駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。

でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。

お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?

パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。

「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パチンコの大まかな仕事内容

パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。

実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。

お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。

ホール

遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に遊戯を楽しむスペースです。

そこを担当する従業員がホールスタッフ。

主な仕事はホール全体の清潔を保ち、お客様が快適に遊戯を楽しめるようサポートをすることです。

ホール内の清掃

遊技台・椅子・床・お手洗いなど、常に清潔を保つ必要がある場所はたくさんあります。

清潔なイメージを大事にする業種なので、清掃業務はとても大切なお仕事になります。

ドル箱の交換と運搬

お客様が出玉(パチンコ玉やコイン)を入れる箱を通称ドル箱と呼びます。

ドル箱がいっぱいになったら新しい箱と交換をして、お客様の遊戯をサポートします。

店内スペースに余裕がある店舗では大量出玉を獲得したお客様が出たら、ドル箱ごと出玉を預かって見栄え良くディスプレイをすることもあります。

パチンコの場合、鋼製のパチンコ玉が1箱に2000玉近く入っていて7~8キロの重さになります。

なので以前に腰や肩を痛めたことのある方は注意をしなければなりません。

ただ、近年は出玉のデータがカードに保存されるシステムを導入している店舗も多くなってきたのでドル箱の交換・運搬が業務に含まれない場合もあります。

この点はそれぞれの店舗に確認を取るのが確実です。

お客様への挨拶と問い合わせに対する対応

パチンコ店は常にとても大きな音が流れており、従業員同士でも通常の声量では会話が聞こえない時もあります。

そのため、お客様と接する場合も大きな声でしっかりと言葉を伝えることが重要になります。

また遊技台に不具合があった場合やエラー表示があった場合、お客様は従業員の呼び出しを行います。

不具合の理由は様々で機械的な問題などもありますが、そういったことはすぐに覚えなくても大丈夫です。

従業員は全員がインカム(トランシーバーのようなもの)を耳につけているので、他の従業員に来て欲しい場所をインカムを通して伝えることが出来れば機械や遊戯ルールを知らなくても問題はありません。

お客様・一緒に働く他の従業員を円滑にコミュニケーションを取ることに努められれば大丈夫です。

カウンター

遊戯を終えたお客様は出玉の交換レシートを持って「景品交換カウンター」へ向かいます。

この時お客様と相対する従業員がカウンタースタッフ。

主な仕事はお客様が持参したレシート(またはカード)を確認し、景品との引き換えを行います。

景品との交換はコンビニにあるレジに良く似たマシンを使うので、使い方のマニュアルに沿って行えば未経験者でも大丈夫です。

カフェレディー

全ての店舗に必ずあるサービスではありませんが、一部の店舗では出玉(レシートではなく実際の玉やコイン)でコーヒーやジュースが変えるサービスを導入しています。

このサービスを行うのがカフェレディーやワゴンレディー、ネーミングの通り基本的には女性のお仕事になります。

お客様が直接いらっしゃれば注文を聞いて対応をしますが、店内を歩いて遊戯をしているお客様にも注文がないか伺って回ります。

飲み物の作り方は難しいものではないので心配は要りません。

「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パチンコの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

遊技場全体の仕組み

パチンコ店に来店したお客様が入店から退店までに辿るルートは遊戯をしたことがないとまったくわからないことです。

ですからまずはお客様が行う一連の動作は覚えておかなければなりません。

これはパチンコのゲーム性という意味ではなく、お店の利用の仕方ということです。

開店時の入場の仕方・貸玉や貸コインの出し方・従業員の呼び出し方・遊戯を止める際の手順など。

お店によって全く違うということはないのですが、導入している機械や店内レイアウトによって少しずつ違うところがあります。

お客様がわからないことがあればサポートをすることも大切なお仕事なので、自分の勤務している店舗がどんなスタイルで営業をしているのかは最低限覚えておくことの1つになります。

