現代社会は不景気が続き、学生の就職難や求人倍率の増加などが原因で、希望する職種に就職、転職しにくい社会となっています。

このような時代背景の中、企業は優秀な人材を求めて募集内容にこだわり、求人を募集しています。

ここでは、鹿児島県の求人募集を中心に、求人に関するよくある募集内容やおすすめの職種について解説していきたいと思います。

鹿児島求人のおすすめ職種10選

鹿児島県の求人には多種多様の職種が募集されています。

数ある人気の職種が目白押しの鹿児島県求人ですが、ここではその中でも厳選しておすすめの職種10選をご紹介したいと思います。

宅配のドライバー

鹿児島ではピザやカレー、ラーメンなど飲食店から宅配をしている企業が数多くあります。

求人媒体でも専属の宅配ドライバーを募集している企業もありおすすめです。

自動車免許や原付免許、年齢制限がかかることがありますが、企業は安全第一に仕事をこなしてくれる人を求めています。

アミューズメントスタッフ

鹿児島県には動物園や水族館、ゲームセンター、娯楽施設など多数点在しています。

エリアによっては自然と直接触れ合うことができたり、鹿児島の名産と触れ合えたりしますので、おすすめの職種といえます。

飲食店店員

全国チェーン店だけでなく、個人で運営している飲食店が多数点在します。

その中でも、個人店の多くは鹿児島県の飲食店は黒豚や黒牛などの名産を取り扱っている店舗があります。

黒豚や黒牛は高級食材として全国的にも有名ですが、そんな高級食材をまかないとして食べることができることもあり、おすすめの職種です。

観光ドライバー

鹿児島の各観光所在地を巡る専門の職種があります。

バスや車両を主に使い、お客様を乗せて観光案内をします。

タクシー会社やバス会社などが主となって求人を募集していることがあります。

コンビニ店員

鹿児島のコンビニ店員は、たくさんのお客様と接する機会も多く自然と鹿児島県の情報をゲットすることができます。

鹿児島のことが好きであればおすすめの職種です。

食材加工

鹿児島には錦江湾で獲れた魚介類や農牧で育てられた黒豚、黒牛を加工する企業が存在します。

鹿児島の特産に直接触れることができるうえに、加工方法も知識やスキルが習得できることからおすすめの職種です。

自動車部品製造

世界的にも有名な自動車企業の下請けとして、協力工場が数多く点在します。

自動車に関する知識やスキルを習得したいのでしたらおすすめの職種です。

郵便配達

鹿児島の地理に詳しくなるためには、郵便配達のお仕事がおすすめです。

鹿児島県のエリアごとに郵便物を仕分けし、配達する業務を円滑に行うためには鹿児島の地理を勉強しなくてはなりません。

また、鹿児島の風や気候に直接触れることができ、楽しく仕事をすることができます。

パチンコ店員

鹿児島県のバイト求人の中でもダントツに高時給の職種です。

とにかく稼ぎたいという方におすすめです。

一般事務

ITに関する知識はなくてもOfficeの知識や簡単なパソコン操作ができれば問題ありません。

全国的にも多く募集されていますが、鹿児島県も例外ではありません。

鹿児島求人でよくある募集内容とは?

