鹿屋市は、鹿児島県の大隅半島中心部に位置しており、高隈山地や肝属山地に囲まれた広大な土地が広がっています。

このような産地が広がる鹿屋市ですが、地域柄鹿屋市特有の職種がいくつかあります。

ここでは、そんな鹿屋市でおすすめする求人の職種についてご紹介していきます。

鹿屋はどんな街?

鹿屋市は、鹿児島県の中でも、鹿児島市、霧島市に次いで人口の多い都市です。

2006年に、旧鹿屋市と吾平町、串良町、そして輝北町の合併により、人口が約10万人となりました。

鹿屋市は、市外北西部に高隈山地、南東部には国見山地とも呼ばれる肝属山地が連なっており、広大な山地が広がっています。

さらに、笠野原台地や鹿屋原台地などのシラス台地も広がり、農作物のサツマイモがこのシラス台地で生産されています。

また、鹿屋市の中心部を流れる肝属川の周辺には肝属平野が広がり、鹿屋市街地が広がります。

鹿屋市は、大隅半島の行政や経済、産業、農業などの中枢を担います。

年間の平均気温が17℃前後という過ごしやすい環境で、山地に囲まれた広大なシラス台地で生産される農作物や畜産が主な財源で、黒豚や落花生、サツマイモ、らっきょうなどが特産品として有名です。

また、鹿屋市を象徴するように「バラのまち」としてバラの生産に力を入れています。

さらに、国立大学の鹿屋体育大学や海上自衛隊の鹿屋航空基地があり、全国的にアピールすることができています。

鹿屋でおすすめの職種や業界とその理由

鹿屋は、山々に囲まれたシラス台地が広がる環境で、自然豊かです。

そして、ゆったりした空間で人々が過ごしていることから、マイペースという印象を受けます。

そんな、鹿屋でおすすめの職種と業界をご紹介していきます。

農家

鹿屋の広大なシラス台地の特性を活かした農作物の栽培が盛んです。

他にも、自宅や自分の土地で、野菜や果物などを生産している農家も多く、市場や路上販売をして収入を得る方も多数います。

特に、落花生やサツマイモは鹿屋でも農業の中心となっていることから、農家の方も鹿屋の農家という誇りを持っています。

鹿屋の農家は代々受け継がれる傾向にありますが、近年は、広大なシラス台地を求めて県外から落花生やサツマイモの生産に参入してくる企業もあり、鹿屋では農業の活性化に繋がっています。

このような背景から、農家の需要が高まりやりがいを感じることのできる環境で、農業に関するさまざまな経験を積むことができることから、おすすめの職種です。

人気な理由

鹿屋で農家をおすすめする理由は、温暖な気候と過ごしやすい環境で仕事をすることができるためです。

また、山々に囲まれたシラス台地が広がっており、落花生やサツマイモの生産に適した環境です。

このような、広大なシラス台地を求めて県外から企業が参入し、これらの農作物の生産活動に参加しています。

このことから、農家の需要が増し、安定した収入が得られるようになりました。

さらに、鹿屋の土地柄、農業が盛んで路上販売も多くみられる街並みから、直接農業に触れることで、地域の方々と触れ合うことができるというメリットもあります。

鹿屋の特産物を求めて全国の卸業者も注目していることから、農家としてのやりがいを感じることができます。

さらに、学校などの教育機関で、農業を勉強することができる環境が整っています。

そのため、学生の研修にも力を入れており、積極的な人材確保と魅力の拡散ができるようになりました。

鹿屋では、そのような取り組みから、人気の職種といえます。

観光バスのドライバー

鹿児島には、世界遺産や世界文化遺産などの観光地がたくさんあります。

桜島をはじめ、霧島市の鹿児島神宮や鹿児島市の八幡神社本殿などの有形文化財を案内する観光バスのドライバーが人気を博しています。

人気な理由

鹿屋には、有形文化財をはじめ世界遺産や文化遺産などはありません。

近隣の大隅町や霧島市、鹿児島市などには多くの有形文化財が建立しており、観光地として栄えています。

観光バスのドライバーは、鹿児島の観光地を巡ることができるというメリットがあり人気があります。

特に、鹿児島の観光に関する勉強をしている学生を中心に、将来は観光バスのドライバーになることを目指して頑張っている方も多くいます。

このような若手の人材に恵まれている観光バスのドライバーは、自動車の大型免許取得などクリアしなければならない課題がありますが、やりがいある仕事であることには変わりありません。

