大好きなサッカーに携わりながら毎日を過ごしたい!

そんな想いをもってコーチを目指す人も多いのではないでしょうか?

しかし、そんなあなたがズバリ気にしていること。

それは、“給与事情”ではないでしょうか?

サッカーコーチという職業は一般的に“多忙薄給”で知られ、サッカーコーチになるということはすなわち多くのことを諦めなければならないと耳にします。

実際、“一般的なサッカーコーチの年収は低い”です。

しかし、これはあくまで“一般論”です。

仮に、あなたがサッカーコーチとして“貴重な存在”になることができれば一般的なサッカーコーチの相場から抜け出すことができるようになるでしょう。

それでは、あなたは一体何をすれば数あるサッカーコーチの中で“貴重な存在”になることができるのでしょうか?

それは、あなたが他のコーチにはない魅力を身に付けることです。

今回は、今この文章を読んでいるあなたがそんなステージまでたどり着けるように導く内容になっています。

この記事は、“本気でサッカーコーチとして成功したい!”そんな熱い想いを持っているあなたにお届けします。

「サッカーのコーチ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

サッカーコーチの給与の相場とは

まずは、一番気になるサッカーコーチの給与の相場を見ていきましょう。

一般的に、サッカーコーチの給与は、教えている年代、チームによって非常に大きな開きがあります。

例えば、今あなたがすぐに応募して即採用されるようないわゆる“サッカースクールのコーチ”などはまさに薄給多忙の代名詞のような仕事です。

月給にして15万円程度が相場でしょう。

福利厚生で差が出る?

福利厚生がしっかりと整っていないサッカースクールも多いので、仮にスクールのコーチになりたいと思うのであれば給与はそこまで大きな違いがありません。

従って、福利厚生や研修制度などを吟味して選択することをオススメします。

間違っても、人気チームだから、有名選手がプロデュ―スしているからなどの理由であなたの大切な仕事を選ばないことをオススメします。

著者もそのような選択をして痛い目を見たことがあるからです。

おすすめの求人は?

スクール以外では街クラブのジュニアユースやユースという選択肢もあります。

このような案件は比較的オススメです。

給与もそこまで20万円程度はもらえるところが多いだけでなく、サッカーのコーチスキルだけでなくチーム全体のマネジメント業務を経験できる場合が多いからです。

シーズンを通して1つのチームをマネジメントするという経験は間違いなく今後のあなたの指導者人生で生きてきます。

それだけではありません。

街クラブには、往々にして広く、深いネットワークが存在します。

多くの様々なバックグランンドをもった指導者の方々と交流し、新しい気づきと素敵な人脈を構築できることがあなたにとっての財産となるでしょう。

求人の選択肢

別の選択肢としては、中学校や高校の“外部指導員”という形で部活動を指導するというものもあります。

この仕事を得るためには、JFAC級ライセンス(日本サッカー協会指導者ライセンスC級)が必要ですが、今後ここの分野での需要は大きくなってくることが予想されます。

それは、待遇面も大きく改善されることを意味します。

ここの分野で早いうちに実績を残すことで大きなチャンスを得ることができるようになる可能性は高いと言えるでしょう。

最後の選択肢はJクラブのアカデミー、下部組織などで働くというものです。

すべてのJクラブはアカデミーを持つことが義務付けられているためにJクラブの数だけコーチの需要はありますが勿論狭き門です。

給与はスクールに比べれば高いですが、そこまで多くの給与は期待できません。

しかし、Jクラブで働くことであなたは一つの実績を作ることができます。

日本サッカーのトップレベルの組織に所属して働くということは次の仕事を運んできてくれるという可能性もゼロではありません。

給料を上げるための転職術

さて、ここからはとても大事な話になります。

なぜなら、この情報を忠実に実行することであなたは年収を大幅に上げることができるようになるからです。

それでは具体的にどうすればあなたは転職で給与を上げることができるのでしょうか?