最近はハローワークや求人誌に並び、転職エージェントと呼ばれる求人媒体が存在します。

さまざまな求人媒体の中にはそれぞれ個性があり、募集内容も各々違いがあります。

ここでは、鹿児島県の求人募集内容についてスポットをあてて解説していきたいと思います。

時給や年収相場

鹿児島県の給与水準は日本全国47都道府県の中でも、35位前後と全国的に見てもあまりよいとはいえません。

職種にもよりますが、おおよその時給は平均的にみても700円前後、年収は350万円前後のところが多いです。

シフトの入れ具合

シフトについては比較的入りやすいです。

鹿児島県では飲食店やコンビニ、スーパーなどたくさんのお店が点在し、需要と供給がバランスよく成り立っています。

企業の集客にも上手く繋がっていることから、シフトは安定して入れる傾向にあります。

ただし、サービス業に多い特徴が、日によって集客が激減しシフトを削られることがあります。

人気のエリア

鹿児島県は人口密度の多い1位のエリアが鹿児島市、2位が霧島市となっています。

よって、鹿児島市や霧島市は他地域と比べて、お店や企業が数多く立ち並んでいます。

需要と供給も激しく動いており、職に溢れていることからこれらのエリアは「給料や時給が高くて、仕事がある」ということで、大変な人気を博しています。

霧島市で求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

必要なスキルや資格、経験

鹿児島県で特別必要なスキルや資格、経験は必要ありません。

ただし、IT関連や工業関連、医療関係など専門的知識の要する職種は特別なスキルや資格、経験が必要となることがあります。

自分にあった鹿児島求人の選び方や注意点

バイトしたいと思ったときに、普段どのようなことに気を付けて選ぶでしょうか。

人の性格やこれまでの経験から、そのバイトの向き不向きが分かってくると思います。

しかし、そのバイトに向いていないからといって、選択肢から簡単に外してしまうのは非常に勿体ないことです。

少なからず、可能性を秘めているバイトをするときの選び方や注意点を解説していきたいと思います。

バイトをしたいと思ったときの選び方や注意点は地域や生活環境によって異なってきます。

ここでは、鹿児島の求人にスポットを当てて詳しく見ていくことにします。

【選び方①】雇用形態から探す

鹿児島県は自動車部品製造業が盛んで、雇用形態も工業関連企業は契約社員が多くを占めています。

その他、サービス業や営業など一般の企業は正社員が多く求人に出されています。

また、近年の不景気が続き、アルバイトの求人募集も増えてきています。

ここでも述べた通り、鹿児島県の雇用形態の多くは「正社員」、「契約社員」、「アルバイト」が挙げられます。

そして、雇用形態によって給与体系も異なってきます。

「正社員」のほとんどは月給制で、毎月決められた額の給与が支払われます。

勤務時間も8時間を基本とし、それ以上の勤務時間は残業手当などの対応で処理されます。

毎日が決められた時間での勤務時間や、毎月定額の給与が入ることから比較的安定した雇用形態となっています。

ある一定の収入や勤務時間で働きたい人におすすめです。

「契約社員」は企業によって契約内容が変わってきます。

契約社員とは、1年間などの決められた期間で雇用される社員のことで、給与体系は日給制や月給制をとることが多くあります。

また、企業によっては時給制をとるところもあり、期間契約時に、勤務時間や給与体系、就労期間などが選択できることから、柔軟に仕事をしていくことができます。

例えば、1年間契約社員で勤務したとします。

契約満期の1年間が経過すると、期間を更新するかどうか選択することができ、仮に勤務してきた1年間でこの職種に向かないと判断されるのであれば契約を打ち切り、そうでなければ更新することもできるのです。

