パチンコ店は給与が高いため、一度は働くことを考えたことがある人も多いでしょう。

正社員だけでなく、アルバイトでもそれなりに稼ぐことが出来るため、安定して高収入を得たいと考えている人には人気の高い職種です。

そんなパチンコ店の求人でよく見られる募集内容や、雇用形態による違いなどについてご紹介します。

「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パチンコ店のおおまかな仕事内容

パチンコ店では、雇用形態によって仕事内容が変わってきます。

おおまかな仕事内容としては、開店前の準備、そして開店後には店内をチェックしながら接客をしたり、カウンターで景品交換を行ったりします。

また閉店後には後片付けや掃除を行います。

この他にもイベントに合わせてポスターを張り替えたり、機械のチェックや新台の設置をしたりと、さまざまな仕事がありますが、スタッフで新台交換をする時以外にはほとんど残業はありません。

パチンコ店スタッフの募集でよくある職種

パチンコ店の求人募集はあちこちでよく見かけます。

チラシや雑誌、インターネットでも探せばたくさん求人情報が出てきます。

自分の家の近くで働きたいと思う人は、数ある求人募集の中から自分の住む地域に近いところを選びますし、給与で選びたいと思う人は、求人募集に書かれている給与でどのパチンコ店にするかを選ぶでしょう。

では、パチンコ店のスタッフ求人では、どのような職種を募集しているのでしょうか?

ホール・カウンタースタッフ

ホール・カウンタースタッフは、恐らく私たちがパチンコ店のスタッフの仕事で最初に想像する仕事でしょう。

ホールスタッフは、朝は店内を見回りながら開店準備を行い、開店した後は店内を歩き回りながら何か変わったことはないか常にチェックして回ります。

インカムを付けているため、どこかの台で不備があったり、お客から何か要望があったりしたらインカムでそれを周りのスタッフにも伝えます。

最近ではICカード設置の店が多いですが、台からパチンコ玉が出てくる仕組みになっているところは、客のトレー(ドル箱)が玉でいっぱいになってきたらドル箱を新しいものに交換し、また反対にドル箱が空になっていたら玉の入ったドル箱と入れ替える作業を行います。

客の打っている台で玉詰まりが起これば直ぐさまそれに対応し、また客から飲み物やタバコのお使いを頼まれればそれにも対応します。

中にはスロットの目押しを頼まれることもありますが、スタッフが直接目押しをしてはいけないため、あくまでもリズムを取ってあげる程度でサポートします。

客の中にはこっそり不正を働こうとする人もいますが、そうした不審者を発見するのもホールスタッフの仕事の一つです。

一方で、カウンタースタッフは基本的にカウンターで待機しています。

周辺の清掃やカウンターからホール全体を見回したり、どこかで呼び出しが出ていればインカムでそれをホールスタッフに伝えたりします。

主な仕事内容は景品交換ですので、客がICカードや交換用紙を持ってきたらそれを交換します。

カウンターの仕事は特にミスがあってはならないため、スタッフはミスのないように注意深く仕事を行う必要があります。

他にも電話対応や店内の案内、景品の在庫管理などの仕事を行います。

ホールやカウンターの仕事は正社員・派遣社員・アルバイトなど、立場に関係なく行うことが多い仕事です。

パチンコ・スロット台設置スタッフ

パチンコ・スロット台設置スタッフは、新台の設置や、それに伴い他の台を別の場所へと設置させたり、または撤去させたりします。

パチンコ店によっては、新台入れ替えは毎回専門の業者へ委託したり、もしくは業者とパチンコ店のスタッフが一緒になって入れ替え作業を行ったりします。

パチンコ・スロット台は重たく力仕事なため、基本的には男性が作業を行うことが多いです。

台を設置したら電源を入れて、きちんと玉が出るかどうかを確認します。

打ちっぱなしの状態に固定しておいた後は、当たりが出るまで時々玉やメダルを補充しながら確認する作業も行います。

台だけを設置する仕事の場合には、台を設置して玉が出るかを確認すればそれで仕事は終わりですが、パチンコ店のスタッフの場合には、他にも店内のポスターを張り替えたり、座席のカバーを執り替えたり、ポップを付け替えたりと細かい仕事も同時に行います。

