大学生に人気の業種ランキングでも、上位にランクインする「旅行会社」。

特に2020年に開催される東京オリンピックの影響もあって、世界各国から日本が注目されている今、旅行業界も活気付いています。

そんな華やかなイメージを持たれる「旅行会社」とは、どんな世界なのか?どんな求人募集が存在するのか?

お伝えします!

旅行会社のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

旅行会社の仕事内容は様々!

旅行商品を販売するカウンター業務もあれば、ツアーに同行するツアーコンダクター(添乗員)もいますし、新規ツアー作成をするツアープランナーから、様々な業務が存在します。

更に国外専門部署なのか、国内専門部署なのかなど、細かく分類されていくのです。

旅行会社はどういう役割を求められる?

旅行者が行きたい!と思うような最新のツアーを提供することが、求められます。

またリピーターを増やす事も求められ、またこの会社の商品を使って旅行がしたい!と思って貰えるようなサービス提供をしなければなりません。

旅行会社の求人にはどんな種類があるの?

旅行業界では一番の花形であるツアープランナーを始め、店頭カウンターに来客された方へ商品を販売するカウンターセールスやツアーに同行し、日程管理を行うツアーコンダクターなど、ざっくり言っても約7種類以上は存在してします。

中でも良くある求人募集はどんなものか、ご紹介します!

旅行会社の求人募集でよくある事業形態のパターン

大手旅行会社の場合

誰もが知る大手旅行会社の場合、求人募集はかなり細かく分類されています。

まず勤務地ですが、全国に支店のある企業ですと、地方県ごとに募集が分かれており、給与形態から出勤日まで変わってきます。

また例えばカウンターセールスの場合でも、国内ツアー向けの担当と国外ツアー向けの担当や、ウェディングツアープラン専門やファミリーパックツアー専門など、担当する部門が細かくなります。

ですので、自分が希望している部門と違う部門に配属されるケースもありますね。

また国内支店や場合によっては、海外支店に移動させられる事もあるようです。

中小旅行会社の場合

中小企業の場合、大手企業とは違い一人に任せられる仕事内容が多くなります。

例えば一つのパッケージツアーを売るにしても、企画から始まり営業更には予約手配と、一定の流れを行って行きます。

その為、ピーク時には鼻血が出そうなほど忙しくなります。

ですが、旅行業界の業務内容を一通り覚えることが出来るので、別の旅行会社に転職をする際は、有利かもしれません。

旅行会社の求人募集でよくある職種

カウンターセールス

旅行会社と聞いて、一番イメージが湧く業務ではないでしょうか。

カウンターセールスとは、店頭に来客された方へ商品の説明から相談、予約販売を行う仕事です。

旅行会社の顔とも言える存在ですね!

カウンター業務の募集は、求人サイトなどで良く情報がアップされています。

有名な旅行会社の場合は、自社のHPを使って情報が掲載されている事もあるので、興味があればチェックしてみて下さい。

トラベルコンシェルジュ

カウンターセールスとは打って変わり、主に各お客様から旅行の相談をWEB上で受けて、ご希望の内容に沿って旅行を企画・提供する仕事になります。

いわゆるオーダーメイド商品とも言えますね。

ツアープランナーとは違い、お客様と直接やり取りをしながら商品を作成していくので、接客サービスとパソコンがある程度できる人には、向いている職業です。

この職業も、求人サイトを使えばかなりの数がヒットしますので、興味があれば調べてみてはいかがでしょうか。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

この種の質問は結構聞かれる事が多いですね。

ですが一言で言って、人それぞれです!

いくら希望していた有名な企業に入社出来たとしても、実際に入ってみたら何かが違ったと言う人もいますし、逆に様々な仕事を体験したいから敢えて中小企業に入社したという人もいます。

仕事内容においても、人見知りだから内部勤務希望の人もいれば、外に出てバリバリ働きたい人もいますよね!

後は仕事を選ぶ上で、何を重視するかによります。

会社のブランド名が欲しい人、給与安定を希望する人は大手企業を選択した方が良いでしょうし、カウンターセールスとして働きたい人は、店頭がある企業に入社しないといけません。

企業によって何を売りにしているのか違ってきますので、旅行会社何社かのHPに目を通して比較する事で、自分に合った会社選びが出来ると思いますよ!

