パチンコバイト求人の時給や募集内容にはどんなものがあるかについての写真

パチンコ店では随時求人募集をしています。

チラシや雑誌、インターネットなどから応募出来ますが、どんな募集内容があるのかを知らない人にとっては、気軽に応募がしにくいこともあるでしょう。

また、もし採用になったところで、実際に自分がパチンコ店での勤務に向いているのかどうかも分かりませんよね。

そこで、パチンコバイトの求人についてや、どんな人に向いているバイトなのかをご紹介していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「パチンコ バイト」の仕事例をチェック

パチンコバイトはどんな仕事?

パチンコバイトは、正社員以上にお客さんとの距離が近い仕事です。

ホールを見回りながら接客をするのがメインで、お客さんに頼まれてタバコや飲み物のお使いをしたり、機械の不具合を直したりします。

早番と遅番に分かれていて、早番は朝から夕方までの仕事で、遅番は夕方から閉店後の片付けまでを行います。

パチンコバイトの大まかな仕事内容

パチンコバイトでは、早番は出勤して朝礼を済ませたら、台のチェックなどの開店準備を行います。

開店後にはホールを回りながら何か不備がないか、お客さんからの呼び出しがないかなどを確認して回ります。

台の確認もですが、万一不審者がいた場合に素早く発見出来るように、仕事中は絶えずホール内を巡回します。

夕方からは遅番と交代をして、遅番も閉店時まで早番と同じようにホール内を巡回します。

閉店後には遅番が後片付けを行い、その日の仕事が終了します。

新台入れ替えの時には深夜までかかって作業をすることもあります。

また、ホールの他にカウンターの仕事もあり、カウンターでは主に景品交換やお客さんの案内を行っています。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

パチンコのバイトはこんな人に向いている!

パチンコバイト

パチンコのバイトは基本的には同じ仕事内容の繰り返しですので、慣れてしまえば楽に思える人もいるでしょう。

とはいえ、体力を使う仕事ですので、忙しい時期にはそれなりに大変なこともあります。

では、パチンコのバイトはどのような人が向いているのでしょうか?向き、不向きを以下にご紹介していきます。

頭の回転が速い人

パチンコでは、大当たり回数や通常回転数、平均出玉数やトータル確立などを計算して、いかに自分が勝てるようにするかという戦略を練ることが大切です。

パチンコを好んでやっている人や、パチプロを目指している人であれば誰もがこのように常に頭で計算しながらパチンコをしていますので、パチンコ店のスタッフもある程度は計算に強くなければなりません。

もしお客さんからパチンコの出玉や確立などについて聞かれた際にはそれに答えられなければなりませんので、咄嗟に頭で計算が出来る人の方がパチンコのバイトには向いています。

例えパチンコに関する詳しい知識がなくてもバイトとして働くことは出来ますが、お客さんが急いでいた場合には、いちいち社員や分かるバイトにインカムで聞いているとお客さんをイライラさせてしまうことがありますので、ある程度計算に強く、頭の回転が速い人の方がバイトには向いているのです。