常連のお客様の顔

パチンコ店でのお仕事の大半はお客様と接することと繋がっています。

よく来店されるお客様の顔を覚えておくことはサービスや防犯など様々な面で必要となります。

またお客様は従業員の対応で訪れる店を決める場合も多くあります。

自分を覚えて笑顔で対応してくれる従業員がいると、その店舗がお客様に選ばれる機会が増えることにも繋がるのです。

細かいことはたくさん覚えなければいけないが、難しいことはない

パチンコ店に行ったことがない人であれば、小さな備品1つでも名前を覚えるところからはじまります。

でも覚えられないと悩みこんでしまうような難しいことはほとんどありません。

知らないことを覚えようという気持ちを持てる人であれば大丈夫です。

パチンコの仕事はどんな人に向いている?

パチンコ店で働く場合に実際に遊戯をしたことがある方がいい面もありますが、向き不向きを考える時に実はそれはポイントではありません。

もっと重要なことは遊戯経験の有無とは別のことろにあるのです。

騒音の中で気を配ることができ、大きな声が出せる人

パチンコ店の前を通ったことがあれば店内ではとても大きな音が響いていることがわかると思います。

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」は接客業の基本ですが、パチンコ店ではここに大きな声という要素が加わらなければならないのです。

また普通の飲食店ではお客様が少し声を出してくれれば気付いて対応に向かうことができますが、パチンコ店の騒音の中ではなかなかそうもいきません。

お客様が従業員を呼ぶ時には手元のボタンでランプを点灯させるので、その点滅にいち早く気付かないとお待たせしてしまうことになります。

中には身振り手振りで従業員を呼ぶお客様もいますから、周りの各所に気を配り変化に気付けるとお仕事がやりやすく感じるでしょう。

人と接することが好きな人

パチンコ店での主役はお客様、男女問わず様々な年齢の方が楽しむことを目的に訪れる場所です。

見知らぬ人が相手でも笑顔で接することが苦にならない人にはとても楽しいお仕事です。

従業員の対応にお客様が投票するシステムがある店舗もたくさんあるので、いい接客を心掛ければ嬉しいと思える結果も必ず着いてきてくれます。

綺麗好き・整理整頓が得意な人

パチンコはいわばギャンブル、いいイメージを持ってもらえるようにパチンコ店は様々な努力をしています。

その1つが清潔で整った店内です。

○時~○時が清掃時間という感覚ではなく、常に目についた煙草の灰や空き缶をぱっと片付けられる・綺麗に保たれていることに満足感を感じられるとお仕事も楽しく感じられるでしょう。

逆にパチンコの仕事に向いていない人の特徴は?