業者として台を運ぶだけの作業の場合には、閉店後に台を運び入れて設置をしたら、深夜には撤収します。

また、客のいない時間帯にしか作業を行いませんので、接客をすることもありません。

力仕事ではありますが、作業さえ早く終わってしまえばそれで仕事は終わりますし、接客もなく、黙々と作業をすればいいだけですので、接客が苦手な人には向いている仕事でしょう。

清掃スタッフ

清掃スタッフは、ホール内や駐車場、トイレなどを決まった時間に清掃するのが仕事です。

通常1人か2人体勢で仕事を行い、清掃の合間には休憩を取ります。

作業に慣れてしまえば同じ仕事の繰り返しですので、楽に感じる人もいるでしょう。

とはいえ、客からすれば同じホール内で働いているわけですので、いちいち清掃スタッフとパチンコ店のスタッフとを区別して考えない人も多いです。

そのため店内のことで客から質問をされたり、お使いを頼まれたり、時には「台が詰まった」と言われたりすることもあります。

その場合には客には少し待ってもらい、素早くホールスタッフへと連絡します。

客は清掃スタッフもパチンコ店のスタッフとして見ているため、もしサボったり客から見て不快な行動を取ったりすれば、それがパチンコ店のスタッフへと伝わり、清掃会社へも迷惑がかかってしまいます。

綺麗好きで掃除を真面目にやれるような人には向いている仕事と言えるでしょう。

「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パチンコでよくある募集内容とは?

パチンコ店では、随時正社員・派遣社員・アルバイトを募集しています。

正社員やアルバイトであれば直接パチンコ店に連絡すれば良いですが、派遣社員の場合には募集方法が少し違います。

派遣社員として働きたいと考えている人は、まずパチンコ店へスタッフを派遣している派遣会社を探し、そちらへ応募します。

そこで面接を行い、希望のエリアや職種、時給や休日などを派遣スタッフと相談した上で、どこかのパチンコ店へと派遣されることになります。

派遣社員の場合、給与が上がることも下がることもなく一定の場合が多いです。

また、シフト希望や欠勤に関して、直接自分でパチンコ店へ連絡するのではなく、派遣会社を通して連絡することもあります。

派遣社員ではそのような形になっていますが、それ以外で、パチンコ店でよくある募集内容とはどのようなものがあるのでしょうか?

給与相場

パチンコ店の求人情報には、大抵給与相場が記載されています。

正社員であれば20万~25万円程度が多く、中には30万円近くと記載されているものありますが、その場合には残業代が含まれていることが多いです。

また、アルバイトの場合には時給1200円前後のところが多いです。

これも基本的な時給の場合ですので、店に貢献していれば基本時給よりも上がることもありますし、休み希望が多ければ時給が下がることもあります。

また、早番と遅番で時給内容が多少変わってきます。

遅番の場合、22時以降は時給が1500円程度まで上がることも多いです。

ほかの会社やお店でも同じことが言えますが、給与相場はあくまでも目安だと考えましょう。

最初から記載の給与額がもらえることを期待していると、入社した後で騙されたような気分になってしまうことがあります。

勤務時間や休日、残業

パチンコ店では、正社員では週休二日制のところが多いです。

もちろん忙しい時期には休日出勤もありますが、ほとんどの場合その分の手当てはもらえます。

また残業代は規定のところもあれば、残業した分だけきちんともらえるところもあります。

とはいえ、一般的な会社のように、個人で抱えるような仕事はそこまで多くありませんので、個人的な事情で残業することはあまりないでしょう。

もし毎回のように自分だけ残業になってしまう場合には、作業効率が悪いか、会社自体に問題があるかのどちらかであることが多いです。

また、新台入れ替え作業の日には社員総出で残業を行います。

パチンコ店の場合土日の方が客入りは良いため、休みは平日にあてられることが多いです。

もし休日に休みが欲しい場合には早めに申告する必要があります。

アルバイトでは正社員よりも比較的休みの希望が出しやすいですが、休みはアルバイト全員が交代で回しているため、あまり自分ばかり休みを希望すると周囲は不満を覚えますし、時給もどんどん下がってしまいます。