正社員と比べると、勤務する期間があらかじめ決められているため、比較的退職しやすい環境にあります。

逆に、企業から適性が無いと判断されると、期間内でも契約を打ち切られる場合もあり、個人の意向に反することがあり得るため不安定な雇用形態であるともいえます。

契約期間内で、職種との相性を見極めることができるため、知識やスキルアップを求めたり、転職のきっかけとして上手く活用したいという人におすすめの雇用形態です。

「アルバイト」のほとんどは時給制です。

アルバイトは学生や社会人で本職を持っている人に多くみられます。

時間の合間でお金を稼ぐことができるため、正社員や契約社員よりも柔軟な対応をとることが可能となります。

勤務時間はシフトで調整され、ある程度の個人の希望を考慮されることから、日常生活に無理なく仕事ができるという特徴があります。

ただし、個人の希望はあっても、企業の繁忙期を過ぎたり、売上によってはシフトを削られることもあり、希望する収入が少なくなる場合があります。

日常で生活していくうえで合間で稼ぎたいという人にはおすすめの雇用形態でもあります。

【選び方②】職種から探す

現代社会には工業、建築、IT、営業、飲食業など、さまざまな職種があります。

鹿児島県にもさまざまな職種が求人募集されています。

募集されている職種の求人内容の中には、スキルや資格を求められるもの、未経験でも問題ないものが含まれることが少なくありません。

これまでの経験で、何か特定のスキルや資格を取得していれば、有利な場面も出てくるでしょう。

仮に、該当するスキルや資格もなく、未経験であっても企業の方針に則った求人募集であれば職種から探すことも比較的安易といえるでしょう。

しかし、職種に求められる特別なスキルは専門的なスキルが多く、特定の職種に固着するとなかなか条件と合致する職種が見つからない場合があります。

よって、職種から探すには、ある程度のスキルを身につけておかなければ職に就くまでに困難を極めます。

近年よく見られる求人募集で、未経験者可というキーワードがありますが、そういう企業はスキルよりも人間性を重視しています。

したがって、何か資格やスキルを有している人は特定の職種から探してみたり、未経験であれば、未経験可で募集している企業の職種から探してみるのもよいでしょう。

【選び方③】会社の業態から考える

会社の業態には、同じ肉を販売するにもスーパーで販売したり精肉店で販売するなど異なることがあります。

鹿児島県にも同じように、会社の業態によって商品の販売方法が異なってきます。

例えば、人と接することが好きであれば飲食業やスーパー、コンビニなどのサービス業の業態から選ぶことをおすすめします。

また、人と接することが苦手で奥手な性格であれば、工業や建築など、もくもくと仕事をする業態を選ぶことをおすすめします。

業態から考えることで、職種が限られ選びやすくなる場合があります。

仕事をしたいと考えたときに、何をしたいのかについて深く考えると自ずと見えてくるのではないでしょうか。

それによって、次にどの業態で働きたいのかを考えることで選択肢が絞られ、本来就きたい仕事を選択することができるようになります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

