転職をしたいと今まで考えたことってありますか?

日本では転職=あんまり良いイメージがまだありません。

退職理由によってはマイナスにとらわれがちです。

転職の面接時にはよく「なぜ現在の仕事を辞めたいのですか?」と聞かれ、「キャリアアップです。」と答えると次のステップアップに向けてまた退職するのではないかと疑いをかけられマイナスに働くことが多いです。

海外は、キャリアアップのために転職することが多く、マイナスなイメージはありません。

ただ、最近は若い世代を中心にキャリアップやスキルアップのために転職をするケースも増えてきているので、ニーズの高まりと共に転職へのマイナスイメージも変わりつつあります。

キャリアアップや独立を考えてのステップアップの転職は、むしろ自身にはポジティブなので積極的に転職活動を取り組んでいくべきものでしょう。

今回は、神戸での転職で失敗しないためのポイントや人気の職種などを紹介します。

神戸で転職する人は多い?

正確な統計がないのでなんともいえませんが、神戸で転職をする人は多くもなく少なくもなくといったところです。

地元で仕事をしたい人は多く、地元の企業に就職や地元で起業する人も少なくはありません。

ただ、神戸の中で転職は他の都市に比べると少ないかもしれません。

よくある転職理由

転職をする際の理由は様々です。

ネガティブなものを除く場合、大体の転職は、ステップアップやチャレンジがテーマになるかと思います。

ここではもう少し詳しく見ていきます。

ステップアップしたい

海外ではメジャーな流れですが日本ではまだあまり浸透していません。

それでも、転職をしていく中で自分がチャレンジしたいこと、チャンレンジしてステップアップできることで将来の目標に近づける、そのための転職が理由のケースがあります。

他の業種にチャレンジしたい

今までの仕事とは違う仕事にチャレンジしたいケースです。

現在の職場が嫌になったではなく、何かのきっかけで違う仕事を知り、自分にあってそうだからチャレンジしてみたいという理由から転職するケースもあります。

憧れの職に再チャレンジしたい

一度チャレンジしてもしくは就職活動中に募集していなかった、または今まできっかけがなかったなど、憧れている職へ再度チャレンジする機会に恵まれて転職を考えるケースもあります。

転職前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう

転職前に自分が得たスキルや強い、ウィークポイントを振り返ることは大切です。

転職先では新たに一からスタートするため、一度立ち止まって自分を見直す絶好の機会です。

どういったポイントを見直したら言いか紹介していきます。

現職で得たスキルを書き出してみる

インプットも大切ですがアウトプットも大切です。

まずは紙などに自分がどんなことが出来てどんなことを今まで経験してきたか、またそれが転職先でどう利益をもたらすか書き出してみましょう。

転職先で自身の改善、補強しないといけないポイントを把握する

次に弱みを把握することも大切です。

自身が今後ステップアップしていく中で、どういったことを補うことが必要かどこを伸ばしていけばいいかを見直しましょう。

神戸での転職で注意したほうが良いこととは?

前職の引継ぎ

転職するにあたり気をつけたいのは、前職の引継ぎをきちんと済ませておくことです。

意外とどこかでつながっている神戸の人間関係なので荒らしたまま会社を去ると、その悪い噂が次の会社に回ってくることもあります。

しっかりとした引継ぎでシコリを残さないようにすることが大切です。

会社でのマナー

新しい会社でのマナーを学ぶことは大切です。

会社ごとによって独自のマナーがあったりしますので、転職した際に学習しておくと今後の仕事が円滑に進む可能性があります。

仕事をする上でのルール

仕事をする上でのルールを予め知っておくことは必要です。

神戸を含む関西では仕事上のそれぞれのルールが存在していたりします。

思い込みでいつも通りにやるのではなく、まずどういったルールがあるか確認することが必要です。

神戸での転職を成功させるためには何をすれば良い?