旅行会社の求人でよくある募集内容とは?

旅行会社の求人と一言に行っても、募集している業務内容や雇用形態は色々と存在します。

その中でも、求人でよく見る募集内容をご紹介します!

給与相場

大手企業なのか中小企業なのかによって給与相場は変わってきますが、平均手取りは20代で約20万円前後と言われています。

年収で見ても300万円に届くか届かないかなので、給与水準は高いとは決して言えませんね。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は、大体9時~10時に開店して、18時〜20時頃に閉店する会社が殆どです。

営業時間が長い会社は、シフト制で割り振りされる事が多くなります。

但し、接客担当ではなく企画仕入などの会社内部での勤務がメインとなる場合は、9時〜18時のように毎日決まった勤務時間となります。

休日についても勤務内容によって異なります。

カウンター業務で接客がメインの場合は、土日祝日関係なく店舗は営業していますので、シフト制での勤務となります。

なので、週休二日制であっても連日で休みを取得出来ない場合もあります。

一方で、会社内部で勤務している人は、基本はカレンダー通りに休日を取得出来る割合が高くなります。

土日祝日に会社を開けていても接客がない限り、コストの無駄遣いにしかなりませんからね。

残業については、はっきり言って残業時間が多い業界です。

基本的に営業時間はお客様の対応に追われますので、その他業務を行うとなれば、どうしても就業時間外になってしまいます。

多い時は月100時間以上になる事もありました。

福利厚生

福利厚生については、大手企業になるほどいくつかのサポートが受けられます。

住宅手当や資格手当などの一般的なものから、会社が保持している保養所の格安利用、自社が販売する旅行商品の社員割引など、会社によってですが、嬉しいサポートも出してくれます。

こうした社員割引などを利用して、仕事が落ち着く閑散期に、有給休暇も使って長期旅行に行くスタッフもかなりいます。

この社員割引を使いたいが為に、旅行会社に入社する人も実際にいる程です!

勤務場所

勤務場所もまた勤務内容によって変わってきますが、旅行会社の求人でよく見る「カウンター業務」では、各支店での勤務になります。

カウンター業務の求人を見てもらうと、支店ごとに求人を出していますので、自分が通いやすい支店を選べます。

企画仕入などの会社内部で行う業務については、主に本社での勤務となりますので、大手企業などは首都圏や近畿圏などの大都市で働くことになります。

本社にもなれば沢山の部署があるので、勤務人数も数百人から数千人とかなりの人数になります。

それに比べて支店は十数人程の少人数で仕事を回していきます。

求められる人物像

コミュニケーション能力に優れた人

旅行会社での主な仕事は、カウンター業務や電話対応などの接客業務となりますので、コミュニケーション能力が重要視されてきます。

お客様が何を望んでいるのか、コミュニケーションを通して引き出していかなければなりません。

商品をより多く販売する為に営業活動も必要ですので、当然コミュニケーション能力が重要となります。

また企画仕入を行う上でも、様々な人の意見を取り入れる事で、より良い商品作りが出来るので、色々な人から情報収集をする為にも必要となってくるのです。

頭の回転が早い人

旅行会社は1日に行わなければいけない業務内容がかなりあるので、常に時間との勝負になります。

その日に処理しなければいけない事の他に、突発的に入ってくる仕事もこなす毎日となりますので、テキパキと行動出来る人が求められます。

またカウンター業務などの接客においても、次から次へとお客様から質問攻めにあいますので、瞬時に判断し的確にお答えしなければなりません。

必要なスキルや資格、経験

旅行会社に入社するにあたり、必要となるスキルや資格等は特にありません。

但し入社前に取得しておいた方が良い資格があります。

それは「旅行業務取扱管理者」という資格になります。

旅行業界に関する国家資格の一つで、資格を取得すると旅行業務を行う上で、必要な監督業務を行うことが出来る資格となります。

この資格は独学でも頑張って勉強すれば取得する事が出来る資格ですので、ぜひ取得をしておくことをオススメします!

資格手当も会社によっては付きますし、将来的に昇格の道を夢見る方は、尚の事取得しておくと良いでしょう!

