電車の中吊り広告やテレビのCMでも度々流れている「脱毛サロン」

エステティシャンって聞くと美意識が高くカッコいいけど、何だか怖そうな世界をイメージしてしまいがちですよね。

このページではエステティシャンとして実際に脱毛サロンで勤務していた著者がおすすめ求人のポイントや気になる疑問などを解説致します。

脱毛サロンに興味がある、働いてみたいと考えている方は是非、一読下さい。

きっとお役に立てる情報があると思います。

脱毛サロンの仕事ってどんな仕事?

お客様の希望に沿ってボディはもちろんフェイス、デリケートゾーンを含めた全身の脱毛&美肌ケアをプロデュースする仕事です。

それぞれに持つ肌の悩みを聞き(カウンセリング)その人に合ったケア用品の紹介、その他雑務などを含むサロン業務全般を行います。

著者は今は脱毛のスタンダードになっている「光脱毛」を行う脱毛サロンで働いていました。

ちなみに脱毛サロンと一口でいっても店舗によって「ニードル脱毛」「光脱毛」「レーザー脱毛」を行っています。

脱毛サロンの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

脱毛サロン求人でよくある募集内容とは?

脱毛サロン求人は会社によって給与などに大きな差はありません。

ただし、地域によって来客数にかなり大きな差があります。

脱毛サロンのお客様のほとんどが女性です。(女性専用のサロンも数多くあります。)

そのため、仕事帰りの女性が通いやすい地域では平日の夕方に来客が集中します。

ここではビジネス街にある脱毛サロンに勤務していた著者の経験に基づき、募集内容についてご紹介します。

職種

エステティシャンはしっかりと研修を受けて、お客様に技術を駆使して施術などのサービスを行います。

そのため、エステティシャンという職業は技術職、サービス業、販売業のそれぞれの要素を持ち合わせています。

給与相場

エステティシャンの月給は手取り18万円ほどです。

夏季冬季ボーナスあり。

年間サロン賞など売り上げ功績により月給に+@で賞金(1万~5万円前後)をいただける場合もあります。

年収的には20代女性の平均年収(中央値)のちょうど中間くらいに位置しています。

勤務時間や休日、残業

オープン1時間前に出勤し、閉店後は早いと15分後、遅くとも1時間後には退勤できます。

休憩も交代でしっかり取れて実働時間は8時間です。

しかし接客、サービス業ですのでお客様のコースが伸びたり、コース契約や商品購入にて時間が営業時間を過ぎる事はよくありますので退勤時間はその日の状況によって多少異なります。

また営業時間は基本10時~19時までが多いですが時間は地域によって大きく異なり、地域のニーズに合わせて開店時間が11時や12時だったり、閉店時間が20時や21時になっている場合もあります。

働く女性の多い土地だと朝の開店時間が遅く、閉店時間が遅い事が多いです。(新宿渋谷銀座などの都心部)

そして休日は完全週休二日頂けますが、お客様の入りも多いので土日は避けて平日に固定休日が設けられていました。

ただ数か月前に責任者に相談すればお客様の予約状況によっては休みを変更出来たりもしますし、月に1回ずつ好きな日に希望を出して有給が取れます。

長期休暇もあり、夏季は8月~10月のうちで5日、冬季は年末年始前後に2日ほど頂けます。

また年末年始は短く12月末の2日間と年始2日の合計4日間になります。

大体は1月3日あたりから営業再開するところが多いです。

福利厚生

制服、制靴無料貸し出しあり。

時間外手当、皆勤に伴うボーナス、家族手当、妊娠出産手当、産休育休などの制度も充実しています。

保養所が付いている店舗も多く、保険も複数十分に完備されてます。

求められる人物像

お客様のほぼ100%は美容に興味のある方です。

そのため美容に詳しく無くとも、美容に興味のある方、美容が好きな方が求められています。

脱毛サロンは個室でお客様に施術をするため、トーク力も大事な要素です。

そのため人と話すのが好きな方など、接客業、サービス業が好きでやりがいを感じるというのも重要です。

商品の購入やコースの契約を取れる営業の得意な方、技術面もしっかりと身に付けることの出来る向上心のある方が求められています。

もちろん、最初から全てをこなせる方はいないので、入社をしてから徐々に身に付けたいと思っているだけでも問題ありません。

脱毛サロン求人のおすすめのポイント

脱毛サロンで働くと嬉しい特典やエステティシャンだからこその特権もあります。

ここでは現場で女性が多く働いている、美容系の職業である脱毛サロンならではのおすすめのポイントをご紹介します。

制服がかわいい!

