日雇いバイトおすすめの仕事についての写真

「自分のペースで働きたい」「沢山の仕事を経験したい」「空いた時間を有意義に使いたい」なんて思ったことがある人も少なくないはず。

アルバイトというと長期間決められた日時に働くというイメージが強いですが、1日だけ働く日雇いバイトというものがあるのをご存じでしょうか。

今回は、日雇いバイトのおすすめをご紹介します。

日雇いバイトってどんな働き方?

言葉の通り、日雇いバイトは「1日だけ雇われて働く」アルバイト。

長期間働くアルバイトとは違い、仕事のある日だけ働く・空いた日にだけ働くという働き方です。

様々な職種の募集があるため、本業で働いている人が休日に働くのも良いですし、学生さんの休暇のバイトにもちょうど良いです。

1日だけのアルバイトのため、複雑な業務は少なく、わかりやすい単純なお仕事が多いのも特徴です。

日雇いバイトの種類

日雇いでの働き方は「直接雇用による日雇いバイト」と「日雇い派遣」大きく2種類あります。

それぞれの違いなどをご紹介します。

直接雇用の日雇いのバイトに応募する

1日のみのアルバイト募集に応募し、募集先と直接契約をして働く方法です。

応募や勤務先とのトラブルなどは自分で解決しないといけませんが、給与の支払いが早い場合が多いなどのメリットもあります。

企業によっては当日支払いなどもあるため、すぐにお金が欲しいという人は、当日支払いのあるアルバイトなどを探してみる物言いでしょう。

アルバイトの探し方は、インターネットのバイト求人サイトなどに登録する方法が一般的です。

募集は日々入れ替わるため、やりたい仕事を見つけたらすぐに応募してしまうことをお勧めします。

派遣会社に登録して日雇いの仕事を紹介してもらう

日雇いの仕事が多い派遣会社に登録し、日雇いのお仕事を紹介して貰う働き方です。

派遣会社を通して仕事をする場合、雇用契約は派遣会社と結び、派遣された場所でアルバイトをする仕組みになります。

労働時間や給与などで問題が起きた場合、派遣会社が間に入って解決してくれるため、安心してバイトを行なうことができます。

また、いろんな仕事をやってみたい!

仕事を掛け持ちしたいという人は、直接雇用よりも、派遣会社に登録して日雇いで、人気のいろんな仕事を紹介してもらうほうがメリットあります。

お給料は派遣会社(応募、登録した場所)から支払われます。

本来、日雇いですと、その日に計算して現金または振り込みをされるのですが、便宜上、1週間や1か月分まとめて支払われるところが多いです。

その場合、源泉徴収もされますので、税金がひかれることになります。

派遣会社に登録する時は、こちらの記事を参考に!

日雇い派遣でお仕事ができる人

2012年10月に労働者派遣法改正法が施行され、「日雇い派遣」が原則禁止となりました。

日雇いの形では、不安定な雇用形態であるため、働く貧困層を生み出す原因になっているのではないかという考えから出された改正法でした。

この「原則禁止」には、日雇い派遣で働いてもいい人と、ダメな人がいるということなので、あなたがどちらにあてはまるのか、日雇い派遣をしたいという場合は、知っておく必要があります。

60歳以上の方、雇用保険の適用を受けない学生

昼間、大学や専門学校に通っている学生で、夜間の学校に通っていて昼間仕事を持っている人は、これにあてはまりません。

生業収入が年間500万円以上の方

本職で500万円以上収入がある人は、認められるということです。

本職の収入が少ないから、その足しにとバイトしたい人が多いのに、逆の発想ですよね。

生計を一にする配偶者等の収入により生計を維持する方で世帯収入の額が年間500万円以上

ご主人の扶養家族になっている奥さんや、両親の扶養家族に入っている子どもなどで、生計が同じになっている家族のうち、主たる生計者じゃない人。

日雇いバイトが向いているのはどんな人?