パチンコ店でのお仕事は未経験者でも大丈夫ですし、パチンコ・スロットをやったことがなくても問題はありません。

誰でも挑戦できるお仕事ですが、だからといって誰でも向いているわけではありません。

静かなところで働きたい人

パチンコ店では常に多数の台が同時に稼働をしているので騒音は切り離せません。

うるさい場所が極端に苦手だったり、体調に影響してしまうような人はこのお仕事にあまり向かないかも知れません。

お仕事をすることで体調を崩してしまっては元も子もないですから、自分に合っているかどうかはしっかりと考えたいですね。

パチンコに興味がない人

パチンコが好き過ぎてお客様の遊戯に見入ってしまうような人は困りますが、全く興味がなくてもあまり楽しさを見い出せないかも知れません。

お客様の中には従業員とのやり取りを楽しみの1つとしている方もいます。

専門的に語ることが出来なくても遊技台のシステムに興味を持って、お客様のお話に耳を傾けられるくらいの興味はあったほうがいいでしょう。

人見知りをしてしまう人

とても大きな音の中で接客をするこのお仕事では、どのお客様が相手でも元気に大きな声で対応をしなければなりません。

恥ずかしがり屋で知らない人の前では自然と声が小さくなってしまうような人は、お仕事をする中でそういった点を克服していく必要があります。

「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パチンコの仕事で活かせる経験

もしも今までに自分が経験してきたことの中でこれから役に立つものがあるとわかったら心強いですよね。

パチンコ店でこれからお仕事をはじめる場合に役に立つことを考えてみましょう。

接客業の経験が生かせる

挨拶から始まる接客業のマナー、これはパチンコ店でも非常に役に立ちます。

お客様に対する時の姿勢や言葉遣いは最初から誰もが出来るものではありません。

今までに接客業を経験していれば、その経験を生かして1つのステップを早く突破することが出来るでしょう。

チームプレーの経験を生かせる

パチンコ店ではお客様より少ない人数の従業員が協力してサービスを行う職場です。

同僚とコミュニケーションを取りながら1つの仕事を進めていくことが出来る人は即戦力です。

チームプレーの大切さがわかっているとお仕事をする上で役に立つことがたくさんあるでしょう。

挨拶と笑顔が生かせる

誰でも持っている笑顔と声、これがパチンコ店では役に立ちます。

資格やコンテストといった特別な話ではなく、お客様に誠意を持った挨拶と笑顔で対応をすることが出来ればそれだけでプラスになるのです。

パチンコで働くメリットとは?

