世界的な健康志向の高まりを受け、注目を集める「ヨガ」。

美意識の高い女性だけでなく、最近ではリラックス効果や体力アップを目的とした男性の参加者も増えてきました。

それに伴いヨガスタジオの数も増え、同時にヨガに関する求人も増加傾向にあります。

正社員だけでなく、アルバイトの募集も多々。

そこで今回は、ヨガスタジオでのアルバイト求人について解説していきたいと思います。

具体的な仕事内容から向き不向きまでご紹介いたしますので、検討中の方は是非参考にしてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ヨガバイトはどんな仕事?

正社員でなく、ヨガスタジオでのアルバイトとはどのようなものなのでしょうか。

残念ながら、アルバイトでのインストラクターの求人はほとんどありません。

アルバイト求人のほとんどは、受付業務です。

中には清掃スタッフを募集しているところもありますが、業務内容のメインはもちろん掃除。

ヨガとは何ら関係がないため、ここでの説明は控えます。

したがって、「ヨガスタジオ受付」のアルバイトの仕事内容について、次項から説明していきます。

ヨガスタジオ受付の大まかな仕事内容

ヨガスタジオでの受付の大まかな仕事内容は、入退会とレッスンにまつわるものです。

スタジオによって細かい個所は異なりますが、共通事項を下記にまとめます。

入会の手続き

ヨガスタジオの多くは会員制。

月会費で何度でも参加できるところや、決められた回数のみ参加できるところなど様々な会員制度があります。

その会員になるための手続きをするのが受付の主な仕事の一つ。

複数プランがあるスタジオの場合は、そのお客さんの悩みにあったプランをおすすめするなど、多少の営業活動も行うこともあります。

また、「ハタヨガ」「アシュタンガヨガ」「シヴァナンダヨガ」など、ヨガの種類は様々。

レッスンの種類が多いスタジオの場合は、そのそれぞれのレッスンについての説明も必須です。

見学案内

入会を検討しているお客さんが、スタジオやレッスンの見学にくることがあります。

その際、スタジオ内の施設や、リアルタイムで行われているレッスンについて説明するのが見学案内の仕事。

その他、入会する上で不安なことや、スタジオに関する質問に答えるといった業務も。

スタジオの売り上げは主に入会や会員費で構成されているため、ここで入会に導けるかどうかは非常に重要なこと。

お客さんの悩みを解決するようなプランの提案、不安の解消など、ここでも営業スキルが必要になることがあります。

レッスンの申し込み受付

スタジオの定員人数の関係で、レッスンを事前申し込み制にしているスタジオもあります。

その場合、電話で予約を受けたり、フロントで直接を予約を取ったりするという仕事も。

フロントで直接予約をするお客さんに対しては、他のレッスンや、レッスン参加数を増やすことを勧めたりするケースもあります。

退会の手続き

入会の手続きがあれば、もちろん退会の手続きもあります。

退会の手続きで重要なことは、退会しようとするお客さんを引き留めること。

スタジオにとって会員数の減少というのは、売上の低迷に繋がる原因の一つです。

妊娠や引越しなど、退会せざるを得ない理由以外は、引き続き会員を続けてもらえるよう促します。

この退会を引き留めた数が、インセンティブに繋がるスタジオもあるので要チェックです。

関連商品の販売

ヨガスタジオでは、ヨガに関連する商品を販売しているところも多くあります。

ヨガウェア、ヨガマット、サプリメント、水など商材は様々ですが、それぞれの特徴を覚えて販売するということも業務に含まれていることがあります。

多く売上げればインセンティブに繋がることもありますので、面倒くさがらずに取り組むといいでしょう。

店内のポップ作成

新しいインストラクターが入ったり、新しいレッスンが導入されたりした場合は、それを告知するポップが掲示されます。

そのポップを作るのも、アルバイトの業務の一つ。

上記で述べた関連商品を販売するための販促用ポップを作ることもあります。

いずれもスタジオによってはないケースもありますので、働き始める前にスタジオの様子を確認するのがおすすめです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ヨガスタジオ受付でよくある募集内容とは?

現在、どのような求人が出ているのでしょうか?

