パチンコ店で働く人の一日はどうなっているの?

正直、怖いイメージがありますか?

時給は良さそうだけど、体力的にきついかも?

そもそもパチンコをしたことがないけれど働けるの?

などの疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

社員・アルバイトの仕事内容を業務毎に一日の流れを整理してみました。

気になる疑問を元社員の私(28歳女性)がご案内致します。

※あくまで私の在籍していた店舗での業務内容になります。

会社の方針や店舗によって、内容は大きく異なります。

「パチンコ店員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パチンコ店員の仕事は業務内容によって4つの役割に分けられる。 

ホールスタッフ

主にご遊技なさっているお客様の対応を行います。

一般社員・アルバイトが一番始めに経験する業務になります。

パチンコ、スロットで大当たりを出した場合の玉箱の入替、持ち玉(スロットの場合はメダル)の計数を行います。

ちなみに「計数」ですが、専用の機械にお客様のパチンコ玉・メダルを流すだけなので簡単です。

計数が終了すると、こちらも自動でレシートが発行されますのでサインを記入しお客様にお渡しすれば終わりです。

最近は各台ごとに自動計数機があり、玉運びが必要な店舗は減少していますので腰痛持ちでも安心してお仕事が可能です。

営業時間中のホール内の清掃や簡単な台の修理を行う場合もあります。

カウンタースタッフ

お客様が獲得した持ち玉・メダルを特殊景品に交換します。

基本的にレシートに印字されているバーコードを読み取り、機械が自動で計算してくれますので面倒な計算は不要です。

パチンコ店の多くはお店に入るとすぐにカウンターがあり、一番最初にお客様がスタッフを見る場所になります。

そのため、お店によっては一定のサービス基準を満たさないとカウンター業務に入れないところもあります。

景品の品ぞろえや在庫の把握、お客様の様子を見る観察力も必要になるため、一定期間ホール業務を経験してからカウンター業務を学ぶお店が多いようです。

カフェスタッフ

パチンコ店の中にはお店のほとんどにカフェがあります。

カウンターでもジュースの販売や店内に自販機は設置してありますが、カフェの場合はその場で作って席まで届けてくれます。

外部業者の場合でもホール業務の一部になりますので、場合によっては店舗スタッフによるサービスの指導が行われる場合もあります。

もちろんスタッフも購入出来ますし、スタッフ割引がある場合が多いので仕事終わりに飲みながら帰ることも出来ます。

基本的にカフェの営業は店舗の営業時間よりやや短い傾向にあります。

クリーンスタッフ(昼・夜)

