アルバイトの中でも、効率よく楽しくて高時給が得られることを目指している人は多いと思います。

ここでは、パチンコホールでのアルバイトが果たして皆さんが考えるようなアルバイトかどうかということについて、私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します。

パチンコバイトの仕事の大まかな仕事内容とは?

そこで、まず仕事内容から紹介しましょう。

パチンコホールでのバイトと言えば大きく3つに分かれます。

一つ目はホールでの接客、二つ目はカウンターでの接客、三つめはバックヤードでの業務になります。

以下にそれぞれの仕事について、詳しく紹介しましょう。

ホールでの接客

ホールでの接客については、お客様の出玉搬送や、玉詰まりを起こした時の処理、ホール内案内、その他の接客等がこれに当ります。

出玉の搬送はで注意したいのがこの作業について案外女性には辛い仕事の一つとして上げられています。

ドル箱に溜まった玉やメダルが重いのです。

出玉が良いパチンコホールですと何回も運ばなければなりません。

しかし、目の付け所として、「自動計数機」を導入しているパチンコホールの場合、この作業がありません。

全遊技台に設置されている場合は、この作業が「0」と言うことになります。

この他、いわゆる「玉がかり」、「ぶどう」という専門用語でパチンコの盤面で玉が固まってしまった場合の処理があります。

この場合、アルバイト初心者は社員さんを呼んだりしますが、ベテランのアルバイトになって来ると自分で処理するようになります。

また、お客様からの苦情や相談なども懇切丁寧に聞くことがあります。

ホール内で飲食サービス(ワゴンサービス)を行っているパチンコホールもありますが、別業者さんの場合が多いようで、パチンコホールに努めたアルバイトの人は行わない場合が多いです。

カウンターでの接客

お客様がお店のカウンターに来る時は、大きくジェットカウンターで勘定した貸玉のレシートを持って来て、それを景品に交換する場合が多いです。

その他にも会員カードの申し込み、遊技台の説明などの場合があり、やや煩雑な作業が多いようです。

特に、お客様に景品交換する際には間違わないようにしなければならず、ある意味責任が大きくなります。

景品の多くはお店によって交換規定が異なります。

つまり、以前に働いていたパチンコホールと異なる場合が多く、文鎮や栞が何玉分との交換比率になっているか事前に覚えておく必要があります。

会員カードの申し込みには、店所定の用紙が有りそこに記入して頂かなければなりませんので、やや時間がかかります。

パチンコ台やスロット台の案内は、それぞれの遊技台の入替えにより相当変わりますので、社員さんに任せた方が良いかもしれません。

バックヤードでの作業

事務所や倉庫での作業を任せられる場合もあります。

この仕事には倉庫内の整理整頓などや景品類の棚卸作業、各種電子機器の充電作業等が含まれます。

しかし、アルバイトでバックヤードでの仕事としては多くありません。

つまり、金銭や重要書類などが取り扱われる場合が多い場所ですので、アルバイトが入ってする仕事はそんなに多くないのが実情です。

ただし、倉庫からの景品出し、景品在庫の確認等は行う必要があります。

また、清掃用具の保管などがバックヤードにある場合には、そのメンテナンスなども含まれる場合があります。

パチンコバイトの時給の相場はどのくらい?

時給の相場は?

パチンコホールでのアルバイトの相場はどの程度なのかを分かりやすく説明しましょう。

まず、パチンコホールの時給は、普通のアルバイト時給と一緒で地域により格差が大きいです。

東京、横浜、名古屋、大阪、福岡と言った大都市圏では当然高い時給になりますが、田舎へ行けば行くほど安くなってしまうのが現状です。

全国チェーンのパチンコ店でもその店の立地で決められているので、同じように地域により格差があることは間違いないです。

また、パチンコホールでのアルバイト自体の時給相場を見る前に、全国的な相場を見てみて、高時給か否かを判断したいと思います。

2018年10月現在、アルバイト専門情報会社「バイトル」で見た場合、全国のアルバイトの総平均は、1,055円/時になります。

また地域格差としては、「関東エリア」の平均時給は1,106円、東海エリアの平均時給は1,027円、関西エリアの平均時給は1,063円、九州エリアの平均時給は938円になります。