地域やスタジオによって多少の差はありますが、よくある募集内容について解説いたします。

時給相場

これは地域ごとの最低賃金が影響しますが、概ね時給800~1,000円が相場。

時給が高いところは、地域の最低賃金が高いか、もしくは会員数が多く忙しい店舗である可能性があります。

駅前の店舗などは会員を多く抱えていることが多く、時給相場もやや高め。

住宅街にある決められたお客さんが多い店舗は会員数もそれほど多くないため、時給相場もやや低くなります。

シフトの入れ具合

店舗により異なりますが、大体週3以上の出勤が必要とされるところが多いです。

1日の勤務時間は4~8時間であることがほどんど。

8時間のフル勤務をする場合は、朝から夕方までの朝番、昼から夕方までの夜番に分けられているところが多くあります。

求められる人物像

受付スタッフは、そのスタジオの顔といっても過言ではありません。

したがって、明るく爽やかな印象が求められます。

また、ヨガスタジオは美や健康を求める人が通う施設。

受付にいるスタッフも健康的な印象であるほうがいいと言えるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

特別に必要な資格は特にありません。

同じような業務を行う、ホテルやスポーツジムでのフロントスタッフの経験があると採用されやすい可能性があります。

また、見学や入会を希望するお客さんからヨガに関する質問を受けることが多いため、多少なりともヨガの知識や経験があったほうが良いでしょう。

もちろん、働き始めてから知識や経験を習得していくというのでも問題ありません。

ヨガスタジオ受付のおすすめ求人4個の特徴とは?

求人サイトやアルバイト情報誌を見ると、ヨガスタジオの受付に関する求人がたくさん掲載されています。

何を基準に選べばいいのか、どういう条件だといいのか、判断のポイントになる項目を下記にまとめました。

ヨガのレッスンを無料で受けることができる

ヨガの知識を増やすには、実際にヨガのレッスンを受けてみるのが一番。

それを考慮し、社員やアルバイトはスタジオのレッスンに無料で参加できるケースがあります。

そういったスタジオであればヨガの知識を実際に体験しながら身につけられる上、自分磨きも同時にできるので一石二鳥です。

インセンティブがつく

インセンティブとは、成績に基づいた特別報酬のこと。

入会数が多い、退会を防いだ数が多い、物販の売り上げが多いなどの点から、アルバイトにもインセンティブを支払うスタジオがあります。

インセンティブがあればモチベーションを高く持って働けるため、選べるならインセンティブ制度があるスタジオをおすすめします。

社割を使うことができる

スタジオ内でヨガ関連のアイテムを販売しているスタジオは、アルバイトも商品購入時に社割が使えることがあります。

ヨガの仕事に携わると、自分もヨガを学びたくなるという人も多いもの。

その際、可愛いヨガグッズが社割で買えたらうれしいですよね。

駅から近い

駅から近いスタジオがおすすめの理由は、通いやすさだけではありません。

駅から近ければ近いほど、会社帰りのOLさんやなどが通いやすく、スタジオの会員数が多い可能性が高いのです。

それに伴い、アルバイトスタッフの時給も高く設定されている可能性があります。

もちろん忙しさもありますが、それでもしっかり稼ぎたいという方にはおすすめ。

時給が安くてもいいからのんびり働きたいという人は、住宅街や郊外のスタジオの方がいいでしょう。

ヨガスタジオ受付はこんな人に向いている!

上記でも述べましたが、受付スタッフといのは、そのスタジオの顔とも言えます。

そんな受付スタッフには、どのような人が向いているのでしょうか?

人と関わることが好き

もし、スタジオの顔でもある受付スタッフが、暗くてまともにコミュニケーションが取れない人だったら…。

そんなスタジオに通いたいと思う人は、ほぼいないと言っても過言ではないでしょう。

受付スタッフのメイン業務は、人と関わること。

入会を検討しているお客さんに、「このスタジオに通いたい」と思ってもらえるような接客が必要です。

そのためには、人と関わることが好きで、誰かの話を聞いたり自分が話したりすることが得意であったほうがいいでしょう。

決められた手続きを淡々とこなすことが好き

入会、見学、退会と、受付スタッフには様々な業務がありますが、実際の事務的な手続き内容はほぼ決められています。

したがって、決まりきった内容でも飽きずにこなせる人のほうが向いていると言えるでしょう。

地味な作業が嫌ではない

上記にも通ずるものがありますが、接客以外は事務作業をこなしていることがほとんど。

華やかなインストラクターに比べ、受付スタッフは地味な仕事です。

それでも嫌にならず、淡々と地味な作業を続けられる人には向いています。

逆にヨガバイトに向いていないのはこんな人!