ホールスタッフとは異なり、清掃専門のスタッフとして勤務します。

主に営業時間中・閉店後の夜間に入ります。

基本的にホール内や外周りの清掃がメインですが、スタッフルームや倉庫の整理も担当します。

「パチンコ店員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ホールスタッフの一日の業務

開店前

アルバイト

開店前の店舗内のチェックをします。

開店前は前日の閉店作業に不備がないかどうか・遊技台にトラブルはないかを丁寧にチェックします。

場合によっては台の清掃を改めて行い、気持ちよくお客様をお迎えする環境を作ります。

社員

前日の売り上げの把握とそれに伴う販売促進アクションの共有で始まります。

昨日の売り上げを把握したら、それを元に本日の販促をどのように行うか判断し、その内容をアルバイトに共有します。

また、ゴト行為(不正に玉やメダルを出し利益を得る犯罪です)に関しても注意喚起を行います。

入場整理がある場合は、そちらの対応も行います。

パチンコ店は遊技台が商品になりますので、積極的に遊んで頂けるアクションを提案していく必要があります。

開店中

アルバイト

ホール内のお客様サポート・常連のお客様へのお声がけや台の簡単な清掃を実施します。

開店中はお客様が快適にお過ごし頂けているかを随時チェックしています。

暑そうにしているお客様がいらっしゃれば、おしぼりをお渡しする・困っていそうなお客様がいらしたらお声がけするなど、サポートスタッフのような役回りです。

先にも記載しましたがゴト行為などもありますので油断は出来ません。

また数百台ある遊技台の中には営業中にトラブルを起こしてしまう台もありますので、簡単なトラブルシューティングも行います。

社員

売り上げのリアルタイムでの把握・出玉のデータ確認などを行います。

ホールに出て実際のお客様対応を行うこともありますが、基本的には出玉のデータ管理などを通して、夕方までの流れを決定していきます。

アルバイトでは対応しきれないようなトラブルなども対応します。

両替金や特殊景品の搬入などの対応も行います。

防犯カメラで不審な人物がいたらチェックをしに行くなど、ホールの状況によってやる事は刻々と変化していきます。

取引先や本社からの電話など社外の対応を行うこともあるため、タスク管理がとても重要になります。

閉店後

アルバイト

カウンター前整理・お客様が店内にいないかの確認をします。

都道府県によって閉店時間は異なりますが、大体22時50分から23時半が閉店の時間となります。

大当たりのお客様でも時間が来ればそれ以上遊技の続行は出来ません。

必然的に退店となるため、トラブルが発生しやすくなります。

そのため、閉店直前には管理職も含めスタッフ全員がホールに待機します。

閉店のお知らせがアナウンスされた後はカウンターが混雑するためお客様を誘導します。

お客様が全員帰られた後はホール内お手洗いを含め、お客様がいないかをチェックし戸締りをします。

それらの業務が終われば、アルバイトは退勤となります。

社員

売り上げの確定作業・遊技台の調整をします。

閉店後は社員の数人で売上金を回収、データに表示された金額と実際の金額が合っているかを確認します。

1000万近い金額を扱うため、必ず複数人で対応します。

管理職はパチンコ、スロットの調整を行います。

また、営業中には直せなかった遊技台の修理も閉店後に行います。

メンテナンスの人員としてアルバイトが入る場合もあります。

カウンタースタッフの一日の業務

開店前

カウンター周りの清掃・在庫のチェックをします。

店舗にもよりますが、平日朝のカウンタースタッフはホールスタッフを兼任している場合が多いです。

比較的朝の時間はスタッフの人数が少ないため、色々な業務をこなせるベテランの人間が担当することもあります。

開店中

特殊景品の交換・在庫の補充を行います。

カウンターのメイン業務はお客様の持ち玉、メダルを特殊景品へ交換することです。

特殊景品はというと、パチンコ店は「三店方式」という方法で営業しています。

法律によりパチンコ店はお客様の持ち玉、メダルを直接現金に交換することは出来ません。

そのため、一旦現金ではない「特殊景品」に交換する必要があります。

ホール内でもカウンターは防犯上重要な場所であり、カウンタースタッフは一番最初・最後にお客様に接するスタッフです。

以上の理由から、カウンタースタッフはある程度のレベルをクリアしたスタッフのみ対応を行っている店舗がほとんどです。

閉店後

カウンタークローズをします。

まずは特殊景品をお客様にお渡しした枚数とカウンターの機械の枚数が合っているかを確認します。

基本的に社員が行う業務ではありますが、社員候補のアルバイトが行っている事もあります。

その他、タバコ・ジュースの補充行い、明日の開店作業がスムーズになるよう環境を整えます。

季節によってはカウンター装飾の変更を行うこともあります。

カフェスタッフの一日の業務

開店前