福利厚生

正社員であれば福利厚生はきちんと保証されています。

また、派遣社員の場合には、派遣元の会社の福利厚生に入ることが多いですが、数ヶ月働いてようやく福利厚生を申請出来る形になっている会社も少なくはありません。

派遣会社も、派遣した人物がきちんと一定期間働いてくれるかどうかを見る機会が必要ですので、最初の3ヶ月程度は福利厚生が付かなくても仕方がないでしょう。

またアルバイトの場合、福利厚生がついていないところもあれば、ついているところもあります。

とはいえ、一般的にはついていない方が多いでしょう。

勤務場所

正社員の場合は、本社で働くこともあれば、どこかの店舗に配属されることもあります。

配属された店舗が家から遠い場合には、近くのアパートを借りるなり、店舗の寮を利用するなりします。

一度店舗へ配属されたら、数年はそこに勤めることも多いです。

また、派遣社員やアルバイトではパチンコ店の店舗が勤務場所になります。

同じ系列のパチンコ店の応援に行くことがない限りは、同じ店で働き続けることになります。

店舗の場合、事務所には常に正社員が数名いる状態になります。

派遣社員やアルバイトは休憩室で過ごすことが多いです。

人手が少ないところでは、平日の早番は正社員が1人か2人、後はアルバイトで回すところも多いです。

社員やバイトのどちらも多いよりは、社員が少なくバイトの人数が多い店舗の方が、気軽にコミュニケーションが取れる傾向にあります。

求められる人物像

パチンコ店でスタッフとして働く場合、どのような人物が求められるのでしょうか?他の会社や店のように、未経験者よりは経験者の方が優遇はされやすいです。

人を募集している店舗は、すなわち人手不足の状態ですので、素人に一から仕事を教えるのは時間も手間暇もかかります。

そこに経験者が来てくれると、基本的な知識や技術は既に身に付いている状態ですので、そこまで教えるのに手間がかかりません。

即戦力となる経験者を優遇するのは当然でしょう。

それ以外では、どのような人物が求められているのでしょうか?以下に挙げていきます。

高校生以上

パチンコ店では、高校生以上しか雇うことは出来ません。

高校生は基本的に学校がアルバイトを禁じているところもありますが、中にはアルバイトを認めているところもあります。

そのため、コンビニや新聞配達、花屋や映画館などあらゆる場所で学生アルバイトを見かけますが、パチンコ店の場合には高校生は雇ってはいけないことになっていますので、まず18歳以上の人物が求められます。

18歳以上であれば、ニートやフリーター、大学生や主婦などどのような立場や性別、年齢でも応募が出来ます。

土日勤務・遅番勤務が出来る人だと喜ばれる

先にもご紹介したように、パチンコ店はサービス業ですので、平日よりも土日祝日の方が忙しいです。

客入りも良く、店内も慌しくなるため、土日祝日は人手が必要になります。

そのため、土日祝日に出勤出来る人は喜ばれます。

正社員の場合には有無を言わさずに出勤になることが多いですが、アルバイトや派遣社員の場合には、面接の時点で土日祝日に出勤できるかどうかを確認されます。

まったく出られない人は例え人手不足でも店が雇うことはあまりありません。

反対に、週に出勤できる日数は少なくても、土日祝日は確実に出勤出来るという人は採用される可能性が高いです。

また、パチンコ店では早番、遅番と勤務が分かれています。

早番は8時半~16時半もしくは17時までで、遅番は16時半もしくは17時~24時過ぎまでの場合が多いです。

早番は主婦のようにパートで働く人が多いですが、主婦や子育てをしている人は遅番に入ることは難しいです。

そのため、パチンコ店では遅番にも入ってくれる人を募集していることが多く、土日祝日遅番も働けるという人は、直ぐにでも採用される可能性があります。

臨機応変に対応出来る人

パチンコ店に限った話ではありませんが、急なトラブルがあった時には臨機応変に対応出来る人が求められます。

例えばホールで客からクレームがあった場合に、内容によっては直ぐに社員をインカムで呼ぶ場合もありますが、その場で自分が対応することで済む話もあります。

例えば客に「この台全然出ないじゃないか!」とクレームを付けられたら、直ぐに社員に「お客様が全然当たらないとお怒りです」と連絡を入れるよりも、「そうですか、申し訳ありません」や「今日は台の調子が悪いみたいですね・・