では、どのような人はヨガスタジオの受付をやめた方がいいのでしょうか。

上記の逆とも言えますが、参考までにまとめます。

人と関わるのが苦手

上述の通り、受付スタッフはお客さんに対し、入会を勧めたり、退会を引き留めたりとたくさん会話を交わします。

もちろん、入会や退会の話のみではなく、そこに運ぶためには世間話も必須です。

したがって、人に会うのが苦手、会話するのが得意ではないという人には向きません。

変化の多い仕事をしたい

受付スタッフの仕事は、入会、予約、見学、退会など、決められた業務をこなすようなもの。

お客さんとの会話には変化がありますが、実務的な内容はほとんど毎日変わりません。

変化や刺激の多い環境で働きたいという方は、避けた方が無難です。

華やかな場所で働きたい

ヨガスタジオというと華やかなイメージもありますが、受付スタッフが華やかかと言えば、そうではありません。

スタジオの顔とも言えるので地味というわけではありませんが、インストラクターに比べたら華やかさに欠ける印象を持つ人も多いと思います。

インストラクターのような華やかさを求めるのであれば、受付スタッフはやめた方がいいでしょう。

ヨガスタジオ受付のやりがいとは?

ここまで、業務内容や向いている人物像について解説してきました。

それを踏まえ、この仕事のやりがいと言えることは、一体どのようなものなのでしょうか。

ヨガの知識が増える

ヨガスタジオで働いているわけですから、ヨガの知識は当然増えます。

ヨガは世間でも注目されている、ホットなコンテンツ。

その知識が増え、自分の美容や健康にも活かせるとなれば、やりがいが生まれるともいえるでしょう。

様々な出会いがある

ヨガスタジオの受付は、日々様々な人との出会いがあります。

同じスタジオで働くフロントスタッフはもちろん、インストラクターとも関わる機会は多いです。

さらに、スタジオに通うお客さんとも、様々な手続きを通して顔見知りになることがあります。

このように、たくさんの人と親密になり、新たな人間関係を築いていけるというのは、やりがい一つです。

対応力が付く

入会や退会を希望するお客さんの理由は様々。

その理由を聞き、その場でプランや引き留める判断をしていると、対応力が養われます。

業務をこなしていく中で、以前は対応しきれなかったようなことにも対応できるようになると、強いやりがいを感じることができます。

まとめ

以上、ヨガに関するアルバイト、主に受付スタッフの業務や向き不向きについて解説しました。

受付スタッフとして働くには、様々な手続きの方法や、ヨガに関する知識など、事前の勉強が必要になります。

また、ヨガインストラクターと並ぶと、インストラクターほどの華やかさはありません。

しかし、ヨガスタジオの運営を支える大切な仕事。

言わば、縁の下の力持ちといった、なくてはならない存在です。

スタジオ次第では自身もヨガのレッスンに参加できたりと、業務以外でのメリットもたくさん。

ヨガスタジオでのアルバイトを検討している人は、ぜひ上記の事項を参考に、前向きに考えてみてくださいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

バイト求人 ヨガ求人

ヨガ求人についてもっと深堀りした情報を見る

ヨガインストラクターの主な仕事スタイルは?得意な人の特徴やキャリアについてもご紹介!

モデルさんや女優さんの多くが、美の秘訣として挙げる「ヨガ」。最近では街中にも多くのヨガスタジオが並び、仕事帰りなどに利用するOLさんや学生もたくさんいます。では、その美のサポートをするヨガインストラクターの仕事には、一体どのような人が向いているのでしょうか?今回は仕事の内容と、向いている人の特徴について解説いたします!ヨガインストラクターの主な仕事スタイルヨガインストラクターとはその名の通り、ヨガのレッスンを行う先生のことです。意外なことに、特別な資格は必要ありません。ティーチャーズアライアンスも存在し、指定のカリキュラムをすべて受講することで取得できます。しかし、それは一定のクオリティを保証

ヨガの仕事に向いてる人の特徴は?仕事内容や向き不向きについてご紹介します!

2000年以降、根強くブームが続く「ヨガ」。以前は美意識の高い女性のものとされていましたが、世界的な健康意識の高まりから、最近では男性やご高齢の方の参加者も多くなっています。ヨガスタジオも増え続け、東京都にあるヨガスタジオの数は、世界的な都市と比較してもトップクラスと言われるほど。最近では医療面や心理療法としてもヨガが注目されており、今後もますますの需要拡大が見込まれています。そこで今回は、そのヨガの仕事とはどんなものなのか、どういった人に向いているのかについて解説いたします。ヨガの仕事とはどんな仕事?ヨガの仕事と言えば、まず思い浮かぶのはインストラクターですよね。他にも、ヨガスタジオを運営す