ドリンクを用意するのに使う消耗品のチェック・消毒を行います。

ホール業務と一番異なるのが、食品を扱うことです。

お客様の口に入るものに関することなので、衛生管理を第一に優先します。

季節やお店によってドリンクの種類も変わっていくので楽しいです。

開店中

ドリンク販売をします。

席を回ってドリンクをお客様におすすめしていきます。

常連のお客様の中には決まった飲み物を頼まれる方も多いので、好みのドリンクを間違えることがない様、スタッフ間で情報の差が出ないよう共有することもあります。

閉店後

売上の締め作業をします。

本日の売上分を計算して締め、明日の準備をして業務終了となります。

外部業者の場合はこの限りではありませんが、自社運営の場合は上記の流れが一般的となります。

※カフェスタッフ専任の場合、ホールスタッフやカウンタースタッフとは給与が異なります。

クリーンスタッフ一日の業務

開店前

お店にもよりますが、基本的に閉店作業でオープン出来る状態まで整えるので開店前にクリーンスタッフが出勤することはありません。

ただ、リニューアルオープン直後などで工事が入った場合などはお手伝いを頼まれることもあるかもしれません。

開店中

ホールスタッフでは対応しきれない時間のかかる清掃・外の様子などをチェックします。

休憩所の・外に置いてある灰皿の処理や、ごみ箱の入替などホールスタッフでは賄い切れない部分の清掃を行います。

実はパチンコ屋はあまり店外が見える構造ではないため、外の様子が店内からでは分かりにくいことが多いのです。

雨が降ってきたら傘立てを出すして看板を片付けるなど、状況を見て臨機応変に動くこともあります。

お客様と関わる機会はホールスタッフと比較すると少ないですが、とても大事なポジションと言えるでしょう。

閉店後

夜のクリーンスタッフは営業後の遊技台の清掃・お手洗いの清掃や備品の補充がメインになります。

場合によっては広告の付け替えなどもスタッフと一緒に行う場合があります。

バックオフィスの清掃も担当し、皆が気持ちよく勤務できるようにと環境を整えてくれる、スタッフの心強い味方です。

新台入替の際に台運びのお手伝いをすることもあります。

パチンコ店員の仕事のやりがいとは?

お客様と楽しい時間を共有出来る

オープンしてから長い店舗だと、開店当初から通い続けて下さっているお客様もおり、色々なお話を聞くことが出来ます。

私が退職する際はわざわざ車で一時間かけてお店にお越し下さり、プレゼントを頂きました。

職業柄、頂く意見が厳しいこともありましたが今もそのプレゼントを見るたび、勇気がもらえます。

お客様との絆を感じられたときのやりがいは大きいと思います。

経営者意識が芽生える

会社の方針により異なりますが、私の場合は新卒2年目で店長代行を任せてもらいました。

1000万円の売上を背負っていると考えると、なかなか中々出来ない体験だと思います。

数字に触れ、意識することで少なからず経営者目線が育まれるので、職種関わらず独立開業を夢にしている方はパチンコ店で修行するのも有りだと思います。

アルバイトの成長が楽しみ

社員・アルバイト関わらず教育を担当していました。

パチンコをやったことがないアルバイトも大勢いるので、まずはパチンコとスロットの仕組みから教えていきます。

実は私も入社するまでパチンコ・スロットの経験は皆無でした(温泉のゲームコーナーで触った程度です)。

忙しくない時に限定されますが、閉店後に実際に打たせてくれるところもあります。

遊んでみたいけど、お金を出したくないという方は閉店後がおすすめです。

不安があってもすぐ相談

社員の場合、月に一回必ず店長と面談があります。

一対一なので、他の社員に言いにくいことも相談できる場です。

また、教育担当の先輩社員がついてくれるので実務も安心して取り組むことが出来ます。

私の場合は途中で教育担当が退職したのですが、すぐ代わりのスタッフがついてくれました。

福利厚生が手厚い

家賃手当が充実しています。

独身寮(マンション借り上げ)で私は一人10000円で住んでいました。

駐車場も一台まで、車通勤が必要な店舗のみ会社負担ということもあります。

新卒社員でもボーナスがあり、お金を貯めたい人には良い環境だと思います。

「パチンコ店員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

パチンコ店はお店・会社の方針により業務内容が大きく異なります。

働いてみたいお店がありましたら、ぜひ一度来店し、雰囲気や設備など見てみると良いと思います。

設備が新しいと基本的に玉運びがなく、機械トラブルが少ないので接客に集中出来ます。

人間関係ってどうなの?と気になる方もいると思いますが、私のいた店舗はとてもフレンドリーな方が多く、勤続10年の大ベテランから入社1か月の新卒社員まで仲良く仕事していました。

社員・アルバイト共に三交代のシフト制になるので、朝のスタッフが閉店までいることは基本的に無いので長時間労働の負担はありません。

興味がある方はぜひ面接を受けてみてくださいね!