上記で説明した正社員、契約社員、アルバイトなどの雇用形態により給与や雇用条件は異なってきます。

さらに、企業からの求人募集の条件として、給与や雇用条件が提示されることも少なくありません。

ハローワークや求人誌など、求人に関する媒体は数多くありますが、同じ業態、職種でも給与や雇用条件はさまざまです。

まず、給与面から考えると飲食店やスーパー、コンビニなどは企業の取り扱う商品の粗利が他職種と比べると少ない傾向から基本的に給与はそこまで高くありません。

しかし、IT関連や工業関連のモノ作りに関する仕事は経費がほとんどかからず、利益がそのまま純利益として計上されることから比較的給与も高く設定されることが多いです。

一方、雇用条件から考えてみると、勤務時間、社会保険、雇用保険など雇用に関する条件が合致した企業を探すのはなかなか難しいところではあります。

おおよその人は、ある程度妥協して職に就いているのではないでしょうか。

例えば、日常生活において、子供がいて学校に行っている時間帯に働きたいとします。

時間的に都合のよいのは朝8時から夕方5時くらいだと思いますが、企業によっては朝9時から夕方6時というケースも少なくありません。

若干の妥協は必要であり、日常生活を安定させるためには仕事という基盤をしっかりしなくてはなりません。

よって、給与や雇用条件から考えると、総合的に合致する職種はなかなかみつからないことでしょう。

しかし、ある程度の妥協点から仕事を探してみるのもよいと思います。

職種によって、給与や雇用条件が異なりますが、同じ業態、職種でも給与が高く、各種保険や福利厚生などの雇用条件が整った企業を選ぶことをおすすめします。

【選び方⑤】エリアから考える

仕事がしたいと思ったときに住んでいるエリアのことを考えなければなりません。

仕事をするうえで、通勤が負担となってはならないためです。

基本的に目安として通勤時間が15分前後がストレスを感じるまでの制限時間とされています。

人は待つという行為が長く続くと、精神的にも苦痛を強いられ、結果として長続きしないことがあります。

それだけ、住んでいるエリアと職場の距離というのは大切なのです。

鹿児島県はJRなどの電車がほとんど普及しておらず、市街地を除いての交通手段はバスか自家用車が主となっています。

しかし、地域によっては電車やバスが通っていないところもあり、交通の便があまりよくありません。

さらに、自家用車を持っている人でも、山道や舗装されていない道路が多くあり、地方に行けば行くほど交通の便は悪くなります。

また、自家用車を持っていない人は、通勤手段がバスや自転車、バイク、徒歩が主となることから、より一層住んでいるエリアと職場の距離は重要なものになります。

鹿児島で働くメリット

他の地域にはない独特の環境を持っている鹿児島県ですが、働くメリットは数多くあります。

ここでは、その中でも、お酒や自然を挙げてご紹介いたします。

お酒好きにはたまらない

鹿児島といえば「焼酎」が有名です。

鹿児島には焼酎を製造する酒造という蔵が複数点在し、職人が各々こだわりを持っておいしい「焼酎」を作っています。

特に、独特の風味を持った「芋焼酎」は全国的に有名で、各地で販売されるなど日本だけにとどまらず、今や世界中で愛されています。

鹿児島には「焼酎」をこよなく愛する人が多く存在します。

仕事終わりの「焼酎」は癒しとその日のストレスを発散させてくれます。

仕事終わりの「焼酎」を味わった快感を忘れられず、1日の終わりに愛飲する人も少なくありません。

また、鹿児島の人はお酒に強いといわれていますが、それも本当のことなのです。

アルコール度数の強い焼酎を毎日浴びるように飲んでいれば、お酒に強くなるのも当然ではないでしょうか。

それだけ身近に「焼酎」というお酒が存在する鹿児島の人は、1日の終わりの快楽のために毎日働くという考えを持つことが多く、そこが他地域と異なる場面でもあります。

自然が豊か

鹿児島県は山々に囲まれた地形で、錦江湾に面しています。

桜島や霧島連山に位置する新燃岳は日本有数の活火山であり、その壮大な光景は人の目を惹きます。

特に錦江湾の真ん中に堂々と聳え立つ桜島には圧巻です。

さらに、比較的波の穏やかな錦江湾にはイルカが多数おり、鹿児島市にあるドルフィンポートでは天然のイルカを見ることもできます。

このように、海や山に面した鹿児島県の自然は豊かで、仕事のやる気にも火をつけてくれます。

いつも、桜島の堂々たる光景を目にしている鹿児島県の人は、心も広く優しい人が多いです。

自然と身近に接することで、心が癒されることが鹿児島県で働くメリットの1つといえるでしょう。

経験者がよくある質問にお答えします!

求人に応募するときに、環境が変わる不安と新たな気持ちで臨む新鮮さから、さまざまな疑問を生じることがあります。

ここでは、求人に関するさまざまな質問にお答えしたいと思います。

どんな人が採用されやすいですか?

企業は、新規事業の拡大や人員の補充を目的として、求人募集をかけることが多くあります。

求人募集をかけるときに、経験者優遇やスキル習得者優遇などを提示し、具体的に企業がどのような人材を求めているのかが一目で分かるようになっています。

そこで、どのような人が採用されやすいのかというと、「企業の募集要項に合致した人」です。

「企業の募集要項に合致した人」とは、企業が提示した中で、業界経験者やスキル経験年数を一定以上満たしている人、1年以上継続できる人など、求人内容で掲載されている募集要項に一致した人のことです。

企業としては、全ての募集要項に合致した人を新規採用として求めており、逆に言えば募集要項に合致しない人は不採用となるケースがほとんどです。

稀に履歴書の経歴が優秀であったり、他企業からの評判が良かったりすると、一部募集要項に合致していなくても、将来を見込んで採用となることもあります。

しかし、これらの募集要項に合致していても、企業としては身だしなみ、丁寧な言葉使い、常識を理解しているなど社会で普通にやっていける人材でなければ採用は難しいです。

したがって、経験年数やスキルなどより、社会人として常識を兼ね備えている人、身だしなみの整った人、言葉使いが丁寧な人が採用されやすい傾向があります。

未経験でもなれますか?

求人の募集要項の中で「未経験者可」というキーワードを含む内容を見かけることがあります。

実はこれには、企業の思惑があるのです。

企業が募集する内容によっては、未経験者でもできる仕事があります。

このときの、企業の思惑とは、「社会的な常識を兼ね備えた人で、とにかく誰でもいいから今すぐに人材が欲しい。さらに、未経験であることで余計な考えを持たず、真っ直ぐに成長する見込みがある人」です。

つまり、下手に経験している人が求人に応募してきても、経験がある分その仕事内容にこだわりを持ち、企業の理念や方針に逆らってしまう危険性があるということです。

それなら、未経験者を雇い入れ、初めから1つ1つ教えていこうという考えのもと「未経験可」という表現で求人を募集しているのです。

したがって、企業の求人募集要項に「未経験可」というキーワードがあれば未経験者でも働くことができる可能性があります。

面接ではどういうことを聞かれますか?