女性専用の美容のサロンという事もあって見た目の印象の良さも重視されてます。

その為エステティシャンが着る制服にこだわりのあるサロンが多く、清潔感があり、女性らしいデザインの制服が支給されます。

毎日かわいい制服で働く事によってモチベーションも上がり、仕事へのやる気アップにも繋がるかもしれません。

実際にスタッフの中では「制服のかわいさで決めた」というスタッフもいます。

社割で化粧品や美容機器、脱毛も受けられる!

サロンにもよりますが社員割引でサービス全般を受ける事が出来ます。

脱毛のコース自体もオフの日に受ける事が出来たり、中には体験という名目で無料でコースが出来るサロンもあります。

商品の良さをお客様に知ってもらいたいならばまず自分で試してみてからではないと伝えられませんからね。

働きながら綺麗になっていけるのは女性にとっては嬉しい特典を受けられるのもエステティシャンの特徴のひとつです。

美容知識が増える!

今まで何となくとしか理解してなかったスキンケアだったり脱毛の周期(毛周期など)などの正しく実践的な知識をしっかりと学べる研修がサロン配属前に1か月間あるのでまずはそこで基礎の勉強が出来ます。

その後はその基礎を元に自分で調べたり、先輩に教わったりなどしてより豊富に知識を蓄えなければいけませんが日々知識が増えていくのでとても楽しいです。

またその知識をお客様にも伝えながら商品を販売したりしていく事も可能になるので、上手に伝えてお客様にも理解していただいた上で商品の購入をしていただくと、とてもやりがいを感じる事が出来ます。

お客様スタッフも女性だけで働きやすい!

同性しかいないので素直な会話がしやすく、生理痛で仕事に支障が出る時や結婚や妊娠した時などもサポートの仕方が上手だったりして働きやすい環境であると言えます。

また、日常の会話も先輩後輩関係なく仲良く出来る事が多いのでとても楽しく働く事が出来ます。

脱毛サロン求人についてよくある疑問

エステティシャンに憧れがあったり、お客さんとしてサービスを利用した事はあるという方は多いと思いますが、実際にエステティシャンとして働くとなると様々な不安や疑問があると思います。

ここでは著者も働く前に実際に抱いていた疑問を中心に、一般的なエステティシャンのイメージの真偽についてご紹介をします。

エステティシャン同士のいじめなどって実際無いの?

上記にも記載したように脱毛サロンは女性しかいない職場でその上、美容業界の仕事ですので常に向上心を持ち美意識も高く自分に厳しい人が多いです。

ですが実際あまりいじめなどは少ない方だと思います。

もちろん考えが合わない人や苦手な人がいたりもしますし、仕事のミスがあまりにも多かったりすると嫌われる可能性もありますが少しずつ仕事が出来るようになるにつれて尊敬されることが増えてくるので嫌われる事も少なくなります。

また男性の目が無い事もあるので変な妬み嫉みもないのでそういった意味では女性の職場というのは本当に楽だと思える要素のひとつです。

顔採用があるって本当?

正直採用担当から聞いたわけではないので何となくではありますが、顔採用はあまり関係ないと思います。

もちろん職場の方々は綺麗な方が多いのですが、就職して働きつつどんどん綺麗になってきたという方がほとんどで、新人は垢ぬけきれてない子が多いです。

ただし体形は見られている場合があります。

なぜなら制服に大きめのサイズの用意が無いことがほとんどだからです。

一番大きいサイズのものでも11号までしか用意が無かったりするからです。

モデルの様なスラっとした体型でなくても標準的な体形であれば問題はありません。

またそれに加えて最低限の清潔感と明るさなどが求められます。

スタッフも必ず脱毛しなければいけないの?