鹿児島が大好きで、さまざまな観光地を巡りたいと思っていても、鹿屋に在住していては普通に生活している中で、なかなかそのような有形文化財に触れ合うことができません。

したがって、鹿屋の外に出て直接有形文化財に触れ合うことができる観光バスのドライバーは鹿屋の学生を中心に人気があります。

畜産

鹿屋の畜産業は、主に黒牛や黒豚を取り扱っています。

一時期は畜産農家の高齢化や人材不足などで、畜産業界の衰退が危惧されましたが、近年JAとタッグを組み、若手も畜産業界に参入してくるようになってきました。

人気な理由

JAの参入により黒牛や黒豚の知名度が上がり、若手の従業員が増えたことが人気の秘訣といえます。

鹿屋の現存する畜産農家とJAが一体化して肉用牛繁殖分業方式を採用したことにより、黒牛と黒豚を中心とした畜産業界全体で、作業効率のアップや衛生面の強化、管理のしやすさが明確に現れてきました。

従来の悪臭放つ牛舎や豚舎や過酷な重労働などは、JAと一体化したことでほとんど改善されています。

このことから、若手の参入に繋がり、近年人気が上がってきている職種といえます。

また、学校などの教育機関で畜産について勉強することができる環境が整っていることから、若手の育成にも積極的に力を入れています。

そのため、若手が畜産に興味を示すようになり、鹿屋では人気の職種といえます。

時給(or年収)が高い職種と高くなる理由

鹿屋でもパチンコや自動車部品や精密部品などの製造工場は、同業種業界からの信頼が厚く、年収は高くなります。

しかし、年収が高かったり時給が高かったりすると、仕事内容がハードで、業務的に責任感を感じることも少なくありません。

基本的にはどの仕事も苦労する場面や大変さがあります。

そのような中で、仕事のやりがいを見つけることができれば充実した生活が送れるのではないでしょうか。

鹿児島県は全国的に見ても、平均時給の金額は低く、平均年収も他の件と比べると低いほうです。

さらに、鹿屋は鹿児島県の中でも、時給や年収が低いことから、他の市街地に出稼ぎに出る方も少なくありません。

ここでは、鹿屋で最も時給や年収が高い職種をご紹介していきます。

パチンコの店員

鹿屋で最も時給や年収が高い職種はパチンコ業界です。

鹿屋の平均的な時給は720円前後です。

また、平均的な初任給も13万円前後とあまり高いほうではありません。

しかし、鹿屋のパチンコ業界は時給1000円以上、さらに初任給は20万円以上と破格の時給、年収を誇っています。

時給(or年収)が高い理由

鹿屋は10万人規模の人口の街ですが、パチンコ業界は大変栄えています。

鹿屋は産地に囲まれており、特別余暇を過ごせるような施設や娯楽の空間がほとんどありません。

そこで、ギャンブルに興味を持つ方も少なくありません。

鹿屋のパチンコ店は、他の人口の多い地域と比べてもそれほど変わりない店舗数を誇っています。

それだけ、鹿屋に在住している方はパチンコをして余暇を過ごしているのでしょう。

このような背景から、鹿屋ではパチンコ業界が大変栄えています。

集客率も上がればそれなりに時給や年収も高くなります。

したがって、鹿屋でパチンコ業界の時給や年収が高い理由としては、鹿屋ではパチンコ業界が発展しており、パチンコ店の利用者数が大変多く賑わっているためといえます。

鹿屋でこれから注目を集めそうな職種や業界とその理由

鹿屋は山地に囲まれたシラス台地が特徴的で、温暖な気候であることから住みやすいと評判の街です。

鹿児島県全体でみれば、世界文化遺産や有形文化財など数多くの観光地が存在します。

そのような観光地は、県外から旅行に来られた方や同じ鹿児島県内に在住している方にも人気のある場所です。

さらに、大河ドラマが影響し鹿児島が全体的に観光ブームとなっています。

ここでは、鹿屋でこれから注目を集めそうな職種や業界とその理由についてご紹介していきます。

観光バスのドライバー

鹿児島には世界遺産の屋久島や、仙巌園の一部が世界文化遺産に登録されるなど、観光が大変盛り上がっています。

特に、桜島は活火山であるにも関わらず、錦江湾に聳え立つ堂々とした風貌は、鹿児島の壮大さを物語っています。

鹿屋を中心とした近隣の市町村では、鹿児島県全域に及ぶ観光業に力を入れています。

注目を集めそうな理由

鹿屋には、世界遺産や文化遺産、有形文化財はありません。

しかし、鹿児島県全体でみると、隣の大隅町や霧島市、鹿児島市などには多くの世界遺産や文化遺産、有形文化財が存在します。

鹿屋としては、観光があまり盛んといえませんが、地域の観光地を盛り立てようと鹿屋全体で観光業に取り組んでいます。

そこで、観光バスのドライバーは、鹿児島の観光地についての知識を勉強することができたり、実際に行って目で見たりすることができるというメリットから人気が出てきています。