いずれも上昇傾向にあるとの事です。

それでは、パチンコホールでのアルバイトの相場と言えばいくら位なのでしょう。

概ね昼間で、関東エリアでは1,300円前後以上、関西エリアでは、1,200円前後以上が相場になっています。

夜間には1割増し程度を想定すると良いでしょう。

全国平均の時給よりも高く設定されていることは、業種特殊性にもあると考えられます。

しかし、その他地区では、1,100円前後の時給が多い様で、時給だけを見るとやはり都市部の忙しい店舗が時給が良いと言えます。

ちなみにアルバイト時給で最も高い職業として上げられているのが「モデル・エキストラ・芸能関連」で1,928円ということになっています。

時給にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

時給だけを見てみると上のような結果になり、やや他のアルバイト、特に飲食業よりも良いようなイメージになります。

しかし、時給以外の付加価値はあるのかを次に見てみたいと思います。

昇給

昇給は、アルバイトでも設けているところが多いようです。

アルバイトとして勤め始めて3ヵ月間の試用期間が終了した場合など、時給○○円アップ等を謳っているパチンコホール事業者が多いようです。

また、1年毎に時給の見直しを行ってくれる良心的なパチンコホールもあります。

しかし、この場合仕事内容が悪ければ時給が下げられるような場合もありますので注意しなければなりません。

各種手当

昇給以外にも各種手当等も付加するパチンコホール事業者もあります。

入社祝い金として3万円~10万円の幅で使用期間終了後に祝い金として支給するような場合があります。

更に、交通費の全額支給があったりするホールもありますが、多くは、1万円までと上限を設けているのが普通です。

この他、皆勤手当、精勤手当、各種コンテスト賞金、等思わぬ金銭支給がある場合がパチンコホールの場合あります。

福利厚生制度

福利厚生制度が整っているチェーン店展開しているパチンコホール事業者が多いようです。

会員制福利厚生サービスに会社が加入していることでアルバイトの人たちも自然と加入する仕組みを取っている場合です。

各種レジャー施設が安く利用で来たり、通信教育を特価で学べたりする場合が有ります。

また、ポイント制度を設けていてポイントが他のサービスの利用に使えたりする場合もあり、馬鹿に出来ない制度を持っている会社があります。

給与が高い人は何が違うの?

よく聞くことで、同じパチンコホールで、同じアルバイトとして働いているのに給与の違いが大きく出てしまう場合が有ります。

この様な場合には、いくつかの原因がありますのでアルバイトする際には気を付けておくことが大切です。

そこで、給与の高低が出てしまう理由を以下にご紹介します。

募集時期の違いで基本時給自体が異なる場合

該当する店舗が、以前は1,300円/時間で募集していたところ、正社員で補充できた場合や店方針の変更で、その次には1,250円/時間で募集すると言ったケースがあります。

