麗になりたい、美容に興味があるという人にはおすすめのできる仕事です。

脱毛サロンの求人は多く出ていますので、いくつかの会社や地域の店舗をピックアップして比較してみることをおすすめします。

「違いが分からず、どこが良いのか分からない」という人は、モチベーションの維持にもなるので制服のかわいさだけで選んでみるのも一つの手かもしれません。

ご自身に合ったサロンが見つかるよう願っています。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)