体力のある人・足腰が強い人

パチンコのバイトは、想像以上に体力を使います。

ドル箱のある店舗の場合、お客さんが大当たりすればどんどんドル箱に玉が溜まっていきますので、呼び出しを受けたらドル箱を交換する必要があります。

ドル箱がたくさん溜まると座席の後ろで積み上げ作業を行ったり、交換する際にもドル箱を持ち上げて移動させたりするため、腰を曲げる仕草が多くなります。

重たいものを持って運んだり、ホール内をせわしなく歩き回ったりするのは足腰に負担がかかりやすく、また連休ともなれば忙しい日が続きますので体力も消耗します。

さらに、新台入れ替えを行う際には、重たい台を持ち上げて設置しなければならないため、かなり体に負担がかかります。

パチンコ業界では腰痛は職業病だと言われていますが、こうした仕事を毎日のように繰り返していれば、否応なしに職業病にもなってしまうでしょう。

そのため、パチンコバイトでは体力がある人や、足腰が強い人の方が向いています。

反対に、体の弱い人や足腰の弱い人には不向きな仕事かもしれません。

コミュニケーション能力のある人

パチンコのバイトはサービス業ですので、他の多くのサービス業と同様に、コミュニケーション能力が必要とされます。

パチンコスタッフの仕事をよく知らない人からすれば、「ホール内をぶらぶらと歩き回って、呼び出しを受けたら接客をする仕事」という印象があるかもしれません。

そのため、対人関係やコミュニケーションが苦手な人でも働けると誤解されることもあります。

しかし実際には、お客さんと濃いコミュニケーションを取ることの多い仕事です。

パチンコ店に来るお客さんには常連の人も多く、毎週、人によっては毎日のように来店するお客さんもいます。

頻繁にパチンコ店に来ていると、お客さん自身もお店に対して親しみを覚えますので、自然と店のスタッフと話す機会も増えます。

お客さんからスタッフに話しかけることも多く、長く来店している人では新人が入ると話しかけて先輩面をしたがるお客さんもいます。

そうした親しみがありながらも、あくの強いお客さんも多いため、パチンコスタッフは適度にコミュニケーションを取れたり、おしゃべりのしつこいお客さんのあしらいが出来たりする人でなければ勤まらないでしょう。

少なくとも、接客が苦手という人には向いていない職種でしょう。

また、台で打っている時にスタッフを呼び出し、動作だけでお使いを頼もうとするお客さんも少なくはありません。

そうしたお客さんの動作から、何を求めているのかを察する能力も必要とされますので、コミュニケーション能力のある人や、察する能力のある人にはパチンコスタッフの仕事が向いているでしょう。

メンタルの強い人

パチンコ店で働いていると、時には酷いクレームにあうこともあります。

例えば負け続けてしまっているお客さんから、「全然当たらねえじゃねえか!」と怒声を浴びせられることもありますし、「ちょっと席を離れたすきに別の奴に席を取られてその席が今当たってるから、本来自分が当たっているはずの玉を保証しろ」などと無理難題を言われることもあります。

パチンコ店では使っている金額の大きなお客さんほど、上手く勝てないとイライラしたり、クレームを付けてきたりします。

そうしたお客さんのクレームを受けても冷静に対応出来るメンタルの強い人にはパチンコのバイトは向いていると言えるでしょう。

一方で、何かあると直ぐに人の顔色をうかがったり、例え自分は悪くなくても他人に責められると酷く落ち込んでしまうような性格の人は、お客さんのクレームや理不尽な文句を真に受けて、精神的に辛くなってしまう可能性がありますので、パチンコバイトには向いていないかもしれません。

タバコの臭いが大丈夫な人

パチンコ店は、最近の店では珍しく堂々と喫煙が許される場所です。

タバコのお使いがあったり、それぞれの台に灰皿が置かれていたりすることからも、店が喫煙を容認していますので、タバコを吸わない人や嫌煙者にとっては居づらい空間かもしれません。

時折、タバコの煙を嫌がる人と喫煙者が隣同士になってトラブルになることがありますが、店内が喫煙可能な場所である以上、タバコが嫌いな人は出来るだけ吸っている人から離れた席を選んで座ってもらうことになります。

パチンコ店ではそれくらいに店内で喫煙している人が多いため、当然あちこちからタバコの煙が臭ってきます。

もしあなたがタバコの臭いが嫌だというのなら、パチンコ店での勤務には向いていないでしょう。

また、現在禁煙中の人も、喫煙の誘惑の多い職場ですので、あまり働くのには向いていないかもしれません。

パチンコ店で働くスタッフにも喫煙者が多いです。

大手のパチンコ店では休憩所が喫煙ルームと禁煙ルームに分かれているところもありますが、小さな店ではどちらも同じ空間で過ごすことが多いです。

そのため、お客さんのタバコの臭いだけでなく、スタッフの休憩室のような共同スペースでもタバコの臭いがしますので、タバコの臭いが大丈夫な人は問題ありませんが、臭いがダメな人は働くのは止めた方が良いでしょう。