でもこういう時こそお客様の運の見せどころですよ!」などと、上手く切り替えして客の機嫌を治めることが出来る臨機応変さを持っていると、社員の手を煩わせず、また自らの対応能力も身に付きます。

客によってはちょっとしたことで直ぐにクレームを付けてくる人もいますので、いちいちその全てを社員に報告しているようでは、社員からは「頼りにならないスタッフ」だと思われてしまいます。

もちろんかなり激怒されている時や、自分が下手なことを言って余計に客を怒らせてしまう恐れがある場合には社員を呼んだ方がいいですが、そうでない場合には上手く切り替えして客の機嫌を治めることが出来れば、クレームを付けてきた客ともその後は円滑なコミュニケーションを取れるようになります。

パチンコ店では客とのコミュニケーションを取ることも大切ですので、そうした臨機応変さは必要とされます。

パチンコが好きな人・個人的にも打つ人

自分でもパチンコやスロットを打つのが好きな人は、日頃から休みの日などにパチンコ雑誌で情報を得たり、どの程度どの台が出るかを自分で打って把握したりしていることが多いです。

仕事以外でも自然とパチンコに関する情報が頭に入ってきますので、客とのコミュニケーションで役に立ったり、最新の情報をスタッフ同士で共有出来たりします。

パチンコ店で勤め始めた当初は自分では打たない主義であった人も、働き続けているといつの間にか自分でも打つようになっていたということが多いです。

それはパチンコについての知識を深めるためであったり、純粋に興味を惹かれたりと人によって理由はさまざまですが、長年パチンコ店で働いていても自分はまったく打たないという人の方が少ないでしょう。

もちろんパチンコ店で働いているからといって、必ずしも自分まで打つ必要はありません。

しかし、好きで自分も打っている人の方が、仕事の知識や技術が身につきやすく、また客とのコミュニケーションも円滑に取れることは確かです。

専門的な業界ですので、「話が合う」という点も採用では重視される場合もあります。

フリーターは頼られやすい

パートや子育て中の人は、子どもの体調不良や急な家庭の事情で当日欠勤することも少なくはありません。

家庭の事情であれば、どんなに自分は自己管理で気をつけていても、仕方がないこともあります。

しかし、あまりにそれが続くような場合には働き続けるのは難しくなるでしょう。

パートの人の場合、毎回ではなくても、時々そうした当日欠勤があるため、その場合には他の人に休日出勤してもらわなければならなくなります。

同じパートの人は急な出勤に対応出来ないことが多いですが、フリーターであればまだ対応が利きます。

また、フリーターの場合学生や一人身が多いため、特別な事情がない限りは当日欠勤も少ないです。

いつ休まれるか分からない人よりは、欠勤する確率が低く、また急な出勤にも対応してくれる可能性のあるフリーターは会社や店舗からは頼られやすいです。

必要なスキルや資格、経験

パチンコ店で働くために必要なスキルや資格は特にありません。

しかし、資格はなくとも経験者であれば業務内容のスキルは予め身に付いていることが多いため、経験者は優遇されやすいです。

その代わりに、自ら経験者だと名乗る人は、それなりの仕事が出来て当然だと周囲から思われますので、しっかり働かなければ口だけの人間だと思われてしまう可能性もあります。