学生

部活動やテスト期間などで忙しい学生。

長期のアルバイトは支障がでるので勤めづらいこともありますが、日雇いバイトなら土日や連休などの空いた時間に勤めることができるのでおすすめです。

ただ、日雇いバイトは時間をかけて仕事を教えてくれるといった環境では無いため、軽い気持ちでは無く、自主性と責任感をもって勤めることが大切です。

社会人の副業

本業の休日に働けるため、社会人の副業としてもおすすめです。

副業の場合、日雇い派遣は登録できないケースがあります。

また、確定申告の必要などもでてきますのでしっかりと調べてみることをおすすめします。

主婦のパートアルバイト

主婦のパートアルバイト

子供の行事や日々の生活で忙しい主婦の方でも、子供を預けることができたなど、空いた日に仕事が入れられる日雇いバイトは向いています。

特に直接雇用のアルバイトなら日払いのバイトも多いため、すぐに家計の助けにもなります。

すぐにお金が欲しい人

すぐにお金が欲しいと思っている人には日雇いバイトは一番向いています。

当日払いのアルバイトに絞って探してみましょう。

また、情報サイトによっては即日勤務の仕事を掲載している所もあります。

日雇いバイトで求められるのはどんな人?

日雇いバイトの仕事で、バイト先から求められるものは、即戦力です。

もちろん、込み入った内容の仕事や、熟練が必要なような仕事をまかされることはありませんが、ある程度の即応力や同職種での経験が求められます。

それにはまず、わからないことは臆することなく質問して聞くことが大事です。

どうしたらいいのかわからないから、ぼうっと立っているでは、即戦力にほど遠い存在になってしまいます。

日雇いで雇用する側も、わからないことは聞いてもらうほうが助かりますので、遠慮せず、指示を仰ぎましょう。

接客が好きな人におすすめ日雇いバイト

接客が好きな人には、たくさんのバイトがあります。

日雇いに限らず、接客業は引く手あまたな現状にありますので、やってみたいと思う職種があれば、ぜひ、チャレンジしてみてください。

販売スタッフ

人気のアパレル販売、デパートなどのテナントでの販売、かわいい雑貨のお店、家電販売など、販売スタッフのお仕事は、求人の中でも、常にある求人のひとつです。

お客様とコミュニケーションをとる中で、目的や好みを察知してお勧めするのが基本ですが、やはり一番必要なものは、笑顔と会話力になります。

ということは、このふたつができると、販売するものが変わっても対応できるので日雇いに向いています。

お客様が極端に増える週末や連休などに、日雇いとして求人されることが多いので、レギュラーで勤務するより少し高い時給で出されることもあります。

このバイトがおすすめな理由

販売スタッフのお仕事は、販売以外のどんな職種にも、必要な基本的なスキルが身につけられるという利点があります。

たとえネットでお仕事をしているような人でも、クライアントに対して打ち合わせや交渉を行う必要があります。

官公庁職員や教諭などの仕事に就いている人が、民間でサービスの勉強をするといったこともめずらしくなく、なんの仕事をするにしても、サービスは基本であるということでしょう。