こうした場合には大きく月給としては異なる場合が有ります。

基本的に店方針の変更ですので仕方がない格差と言えるかもしれません。

残業、夜間勤務が多い場合

当然ですが、残業時間や夜間・深夜業務が多いような人の場合は大幅に給与が異なってきます。

都道府県によって若干異なりますが、パチンコホールの営業時間は、午前10時~午後11時位までが多いです。

1日では、12時間~13時間になるため、前半と後半のシフト勤務が強いられます。

そうした場合に、後半勤務が多く、残業時間が多いような場合には当然給与格差が出てきます。

コンテスト等の成果により時給アップする場合

例えば、チェーン展開しているようなパチンコホール事業者の場合、店舗間で接客技術を切磋琢磨させる目的で、定期的にコンテストを行っているような場合が有ります。

その場合、その結果に応じてインセンティブとして時給が上る場合が有ります。

このような場合には、接客能力の優秀さが認められての昇給と言う部分になり公平感が高い部分になります。

永年就労している人の場合

アルバイトでも、数十年働いている人がいます。

そうした人の場合、特に接客能力が優れているということが無いとしても昇給する場合を設けているところも多いようです。

長くホールに出て接客していると、馴染みのお客様と親しくなったり、お客様に再来店動機を作ることが出来る人もいます。

また、そうしたことで店舗に対して無形の貢献を行っている場合が評価されていると言って良いでしょう。

パチンコバイトの給料の決まり方

パチンコホールでのアルバイトの時給は、どうして決まっているのか?という質問を多く受けたりします。

この内容は、各ホール事業者によってそれぞれ異なり、ここではその一例をご紹介します。

周辺サービス業との比較対象で決める場合

最も多い方法だと思います。

対象店舗の周辺にあるサービス業での時給を調査し、その時給よりもやや高めに設定することで求人力を高める方法です。

例えば駅前居酒屋で1,100円の時給で募集していた場合、自店は1,200円で出す等の技を駆使したりします。

居酒屋やカラオケ、ボーリング場、ゴルフ練習場等でのバイトが対象になりますが、ホール事業者は風適法下での業になるため、やや高めに設定しています。

自店の損益計算から決める場合

ある意味、経営計数管理の行き届いたホール事業者に見られる方法です。

自店の経常利益に影響のある人件費を出来るだけ少なくすることで利益の上昇を図りたい店長(店舗責任者)がいます。

自店での粗利の固定率を人件費の上限として、人数と就労時間帯など詳しく分析し、時給決定している場合が有ります。

ホール事業者の取り扱う金額は、他のサービス業と異なり巨額になるため、こうした詳細な分析を行っている会社は非常に少ないと思います。

しかし、経営の苦しいホール事業者では行っているところもあります。

特に、このようなホール事業者の場合、アルバイトの人数が多く、正社員が極端に少ないような場合が有ります。

特に決まっていない場合

店舗により、1、2店舗しか経営していないホール事業者の場合、単なる感覚で時給を決定していることが多いようです。

同業他社店舗の時給を見て、それをそのまま流用しているケースが多いようです。

パチンコバイトで給料をあげるためにやるべき3個のこと

パチンコ店でアルバイトを始めるに当って、当初の雇用契約で結んだ時給をアップさせる方法をみなさんに紹介しましょう。

いつまでたっても上がらない時給ではモティベーションも上がらないと思います。

勇気を出して上司の正社員さんとも話し合って進める方法がメインになります。

初めから目標を共有し、その達成で時給をアップして貰う

お店に入店早々から約束を取り付けることはできないので、そのお店によって「何が一番困っているのか?」をよく見ることです。

お客さんの来店数が少なく困っているのか、店舗会員が少なくて困っているのか、客単価が低いから困るのか等、よくその店の状況を正社員の話等を聞いておくことが第一です。

そうして、その困りごとを克服する道筋を提案し、目標を社員と共有することで自分の認知度を徐々に上げていくことが重要です。

お客様第一の姿勢を貫き、お客様目線で仕事をする姿勢を見せる

パチンコ店で、もっともよく目につくアルバイト従業員の不愉快なシーンとしては、同じ職場のアルバイト同士がベラベラしゃべっている事があります。

お客様をお客様だと感じていない等のことが上げられます。

これはアルバイトに限ったことではありません。

正社員でも同じような人がいますが、管理職にとっては非常に困ったことです。

自身の評価を高めるためには、そうしたことに流されずあくまで接客業と言うことを忘れず対応することで評価が高まります。

パチンコ業の神髄を理解しておくこと

パチンコは、エンターテインメント(娯楽)業ですが、金銭の掛かったゲーミングになります。

お客様は、お金を使うことでより大きなお金を得ようとして来店します。

単にパチンコ台やスロット台でゲームすることだけを楽しみにしている人はほんの一握りです。

そうした心理状態を理解し、勝った人には負けた人よりも愛想よくする場合があります。

勝った人は、また勝つかもしれないと思い再来店します。

それに拍車をかけるように、接客する方法があります。

当然、負けた人には、再来店での幸運を願うことは言うまでもありません。

そうしたパチンコの神髄的なモノをいち早くつかんでおくことが大切です。

まとめ

ホールでのアルバイトは、他のサービス業でのアルバイトよりも高時給を望めます。

働く内容も接客以外、そうそう難しいものはありません。

ただし、上には書きませんでしたが、風評が気になる方はやめた方が良いかもしれません。

「あの人、パチンコ屋に働いてるんだよ」と言うような声を気にする人には無理かもしれません。

今は、会社組織として合理的に運営されているホールも多いので、経営する会社がどのような会社なのかを調べてみてから安心して働くことも重要かと思います。


関連キーワード

パチンコバイト求人

パチンコ求人についてもっと深堀りした情報を見る

パチンコ業界への転職を成功させるために!狙い目な会社の5個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

パチンコ業界と一括りに大きく分類しましたが、このパチンコ業界にも大きく分けて以下の三つの領域があります。(1)パチンコホール業界(2)遊技機等製造販売業界(3)パチンコ業界特化型景品卸業者ここでは最も人材需要の多い(1)のパチンコホール業界の転職に関してご紹介します。したがって、ここで「パチンコ業界」と言えば「パチンコホール運営業界」を指し示すものとして読み進めて下さい。パチンコ業界で転職する人は多い?多くの転職者がいます。他業界では自分自身を見つけ出すことのできなかった方や同業他社からの転職が多いです。学生時代にアルバイトだけはしたことがあるけれど、その後違う業界に就職したが、やはりパチンコ

パチンコ正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「パチンコ店の正社員ってどういうことをするの?」「怖い人来るの?」「そもそもパチンコ店に入ったことが無いから分からない」サービス業の中でも、パチンコ店のお仕事は少し分かりにくいイメージがある方も多いと思います。アルバイトの時給も他のサービス業と比べて少し高めに設定されています。(地方でも最低1100円からスタートのところが多いです)私は2012年に新卒としてパチンコ店に入社、2年弱現場で働いた後に転職をしました。今は全く違う仕事に就いていますが、こういう形でまた思い出しながら書くことが出来て懐かしい気持ちでいっぱいです。今回は新卒・未経験でパチンコ店に入社した私の経験が少しでも皆様のお役に立て

パチンコ屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、おすすめのポイントなどについて解説します

「高時給のバイト」で検索すると必ず目にするのが「パチンコ屋」の仕事ではないでしょうか。アルバイトでありながら、働き方によってはかなり高収入を得ることができるので、「ガッツリ稼ぎたい!」という人には非常に魅力的な仕事だと思います!ただ、普段パチンコやスロットをする事がない人にとっては、「馴染みがない」「パチンコ屋には少し近寄り難い」「店の中がどうなっているのかさっぱりわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、パチンコ屋の仕事内容や向き不向き、店内の様子などをわかりやすく解説していきます。パチンコ屋でのアルバイトに少しでも興味のある人は、是非参考にしてみてください!パチンコ屋の

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に