面接は誰しも緊張して本来の自分を出せないという方も少なくありません。

面接をする企業側もそれを承知で面接を行うのですが、中には面接に臆することなく堂々とこなしていく方がいます。

面接は、企業が求人応募者の職種に関する適性を図るものであり、企業側の提示した募集要件と書類上で合致するだけでなく、人間性や社会的常識を見極めるための手段として行われるのです。

つまり、面接では、「どのような性格か」、「長所や短所」、「なぜ弊社を求人応募したのか」、「弊社で何をしたいのか」などが問われることがあります。

持っていると有利になる資格ってありますか?

求人の募集要項の中に、「有資格者優遇」というキーワードを記載する企業があります。

資格とは、スキルを証明するものであり、企業で働くうえで最低限必要な知識やスキルなのです。

持っていると有利になる資格は職種によってさまざまですが、一部ご紹介いたします。

例えば、飲食店は「調理師」、IT関連企業は「情報処理技術者」、事務職は「日商・工業簿記やMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」、電気関連は「電気工事士」、建築・土木関連は「建築士」などが挙げられます。

ここで挙げた資格はほんの一部ですが、国家資格でも民間資格でも取得していれば求人にアピールすることができます。

よって、何か取得している資格があればどんどん企業にアピールすることが大切なのです。

転職の時にこの経験は役に立ちますか?

転職するときに、以前就いていた職種の知識やスキルは必ず役に立ちます。

同業であれば猶更役に立つことでしょう。

仮に、異業種に転職するときでも、前職の知識やスキルは転職先で応用され必ずどこかで役に立つときが来ます。

企業側が判断する材料として、前職のスキルや勤務年数が挙げられます。

例えば、面接時に応募者が前職のスキルと勤務年数を問われるとします。

このときの企業側の考えは、「どれだけの期間でスキルを習得できるかの目安を把握する」ということです。

前職の知識やスキルを身につけるためにどれだけの期間を要したかを目安にすることで、転職したときの新しい知識やスキルの習得期間の目安にするのです。

したがって、転職先に関係ないような知識やスキルでも役に立つといえます。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

雇用形態には一般的に「正社員」、「契約社員」、「アルバイト」などが挙げられます。

もちろん雇用形態によって給与体系は異なります。

「正社員」は月給制をとる企業が多く、毎月決められた額の給与が支払われます。

毎月定額の給与が入ることから比較的安定した雇用形態となります。

「契約社員」は日給制または月給制が多く、日割り計算や月給換算で給与が支払われます。

ただし、場合によっては時給制をとる企業もあり、正社員と比べると勤務年数が契約により期間が定められていることから不安定な雇用形態であるといえます。

しかし、1年間という短い契約期間で向き不向きなどの仕事との相性を見極めることができるため転職のきっかけとして上手く活用される場合もあります。

「アルバイト」は時給制をとる企業が多く、時間による対価で給与が支払われます。

あらかじめ仕事量が定められていることも多く、状況によっては定められた時間よりも早く切り上げることもあり、正社員や契約社員と比べるとさらに不安定な雇用形態であるといえます。

しかし、日常で生活していくうえで合間で稼ぎたいという人には融通の利く雇用形態でもあります。

よって、「正社員」や「契約社員」、「アルバイト」でそれぞれ給与体系は異なり、さらに、給与体系も月給、日給、時給とあります。

したがって、企業には就業規則があり、その規則に法って雇用形態による給与体系をそれぞれ設定しているのです。

つまり、企業の就業規則に法り、雇用形態によって給与体系も異なってくるのです。

残業って多いの?

残業の有無については職種や雇用形態、企業の理念によってさまざまです。

鹿児島では労働基準法に順守して企業の運営が図られており、基本的に求人の募集要項の中で、残業の有無が謳われています。

残業有と謳っている企業は勤務条件の範囲内で残業もありますが、残業無を謳っている企業のほとんどは残業はありません。

企業内の仕事量や進捗状況で残業の度合いが変わってきますが、鹿児島県では、観光が盛んな地域であることから飲食店や量販店などのサービス業は連休時など予想外に集客があることから残業が多い傾向にあります。

シフトの自由度ってどうなの?