その他にも国家資格として「通訳案内士」という資格が存在します。

この資格は、観光客に外国語を使ってガイドを行える資格ですが、試験問題が外国語で作成されている為、日常生活以上の会話が出来ないと取得が難しい資格です。

外国語が得意な人には、この資格取得もオススメします!

旅行会社のおすすめ求人のポイント

毎月、次から次へと沢山の情報が掲載される旅行会社の求人情報。

一体どこをポイントにして探せば良いか迷いますよね。

今回は、そんな方にもオススメ!

求人探しで特にオススメのポイントをご紹介します。

転勤はあるの?

大手旅行会社の場合、支社が何カ所にもあり、支店となると全国各地に存在します。

雇用形態によっても転勤事情については変わってきますが、大手旅行会社に入社すると最初のうちは、希望の地域内にある支店で何度か転勤になる事があります。

そして入社数年後には、仕事成績にもよりますが、支社への移動もあり得ます。

転勤の有無についての情報は、求人情報を見ると殆どの会社が掲載しているので、必ず確認しましょう!

待遇や福利厚生

社会保険などの基本的な福利厚生はもちろんですが、残業手当や出張手当などは会社によって支給されない事もあるので、チェックが必要です。

また待遇もチェックしておきたいポイントで、退職金制度はあるか、資格取得保証金などはあるのかなどを確認しておきましょう!

中小旅行会社になると、退職金制度を設けていない会社もありますので、必ずチェックが必要です。

また会社によって「えっ!こんな待遇があるの」と言った面白い待遇があったりします!

勤務時間が長い業界だからこそ、健康管理には気を付けてもらう目的で「人間ドック検査割引」や「ジム利用割引」、またリフレッシュを目的とした「カフェ費用負担制度」などと言った待遇もあったりします。

仕事中はどうしてもコーヒーが欠かせない人も多いので、そういう人には嬉しい制度ですよね!

旅行会社求人の雇用形態による違い

旅行会社求人で募集している雇用形態は「正社員」と「派遣社員(契約社員)」の主に2種類となります。

正社員

旅行会社で正社員雇用は、実は結構稀で、正社員として採用されると最終的には支社での勤務となります。

入社後すぐは、仕事を覚えるために各支店で接客を行い、数年後には支社にて営業や企画仕入などの仕事をメインに行います。

派遣社員(契約社員)

旅行会社の求人で一番多い雇用形態になります。

旅行業界はどうしても繁忙期と閑散期の差が激しい為、忙しい時期だけ雇用人数を増やします。

その為、契約期間の無い正社員を雇うと会社の人件費が高くなりますので、期間限定の派遣社員(契約社員)としての求人が多いのが現状です。

主な仕事はカウンター業務となりますので、支店での勤務となります。

ですが、仕事成績によっては正社員へ昇格もあるので、その人の頑張り次第で「正社員」も夢ではありません。

旅行会社の求人についてよくある疑問

旅行会社の求人について、よくある質問をご紹介します!

未経験でも大丈夫?

旅行会社は未経験でも入社出来ます!

むしろ未経験で入社される方も、かなりいらっしゃいますね。

全く違う業種から転職される方もかなり多いので、未経験でも安心して入社出来ますよ!

求人情報を見ると「未経験OK」と記載されている会社が殆どですので、特に心配する必要はありません。

入社面接で合格に近づく道は?

旅行会社は接客業ですので、人から外見内面共に好かれる人が合格しやすくなる傾向にあります。

外見だと「自然に笑顔で振る舞える人」や「清潔感のある人」などが面接官に好印象を与えるでしょう。

内面としては「向上心のある人」「受け応えがはっきりしている人」などが、合格しやすくなります。

面接時は、いかに面接官に自分の印象を残せるかが合格の鍵となります。

まずは、焦らずに自分の考えをキチンと伝えるようにしましょう!

まとめ

旅行会社の求人は、年中通して求人サイトなどに掲載されています。

また勤務地も、全国各所で募集をしている事もあってか、自分に合った働き方を見つけやすい業種なのかもしれません。

実際に未経験で入社をされる方もたくさんいらっしゃいますし、割と転職もしやすい業種と言えます。

旅行会社で勤務をすると旅行に関する知識も身につくので、結構楽しいです!

旅行会社に少しでも興味のある方は、是非旅行業界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。