モデルさんや女優さんの多くが、美の秘訣として挙げる「ヨガ」。

最近では街中にも多くのヨガスタジオが並び、仕事帰りなどに利用するOLさんや学生もたくさんいます。

では、その美のサポートをするヨガインストラクターの仕事には、一体どのような人が向いているのでしょうか?

今回は仕事の内容と、向いている人の特徴について解説いたします!

「ヨガインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ヨガインストラクターの主な仕事スタイル

ヨガインストラクターとはその名の通り、ヨガのレッスンを行う先生のことです。

意外なことに、特別な資格は必要ありません。

ティーチャーズアライアンスも存在し、指定のカリキュラムをすべて受講することで取得できます。

しかし、それは一定のクオリティを保証する民間資格であり、持っていなくても活動自体は可能です。

具体的な活動内容は、担当する内容や枠に合わせて自らレッスンを組み立て、それをスタジオや自宅でレクチャーすること。

また、ヨガインストラクターには様々な活動パターンがあり、代表的なものとしては以下の3つが挙げられます。

ヨガスタジオに所属する

全国各地にある大手のヨガスタジオにインストラクターとして登録して活動するパターン。

主に登録したスタジオのみで1日数本レッスンを行います。

レッスン内容はスタジオごとに決められていることが多く、マニュアルから外れない範囲で組み立てることがほとんど。

会員制のスタジオなら同じレッスンに同じお客さんが来ることが多いので、体の悩みをサポートすることが簡単にできます。

オリジナリティや自由度はやや低めですが、給料は月給制なので安定はしています。

スポーツジムで活動する

決められたところに所属はせず、様々なスポーツジムと契約しレッスンを行うパターン。

1日に複数のジムへ行き、レッスンを行います。

規模が小さいところが多く、お客さんとコミュニケーションはとりやすいです。

レッスン内容は自由に決めることができますが、収入はレッスンの参加人数などによる歩合制なのでやや不安定です。

個人で活動する

自分でスタジオを開いたり、プライベートレッスンを行うパターン。

スタジオを持たない場合は、業務委託でレッスンを行う人もいます。

一人一人に合ったレッスンを行うことができるので、体の悩みなどしっかりサポートできます。

レッスン内容も活動内容も自由度はかなり高いですが、完全フリーなので収入の安定は保障されません。

「ヨガインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ヨガインストラクターの仕事はどんな人に向いている?

国家資格は存在しないヨガインストラクターですが、どのような人が向いているのでしょうか?

特徴を下記にまとめます。

人と関わる事が好きな人

プライベートレッスン、スタジオレッスン問わず、インストラクターは人と関わる仕事。

誰かに会ったり会話をしたりすることが好きな人の方が向いています。

レッスン中だけではなく、レッスン前後も会話します。

またレッスンでは安全にポーズを取るために体に触れてサポートを行います。

言葉だけでない関わり方もあるので、人と関わることが好きな人が向いていると言えます。

教えるのが好きな人

インストラクターは、先生の一種とも言えます。

ヨガの場合はポーズの取り方やポイントだけでなく、求められている美容効果や疲労回復についてのサポートも必要です。

またヨガには歴史のような「哲学」があります。

みんなが知らない知識、そしてためになる知識を広めたいと思う人には向いています。

人に教えることながら、人に教える為の知識を自分で勉強する努力が必要です。

体のことを考えるのが好きな人

ヨガには美容効果はもちろん、精神安定や疲労回復、体力アップなど様々な効果があります。

体のことを考えるのが好きな人であれば、そういったことも高い学習意欲を持って取り組めるため、向いていると言えます。

誰かのためになることをしたい人

ヨガのインストラクターは、「きれいになりたい!」「ダイエットしたい!」という人のサポートをする仕事。

毎回のレッスン内容は、お客さんの要望に合わせて考えることもあります。

お客さんのお悩みも聞き、その変化を追っていくのも大事な仕事です。

したがって、誰かのためになる仕事をしたいという方にはおすすめです。

体を動かすことが好きな人

言わずもがなですが、ヨガのインストラクターは体を動かす仕事です。

体が柔らかくなくても、体を動かすことが好きでヨガが好きになれれば良いと思います。

「ヨガインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事で養われるスキルとは?

