本職として働いている人の中には、「副業をしてお小遣い稼ぎしたい」と思う人も多いでしょう。

特に休日暇を持て余している人や、空いた時間に少しだけでも働きたいという人には副業をしたいという願いも強いはずです。

そこで、ここでは副業をするにあたってお勧めできる仕事についてをご紹介できればと思います。

お勧めする仕事の中でも女性向けの仕事や、副業が未経験の方にお勧めの職業などジャンルごとにご紹介できればと思います。

副業に興味のある方はぜひ、参考にしてみてください。

女性向けにおすすめな仕事10選

まず初めに、女性向けにお勧めできる副業の仕事についてをご紹介していきます。

副業として働く状態や環境に応じて適した仕事をご紹介できればと思いますので、ぜひ自分の条件と照らし合わせてみていただければと思います。

在宅なら

「副業したいけど、外で働きに出るのはちょっと・・・。」と思う方にお勧めできるのは在宅での副業になります。

在宅でしっかり稼ぐことができるのかという疑問を持つ人もいらっしゃいますが、実際に在宅で副業をしている方も多くいらっしゃるのが現実です。

近年では、各種インターネットサービスに応じて副業を有効活用している人も少なくはありません。

特に女性は日中に仕事をしている人にこそお勧めできる副業環境が在宅になります。

もちろん外に出て空いた時間に働くこともお勧めできますが、夜の外出等は女性には危険がつきものでもあります。

体力的にも安全面でも考慮できるのが在宅の副業になるのではないかと思います。

データ入力

まず在宅の仕事でおすすめできるのが「データ入力」の仕事になります。

この仕事はパソコンとインターネット環境があればだれでもすぐに始めることができる仕事です。

各種様々な仕事の募集があったり、データ入力の定期求人があったりと募集媒体は様々ですが、主な仕事内容は数字のデータ入力や文章の入力など端的な事務作業がほとんどです。

データ入力としてよく耳にするのが「文章おこし」などの業務課と思います。

文章おこしとは、動画や音声媒体を聞きながら聴き取った言葉を文章として入力することになります。

ウェブライター

次にご紹介するのは「ウェブライター」です。

ウェブライターとは何かというと、皆さんがYahoo!やGoogleなどで各種キーワードを検索する際によく出てくる「まとめサイト」であったり「キュレーション記事」と呼ばれる各種ジャンル(皆さんが良く目にするのは芸能系統の記事やニュースの記事になると思います)に沿った文章記事があります。

それらの文章を構成する仕事こそ「ウェブライター」の仕事なのです。

依頼される内容は様々ですが、特に仕事として多くみられる内容が「芸能系」「子育て系」「健康系」「美容系」「経済系」などのジャンルになります。

視聴者が求めているキーワードがよく仕事内容で募集されていることが多くみられます。

これらの仕事を受注して依頼主の要望に合わせて記事を作成していきます。

ブログでアフィリエイト

「アフィリエイト」という言葉をよく耳にする時代になりました。

在宅の副業としても多くの人が行っているのが「ブログ」でのアフィリエイトです。

ブログを立ち上げて商品等の広告を掲載し、その商品をクリックしてもらったり購入してもらったりして「広告料」として稼ぐ方法になります。

決して確実な収益が見込まれることのないジャンルですが、ブログに人気が集中すると収入に大きな差が出るのが特徴です。

初めは少額の収入しか見込まれない副業になりますが、ブログが知れ渡ることで莫大な利益を受けることができるのも特徴です。

せどり

「せどり」は聞きなれない言葉ですが、近年ではよく「せどり」の副業をしている方も多くいらっしゃいます。

せどりとは、インターネット上で自分が仕入れた商品を転売して利益を受ける方法になります。

仕入れた商品の金額から売り上げの金額を計算して利益を受ける方法なので、手間や商品を仕入れるための資金が必要になりますが、インターネット上で自分の店舗を構えて商品を売買するため、副業の中でも「仕事をしている」という感覚になる副業の一つでもあります。