脱毛は強制ではありませんし、もちろんスタッフの中には研修以外は脱毛経験がないけど元々毛が薄くきれいな人も稀にいらっしゃいます。

ですが初めの研修期間中は「お客様がコースする際の不安や緊張などの様々な気持ち」を理解するためにも研修生同士でペアになって脱毛のレッスンをし合いますのでその際に受ける事にはなります。

ただ研修で少しずつやってくうちに脱毛していくメリットを実感できるので次第に自分でコース契約し脱毛を行ってるスタッフが多いです。

エステ業界はブラックだと伺いましたが本当ですか?

以前はエステ業界=ブラック企業のイメージが強かったかもしれませんが一時期、社員の拘束時間について大きく問題になった大手企業があったのでそこから様々なサロンで拘束時間の見直しが行われたこともあり、今はホワイトな会社ばかりになっております。

確かに普通の会社勤めのOLの方と比べると夜遅くまで仕事をしてますが、その分出勤時間は遅くなりますし休憩もまとまって取れなくとも90分きっちり取れるサロンがほとんどです。

エステ業界にも「働き方改革の波」は確実に流れ込んできています。

ですので、是非安心していただきたいと思います。

脱毛のコース時間は?

それぞれサロンによって機械の性能が異なるので一概には言えないですが両脇、鼻下、あごなど短いコースで一回につき20分、全身のような長いコースで4時間前後で対応します。

また急ぎの場合、スタッフ2~3人で一人のお客様のコースに対応し、時間を短縮する事もあります。

最近はスピードに特化した機械の導入が増えてるので全身コースも2時間前後で終了する事が可能になってきました。

脱毛サロンで働いていて辞めたいって思った瞬間は?

「辞めたい」と思う事は何度もありました。

研修を終えて、サロンに配属されたばかりの新人の頃は同期の中でも自分の研修の進みが悪く、厳しい研修スタッフの言葉に傷付き「辞めたいなあ」と思った事もありましたし、お客様から理不尽だと思ってしまうような事で怒鳴られて辞めたいと思った事も何度もありました。

ですが、来店される様々なお客様と接して経験を積み、技術や接客対応を褒められたり、商品やコース契約の売り上げ結果が良かったり、スタッフ同士で楽しく会話したりなど、辞めたいと思う事以上に「やりがい」や「楽しさ」を感じるが多くあったので長く務める事が出来たかなと思っています。

研修は大変?覚える事は多いの?

お客様の身体、肌に触れる仕事ですので研修はどこもかなり厳しいです。

大手になればなるほど研修内容が充実していますがそれに伴い厳しさもついてきます。

また研修は研修生同士でペアになり、実際に機械を用いながら行う「技術的」なものや、教本を用いた「知識的」なものがあります。

研修は実際の就労と同じように週に5日、8時間でした。

研修はとても大変で、この時点で辞めてしまう人も多くいました。

実際、心身的な疲労度の、ある一面を取り上げると、現場で働くよりも研修の時の方が辛かったように思えます。

まとめ

エステティシャンと聞いてイメージ通りの部分もありましたが、イメージとは違った部分が実際に働いてみて多くありました。

結論的に著者は脱毛サロンでエステティシャンとして働いて「良かった」と思います。

厳しい事、辛い事、悩む事、苦しい事も本当に多くありますが、お客様に施術をして喜んでもらえたり、販促の結果がしっかりと出た時に「やりがい」を感じる事の出来る人や、綺麗になりたい、美容に興味があるという人にはおすすめの出来る仕事です。

脱毛サロンの求人は多く出ていますので、いくつかの会社や地域の店舗をピックアップして比較してみる事をおすすめします。

「違いが分からず、どこが良いのか分からない」という人はモチベーションの維持にもなるので、制服のかわいさだけで選んでみるのも一つの手かもしれません。