ヨガインストラクターとして活動すると、様々なスキルが養われます。

まずは、トーク力やコミュニケーション能力。

毎日レッスンをこなし、多くの人とかかわる中で、確実に養われれるスキルです。

そして、想像力と構成力。

「どうしたら効果がでるか?」「どんなメニューなら無理なくできるか?」など、レッスンを組み立てるためにはお客さんのことをよく観察し、考えます。

その上で負担のかからないメニューや効果的なメニューを組み立てるため、想像力や構成力も向上すると言えるでしょう。

また、日々活動する中で、美容や健康に関する様々な知識が身に付きます。

それらも他の業界で活かせる可能性がある大切なスキルと言えます。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

一般企業の会社員とは違いますから、課長や部長といった役職に就くようなキャリアアップの道はありません。

ヨガインストラクターとしてのキャリアアップは、自分のスタジオを持つことや、複数のスタジオやイベントでレッスンを担当することです。

経営スキルや人勢育成のスキルも磨かれ、行く行くはヨガスタジオの社長や代表取締役といった肩書を得る可能性も少なくありません。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

スタジオ経営まで辿り着けば、その経営スキルは他の仕事にも大いに生かせます。

ヨガインストラクターとしてのみの活動を他の仕事に生かすのであれば、接客スキルが他のサービス業に生きることもあります。

また、体の仕組みやダイエット、美容の知識が豊富になるため、ヨガインストラクターを引退した後は美容業界やスポーツジムでも活躍しているかたも多くいます。

まとめ

以上、ヨガインストラクターの主な仕事内容と向いている人の特徴、ヨガインストラクターのキャリアアップについて解説いたしました。

意外なことに、ヨガインストラクターは資格なしで活動可能な、誰でもできる仕事。

ただ、活動するにはポーズや効果などたくさんの勉強が必要になります。

しかしながら、誰かの美や健康のサポートをしたり、レッスンを通してたくさんの人と関わることができたりと、魅力はたくさん。

体を動かすこと、コミュニケーションをとること、人に教えることが好きな人には向いている職業ですので、ぜひ参考にしてみてください。




ヨガ求人についてもっと深堀りした情報を見る

ヨガバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

世界的な健康志向の高まりを受け、注目を集める「ヨガ」。美意識の高い女性だけでなく、最近ではリラックス効果や体力アップを目的とした男性の参加者も増えてきました。それに伴いヨガスタジオの数も増え、同時にヨガに関する求人も増加傾向にあります。正社員だけでなく、アルバイトの募集も多々。そこで今回は、ヨガスタジオでのアルバイト求人について解説していきたいと思います。具体的な仕事内容から向き不向きまでご紹介いたしますので、検討中の方は是非参考にしてください。ヨガバイトはどんな仕事?正社員でなく、ヨガスタジオでのアルバイトとはどのようなものなのでしょうか。残念ながら、アルバイトでのインストラクターの求人はほ

ヨガの仕事に向いてる人の特徴は?仕事内容や向き不向きについてご紹介します!

2000年以降、根強くブームが続く「ヨガ」。以前は美意識の高い女性のものとされていましたが、世界的な健康意識の高まりから、最近では男性やご高齢の方の参加者も多くなっています。ヨガスタジオも増え続け、東京都にあるヨガスタジオの数は、世界的な都市と比較してもトップクラスと言われるほど。最近では医療面や心理療法としてもヨガが注目されており、今後もますますの需要拡大が見込まれています。そこで今回は、そのヨガの仕事とはどんなものなのか、どういった人に向いているのかについて解説いたします。ヨガの仕事とはどんな仕事?ヨガの仕事と言えば、まず思い浮かぶのはインストラクターですよね。他にも、ヨガスタジオを運営す