その唯一の方法はただ一つ。

それは、“周囲のコーチではなくあなたでなければならない理由がある”コーチになるということです。

ここで少し考えてみてください。

今のあなたには周囲のコーチにはない特別な能力がありますか?

どうでしょうか?

もし、今見つからなくても大丈夫です。

なぜなら今からと特別な能力、つまりあなたを差別化させるための具体的な方法をお伝えしていきます。

それでは、あなたを特別なコーチにするためには具体的に何が必要なのでしょうか?

その要素はただ一つ。

それは“実績”です。

実績があなたの元に高水準の仕事を運んでくるのです。

それではどうすればあなたはコーチとしての実績を積むことができるのでしょうか?

実績を手にするための要素

もし、あなたが他のコーチにはない魅力を身に付けることができたら、あなたの人生は大きく変わるでしょう。

具体的には、あなたは求人表を見てコーチの仕事を探さなくてもよくなります。

なぜなら、あなたの元にはオファーが届くようになるからです。

もっと言えば、そのようなオファーは大概求人表に掲載されているような“誰でもできる仕事”ではありません。

あなたにやってもらいたい!と強く考えるからこそあなたへオファーを出しているのです。

故に、給与は大幅に上がることが予想されるだけでなく、あなたは自身の給与に関して“交渉”できるようになります。

常に仕事場所、条件に対して主導権を握れるようになるのです。

実績を手にすることができれば仕事の幅が確実に広がります。

ここでは、実績を手にするために必要なことをご紹介します。

その必要なこととは、「人脈」「語学力」「資格」の3つです。

人脈

もし、あなたが今サッカー界に大きな人脈がないとしたらそれは“給与が低い”という事実そのものよりも致命傷かもしれません。

なぜなら、サッカーのコーチという仕事は実は非常に“閉鎖的”なのです。

つまり、基本的にコーチたちが仕事を移動する場合にはコーチ同士による紹介が一般的なのです。

良い仕事、良いポジションにつくためには必然的に強固で広い人脈が必要になります。

これは一朝一夕にはいきません。

日々、出会うコーチたちとの人間関係を大切に育んでいく必要があるでしょう。

語学力

あなたを特別なコーチにするために必要な条件として挙げられる2つ目が“語学力”です。

そもそも、コーチとしての能力を上げる際にも英語を扱えるか否かであなたが得ることができる情報量には雲泥の差があります。

特に、ヨーロッパでは目まぐるしい速度で戦術や分析、そしてトレーニング法が進化しており、それらの情報を常に更新し続けるためには英語は必要不可欠な要素です。

往々にして、それらの情報が日本語になっている時にはすでにヨーロッパでは新しい理論や戦術が産まれていると考えて間違いないです。

もう一つは単純にあなたの仕事の幅を広げることができるということ。

著者もアフリカでサッカーのコーチをしていますが、英語を操ることができればあなたは小さく狭い日本の市場だけでなく、世界中の市場から仕事を得ることができるようになります。

特に、近年の東南アジアをはじめとしたアジア諸国の日本人コーチへの需要は目覚ましものがあります。

タイやシンガポール、そして中国、カンボジアなどは日本では考えられないような破格の値段でユースやアカデミーを指導する機会を提供してくれます。

日本で働く場合の2倍、3倍の給与を受け取る人も珍しくはありません。

これらのチャンスは英語を話せることができれば得ることができます。

更に言えば、海外でコーチをしたという実績はその後さらにあなたを売り込む際に使えるものになるのです。

語学力についてもう一つ大切なことがあります。

それは、“マイナー言語”を習得してチャンスをつかむというものです。

実は、Jリーグにはセルビア語、ポルトガル語、韓国語などしか話せない選手が数多く在籍しています。

それらの選手に向けた“通訳”としての仕事を得ればステップアップできる大きなチャンスになります。

実際に元オシム日本代表の通訳をしていた間瀬秀一氏はセルビア語に堪能であったために通訳として抜擢され、その後Jクラブを率いるまでの大きな成り上がりに成功しています。