日常生活とバイトを両立させるためには、学生であれば勉強する時間の合間に、一般の社会人であれば仕事の合間に時間を作るなどの、双方の妥協点を見い出さなければなりません。

お金を稼ぎたいのであればシフトにたくさん入ることで収入を得られることでしょう。

しかし、シフトにそれだけ入るということは、何かの時間を犠牲にしなければなりません。

シフトの自由度は職種によって異なります。

人との関わり合いの多いサービス業は休日に集客が望めることから、基本的に休日にシフトに入ることが多くなります。

よって、土日や祝日などの休日にシフトを休むことが難しい傾向にあります。

一方、工場カレンダーによるシフトが組まれている工業系の製造業は、土日や祝日は工場自体が休みになる傾向があります。

企業は忙しいときこそ人員を補充するためにシフトを増やすことから、個人的な理由というよりも、企業の方針でシフトが決められてしまうことがあります。

事前にシフトの希望を出すことで自由に入れることがありますが、必ずしも希望通りにシフトに入れるとは限りません。

したがって、シフトについては企業側の都合によって決められることが多く、自由度はあまりないところが多くあります。

鹿児島で働いていてよかったと思うことは何ですか?

鹿児島県では、特産品でもある黒豚や黒牛を使用した飲食店が豊富にあります。

飲食店といえば、まかないがおいしいという印象があります。

また、まかないが楽しみでバイトをする人も少なくありません。

鹿児島県の飲食店でバイトをすると、まかないで黒豚や黒牛が出てくることがあります。

実は黒豚や黒牛は高級食材で、全国的にも有名です。

そんな高級食材をまかないで食べることができるとは幸せです。

さらに、バイト代まで貰えるという特典つきです。

まとめ

ここでは、鹿児島県の求人のおすすめ職種について解説してきました。

職種ごとにさまざまなおすすめ情報が満載で、心躍った方もいらっしゃることでしょう。

実際におすすめ職種に就くとさらに楽しい思いをするのではないでしょうか。

鹿児島県で求人募集されているおすすめ職種は、独特な募集内容から興味をそそられる人も少なくありません。

この記事を読んで、さらに鹿児島の求人に興味を持っていただければ幸いです。

実際に鹿児島のバイト求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


鹿児島求人についてもっと深堀りした情報を見る

鹿屋求人のおすすめ職種7選。タイプ別のおすすめ仕事から鹿屋らしいものまで!

鹿屋市は、鹿児島県の大隅半島中心部に位置しており、高隈山地や肝属山地に囲まれた広大な土地が広がっています。このような産地が広がる鹿屋市ですが、地域柄鹿屋市特有の職種がいくつかあります。ここでは、そんな鹿屋市でおすすめする求人の職種についてご紹介していきます。鹿屋はどんな街?鹿屋市は、鹿児島県の中でも、鹿児島市、霧島市に次いで人口の多い都市です。2006年に、旧鹿屋市と吾平町、串良町、そして輝北町の合併により、人口が約10万人となりました。鹿屋市は、市外北西部に高隈山地、南東部には国見山地とも呼ばれる肝属山地が連なっており、広大な山地が広がっています。さらに、笠野原台地や鹿屋原台地などのシラス台

霧島求人のおすすめ職種7選。タイプ別に人気仕事や霧島らしい仕事を紹介します!

霧島は歴史が長く、様々な神話なども語り継がれる場所です。神秘的な場所であり、豊かな自然もあり、たくさんの人が行き交う街です。そんな霧島の素敵な魅力と、霧島求人でおすすめの職種や今後注目されるであろう業界をご紹介していきます。霧島はどんな街?桜島から、真南に位置し面積は、603.18㎢で、平成17年11月7日の市町村合併で旧国分市、溝辺町、横川町、牧園町、霧島町、隼人町、福山町の1市6町が合併して霧島市ができました。平成27年10月1日の時点の国勢調査では、人口は,125,857人で世帯数は、54,334世帯です。日本初の国立公園を有しており、南の地域では、観光産業や工業なども発展しています。広

鹿児島バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の5個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

バイトを探すとき、あなたはどのように選びますか?職種や時給、仕事の内容など人によってさまざまだと思います。また、バイトの仕事内容によっては向き不向きがあり、長続きしないこともあります。しかし、中にはバイトにやりがいを感じ、一生懸命頑張っていらっしゃる方も少なくありません。ここでは、鹿児島のバイト求人の時給や募集内容、特徴など徹底解説していきたいと思います。鹿児島バイト求人のおすすめ職種5選鹿児島では工場地帯、農業地帯が広がるという特徴からバイト求人には他地域と異なる職種が求人募集されることがあります。ここでは、鹿児島のバイト求人の中でもおすすめの職種をご紹介いたします。飲食店スタッフ他地域でも