脱毛サロンでは永久脱毛を目的としたお客様が来店されます。

もちろんエステティシャンは厳しい研修を受けないと店舗に立つことは出来ません。

このページではお客様に技術とサービスを提供しているエステティシャンの業務を中心に、経験者が具体的に脱毛サロンの仕事内容をご紹介します。

業務内容を知る事で、具体的なイメージを持つ事が出来るので、興味がある方には是非参考にしてみて下さい。

「脱毛サロンの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

脱毛サロンの大まかな仕事内容

スタッフは出勤したら、朝のうちにその日に対応するお客様のカルテチェックを行います。

お客様をフロントでお出迎えして、予約内容の確認が取れたら、お部屋へご案内します。

その間にコースで必要なジェルだったりヘラや冷却剤などの備品の準備をします。

脱毛用の光レーザーを照射する機器を用いて施術を行います。

コース終了後フロントにて次回予約を押さえてお見送りをします。

サロンの備品補充やこまめな清掃も大切な業務なので欠かせません。

ガウンやブランケット、シーツの洗濯を行います。

化粧品などの商品管理、売り上げ管理をします。

脱毛サロンの仕事は大きく6個の役割に分けられる

受付

お客様は脱毛サロンに来店されたら、まずは受付に向かいます。

予約の有無の確認やコース内容の確認などを行います。

受付のスタッフの印象で、そのサロンの印象が決まるので受付はサロンの「顔」です。

そのため笑顔でお客様をお出迎えをして、確実にお客様の情報を確認しなければいけません、サロンの受付業務はとても大事な業務です。

サロンのスタッフは全員、受付に立つ機会があります。

カルテチェック、カルテ記入

お客様ひとりひとりにカルテと呼ばれるお客様が今まで受けたコースの内容やお客様の体質、肌質などが細かく書かれているものがあります。

来客数が多い、大手、大型店舗ほどカルテの数も膨大になります。

同姓同名のお客様がいらっしゃったり、慣れるまで管理には戸惑う事も多いです。

また、カルテはお客様の大事な個人情報なので保管には細心の注意が必要です。

受付スタッフから施術スタッフまでサロン関係者が共有するものですので、カルテは他の人が見ても理解が出来るように正確に記入をしなければいけません。

施術

顔、全身、VIO、フェイスの脱毛コースを行います。

医療レーザーエやニードル脱毛など様々な脱毛方法がありますがエステでの施術には一番ポピュラーな光脱毛を用いて行います。

一般人でも購入の出来るレーザーとよりも効果の高いそれぞれサロンによって色々な視点でこだわった機械を導入し使用しています。

またコース中にはお客様とコミュニケーションを取りその人がどのような状態を理想としてるのか、脱毛効果はしっかり得られているのか、今の肌状態での悩みなどを伺いその悩みや理想に合わせて今後の通い方のペースだったり、悩み別に自宅での肌ケア方法をしっかりとお伝えしてよりきれいになれるようにサポートする事もコース中の私たちの仕事です。

沢山会話していくとお客様もこの人に任せたい、このサロンに通って良かったと安心して委ねていただけるよう毎回コース対応には気を付けています。

電話対応

お客様から掛かってきた際の電話対応や本社から掛かってきた電話などの対応もサロンスタッフは全員行います。

誰から掛かってきても気持ちの良い対応が出来るよう言葉遣いや声のトーンや話すスピードにも常に気を付けて対応してます。

またこちらから予約のあるお客様へ前日に確認のお電話をさせていただく事もあります。

部屋のセッティング

お客様が来店された際、すぐにお部屋へお通し出来るように常にお部屋のセッティングはこまめに行ってます。

基本は一人のお客様がお帰りになられたタイミングですぐ部屋の片づけを行いますが、必ず時間に余裕があるわけではないので行えない事もあります。

その際はお部屋の扉やカーテンをきっちり閉めておき、他のお客様がお部屋の前を通り過ぎても使用後の部屋が視界に入らないようにし、手の空いたスタッフが部屋を片付けたりもします。