将来ビジョン

転職を成功させるためにやはり将来ビジョンを明確にもつことが大事なります。

転職後は、新たなスタートでリセットされています。

今までの会社で気づいたものはまた一から始める必要があります。

そのため、自分がこの会社に転職してどうしたいのかを明確にしておくことが大切です。

給与形態

前職の給料と比べるとほとんどのケースは下がったところから始まります。

そのため、最初は下がったところから始まるのですがどれくらい低くなってもいいのか、予め生活に最低限必要な費用を算出することをおすすめします。

そうすることで希望額がどれくらいかわかり転職時のスタートの給与がどれくらい必要かわかれば、転職後困ることは少なくなります。

経験や知識を共有する

今まで培った経験や知識を転職後の職場でシェアすることは大切です。

今までの知識と経験は、必ずしも次の職場で通用するかは保証されませんが、新たなアイデアとして受け入れられる可能性は高いです。

転職なので即戦力を希望して採用されているケースがほとんどのため、経験や知識を共有することで周りとのコミュニケーションにも役立ちます。

神戸で転職するにあたっての必要な心構え

キャリアプラン

転職するにあたって、神戸だけでなくほかのエリアにも共通することですが、何を目的に転職したいか、転職後どういったキャリアを積み上げたいか明確にしておく必要はあります。

それは、転職後のスタート地点で給料がいきなり上がることはなくほとんどの場合は、現職より低い給料からスタートします。

それでも転職後のビジョンが明確であれば、将来的に収入アップは望めると言えます。

そのため、キャリアプランは大事と言えます。

柔軟性

シンプルかもしれませんが柔軟性は大切です。

転職後、キャリアアップを狙っての転職であったとしても一から学ぶことや始めることが多いかと思います。

そのため、「今まではこれでよかった」とか「こうやったらよかったのになぜ今はダメなのか」と考えることも大切ですが、柔軟に学習する姿勢も大切です。

事前に希望する会社のリサーチ

転職活動をするにあたり希望する会社があったり、転職先の候補となる会社が出てくるかと思います。

そこで、ただ応募して面接ではなく、事前に希望するもしくは面接を受ける会社のリサーチをしておくことをおすすめします。

事業規模や最近の実績だけでなく、現在のビジネス環境やマーケットの状況などを把握しておくと面接時だけでなく、転職後も知識として役立ちます。

神戸の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

具体的な目標を持つ

具体的な目標は将来ビジョンと重なるところですが、年収を上げるために大切なことです。

どれくらいでどこのポジションにいてとか、何歳には独立するなど大きな目標から来月までにこれをするなどという目先の小さな目標まで描いておくと、仕事へのモチベーションが上がります。

神戸について知っておく

神戸で仕事する上で、神戸出身者が職場や取引先で多く関わることになるかと思います。

神戸の人は、大阪ほど派手に騒ぐ傾向にはありませんが、神戸に対しての愛着が深く、震災を経験しているため、かなり深い感情移入しています。

そのため、取引先や職場のコミュニケーションを円滑にするため、神戸について知っておくこともプラスに働きます。

自身を採用することで会社にもたらす利益を示す

日本人があまり得意とすることではないですが、神戸は元々外国文化が身近にあるため、意思表示は大切です。

採用時に自身を採用することで、会社にもたらす利益がどういったものであるかをしっかりと伝えましょう。

これも年収アップへの大切なステップになります。

神戸で人気な職種や業界とその理由

神戸で人気な職種や業界、ニーズの高い仕事はいくつかあります。

根強い人気は「病院関連」や「製造関連」ですが、最近は「介護関連」にも注目が集まってきています。

ここではもう少し詳しく仕事についてみていきます。

病院関連

ポートアイランドには医療関連の施設や病院、研究機関が多く存在しています。

神戸大震災を経験している神戸市民の医療への関心は高く、このポートアイランドは、阪神大震災後、医療関係の施設や研究機関を誘致し、医療都市として発展してきています。

人気な理由

医療関連が人気の理由は、阪神大震災を経験した神戸市民の医療への関心と意識が高いこと、助け合うことの大切さを知っていることです。

医師、看護師は、もちろん人気ですが、理学療法士や作業療法士、医療関連の研究者も人気です。

阪神大震災を経験したことで震災での救助やボランティア、人道支援に対しての意識の高さも医療関連の人気の理由です。

製造関連

神戸には製造関連の大手企業が本社を構えています。

「川崎重工」「神戸製鋼」などが代表的です。

灘区の湾岸エリアには新日鉄の大きな工場もあります。

造船関連、重工業や鉄道関連の工場などがあり、製造関連としては様々な業界、職種があります。

人気な理由

地元で就職や転職を希望する人にとって大手企業の求人は将来性があり、かつ安定しているので人気です。

川崎重工などはグローバル企業ですので転職した先で海外マーケットにチャレンジすることも可能のため、海外との取引を希望する人には人気の転職先です。

介護関連

医療関係と共に注目を集めているのが介護関連の仕事です。

求人が多く、採用のニーズが高いことと、高齢化に伴い、ニーズが更に増えることは、転職のチャンスでもあります。

また、介護関連の資格を取得後、介護士としてだけでなく、更にステップアップを図るケースもあります。

人気な理由

人気の理由は、そのニーズの高さから将来的に独立することが有望な職ともいえます。

まだまだ雇用の環境に早急な改善が必要なところもありますが、それでも高齢化に伴いニーズが高いことと将来性は高いこと、人の役に立てるという観点から転職先として人気です。