自分も打つのが好きな人

自分でもパチンコやスロットを打つのが好きな人は、パチンコのバイトに向いています。

普段から自分でも打っているくらいですので、働き始めから既にパチンコに対する知識はある程度持っているでしょう。

確立や出玉数などについても詳しければ、お客さんから質問をされた時にも自分一人で対応できますし、お客さんとのコミュニケーションも取りやすいです。

また、新台が入ればどんな新台かを最初に確認することが出来ますし、自分の店で打つことは出来なくても、「打ってみたい」と思う台の種類を入れ替え作業の時にチェックしておき、別の店で打つことも出来ます。

パチンコ店で働いているからこそ、スタッフが微妙に変える設定についてもある程度知ることが出来ます。

必要な情報は最初に仕入れることができ、仕事をしながらパチンコやスロットについての知識や技術を深め、趣味としても楽しめますので、打つのが好きな人にはまさに最適な仕事と言えるでしょう。

一方で、まったく自分で打たない人でもパチンコ店で働くことは出来ます。

店側は未経験者でも歓迎して雇いますが、自分でパチンコの知識や技術を深めるまでには時間がかかるため、同じ新人であっても元々打つ人と打たない人とでは、どうしても仕事の出来に差が出てしまいます。

経験者の人

経験者は店側に歓迎されやすく、また経験者本人も直ぐに職場に馴染むことが出来ます。

パチンコ店は細かい違いこそあれ、大まかな仕事内容についてはどこも同じです。

また、パチンコやスロットの台についての知識や技術、やることなどもどの店舗も似たようなものですので、経験者は新しい職場でもあまり戸惑わずに仕事が出来ます。

もちろん人間関係のように、まったく一から築いていかなくてはならないこともあります。

しかし仕事内容だけで見れば、経験者は即戦力になりやすく、また職場にも早く馴染みやすいです。

とにかく稼ぎたい人

稼ぐ

パチンコ店の仕事は時給が高いです。

一般的なアルバイトの場合、コンビニやファーストフード、飲食店では時給が1000円を超えることはあまりありません。

都心になれば多少時給は上がりますが、都心自体の物価も上がっていますので、同じようなものでしょう。

一方で、パチンコ店の仕事の場合、昼間働いても時給が1000円以下になることはまずありません。

大抵はバイトでも1200円~1350円程度は時給が付きます。

遅番の仕事であればもっと時給が上がりますので、しっかりと稼ぎたい人にはおすすめの職種です。

パチンコ店がそれだけ時給が高いのは、他とは異なる特殊な業界だからです。

しかし、だからといって非合法でもなければ、悪いことをしているわけでもありません。

未だにパチンコ店に対して悪いイメージを持っている人もいますが、仕事内容は何も隠すようなことでも恥じるようなことでもありませんので、稼ぎたい人は堂々と働いて高い時給で希望額を稼いだ方が良いでしょう。

派遣やバイトは正社員とどう違う?

パチンコ店では、バイトと派遣社員、正社員と雇用形態がさまざまです。

パチンコバイトが未経験の人はもちろん、経験者でもバイトと派遣社員、正社員の仕事の違いを具体的に理解していない人は意外と少なくありません。

正社員はバイトや派遣社員よりは仕事が多いことは何となく分かっていますが、バイトは自分の仕事が終わったら直ぐに帰宅しますので、残った正社員がどのような仕事をしているのか想像がつかない人もいるでしょう。

また、派遣社員がバイトとはどう違うのかを理解していない人もいることでしょう。

派遣社員として働いている人は、パチンコ店に働きに来てはいるものの、雇用契約自体は派遣会社と結んでいます。

そのため、派遣会社から派遣される形で仕事をしに来ていますので、シフト希望や給与形態に関しては、直接バイトのようにパチンコ店と相談するのではなく、派遣会社を通してパチンコ店と連絡を取り合う形になっています。