特に、鹿児島の観光業の勉強をしている学生を中心に、人気は広がっています。

実際に、卒業したら鹿児島の歴史に触れてみたいと興味を持っている学生が多くいます。

鹿屋の観光業は若手に恵まれ、活躍する場が広がってきています。

近年は歴史に興味を持つ若者も増えており、今後さらに人気が高まることから注目されています。

畜産農家

黒牛や黒豚は鹿児島で最も有名です。

特に、黒牛の中でも国産黒毛和牛は世界に誇るブランド牛とされています。

黒牛や黒豚の他にも、黒さつま地鶏も存在し、これら3つで黒の鹿児島として販売されています。

鹿児島の畜産業は、全国的に見ても産出額は上位に位置しています。

鹿屋の畜産農家とJAが一体化したことで、さらに畜産業界が発展しています。

鹿屋の市街地をはじめ、山道や農道近辺には牛を飼っている方や、豚を飼っている豚舎が多く建っています。

さらに、鹿屋市街地を牛や豚を乗せたトラックがよく走っている光景を目にします。

注目を集めそうな理由

黒の鹿児島とも呼ばれている黒豚、黒牛、黒さつま地鶏は鹿児島の特産物として全国的にも有名です。

畜産農家は、動物の命と直接触れ合うことから、命の大切さを学びます。

さらに、食事に関しても、「いただきます」を十分理解したうえで食べることができます。

このように、命の大切さを学びたいと思っている方にはおすすめの職種です。

平成29年の全国和牛能力共進会で鹿児島の黒牛が和牛日本一になったことで、全国的にも注目を集めています。

鹿屋ならではの面白い職種や業界とおすすめポイント

鹿児島は、桜島や新燃岳、硫黄岳などの活火山が多い地帯です。

鹿児島の空は、火山灰が毎日のように降り注ぎます。

風向きによっては、目を開けることができないほど激しく降るときがあります。

農作物では、桜島大根という巨大な大根を作っている農家もあります。

ここでは、鹿屋ならではの面白い職種や業界とおすすめするポイントについてご紹介していきます。

びわ茶製造に付随する仕事

鹿児島のお茶の生産量は全国で第2位となっています。

その生産量は、荒茶で24,600トン(平成26年)といわれています。

鹿屋は平均気温が17度と、1年を通して比較的温暖な気候となっており、びわ茶の栽培に適した気候です。

鹿児島では、根占のびわ茶が有名ですが鹿屋でも生産している農家があります。

一般的に、びわ茶の効能は、がんの予防や生活習慣病の改善などが挙げられます。

かのやのびわ茶もこれと同等の効力があるといわれており、近年の健康志向から少しずつ認知度が広がってきています。

鹿屋のびわ茶は、びわの葉の香りが心地よく口の中に広がります。

その中に、旨味が引き立ち大変美味しいお茶になっています。

かのやのびわ茶の特徴は、澄んだ茶色のお茶色でくせのないびわの葉の香り、さらに心地よい旨味で評判を得ています。

おすすめポイント

鹿屋のびわ茶をおすすめするポイントは、鹿屋の土地で生産されたびわの葉が原材料となってお茶になっていることです。

鹿屋の農作物を地産地消し、その味を全国に広めることができるということは、仕事としてやっていくうえでやりがいを感じることができ、大変面白いと思います。

びわ茶を生産するにあたり、期間限定の仕事となる場合がありますが、短期間で一気に稼ぎたいと思っている方には、おすすめの仕事です。

鹿屋のびわ茶は、まだまだ認知度は高くありません。

しかし、現代の健康志向から、鹿屋のびわ茶は体調管理だけでなく、効率よく水分補給することができるメリットがあることから、地域に定着するとともに全国的に拡散する可能性のある商品です。