接客業の基本的スキルが身につく

パチンコ店に来店するお客様は最終的に勝敗のどちらかを手にして退店されることになります。

どちらであれ、それは人の色々な感情に作用するものですから従業員にはクオリティの高い接客対応が求められます。

丁寧な言葉遣いやお辞儀の仕方・姿勢など、いずれ他の職に移っても役に立つ接客マナーやスキルを学ぶことが出来ます。

チームワークを利用した仕事の仕方がわかってくる

ある程度の広さがあり、大きな音が流れる店内で円滑に業務を進めるにはコミュニケーションがとても大切です。

1人で黙々と仕事をするというよりも、数名で協力するために必要な行動や考え方がだんだんとわかるようになってきます。

時間に正確になる

パチンコ店は風営法という法律に従って営業を行っています。

その中で営業時間の管理は特に厳しく、開店・閉店の時間は非常に厳密に守られています。

その流れからか、従業員の時間管理もとても厳しくされているので時間に正確に動くという習慣が自然に身に付いてきます。

また、パチンコ店の9割以上が店内に時計を大きく設けていません。

これはお客様に時間を気にせず楽しんでもらいたいという配慮からはじまったとされていますが、実際は時間は気になるもの。

お客様は頻繁に従業員に時間を訪ねてくるので、従業員はお客様の時計代わりになる時もあるのです。

自分にあったパチンコ店の求人の選び方や注意点

パチンコ店は一時期より店舗数が減少したとはいえ、まだまだ多くの数があります。

【選び方①】雇用形態から考える

パチンコ業界では社員や幹部候補からアルバイトまで、様々な雇用形態の求人が出ています。

社員や幹部候補の場合

社員またはその候補であっても最初はアルバイトと同じ業務を覚えることからはじまります。

それから鍵の管理や売上の管理・遊技台の管理と金銭に大きく絡む仕事を最終的には任されることになります。

特別必要な資格や経験はないので、やる気さえあれば未経験者でも挑戦することが出来ます。

お給料は主に月給制が多いですが、店長クラスになると年俸制が導入されている場合もあります。

また、系列店がある場合は転勤が想定される場合が出てきますので事前に確認をしておきましょう。

開店前の早朝または閉店後の深夜といったイレギュラーな時間の勤務を日常的に求められる可能性がありますので、勤務時間についても注意が必要です。

アルバイト

時間毎の交代制勤務が主体となる場合が多いので自分の希望する時間を選択することが出来ます。

時給は900円台後半から1500円以上まで、同店舗でも勤務時間によって大きく差が出てきます。

自分の働ける時間からお給料を想定することは出来るのでよく検討してみましょう。

ただ子育て中や介護が必要な家族がいる方がお仕事をする場合は注意が必要です。

パチンコ店では防犯上の問題で勤務中にスマホや携帯電話を持ち歩くことが禁止されている場合が多く見られます。

緊急の用件の場合は店舗に入った電話を従業員に取り次いでもらえますが、そういった対応でも生活に支障が出ないか考えておく必要があります。

今自分に必要なのはどういった働き方なのかを考えることがまず必要と言えるでしょう。

【選び方②】職種から考える

パチンコ店では主にホールとカウンターの募集が出ています。

まずこのどちらに自分が応募出来るのかを考えてみましょう。

また店舗によってはカウンタースタッフのお仕事をするにはホールスタッフのお仕事を経験してから、とマニュアル等で決まっている場合があります。

こういった点は直接聞いてみないとわからないことなので、面接を受けたい店舗が決まったら電話で聞いてみるのが確実です。

カフェレディ又はワゴンレディの職種を希望する場合は注意が必要です。

この職種は店舗が用意しているポジションとは限らず、外部のワゴンサービス専門会社から人材と機材を入れている場合があります。

その場合はパチンコ店とは別の会社の求人を探して応募をしましょう。

【選び方③】勤務時間と休日から考える

パチンコ店の開店時間は午前10時(地域により9時)で、閉店時間は午後11時。

多くの場合は交代制シフトによる勤務となり、朝は開店の1時間~2時間前・夜は終電がなくなる時間に近くなります。

それぞれの求人には勤務時間がきちんと書かれていますので、自分に合った時間があるのか考えてみましょう。

閉店に近くなる時間帯では法に則った手当がありますが、電車通勤の場合は終電を逃して帰れなくなっては大変です。

自分の生活サイクルと照らし合わせ、無理をせず働いていける勤務時間かということはとても大切なことになります。

またパチンコ店の多くが365日営業・悪天候でも休業や早じまいはほぼなく、土日祝やGWなどの連休ほど人手を必要とする業種です。

休日に関しての取り決めがある店舗もありますのでプライベートと両立が可能な勤務が出来るかしっかりと検討しましょう。

【選び方④】エリアから考える

たくさんの集客を目的とするパチンコ店は駅近などの交通事情のいい場所にあったり、郊外であれば大規模な駐車場を備えていることもあります。

お仕事に行くことを考えた時に自分が使える交通手段は何があるのかまず考えてみましょう。

交通費の支給は基本的にどの店舗もしてくれますが、大きな駐車場があっても従業員の車通勤は認めていないという場合も有り得るので注意が必要です。

また、パチンコ店では従業員が自らの働く店舗(系列店を含む場合も有)で遊戯をすることは例え休日であっても出来ません。

プライベートで遊戯をする可能性がある場合はその点も考えてみましょう。

【選び方⑤】制服から考える

パチンコ店の多くは明確に従業員がわかるよう制服を導入しています。

デザインは様々で、特に女性は店舗を選ぶ上で大きなポイントになる場合があります。

男性・女性ともにホテルのコンシェルジュのようなカッチリしたイメージの制服を採用している店舗もありますが、女性の制服をイベントコンパニオンのような華やかなものにして店内の雰囲気作りの1つとしている場合もあります。

普段からスカートやキュロットは履かない主義の女性も多いので、店舗選びに際にはポイントの1つになることがあるのです。

更にカフェレディの場合、女性ばかりとなる職種なので制服のデザインがホール・カウンターの女性従業員とはまた別のものである場合がほとんどです。

制服は毎日着用してお仕事をするものなので自分の好みも含めてよく検討してみましょう。

店舗ごとに違う条件、大切なのは確認をすること

パチンコ店はその店舗によって独自の就業ルールを設けている場合もあり、まさに千差万別です。

自分はどんな働き方をしたいのか・何を重要視するのかを明確にして、疑問があれば担当者に確認をしてみることを忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