この他にも、具体的な雇用形態の違いを以下にご紹介します。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

バイトはどの職種においても、最も立場が低い代わりに仕事量も少なく、また責任を取ることもほとんどありません。

例えばコンビニのバイトがお客からクレームを出された場合、バイトが謝って済むことではありませんよね。

ほとんどの場合、責任者である店長やオーナーが出てきて、バイトの代わりにお客に謝罪して対応します。

これが「責任を取ること」ですので、バイトは何かあった時の責任を取ることはほとんどないのです。

パチンコ店のバイトや派遣社員も同じです。

バイトは雑用やちょっとした台の不具合を直したり、接客をしたりすることはあっても、それ以上の責任ある仕事を任されることはありません。

そのため、もし自分では忙しいと感じていても、実際にはバイトの立場というだけで、正社員に比べると大分仕事量が少なくなっています。

派遣社員も同じことです。

何かあった時の責任は派遣元である派遣会社が取り、本人はそこまで責任を負うことはありません。

もしもバイトや派遣社員が何か大きな問題を起こしてしまったのなら、その場合にはクビという形で責任を取らされることはありますが、根本的なところで責任を取っているのはあくまでも正社員なのです。

仕事内容は変わる?

仕事内容はバイトと派遣社員、正社員で当然変わります。

バイトと派遣社員の仕事内容はほとんど違いがありません。

正社員の場合は、バイトや派遣の尻拭いをすることもありますが、それ以外にもたくさん仕事があります。

次に入れる新台はどうするか、新しい企画を発案したり、事務仕事をしたりと、忙しい時期には残業をすることもあります。

また、もしバイトや派遣社員が急に欠勤してしまい、人手が足りなくなった場合には、正社員は当然のように代わりに出勤しなければならなくなります。

正社員は最も給与が高い分も、任される責任は重く、また仕事内容もたくさんあります。

それぞれ求められるスキルは?

パチンコ店では特別なスキルや資格は必要ありません。

しかし、コミュニケーション能力や咄嗟の判断力、またパチンコに関する知識や技術がある人の方が当然有利です。

未経験者なら働いて徐々にそれらのスキルを身に付けていくことになりますが、最初から持っている人の方が、仕事を覚えるのも職場に馴染むのも早いでしょう。

収入面は?