酒造メーカー

若者の日本酒離れが深刻な問題とされていましたが、ここ数年は日本酒ブームの恩恵もあり国内のマーケットでも少しずつ需要が出てきました。

近年は海外のマーケットへも積極的に参加する企業が大手を中心に増えているため、国内だけでなく海外への事業拡大が見込めます。

人気な理由

人気な理由は、海外の日本酒人気が高まっていることと、兵庫県は香港に事務所を構えていて定期的に製品のプロモーションをしています。

お酒はそのイベントに定期的に呼ばれプロモーションをしているため認知・人気共高まっています。

日本酒作りも手に職をつけられることと国内だけでなく、海外にチャレンジできることは大きな魅力で人気の理由になっています。

靴関連

神戸市でも特に長田区は、昔ながらの靴の街であり、神戸だけでなく全国でも有数の靴の生産があります。

神戸ならではの仕事を話す上で外せない職種と言えます。

昨今は、工程の多くを中国や新興国に生産委託しているケースが増えていますのでメイドインジャパンだけでなく、メイドインチャイナやメイドインカンボジアの靴も増えてきています。

人気な理由

靴の生産では神戸市長田区は、日本でも有数のエリアです。

そのため、生産だけでなく、デザイナーも多く存在しています。

そのため、生産関連だけでなく、デザイナー職もあり、海外工場とのやりとりをするために貿易関連の仕事もあります。

将来独立を目指すために中小企業で経営ノウハウなどを悩み、ステップアップするための独立志向の高い人には人気です。

また、貿易関連は日本語以外の言語を使う機会が増えるので英語や中国語などを使いたい人に人気です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職活動する際に、何を目的に転職するかどうして転職したいのかを明確にしておくことは大切です。

ただなんとなく漠然と転職したいでは、目的も定まらず、モチベーションもあがりません。

それでは、せっかくのチャンスを活かすことができません。

今回ご紹介したポイントなどを元にぜひ神戸での転職活動に活かして頂き、目標の転職先へチャレンジしてみて下さい。

以上、神戸での転職で失敗しないための知っておくべきことや人気な職種や業界を教えます!でした。


関連キーワード

神戸求人

神戸求人についてもっと深堀りした情報を見る

三宮(三ノ宮)バイト求人のおすすめ職種19選とおすすめ理由。人気なものから三宮(三ノ宮)らしい仕事まで!

関西で大きな都市といえば、大阪、神戸、京都がまず名前のあがる都市です。ただ、神戸だけ神戸といっても実際に神戸駅の周辺ではなく、三宮や元町が神戸市の繁華街のエリアであり、観光地などの中心地でもあります。今回は、三宮バイト求人について紹介します。三宮がどんなところなのか、三宮の最近のバイト事情などについて触れたいと思います。三宮ってどんな街?三宮は神戸市中央区にあり、神戸の繁華街として有名です。大阪からJR新快速で30分、阪急電鉄の特急で35分ほど、阪神電車の特急で約40分ほどの場所にあります。三宮の隣は中華街のある元町で、歩いていける距離にあります。三宮は、地形を海側と山側に分けてよく表現され、

神戸バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?おすすめ・人気のバイトとやりがいなどを解説!

神戸は、兵庫県の県庁所在地で、9つの区(東灘区、灘区、中央区、兵庫区、須磨区、垂水区、北区、西区)からなり、日本で6番目に人口の多い都市です。神戸を含む兵庫県には様々な地場産業が存在しています。例えば、豊岡市の鞄、たつの市の手延そうめんや明石市の蛸つぼ漁などが代表的です。神戸にも地場産業が存在しています。ケミカルシューズ、洋菓子、お酒、重工業系などです。アルバイトに注目すると、神戸は人が集中して繁華街もある中央区の三ノ宮エリアか観光名所として名前があがるハーバーランドの海側のエリアに求人もアルバイトの人気も集中しています。神戸バイトでおすすめの人気5選、やりがいもご紹介します!神戸のアルバイト