旅行会社ってどんなイメージですか?

「仕事で旅行に行けて楽しそう!」「ツアーを色々な人と企画して面白そう!」と、華やかで楽しそうな業界だと思われている人も多いのではないでしょうか!?

実際に、新卒&中途入社のどちらにせよ、毎年上位にランクインする人気の業界です。

今回は、そんな旅行会社で働く為に必要な事や、仕事の見つけ方まで紹介していきます!

旅行会社の求人にはどんな種類があるの?

求人サイトなどで「旅行会社」と検索をすると、全国の様々な業務内容の求人募集が、画面いっぱいズラッと並びます。

そんな中でもよく見る求人募集をご案内していきます。

カウンター業務

カウンター業務とは、旅行会社の支店に来店されたお客様へ旅行商品の説明や、販売を行う仕事になります。

接客業になりますね。

閉店後には、航空券や新幹線などのチケット手配、日程表作成、パンフレットの補充など内部業務も行います。

カウンター業務は特に必要な資格なども無いですし、大手旅行会社を含め、年中通して募集を行っていますので、旅行会社に入社をするための一番の近道ですね!

添乗員

通称「ツアーコンダクター」とも呼ばれる職種で、旅行会社が企画したツアーや団体旅行に同行し、お客様の日程管理をしたり、観光地の案内をする仕事となります。

この業務を行うには、資格が絶対に必要で、資格無しで業務を行うと旅行業法に引っかかり、会社の運営に関わる問題にまで発展します。

資格においても独学で取れるものではなく、旅行業界に従事していないと取れないので、旅行会社に入社をして資格取得後、添乗員として転職する人も少なくありません。

旅行会社で働くために持っておくべき資格にはどんなものがあるの?

旅行会社で働く為に取得しておいた方が良い資格をご紹介します。

国内・総合旅程管理主任者

求人の種類でも紹介しました「添乗員」に必要な資格となります。

国内ツアーのみ対応できる「国内旅程管理主任者」と、国外ツアー両方を対応出来る「総合旅程管理主任者」の二種類が存在します。

どちらの資格も、旅行業界に従事している事が受験の条件となりますので、まずは旅行会社に入社をする事から始めましょう。

国内・総合旅行業務取扱管理者

この資格は国家資格となり、資格を持っていると支店長に昇格出来たり、自分の旅行会社を設立する事も出来る資格です。

国内の旅行商品を取り扱える「国内旅行業務取扱管理者」と、国内外の旅行商品を取り扱える「総合旅行業務取扱管理者」の二種類に分かれます。

特に「総合旅行業務取扱管理者」の合格率は、毎年25%前後と言われている非常に難しい試験ですので、まずは国内版からチャレンジすると良いでしょう。

旅程管理主任者の資格と違って、独学でも取得が出来て、年齢制限も特にありません。

誰でも取れる資格ですので、入社前に取ってしまう事をオススメします!

旅行会社に就職する場合の求人の探し方、おススメポイント2個

自分に合った旅行会社を見つけるには一体、何をポイントに探せば良いのか?

旅行会社の求人の探し方とオススメポイントを紹介します!

求人サイトを上手く活用しよう!

求人サイトは、コマーシャルも流れている有名なサイトから、専門的な仕事情報を提供しているサイトまで含めると、約200サイトは存在すると言われています。

実際に「旅行会社 求人」で検索をしてみると、大抵のサイトで求人情報を見つける事が出来ます。

しかし、調べれば調べるほど膨大な数の求人情報が出てくるので、どの会社が良いのか分からず仕舞いのまま、とりあえず手当たり次第に募集をする人も少なくありません。

そこで、オススメの求人サイトをご紹介します!

おススメはやはり「リクルートNEXT」や「マイナビ転職」などの大手サイトになります。

大手旅行会社の求人から中小旅行会社の求人まで検索が出来るのでオススメです。

また旅行会社専門の求人サイトになると「トラベルビジョン」もオススメ!

旅行会社でも、インバウンド事業に力を入れている会社の求人情報を見つける事が出来ますよ。

福利厚生がしっかりしている会社を選ぼう!

福利厚生は充実したビジネスライフを送る上で、かなり重要になってきますよね。

通勤手当や残業代などの基本的な手当は勿論、子育て手当や旅行券といった、ワンランク上の手当などを取り入れている会社も増えてきましたので、1つでも福利厚生が多い会社を選ぶ事をオススメします!

旅行会社で働くに当たって必要な心構えには、どんなものがあるの?

誰だって初めてのことにチャレンジするには、心配や不安がつきものですよね。

ですが、何事も事前に心構えをしていれば大丈夫!

旅行会社で働くにあたって知っておいて欲しいポイントを紹介します。

残業は当たり前!

旅行会社は基本的に、ほぼ毎日残業があり、最低でも2〜3時間はあると考えておきましょう。

例えばカウンター業務として入社をした場合、開店の1時間以上前には出勤し準備が始まります。

そして閉店後は、資料作成やメールの返信などの雑務を行っていると、あっという間に2〜3時間は経過していることが、しょっちゅうです。

カウンター業務以外の職種においても、同じことが言えますので、会社選びの際は、残業手当が支給されるかチェックしましょう!

休日も仕事が頭から抜けない!

旅行会社に勤務をしていると、休日だろうが関係なく仕事が頭から離れません。

というのは、自分が担当しているお客様が旅行中だった場合、何か問題は起こっていないか、スムーズに行程は進んでいるか、といった心配があるからです。

会社によっては会社用携帯を支給されるので、休日も肌身離さず持ち歩きます。

私自身も携帯を休日に持ち帰る時は「どうか鳴らないでくれ!」と神頼みをするしかなく、休んだ気がしません。

旅行会社の採用面接で聞かれる2個のこととは?

旅行会社の採用面接で良く聞かれるポイントをご紹介します。

行ったことのある旅行先で、特にオススメしたい旅行先について

この系統の質問は良く聞かれます。

「一番印象に残った旅行先は?」や「あなたは旅行が好きですか?」など、やはり旅行に関する質問は絶対に1〜2つはあります。

ここでは、あなたが旅行好きかを判断する他に、ポイントを絞って伝えたい事をアピール出来ているか、聞いている人が旅行に行きたいと思わせるような答えを伝えられているかを、見られています。

仕事の失敗談について

仕事の失敗談についても、良く聞かれる質問です。

この質問に対する回答で重要なポイントは、失敗にどのように対処したかを、面接官は見ています。

ロボットではありませんので、いくら注意をしていても失敗の1つや2つは起こります。

そんな時、その失敗にどのように立ち向かい克服したのか、面接官に伝えられると良いでしょう。

ここでの注意点は、マイナス要素をあまり出さない事。

「こんな失敗をしたけど、最終的には経験を通してより一層注意するようになりました」といったポジティブ回答を心掛けるとgoodです。

まとめ

どの職業でもメリットとデメリットはありますよね!

旅行会社でも「働いていて良かった!」と思う面と「これは想定外だった!」と思うデメリットな部分が、当然のことながらあります。

でも大丈夫!

良い旅行会社を見つける為には、事実準備をしっかりとしていることが、求人探し成功のカギになります。

旅行会社の求人を探している方のお役に立てる情報を、お届け出来ていれば幸いです。