また、“現在世界最高監督”と称されるジョゼ・モウリーニョも元々は体育の教師、その後英語が堪能であることから有名監督の通訳としてキャリアをスタートさせました。

このようなニッチな市場を目指すには、英語のような王道の語学ではなく、なるべく日本では使い手がいないような言語を習得することで一気にその可能性を開くことができるでしょう。

資格

最後に3つ目の資格について見ていきましょう。

資格とは本来、差別化を図るため取得すべきものであると私は考えます。

恐らく、これを今読んでいる多くの人は資格というとJFA(日本サッカー協会の指導者ライセンス)を想像するのではないでしょうか?

しかし、現実的にJFAのS級まで到達するには膨大な時間と費用、人脈を工面する必要があり、ここで差別化を図るという考えはあまり現実的であるとは言えません。

それではあなたが取得すべき資格とはどのようなものでしょうか?

それは、海外のサッカー指導者ライセンスです。

先筆した通り、日本人コーチの海外における需要は高まりを見せています。

それゆえに、AFC(アジアサッカー連盟)の指導者ライセンスを取得することを強く勧めます。

AFCのライセンスであれば日本のライセンスのように順番待ちするような悪しき風習はなく、すぐに受けられます。

また、AFCPROという最上位の資格を取得することでJFAS級との相関性も認められるようになるなど良いことずくめなのです。

さらに、ニッチなところを攻めるのであれば著者のようにCAF(アフリカ大陸サッカー連盟)の指導者ライセンスを取得することです。

実は、アフリカの多くはイメージと異なり、指導者への報酬は極めて高額です。

ジンバブエなどでは監督の月給が日本円にして70万円などということも珍しくありません。

また、アフリカ大陸サッカー指導者ライセンスもJFAのライセンスと比較して非常にアプライがしやすいです。

取得するには合宿による集団生活や語学は非常に大切になりますがそこをクリアできるのであれば是非オススメの資格です。

このように“資格”を差別化要因として捉えるとJFAだけでなく外国の指導者ライセンス資格取得がいかにあなたのキャリアにとって有益なことかを理解していただけるのではないでしょうか?

このように、人脈、語学力、そして資格という3つの差別化ポイントをまずは自分で作った後に転職をすることで、あなたの給与を上げることができることでしょう。

日本だけでなく、海外に目を向けることで、選択肢が広がり、キャリアアップにもつながることでしょう。

「サッカーのコーチ」が自分に向いているか診断するにはこちら →

最後に

さて、ここまでお伝えしたことをあなたが忠実に実行すれば、恐らく数年以内にあなたは他のコーチからはもとよりサッカー業界において一目置かれるような存在になる事でしょう。

そして、本当に大切なこと。

それは、“実行し、それを継続すること”です。

特に、継続することは並々ならぬ努力が必要です。

語学に関しては継続なくして成功はあり得ないからです。

しかし、もしあなたがそれらの努力を継続し、見事成果を出すことができたなら、あなたは自信をもって選手たちに“継続”と“努力”の重要性を説けるようになるではないでしょうか。

選手達はあなたが何を言うかを気にしません。

あなたが何をするかを見ているのです。

そして、普段から規律をもって努力を続けているコーチはそのような雰囲気がふしぶしから出てくるのです。

だから、選手達と健全な信頼関係を結ぶことができるのです。

選手達に努力を求めるのであれば、まずあなたが努力できる人でなければなりません。

最後になりますが大切なことをお伝えします。

貴方の給与は転職して上げるものではありません。

貴方の給与は、あなたの能力を上げれば自然についてきます。

あたなの理想とするサッカーコーチになれる日を応援しています!


関連キーワード

サッカーコーチ求人