若い間に販売の仕事を経験するということも、ひとつの勉強にもなります。

レストランスタッフ

配膳人のお仕事のひとつでもある、レストランサービスはスキルのひとつとして、高く評価されています。

レストランサービス技能検定という検定もあり、合格者は級ごとに格付けされ、派遣先での時給の評価にもつながります。

同じ料理でも運んでくるスタッフによって、よりおいしくもなり、より思い出深い空間にもなりうるのです。

やりがいも大きく、長く活躍できる職種のひとつです。

このバイトがおすすめな理由

日雇いのレストランスタッフの仕事は主に、夕方から夜の時間帯になります。

なので、昼間は学校に通ったり、違う仕事をしたりと時間を有意義に使うことができます。

また、派遣会社でのレストランスタッフの時給は高く、少しの時間で効率よく稼ぐことができます。

結婚式場のブライダルスタッフ・バンケットスタッフ

結婚式場のブライダルスタッフ・バンケットスタッフ

結婚式場でのお仕事も派遣で人気なもののひとつです。

バンケットスタッフから始まり、慣れてくると、照明係・音響係までまかされることもあります。

スタッフみんなで作り上げる感動的な結婚式は、毎回、スタッフが一丸となってやりがいのある職場になることは間違いありません。

女性にとっては、将来のために裏側からみておくのもとてもプラスになると思います。

このバイトがおすすめな理由

レストランスタッフやブライダルスタッフはシティホテルやリゾートホテルで求人されることが多く、そこでのサービスは、一流のものを経験することが出来ます。

学生の就職活動のとき、または他の職場の面接のとき、その経験を履歴書に書くだけで一目置かれる事項となります。

時給も高くて、繁忙期には一日に8時間以上働くこともできるので、高収入が見込めます。

ルームメイクスタッフ

ホテルで求人される「ルームメイクスッタッフ」は、主に清掃のお仕事です。

お客様のチェックアウトの後、客室に入り、清掃にとりかかります。

ほとんどの場所で清掃のマニュアルが決まっているため、その通りの順番で丁寧な掃除をしていきます。

また、夜の時間帯に客室の「布団敷き」に入る仕事もあるので、希望する時間帯によって相談してください。

このバイトがおすすめな理由

ほとんどお客様との会話がないルームメイクは、少し内向的な人でも、誠実な仕事ができる人には向いています。

表(サービススタッフ)の仕事に比べると時給は安くなりますが、体を動かす仕事をやりたい人にはおすすめのバイトです。

黙々と動くのが好きな人におすすめ日雇いバイト

体を動かす仕事がしたい人にも、日雇いのバイトがあります。

体力には自信がある、細かな作業が苦にならないという人は、その長所をいかしてできる仕事を提案してもらってください。

正確さ・スピード・根気が問われ、経験によって効率よく稼げる仕事があります。

梱包・ラベル貼りなどの軽作業スタッフ

家でも出来、時間は融通がききやすい内職として人気があります。

季節商品が多く、繁忙期には大量の求人がでます。

このバイトがおすすめな理由

単価は安いのですが、子育て中のお母さん、家での副業として考える人、夜や休日に作業したい人など、そのニーズは昔から高いものになっています。

一度、説明をきいただけでできる簡単な作業が多く、自分のペースで納品することができます。

データ入力スタッフ

パソコンがあれば自宅でもできるこの仕事は、その求人量より、求職者の数の方が上回り、単価もあまり高くないのが現状です。

でも慣れればブラインドタッチによって、短時間で仕上げることができ、時給換算にするとまずまずの収入となることもあります。

ただ、納品時には入念なチェックが必要で、正確さが求められます。

ミスはその人の評価にもつながるので、信頼の積み重ねが大事になってきます。

このバイトがおすすめな理由

エクセルやワードなどのポピュラーなソフトから、独自のソフトでの入力もあり、PC作業の経験を積むことができます。

交通量調査

役所や設計事務所からの依頼で交通量調査のバイトが入ることがあります。

ほとんどが日給として支払われるもので、5時間~8時間働きます。

屋外の仕事なので、夏の暑さや冬の寒さが厳しく、忍耐が必要な仕事です。

カウントする機械を渡され、車種によってカウンターを押していきます。

ずっと行き交う車を見続けることになるので、交代して休憩時間をもらうまでは気の抜けない仕事でもあります。

このバイトがおすすめな理由

特に難しい点はなく、時給にすると少し割高なバイトになっています。

屋外というのが苦にならなければ、稼ぐにはいいバイトですね。

まとめ

派遣法によって条件が変わりやすい日雇い派遣ですが、派遣会社に登録してバイトするにはいいと思います。

派遣会社には、厚労省の講習を受け派遣元責任者として登録している担当の人が必ずいます。

派遣元責任者の仕事としては、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」に基づき派遣労働者の保護等の業務を統括する。

とあります。

仕事先ではなくて、登録した労働者側に立って考えてくれる存在と言っていいと思います。

派遣先と労働者の間に入り、働きやすい環境の職場にすべく相談相手になってくれるので、個人では言いにくいことでも、この担当の人に相談すればよりよい結果を求めて動いてくれるということです。

労働基準法の法律にも詳しいため、サービス残業やパワハラ問題、セクハラ問題にも積極的にアドバイスし、時には直接、問題の解決に取り組んでくれます。

素人考えで、結論がでない状況で悩むよりは、相談して前に進めることができ、経験や適性をみてお仕事を提案してくれるプロに任せるのもいいと思います。

あなたの人生において、輝いた職場だったと思えるような、お仕事との出会いがあるといいですね。