したがって、世の中の知らない方々へ、提案して広めていく商品のマーケティングに興味のある方にはおすすめの職種です。

自分にあった鹿屋の求人の選び方や注意点

鹿屋には、鹿屋特有の求人がありますが、その選び方には雇用形態を含め、さまざまな要件や特徴があります。

そこで、自分にあった鹿屋求人の選び方や注意点も交えながら、職種や業態、給与についてご紹介していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

鹿屋の求人には、農業関連や畜産農家だけでなく、他地域と同じように飲食店やアパレル関係などさまざまな職種があります。

しかし、鹿屋は農業や畜産が盛んであることから、そのような企業主は期間限定の契約社員や派遣社員を採用する場合があります。

これは、サツマイモなどの特産物は、繁忙期がありおおよそ春と秋に求人が集中します。

このことから、鹿屋は正社員だけでなく、期間限定の派遣社員やパート、アルバイトなど繁忙期に対応するために、さまざまな雇用形態での求人が出されています。

このような雇用形態から求人を選ぶときに注意する点があります。

鹿屋で盛んな農業関連や畜産農家などの職種の雇用形態は、基本的には短期や期間限定の求人が多く、比較的安定した収入が見込めないことです。

正社員でも中には、休暇の対象となりまともに給料をもらうことができない場合があります。

鹿屋で安定した収入を得るためには、取引先の安定した企業を選ぶことが大切です。

【選び方②】職種から探す

鹿屋には、農業関連や畜産農家だけでなく、他地域でもよく見られる飲食店や工業関係、電気やガス、水道などの技術者、さらに土木建築など豊富な職種が求人に出されています。

しかし、鹿屋は10万人規模の街であり、求人数は他の地域と比べると少ないです。

特に、山地近辺は過疎化や高齢化が進んでおり、集落をはじめ民家が年々減少しています。

このような背景から、山地と平地の求人数に差が開いてしまい、今後は求人によるドーナツ化現象がみられると予想されます。

若手は鹿屋を離れ、都会へと出ていく傾向にある中、職種から選ぶことは非常に困難です。

しかし、広大なシラス台地と温暖な気候を求めて、県外から企業が参入してくるなど、鹿屋もさまざまな職種の求人が出される可能性があります。

さらに、県外からの企業参入により、中には鹿屋で就職したい方もまだまだ多くいます。

このことから、現在の鹿屋で職種から求人を選ぶ際に、求人数がそれほど多くないことから、なかなか条件に合致しない求人が多くあることを念頭に置いておかなければなりません。

【選び方③】会社の業態から考える

鹿屋の求人で、会社の業態にはさまざまな種類があります。

仕事の内容にもよりますが、飲食店を例に例えると、個店で出店している業態と、デパートなどの複合商業施設で出店している業態とに分かれます。

鹿屋は、人口10万人規模の街であることから、都会のような大きな複合商業施設はほとんどありません。

しかし、中規模のデパートが複数あり、中にはさまざまな飲食店が参入しています。

また、アパレル関連も飲食店と同じような業態である傾向がみられます。

アパレル関連は、個店で出店するよりも、複合商業施設などで複数の同業あるいは、多種多様の業種が連なる環境で出店したほうが集客を見込めることから、飲食店やアパレル関連に限らず、複合商業施設などの業態で出店したほうがよいとされています。