収入面も、仕事量と同じでそれぞれに違いがあります。

どんな職種でも正社員が最も収入が多く、次いで契約社員、そして派遣社員やバイトというように給与に差があります。

パチンコ店の場合、契約社員を雇うことはそこまでありませんので、基本的に正社員と派遣社員、バイトという順に給与が分かれています。

正社員

正社員であれば、特別なことがない限り基本給は固定で、また福利厚生もきちんとしています。

給与は一般的に22万~30万円前後で、勤続年数の長さや役職に上がることなどによって、徐々に給与が上がっていきます。

また、忙しい時期には残業がありますので、残業手当も付きます。

派遣

派遣社員の場合は大抵時給制です。

一般的に時給1200円~1400円程度で、遅い時間帯に働くとさらに時給が上がります。

派遣社員の場合、給与の支払いは派遣元の会社が行いますので、シフトが変動しても時給が下がることはありません。

しかし、上がることもありません。

新台入れ替え作業がある時には残業代が付きます。

福利厚生は数ヶ月以上働いてから、派遣元の会社で福利厚生が付く場合があります。

また、派遣会社によっては日払いが出来るところもあります。

バイト

アルバイトの場合、時給1200円~1350円前後です。

遅番の時間帯の勤務ではもう少し時給が上がり、1500円前後になります。

バイトではシフトの変動や出勤日数によって時給が上がったり下がったりします。

また、もし新台入れ替え作業を手伝うことがあれば、もちろん残業代も支払われます。

福利厚生は付かないことが多いです。

パチンコのバイトになるために他にも知っておきたいこと

パチンコ店でバイトとして働くためには、他にも知っておいた方がいいことがあります。

これを知っておくのと知らないでおくのとでは、実際に働いてから仕事が続けられるかどうかが大きく変わってくることがあります。

そのため、事前に知っておけることは知っておきましょう。

その上で働きたいと思えば応募すれば良いのです。

厳しいクレームがある

先にもご紹介しましたが、パチンコ店では時に厳しいクレームがあります。

負け続けている人や他の人に台を取られて不満がある人、店内で金額の入ったICカードを失くしてしまった人など、時と場合によってさまざまなクレームがあります。

そのため、働く前にある程度心構えをしておいた方が良いでしょう。

大音量の職場

パチンコ店は大音量で音楽を流しており、かなりの至近距離でなければ会話が出来ない状態です。

そんな中で毎日何時間も働き続けていると、騒音が苦手な人にとっては非常に辛いことになるでしょう。

爆音や大音量でも平気な人であれば問題ありませんが、そうでない人は応募する前に一度実際にパチンコ店に行き、どの程度の音量かを確認しておくと良いでしょう。

パチンコに関する知識がないとコミュニケーションが取りづらい

元々パチンコやスロットを打つ人であれば、接客中にお客さんの言っていることが理解出来ないということはあまりないでしょう。

しかし、まったくの未経験者で、パチンコについても知識がない場合には、お客さんの話だけでなく、同僚の話にもついていけないことがあります。

目押しを頼まれることがある

パチンコ店で働いていると、年配の方や打ち慣れていない人から、スロットの目押しを頼まれることがあります。

スタッフが目押しをするのは禁止されていますので、あくまでも近くでタイミングを取ってあげることになります。

その場合に、自分もスロットを打たない人だとタイミングが取れないこともあります。

自分にあったパチンコのバイト求人の選び方や注意点

パチンコ店で働く際には、自分がどの程度働いてどの程度稼ぎたいかを考えて応募することが大切です。

時給の高さだけにつられて入って見たら、想像と違って続かなかったということもありますが、出来るだけそうならないようによく考えた上で応募するようにしましょう。

【選び方①】給与や雇用条件から考える

とにかく稼ぎたい人には、高い時給であるパチンコ店がおすすめです。

その他にも、雇用条件から考えることも出来ます。

例えば週にどの程度働きたいのか、早番遅番のどちらで働けるのかなど、面接の時に会社側とよく相談することが大切です。

【選び方②】エリアから考える

例えば数あるパチンコ店の中でも一番時給の高いところで働こうとしたとします。

しかし、店のあるエリアが自宅からかなり離れていた場合、交通費が掛かってしまい、トータル的には自分が希望するほど稼げない場合があります。

そのため、パチンコ店を決める際には、きちんとエリアも確認するようにしましょう。

パチンコのバイトで働くメリット

パチンコのバイトは、力仕事になるため大変なこともありますが、慣れてしまえば人によっては楽な仕事に思えることもあります。

先に挙げた向き、不向きで自分がパチンコの仕事に向いていると思った人では、実際に働いてみるとデメリットよりも、メリットの方が多く得られる可能性があります。