店舗によってはいっそ未経験者の方が、変に知ったかぶりをすることもなく、独自のやり方をされることもなく安心出来ると考えるところもあります。

「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

パチンコの雇用形態による違い

パチンコの雇用形態は、正社員か派遣社員か、またはアルバイトで分かれています。

正社員であれば給与はそれなりに高く、また福利厚生も保証されています。

その代わりにシフトの自由が利きにくく、また仕事量も当然一番多いです。

派遣社員では派遣会社からパチンコ店へと派遣されている形になりますので、給与の支払いやシフトの希望提出などはすべて派遣元の会社とやり取りをすることが多いです。

自分が働く職場はパチンコ店でも、所属している会社は派遣会社ですので、パチンコ店の会社とは一線引いた関係になります。

また、給与は時給制になっており、所属先は派遣会社ですので、どのようなシフト内容であっても時給は上がりも下がりもしません。

またアルバイトの場合は直接パチンコ店と契約関係を結びます。

シフト希望や欠勤連絡など、何かあれば全て店舗の社員に連絡を入れます。

時給制ですが、仕事振りやシフトの内容によっては、時給が上がったり下がったりします。

パチンコの求人についてよくある疑問

パチンコは日頃から打つ人にとっては慣れたものですが、普段打たない人からすればよく分からない世界でしょう。

店内では大きな音楽が流れ、じゃらじゃらと玉やメダルが積み上げられ、あちこちで明るく点灯するライトやずらりと並んだ台の景色は、見慣れない人は圧倒されてしまうかもしれません。

そんな店内を歩き回るスタッフの仕事は、経験者やよく来店する客であれば何となく分かっていても、未経験者にとってはどんな仕事をしているのか想像が出来ないことでしょう。

また、常連客の立場であっても、スタッフが裏でどんな仕事をしているのか、また求人の際にはどんな感じなのかまでは分からないことが多いです。

そこで、パチンコの求人について聞かれることの多い疑問について以下にまとめました。

パチンコ店での勤務を希望している人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

応募方法は?

パチンコ店への応募方法は二つです。

一つは直接求人に応募すること、もう一つはパチンコ店へ人材を派遣している派遣会社へ応募することです。

直接店へ応募する場合、ほとんどは電話での応募になります。

メールで応募することも可能ですが、メールを見て会社が折り返しの連絡をしてくるまで少し時間がかかることがあります。

早く仕事を決めたい人は、メールよりも直接電話をして担当者と面接の予定を立てた方がスムーズに進みます。

店に直接行って「ここで働きたいのですが・・」と話をつけても問題はありませんが、その時に社員がいるかどうかは分かりませんし、直接応募をしたとしても、その場で直ぐに面接になることはまずありませんので、まずは電話で応募してみるのが最適な方法でしょう。

派遣会社に応募する際にも同じように、メールか電話での応募になります。

早く連絡が取りたい人は、直接電話をかけた方が良いでしょう。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

パチンコ店の面接では、他のサービス業と同じように、土日祝日に働けるかということをまず聞かれます。

土日祝日に人手が欲しい店が多いため、どこのパチンコ店で面接を受けても、必ずこの質問はされます。

もしも毎週末働くことは難しくても、パチンコ店で働きたい!という意志の強い人は、「毎週は無理ですが、隔週なら何とか・・」となるべく前向きに答えましょう。

土日祝日の出勤に対して、少しでも前向きな返答があれば、パチンコ店は採用を考えやすいです。

また、早番か遅番どちらの勤務も出来るかどうかもよく聞かれます。

遅番のみの場合には採用されやすいですが、早番のみの場合には、パートで早番が埋まっていることも多いため、難色を示されてしまいます。

早番遅番どちらも勤務可能であれば、その時点でかなりの好印象です。

他にもパチンコを自分でも打つかどうか、経験者かどうかなどを聞かれます。

パチンコが好きな経験者であればその場で採用になることもありますが、だからといって打たない人や未経験者でも、十分に採用される可能性はあります。

未経験でも応募できる?

もちろん未経験でも応募出来ます。

むしろ、今経験者としてパチンコ店で働いている人の誰もが、最初は未経験から始めていますので、未経験であることをそこまで気にする必要はありません。

経験者の場合には最初から仕事で求められるハードルが高いことが多いですが、未経験者には決して無理を言うことはありません。

最初から優しく丁寧に仕事内容を教えてくれますので、本人にやる気さえあればしっかりと知識や技術を身に付けていくことが出来ます。

会社の雰囲気は?