エステは清潔感が命ですので少しでも不快な思いをする事が無いようゴミや汚れ、シーツのシワ状態など隅々まで気配りをしてセッティングを行います。

洗濯や清掃、備品補充、POP制作などの雑務

お客様が多く来店されるため、その分使用済みのシーツやガウン、ブランケットやタオルなどなど一日にたくさんの洗濯物が出ます。

その為スタッフルームでは常に洗濯機と乾燥機を回した状態だったりします。

その乾いた洗濯物を次に使用するお客様が不快に思われないよう、綺麗にシワひとつなく畳むのも大事なエステティシャンの仕事でもあるのです。

またオープン前と閉店後の清掃、消毒やジェルなどの備品補充、お客様が思わず買いたくなる、コースをしてみたくなるような心を掴むPOPを製作したりするのも仕事の一環です。

「脱毛サロンの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

受付の3個の業務

来店されたお客様のカードを受け取る

「いらっしゃいませこんにちは」と笑顔でお出迎えし、ご来店された方のカードを受け取り「お掛けになってお待ちください」と一言添えて席に座ってお待ちいただくよう誘導します。

またカード忘れの方もいらっしゃるのでその際は他の方とお間違いの無いよう身分証のご提示をいただき、予約上の方の個人情報と間違いがないか確認します。

そして確認後は仮カードの作成を行い、次回来店の際カードに挟んでいただくようお伝えします。

自分が対応してるお客様がコース後、部屋から出てくるのを待つ

コース後お客様がフロントに出てきた際迷われたり、うっかりカードを受け取らず先に帰ってしまう事もありますのでそれを防ぐためにもお客様より先に受付にてお客様が出てこられるのを待ちます。

出てこられたら一言「お疲れさまでした。どうぞお掛けになってお待ちください。」と席へ誘導する。

その際お手洗いに行かれる方も多いので時間があれば確認したりもする。

次回予約を押さえてカード返却しお見送り

お客様が席に着き少し落ち着いた頃、「お疲れさまでした」とお客様の席まで行きコース後は施術箇所にひりつきや赤みなど違和感などはなかったか確認する。

問題が無ければ、その方の毛周期と予定を伺い、それに合わせて次回の予約を促します。

基本的には2か月から3か月の期間を空けて次回のコースを行うように案内をします。

お客様の希望があれば、新しいプランの追加、おすすめ商品の紹介をこのタイミングで行います。

お会計と次回の予約の受付が済んだら、お客様にカードを返却し、エレベーターに案内をします。

エレベーターを待っている間に余裕があればアンケートに答えてもらうようにします。

エレベーターでお見送りをする際には扉が閉まり切るまでお辞儀をします。

施術の4個の業務

お部屋へお通し、着替えていただく

フロントで待機しているお客様のお名前を呼んで、お部屋にご案内をします。

お部屋に通した後、カーテンを閉めてコース内容の確認をします。(脱毛の箇所、コース時間)

問題が無ければ、準備の説明を行い、お客様に着替えをしていただきます。

お客様が着替えをする際にスタッフは部屋から出て、コースに必要な分のジェルや消毒コットンなどを準備します。

機械準備、手指消毒、コース前に注意事項の確認

スタッフは機械の電源を入れて、稼働確認を行います。

機械に問題が無ければ、エタノールを使って手指消毒をします。

その間にお客様に施術前の確認を行います。

インフルエンザの予防接種の有無、シェービングが済んでいるか、肌に違和感が無いか、体調に問題は無いか、整形の有無、身体にクリームを塗っていないか)症状や状況によって施術が行えない場合があるので確認作業は確実に行います。