そこで、パチンコで働くメリットにはどのようなものがあるかをご紹介します。

時給が良い

先にもご紹介したように、パチンコ店のバイトは時給がいいところが多いです。

どんなに時給が安い店でも、1000円を切ることはありませんので、一般的なアルバイトに比べれば断然条件は良いです。

バイトでもしっかり週5で働けば月に15万円を超えますし、遅番では月に18万円程度稼ぐことが可能です。

進学や一人暮らしの資金、大きな買い物などの目標がある人や、ガッツリ稼ぎたい人には向いているでしょう。

仕事内容が覚えやすい

パチンコ店のバイトは大変だという話を聞きますが、それは体力の要る仕事であることや、ある程度計算をすることがあるという理由から大変だと言われることが多いです。

しかし逆を言えば、体力に自信がある人や計算が得意な人はパチンコ店の仕事はやりやすいという事でもあります。

体力に自信がなくても、働きながら慣れていくことは出来ますし、計算が特別得意ではなくても、やっていく内にある程度は計算出来るようになります。

また、それ以外は決められた仕事の繰り返しですので、仕事に慣れてしまえば時給の割に楽に感じられる仕事かもしれません。

自分も打つ人にとっては居心地の良い職場

自分もパチンコやスロットを打つのなら、パチンコ店の仕事は天職と言ってもいいかもしれません。

何せ新台が入った時には最初にどんな台かをチェックすることが出来ますし、パチンコに関する知識もあるため接客でも何かと役に立つ機会があります。

また台に触り慣れているため、玉詰まりなどで台を直す際にも勝手が身につきやすいです。

喫煙者が多いため、気兼ねしなくていい

タバコを吸う人にとっては、パチンコ店はとても働きやすい環境でしょう。

同じ職場のスタッフ同士で吸っている人が多いため、自分も堂々と吸うことが出来ますし、店内のタバコの臭いも嫌に感じることがありません。

パチンコのバイトで働くデメリット

パチンコ店で働く上で、メリットもあればデメリットもあります。

パチンコ店は一般的なバイト先に比べれば少々特殊な場所のため、自分の中の常識が通じないこともあります。

具体的には、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

クレーム対応が大変

どこの会社や店でもクレームがありますが、パチンコ店の場合にはクレーム対応が大変なことが多いです。

何故なら、お客さんはお金を出して遊戯をしているので、お金をつぎ込んでもそれに見合った勝ちを得ることが出来なければ当然怒れてしまうでしょう。

その場合には、どうしようもないことでクレームを付けられたり、理不尽な内容でお客さんから怒鳴られたりすることがあるため、バイトだけではとても対応出来ないこともあります。

その場合には社員を呼びますが、何度もクレームを受けている内にメンタルがやられてしまうこともあります。

そのため精神的に繊細な人は働くのが難しいかもしれません。

重労働

パチンコ店のスタッフは身軽なイメージがありますが、実際にはなかなかの重労働です。

身軽に見えるのは、それだけ慌しく動き回っているからなのでしょう。

とくにドル箱がある店舗の場合、男性でも女性でも重たいドル箱を持ち上げて運んだり、移動させたりしますので、足腰を痛めてしまうこともあります。

また、休日のように忙しい時にドル箱のある店舗では人手があっても足りないほどですので、仕事の間中走り回って、終わる頃にはくたくたになってしまうこともあります。

慣れてくれば体力が付くとはいえ、慣れるまで体が持たない人もいますし、慣れてからでもどうしても体に合わない人もいます。

耳がおかしくなる

パチンコ店は常に店内で大音量の音楽が流れています。

開店時から閉店時までずっと大音量で流れ続けているため、長時間働くスタッフにとっては耳が痛いのを通り越しておかしくなってしまいそうになります。

もちろんこれも慣れれば平気な人もいますが、元々大きな音が苦手な人にとってはかなり過酷な環境かもしれません。

また、スタッフ同士で話をする時にもお客さんの接客をする時にも、かなりの至近距離で、大声で話さなければ聞こえませんので、お客さんの言葉が何度も聴いても聞き取れずに、それが原因でクレームになってしまうことも時々あります。

さらに、インカムを片耳につけていますが、その音もまた大きいのでどちらも耳には悪いでしょう。

タバコの煙が店内に充満している

パチンコ店内ではタバコを吸う人が多いため、煙が店内に充満していることも珍しくはありません。

もちろん一箇所に溜まらないように常に換気はしていますが、それでも同じ場所で何人も同時にタバコを吸っていると、その付近には煙が溜まってしまいます。

そのため、タバコを吸わない人にとってはその場所にいるだけでも苦痛に感じてしまうでしょう。

経験者がパチンコバイトがきついと感じることは、こちらの記事を参考に!