パチンコ店と聞くと、何となく暗くてやさぐれたイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。

社員やアルバイトが休憩時間には休憩室で談笑することも多いですし、どちらかと言うと一般的な会社よりもフランクな雰囲気です。

社員とも気軽に会話が楽しめるのはアルバイトにとっては過ごしやすい環境と言えるでしょう。

もちろん事務所ではある程度張り詰めた雰囲気になっていますが、人数が少ない平日などには、インカムで時々おしゃべりをしながらのんびりと仕事をしている店舗もあります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

パチンコ店では、随時正社員・派遣社員・アルバイトの募集があります。

派遣社員の場合には、直接パチンコ店に問い合わせるのではなく、派遣会社に自分の希望するエリアで募集が出ているかどうかを確認出来ます。

大手のパチンコではあちこちにたくさん店舗を作っているため、それだけ人材を確保する必要があります。

また、正社員以外は事情があれば仕事を辞めていきますので、その都度新しく募集をかけているところもたくさんあります。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員であれば一般的に22万~30万円前後です。

30万円を超えるような場合には残業代が多く加算されていることがあり、また勤続年数や役職によっても給与は変動します。

派遣社員は時給制になっており、一般的に1200円~1400円前後のところが多いです。

22時以降には時給が1600円まで上がるところもあります。

雇い主はあくまでも派遣会社ですので、シフトの内容で時給が変動することはなく、申請すれば日払いも可能です。

アルバイトの場合には一般的に時給1200円~1400円のところが多いです。

時給が高い場合は遅番限定で、さらに22時以降には時給が上がります。

シフトの内容によっては、時給が上がったり下がったりします。

残業って多いの?

パチンコ店の仕事は、開店~閉店時間が決まっていますので、基本的には残業はありません。

正社員であれば忙しい時期には多少の残業もありますが、毎日というわけではありません。

また、新台入れ替えがある場合には、深夜まで残業になることもありますが、その分手当てがついています。

シフトの自由度ってどうなの?

シフトの自由度は、正社員の場合には一般的な会社と似ています。

ただしサービス業なので、一般的な会社のように、土日祝日が休みになることは少ないです。

基本的には休日出勤の平日休みです。

週休二日制のところが多く、特別な事情があって休む場合には有給を消化する形になります。

また、派遣社員の場合はシフトが比較的自由です。

週に3日出勤でも大丈夫なところもあります。

また、出勤日数が減っても時給が下がらないのは魅力的です。

アルバイトの場合には希望シフトを社員に提出しますが、あまり休みが多いと難色を示されます。

週5日出勤であれば理想的ですが、少なくてもせいぜい週3日程度の出勤でなければ、他のバイトにも迷惑がかかってしまいます。

また、出勤出来る日数が少なければ、当然多く出勤している人と時給に差がつきます。

資格って必要なの?

パチンコ店で働くのに資格は必要ありません。

正社員にもなれば資格を取っておいた方が有利ですが、派遣社員やアルバイトの場合には資格を取る必要はまずありません。

そのため、資格がないからと応募を躊躇う必要はありません。

まとめ

パチンコ店は時給の高さやイメージから、悪く思われることも少なくはありません。

しかし、実際には店の雰囲気が悪いわけではないですし、働く環境も悪くはありません。

慣れてしまえば同じ作業の繰り返しですので気持ちに余裕が持てますし、打つのが好きな人は客とも楽しくコミュニケーションを取ることが出来ます。

店内はどうしてもタバコを吸う人が多いため、タバコが苦手な人には向いていない仕事かもしれませんが、タバコの煙が大丈夫な人であれば、一度働いてみるのも良いでしょう。

何より、昼の時間帯から高い時給で働ける職場というのはなかなかあるものではありません。

しっかり稼ぎたい!という人ほど、求人情報を探してみることをおすすめします。

パチンコの正社員求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

パチンコの仕事を探すにはこちら >