そこで、会社の業態から求人を選ぶときのメリットとしては、個店で出店している企業の求人は、いつもお馴染みのお客様が多く、アットホームな環境で仕事をすることができます。

また、複合商業施設で出店している企業は、買い物に来たお客様を対象に受け入れることが多く、時間帯問わず常に忙しい傾向にあります。

その代わり、時給や給料が個店よりもよいことが多く、メリットも多いです。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

鹿屋は山地に囲まれた環境であることから、農業や畜産業が盛んです。

しかし、鹿屋は全国的にみても給与が高い方ではありません。

一般的に、正社員で飲食店の給与が16万円以上、農業関連で13万以上、畜産農家で14万円以上、他地域で給与が高いとされている技術職でさえ18万円以上の企業がほとんどです。

鹿屋は物価が高いわけでもなく、決して給与が高くなくても普通に生活することはできます。

しかし、高い給与を求める求職者もいることには違いありません。

鹿屋で求人を探す際には、まず、企業の提示している給与を確認するとよいでしょう。

鹿屋という土地柄、企業側もそれほど高い給与水準を提示していません。

しかし、中には県外からの参入により、業績が上がっていることで給与が他企業と比べて高く設定されているところがあります。

このような企業は主に、IT関連企業やベンチャー企業が多いです。

このような企業は、実際鹿屋にも多く参入してきています。

都会に本店を置き、支店として鹿屋に参入してくることで、企業側にもメリットが生じます。

鹿屋は他地域と比べると物価が安いことから、地価も安く企業が参入しやすいという特徴があります。

このことから、鹿屋で出ている求人について、県外からの参入企業による求人は比較的給与が高く設定されていますが、鹿屋に本店を置いているような企業はあまり給与は高く設定されていません。

また、給与の額に比例するように、雇用条件についても給与が高く設定されている企業は比較的良好といえます。

給与が低く設定されている企業は、業績が思うように伸びておらず、将来の見込みがあまりないことが多いです。

全国的に見ても規模の小さい鹿屋で活動している企業にとって、人件費などの経費に関して非常にシビアなところがあります。

したがって、給与の額に応じて雇用条件の良し悪しに繋がることから、鹿屋の土地柄気を付けなければならない項目となります。

【選び方⑤】エリアから考える

鹿屋は電車が通っていません。

もちろん線路もないことから、交通の便に支障をきたすことがあります。

鹿屋に住んでいる方は、自分で自家用車を持っている方は、自家用車で移動しますが、主にバスやタクシーなどを使います。

しかし、鹿屋は特殊なバスが通っていることでも認知度が高いです。

「くるりんバス」という小型で安価なバスで移動することができます。

都会に行くと市電が走っていることと同じように、鹿屋の街には一般のバスよりも、小さく小回りが利くバスが存在します。

鹿屋市内という限定ではありますが、100円程度の運賃で移動することができるため、鹿屋に住んでいる方にとってはありがたい存在です。

このような背景の中、鹿屋の求人をエリアで選ぶことは重要なことです。

鹿屋には電車が通っていないため、自家用車を持っていない方は、バスやタクシーが主な移動手段となります。

しかし、一般のバスもタクシーも、運賃が高額でなかなか乗ることができません。

そこで、活躍するのがくるりんバスです。

勤務先が、自分の家から歩いて行ける距離であること、自家用車を持っていれば15分程度で行けるエリアであること、バスを利用するのであれば停留所からどれくらい離れているのかを十分に把握しておく必要があります。