「パチンコ店員」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

パチンコ仕事

パチンコ求人についてもっと深堀りした情報を見る

パチンコ業界への転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

パチンコ業界と一括りに大きく分類しましたが、このパチンコ業界にも大きく分けて以下の三つの領域があります。(1)パチンコホール業界(2)遊技機等製造販売業界(3)パチンコ業界特化型景品卸業者ここでは最も人材需要の多い(1)のパチンコホール業界の転職に関してご紹介します。したがって、ここで「パチンコ業界」と言えば「パチンコホール運営業界」を指し示すものとして読み進めて下さい。パチンコ業界で転職する人は多い?多くの転職者がいます。他業界では自分自身を見つけ出すことのできなかった方や同業他社からの転職が多いです。学生時代にアルバイトだけはしたことがあるけれど、その後違う業界に就職したが、やはりパチンコ

パチンコバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

アルバイトの中でも、効率よく楽しくて高時給が得られることを目指している人は多いと思います。ここでは、パチンコホールでのアルバイトが果たして皆さんが考えるようなアルバイトかどうかということについて、私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します。パチンコバイトの仕事の大まかな仕事内容とは?そこで、まず仕事内容から紹介しましょう。パチンコホールでのバイトと言えば大きく3つに分かれます。一つ目はホールでの接客、二つ目はカウンターでの接客、三つめはバックヤードでの業務になります。以下にそれぞれの仕事について、詳しく紹介しましょう。ホールでの接客ホールでの接客については、お客様の出玉搬送や、玉詰まりを起こし

パチンコ正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「パチンコ店の正社員ってどういうことをするの?」「怖い人来るの?」「そもそもパチンコ店に入ったことが無いから分からない」サービス業の中でも、パチンコ店のお仕事は少し分かりにくいイメージがある方も多いと思います。アルバイトの時給も他のサービス業と比べて少し高めに設定されています。(地方でも最低1100円からスタートのところが多いです)私は2012年に新卒としてパチンコ店に入社、2年弱現場で働いた後に転職をしました。今は全く違う仕事に就いていますが、こういう形でまた思い出しながら書くことが出来て懐かしい気持ちでいっぱいです。今回は新卒・未経験でパチンコ店に入社した私の経験が少しでも皆様のお役に立て

パチンコ屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、おすすめのポイントなどについて解説します

「高時給のバイト」で検索すると必ず目にするのが「パチンコ屋」の仕事ではないでしょうか。アルバイトでありながら、働き方によってはかなり高収入を得ることができるので、「ガッツリ稼ぎたい!」という人には非常に魅力的な仕事だと思います!ただ、普段パチンコやスロットをする事がない人にとっては、「馴染みがない」「パチンコ屋には少し近寄り難い」「店の中がどうなっているのかさっぱりわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、パチンコ屋の仕事内容や向き不向き、店内の様子などをわかりやすく解説していきます。パチンコ屋でのアルバイトに少しでも興味のある人は、是非参考にしてみてください!パチンコ屋の

パチンコバイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

パチンコ店では随時求人募集をしています。チラシや雑誌、インターネットなどから応募出来ますが、どんな募集内容があるのかを知らない人にとっては、気軽に応募がしにくいこともあるでしょう。また、もし採用になったところで、実際に自分がパチンコ店での勤務に向いているのかどうかも分かりませんよね。そこで、パチンコバイトの求人についてや、どんな人に向いているバイトなのかをご紹介していきます。パチンコバイトはどんな仕事?パチンコバイトは、正社員以上にお客さんとの距離が近い仕事です。ホールを見回りながら接客をするのがメインで、お客さんに頼まれてタバコや飲み物のお使いをしたり、機械の不具合を直したりします。早番と遅