コース開始

お客様の体調などに問題が無いと確認が取れたコースを開始します。

まずはお客様の肌の状態を目視確認します。

その際に肌の赤みやホクロのある個所をお客様と確認しながら保護シールなどを貼って対応をします。

施術を行う個所の消毒を行います。

消毒によってヒリつきなどが無ければ、ジェルを塗ります。

その後、お客様の目を光(レーザー)から保護するためマスクとゴーグルの着用をしてもらいます。

施術を行う個所の中で熱を感じやすい部分にテスト照射行います。

熱さ、痛みなどの問題が無ければお客様に適した温度にレーザーを設定をします。

ここまでの事前準備、確認作業を終えたら実際に施術を始めていきます。

施術は基本的にレーザーを照射する事がメインになります。

ですが、エステティシャンはレーザーを当てている間もお客様とお話をしたりします。

照射終了後、10分前後の冷却

照射が完了したら、お客様の肌に異常が現れていないか目視確認を行います。

問題が無ければ、ジェルを取ります。

その後、冷却剤をお肌に置きます。

スタッフはお客様が冷却をしている間に機械の片付けを行います。

余裕がある場合はその後の予約の確認をする事もあります。

雑務の5個の業務

電話応対

予約前日にお客様に確認の電話を掛けます。

お客様から掛かって来た問い合わせの電話や本社からの業務連絡などの全ての電話の対応を行います。

洗濯

お客様が使用したガウン、タオル、ブランケットなどを洗濯機、乾燥機に入れ、乾いた物は次のお客様が使っても不快感が無いように綺麗に畳みます。

ほつれていたり、汚れがひどい場合には捨てるようにします。

清掃

フロント、部屋、トイレなど店舗全体の清掃を確実に行います。

脱毛サロンでは清潔感が最も大事な要素のひとつなので清掃も重要な仕事なので、衛生管理は徹底して行います。

お客様が使った部屋は次のお客様が違和感、不快感を覚える事の無いようにリラックスできる環境作りを心掛けて清掃をします。

備品補充

ジェル、消毒液、コットンなど、部屋の中の備品を空き時間に補充をします。

コース中に備品が不足して途中退室をする事の無いようにしっかりと管理を行います。

在庫の無いものは発注も行います。

発注をしてから店舗に届くまで時間が掛かるため、予約内容などを確認して事前に備品は店舗に適度に在庫するようにします。

POP制作

販促活動の一環として、お客様が思わず手に取りたくなるような商品やコースの紹介が掛かれたPOPの製作をします。

目に留まりやすく、読みやすく、理解がしやすいPOPを製作しているサロンは売り上げが高い傾向にあります。

POP製作は試行錯誤、工夫を行いながら、より良いものを作れるように努力が必要です。

脱毛サロンの仕事の良いところ

脱毛サロンで働いているエステティシャンのほとんどが女性です。

女性だけの職場と聞くと人間関係の難しさを想像してしまいがちですが、女性の職場は女性の悩みや生理などに理解があるため働きやすい環境です。

また、男性関係のトラブルの心配もありません。

エステティシャンとして働く女性は美意識が高い人が多いため、おすすめのコスメやスキンケアなどの情報交換も盛んに行われます。

エステティシャンの特権としてコースを定価よりも安く受ける事も出来るので、働きながら綺麗になりたいと考えている人にはおすすめの出来る良いポイントです。

また「エステティシャンには綺麗な人が多い」というイメージを持っているお客様も多いので常に見られているという意識が強くなります。

その結果「綺麗になろう」「綺麗でいよう」と努力をするようになる人も多いです。

やりがいを感じるポイント

お客様から「指名」をいただいた時にやりがいを感じる事が出来ました。

数ある店舗の数あるエステティシャンの中でも、自分のサービスや技術に満足をしていただき、「またこの人に頼みたい」と思っていただけたと思うと、より一層のサービスと技術を提供したいという責任感と共にモチベーションの向上にも繋がります。

また、サロン内で販売されている商品やコース契約の売り上げ目標があります。

その目標を達成した時や、自分が意識的に販促活動を行った結果、売り上げが上がった時に「やりがい」を感じました。

売り上げでいい結果を出すとサロン内で表彰されて、賞品やボーナスをいただけたので、それも嬉しかった事のひとつです。

面白いポイント

施術をしながら色んな人と出会い、お話をする事が出来ます。

人と接するのが好きな方、お話をしたり聞いたりするのが好きな方にはおすすめです。

「脱毛サロンの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

脱毛サロンでエステティシャンとして働くには身に付ける事、覚えなければいけない事など、大変な事がとても多くあります。

ですが、技術、知識、サービス(接客)など様々な体験が出来る職業でもあります。

美容に興味のある方、働きながら綺麗になりたい、手に職を付けたいという方にはぴったりのお仕事だと思います。


関連キーワード

脱毛サロン仕事