まとめ

いかがでしたでしょうか?パチンコ店は、タバコの煙や体力仕事、また時にきついクレームに耐えることが出来れば、かなりの高時給で稼ぐことが出来ます。

また、力仕事とはいえ同じ仕事の繰り返しですので、慣れてしまえば仕事が楽に感じられる人もいます。

もしも仕事を楽に感じられて、理不尽なクレームも適当に受け流すことができるのなら、それで高い時給をもらえるのはラッキーかもしれません。

パチンコのバイトには向き・不向きがありますので、自分に向いているかもと思ったら、まずは応募して面接の担当者から詳しい話を聞いてみてはどうでしょうか。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




パチンコバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

パチンコ屋のバイトは女性でもできる?ホール・カウンター・カフェレディをやった女性が詳しく解説!

パチンコ屋のバイトはそれほど難しい仕事ではありません。昔、私はカフェレディというバイトをしていました。現在はカフェレディという呼び方ではなく、ワゴンという呼び方のほうが通じるかもしれませんね。今回は、パチンコバイトは女性でもできるのかということを、私の実体験と共にお伝えしていきましょう。パチンコ屋のバイトの仕事内容は?ホール編パチンコ屋のホールスタッフの仕事は、パチンコ台やホールの清掃、玉を運ぶことです。清掃員でもあると思っておいて良いでしょう。基本的に男性がホールを担当していることが多いのですが、女性も時々ホールスタッフとして動いています。私が勤務していた2箇所の店舗では、どちらもホールスタ

パチンコバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

パチンコバイトの時給の相場って皆さんはご存知ですか?アルバイトの中でも、効率よく楽しく、高時給が得られるバイトを探している人が多いと思います。ここでは、そんな条件が叶っていしまうかもしれないパチンコバイトの時給の決まり方や相場についてご紹介します。また、パチンコ屋で時給を上げたいというアルバイトの方がやるべき行動もお話しさせていただきます。パチンコバイトの仕事の大まかな仕事内容とは?そこで、まず仕事内容から紹介しましょう。パチンコホールでのバイトと言えば大きく3つに分かれます。一つ目はホールでの接客、二つ目はカウンターでの接客、三つめはバックヤードでの業務になります。以下にそれぞれの仕事につい

パチンコ店アルバイトをやっていて良かった3つのことやメリット、そこで身につく力とは?

アルバイトや正社員、契約社員問わず様々な職を経験しましたが、その中でも一番最初に社会人としての経験を積んだパチンコ店での仕事を紹介させていただきます。アルバイトで入社し、社員登用制度にて正社員としても勤めさせていただきましたが、今回はアルバイトとして働いていた頃の視点で書いております。パチンコ店でのアルバイトを検討されている方の参考になれば幸いです。私はこんなところでパチンコ店のアルバイトをしていましたパチンコ店でアルバイトをするには年齢制限があります。そのため、私は大学生になってから初めてパチンコ店のアルバイトをしたのですが、当時一人暮らしをしていたので、家と大学の中間でアルバイトをしていま

パチンコバイトがキツいと感じる6個とそれでもパチンコの仕事がおすすめする理由とは?経験者が解説します

パチンコバイトと言えば、高時給でしっかり稼げる、人気のあるバイトの一つですね!「時給が高い」「髪色やネイルが自由」など魅力的なポイントが多いパチンコバイトですが、その一方で「辛い」「しんどい」「大変」など、ネガティブな話もよく耳にすることがあります。パチンコバイトで働いてみたいと考えている人にとっては、こういったネガティブな内容というのはとても気になるものではないでしょうか。今回はパチンコバイトがキツいと感じるポイントについて、私の経験や周りの意見を参考にまとめてみました!是非参考にしてみてください!パチンコバイトのおおまかな仕事内容とは?パチンコバイトの主な仕事内容は、店内で遊戯中のお客様へ