タイプ別のおすすめの職種

社会には、さまざまな年代や職種が存在します。

自分がどれくらい収入が欲しいのか、仕事に割ける時間はどれくらいあるのかを把握しておかなければなりません。

ここでは、学生や主婦、現役を引退したシルバーなど、タイプ別におすすめの職種をご紹介していきます。

学生・主婦・シルバー人材のパートアルバイトなら

学生や主婦に人気のパート、アルバイトといえば、鹿屋でもお馴染み、コンビニエンスストアや飲食店です。

特に、コンビニエンスストアは大手企業が参入しており、給与面について安定しているということが理由として挙げられます。

鹿屋に限らず、高校生や大学生は勉強に部活、家に帰ってからも宿題やレポートに追われ、アルバイトをする時間もないほど忙しいです。

しかし、合間を縫ってアルバイトに励む学生に対しておすすめの職種がコンビエンスストアや飲食店の従業員なのです。

コンビニエンスストアや飲食店は、シフトに柔軟で、万が一何かあった場合に備えて交代することができます。

正社員でなくアルバイトであることから可能な形態ではありますが、少しでも勉強する時間の欲しい学生にとって働きやすい環境であることには違いありません。

また、主婦にとってもコンビニエンスストアのパートは、無理なく稼ぐことができることからおすすめの職種です。

特に、子供を抱えている主婦は、子供が熱を出して急遽休まなければならないことも少なくありません。

そして、パートを休むことによって、希望する収入に達することができず、生活が苦しくなることもあります。

このような事態を回避するためにも、シフトを相談しやすい環境に身を置くことが大切です。

そして、定年退職して現役を引退したシルバー人材にもアルバイトはおすすめです。

社会福祉法人の社会福祉協議会において、シルバー人材の就労サポートをしているところがあります。

65歳以上の定年を迎えたにも関わらず、まだまだ現役で働くことができるシルバー人材を集めてアルバイトできるシステムです。

これを機に、是非活用してみてはいかがでしょうか。

正社員でちゃんと稼ぐなら

正社員できちんと安定した収入で稼ぐなら、工場関連の企業で勤務するとよいでしょう。

鹿屋には、世界的に有名な自動車メーカーの下請け企業が参入しています。

このことから、鹿屋には自動車部品製造に関する工場がたくさん存在します。

各工場には、製造する部品が異なりますが、重要の拡大により、正社員での求人が多数あります。

工場関連の職種は他職種と比べると給与が高く、バックに世界的に有名な自動車メーカーが存在することから、比較的安定しています。

派遣社員や契約社員で働くなら

鹿屋の広大なシラス台地と山々に囲まれた恵まれた大自然と気候から、農業や畜産が盛んに行われています。

農業も畜産も派遣社員や契約社員での契約がほとんどのため、安定しているというには難しいです。

しかし、一時的に稼ぎたいと思ったり、農業や畜産に興味があると思ったりする方がいれば、是非おすすめの職種です。

鹿屋の農業や畜産はとても関連性が深く、農業で採れたサツマイモを牛に食べさせて飼育していったり、農業における廃棄物を工夫して肥料にしたり、家畜の餌にしたりします。

このように、農業と畜産は深い関係で結ばれており、鹿屋が農業と畜産で発展した理由でもあります。

派遣社員や契約社員は決して安定しているとはいえませんが、鹿屋で繁栄している農業や畜産に興味のある方は是非おすすめの職種です。

短期で働くなら

鹿屋で短期で働くなら、農業ですが、農業でもさらにお茶の栽培やサツマイモなど期間限定の作物を栽培している企業で働くことをおすすめします。

一般的に、コンビニエンスストアや飲食店などの企業は、短期で求人を募集することはありません。

そこで、農業で収穫時期になると、一気に人員を確保し収穫、販売へと移行していく企業も少なくありません。

特に、鹿屋はお茶やサツマイモなどの期間限定食材を栽培している農家が多く、秋頃になると、繁忙期を迎えます。

このときに、農業を営んでいる企業は、一気に求人を出し人員を確保します。

お茶やサツマイモはおおよそ3か月前後の短期での勤務になることが多く、仮に短期で働きたいという方がいれば、おすすめです。

まとめ

ここでは、鹿屋求人のおすすめの職種とタイプ別のおすすめの仕事をご紹介してきました。

まだまだ鹿屋でも認知度の低い独自のお茶栽培であったり、農業や畜産における鹿屋の全体的な取り組みについて共感を得た方も多いと思います。

鹿屋らしい職種もいくつかご紹介してきた中で、是非とも興味を持っていただければ幸いです。


関連キーワード

鹿児島求人