パチンコ店のお仕事は男性から女性まで幅広い人が挑戦することが出来ます。

力を必要とする体育会系のような面もありながら、先を読み考えながら業務を片付けていくという文化系の面もある面白い仕事です。

パチンコ・パチスロといったゲームに関することよりも、人と相対するという点にいいところも大変なところも集まっています。

男性でも女性でも頑張り次第でたくさんのものを得ることができる、それがパチンコ店でのお仕事なのです。


関連キーワード

仕事 パチンコ求人

パチンコ求人についてもっと深堀りした情報を見る

パチンコ業界への転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

パチンコ業界と一括りに大きく分類しましたが、このパチンコ業界にも大きく分けて以下の三つの領域があります。(1)パチンコホール業界(2)遊技機等製造販売業界(3)パチンコ業界特化型景品卸業者ここでは最も人材需要の多い(1)のパチンコホール業界の転職に関してご紹介します。したがって、ここで「パチンコ業界」と言えば「パチンコホール運営業界」を指し示すものとして読み進めて下さい。パチンコ業界で転職する人は多い?多くの転職者がいます。他業界では自分自身を見つけ出すことのできなかった方や同業他社からの転職が多いです。学生時代にアルバイトだけはしたことがあるけれど、その後違う業界に就職したが、やはりパチンコ

パチンコバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

アルバイトの中でも、効率よく楽しくて高時給が得られることを目指している人は多いと思います。ここでは、パチンコホールでのアルバイトが果たして皆さんが考えるようなアルバイトかどうかということについて、私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します。パチンコバイトの仕事の大まかな仕事内容とは?そこで、まず仕事内容から紹介しましょう。パチンコホールでのバイトと言えば大きく3つに分かれます。一つ目はホールでの接客、二つ目はカウンターでの接客、三つめはバックヤードでの業務になります。以下にそれぞれの仕事について、詳しく紹介しましょう。ホールでの接客ホールでの接客については、お客様の出玉搬送や、玉詰まりを起こし

パチンコ正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「パチンコ店の正社員ってどういうことをするの?」「怖い人来るの?」「そもそもパチンコ店に入ったことが無いから分からない」サービス業の中でも、パチンコ店のお仕事は少し分かりにくいイメージがある方も多いと思います。アルバイトの時給も他のサービス業と比べて少し高めに設定されています。(地方でも最低1100円からスタートのところが多いです)私は2012年に新卒としてパチンコ店に入社、2年弱現場で働いた後に転職をしました。今は全く違う仕事に就いていますが、こういう形でまた思い出しながら書くことが出来て懐かしい気持ちでいっぱいです。今回は新卒・未経験でパチンコ店に入社した私の経験が少しでも皆様のお役に立て

パチンコ屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、おすすめのポイントなどについて解説します

「高時給のバイト」で検索すると必ず目にするのが「パチンコ屋」の仕事ではないでしょうか。アルバイトでありながら、働き方によってはかなり高収入を得ることができるので、「ガッツリ稼ぎたい!」という人には非常に魅力的な仕事だと思います!ただ、普段パチンコやスロットをする事がない人にとっては、「馴染みがない」「パチンコ屋には少し近寄り難い」「店の中がどうなっているのかさっぱりわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、パチンコ屋の仕事内容や向き不向き、店内の様子などをわかりやすく解説していきます。パチンコ屋でのアルバイトに少しでも興味のある人は、是非参考にしてみてください!「パチンコ屋

パチンコバイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

パチンコ店では随時求人募集をしています。チラシや雑誌、インターネットなどから応募出来ますが、どんな募集内容があるのかを知らない人にとっては、気軽に応募がしにくいこともあるでしょう。また、もし採用になったところで、実際に自分がパチンコ店での勤務に向いているのかどうかも分かりませんよね。そこで、パチンコバイトの求人についてや、どんな人に向いているバイトなのかをご紹介していきます。パチンコバイトはどんな仕事?パチンコバイトは、正社員以上にお客さんとの距離が近い仕事です。ホールを見回りながら接客をするのがメインで、お客さんに頼まれてタバコや飲み物のお使いをしたり、機械の不具合を直したりします。早番と遅