ですが、注意していただきたいのが「転売」であることです。

仕入れる商品によっては「転売禁止」となっている商品なども多くあります。

仕入先で注意していただき、違法にならないせどりを心掛けることをお勧めします。

ハンドメイド商品販売

「せどり」は商品を仕入れて販売することに対して、自分で作った作品を販売する「ハンドメイド商品」の副業もあります。

特に趣味で手芸や創作の方は自分の作品を商品として販売して副業にしている方もいます。

自分の実力を試す機会としても良い副業で、趣味をお金に換えることができるので材料費等も賄うことができます。

リピーターを捕まえるまでは苦労する方も多いですが、少しずつ自分の作品が売れていくことで喜びを感じることができます。

夜に働くなら

副業として働くにも本業との兼ね合いがあります。

特に日中働いている人は、空いた時間こそ「夜」ではないかと思います。

では、空いた夜の時間帯に働く副業としておすすめできる仕事とはどのようなものがあるかをご紹介します。

特に女性目線でおすすめできる仕事を紹介していきますので夜の副業探しの参考にしていただければ幸いです。

コールセンターバイト

コールセンターの副業バイトは夜間の就業としては最もお勧めできる副業になります。

特に女性にはお勧めできる仕事で、コールセンターは短時間勤務も可能としている求人も多く、隙間の時間に友好的に仕事をこなすことができます。

また、もう一つおすすめできるポイントとしては女性の安全面にあります。

コールセンターでは短時間でかつ室内での仕事となります。

危険なことも少なくデスクワークがほとんどであることから安心して夜間の副業をすることが可能です。

倉庫作業などの軽作業バイト

女性にもう一つお勧めする仕事が倉庫作業などの「軽作業」になります。

こちらも短時間勤務が可能なことから安心して働くことができます。

また、作業内容としてはアルバイトでの勤務になることから軽作業がほとんどのため未経験から始める人も少なくはありません。

また、夜間作業となるため、時給の給与以外にも夜間手当、作業手当なども付くため金銭的にも効率が良い副業でもあります。

しかし、軽作業という反面、特に倉庫作業では体力を必要とする場面も多くあります。

体力に自信がある人にはお勧めできますが体力の消耗に伴い疲労が蓄積される可能性が十分にある仕事でもあります。

本職やプライベートに無理なく働くことをお勧めします。

土日に働くなら

「土日休みで副業できないかな」と考える人も多いでしょう。

土日に休みがあっても特に予定もなく副業をしたいと考える人も少なくはありません。

では、土日の副業で働くにはどのような仕事がおすすめなのかをここではご紹介していきます。

部品の組み立てバイト

工場などでの部品の組み立てなどを行う作業のバイトは土日で働くのにお勧めできる仕事です。

特に土日の休日で一日中働きたいという人にはお勧めできます。

部品などの組み立てバイトでは、一日の日中で時間を使って働くことが多く、一回働くだけで時給によりますがしっかりと稼ぐことができます。

特に組み立て作業に関しては軽作業として該当するため、座りながらの作業であることから女性にも安心して働くことのできる環境ともいえるでしょう。

また、部品の組み立てバイトでは内職という選択もあります。

内勤ですと副業をしていることが周りにばれることもありません。

内緒で空いた時間に副業をしたいという方には部品の組み立ての内職をおすすめできます。

もちろん、内職になりますと作業功績に応じて給与に変動があります。

時給制ではなく部品の組み立てをした件数で金額が決まるので安定した収入は時給制と比較すると圧倒的に低いと考えられます。

しかし利点としては自分の空いた時間で作業ができることや、作った分だけお金が頂くことができるので、副業として自由性を求めるのであれば内勤の仕事をお勧めできるでしょう。

試験監督

また、土日で働くという点では試験監督の副業もお勧めできます。

土日に試験が開催される学校等で試験監督の求人が募集されます。

特に女性におすすめできる点としては、試験監督は体力的な業務もなく、安全な仕事であることでもお勧めできるポイントとして大きいと思います。

また、一日かけての仕事になりため、給与面では安定している仕事ともいえるでしょう。

主な仕事内容としては試験の監督、つまり監視をすることです。

カンニングなどの不正が試験時間内で行われないかを観察し監視する仕事になります。

もちろん静かな場所での勤務となるため、仕事をしている以上私語は現金な場所でもありますが、一定の時間の勤務に加え、昼食などの時間も決められていることから時間内に仕事が終わるというしっかりした仕事のイメージも持てます。

交通量調査

土日仕事で一日の時間を使って仕事をするのにお勧めできる仕事としては試験監督以外にも「交通量調査」の仕事もお勧めできます。

この仕事は求人としても不定期で、募集として求人広告が上がってくることも少ない反面、業務内容にも人気が高く副業としてもお勧めできる仕事でもあります。

特に女性に人気が高い理由は一日をかけて道路の路肩、もしくは歩道に椅子を使って座り決められた道路の交通量を計測する仕事であることから力仕事がない仕事でもあるからです。

ただ、一日中仕事をしなければならないこと、座りっぱなしであることも踏まえると拘束時間も長く感じる仕事でもあります。

また、交通量調査は複数ではなく単体で仕事を請け負うことが多く、複数で仕事を受注してもツーマンで行うことも多く見受けられる仕事です。

あまり人と交流したくないという人にはお勧めできます。

初心者向けにおすすめな仕事10選

では、副業の未経験者にはどのような仕事をお勧めできるでしょうか。

副業といっても業種によっては職歴のある仕事が良いという面もあります。

では副業未経験者にはどのような仕事から始めることをお勧めできるのかをここではご紹介していきます。

未経験者にとっては副業のスタートはなかなか踏み出すことができない一歩となります。

その理由は「副業をすることへの躊躇い」もありますが、特に未経験の職種になるとより一層躊躇しやすいことにもあります。

ですが、副業を始めている人は誰しも未経験からのスタートを踏み出しています。

ここではその一歩を踏み出しやすい仕事をご紹介することで今後の副業選びの参考にしていただければと思います。

在宅なら

「副業」と考えると一番初めに思うのは「空いた時間」「隙間時間」にどれだけ働くことができるかを考えながら仕事を選びます。

その中で最も選ばれる環境こそ「在宅」での副業ではないでしょうか。

ここでは、在宅の副業でどのような仕事があるのか、初心者でも安心して働くことができる仕事とはどのようなものかについてをご紹介します。

データ入力

まず、在宅の仕事として取り組まれる仕事内容は「パソコン業務」になります。

自宅にパソコンがあってインターネット環境があれば在宅の仕事ができる環境が整っていると考えていただいても良いでしょう。

では、パソコン業務で簡単に始めることができる仕事とはどのようなものかというと、まずご紹介するのは「データ入力」になります。

データ入力といっても業務内容は多岐にわたり、文章を打ち込む仕事であったり数字を打ち込む仕事であったりと様々です。

初心者の方でもお勧めできる仕事探しとしては、クラウド系統のホームページでの求人媒体を探すことです。

データ入力といっても一般的な求人としては求人媒体はほとんどありません。

ではクラウドでの求人とはどのようなものかというと、簡単に説明するなら「仕事の求人」があるホームページと言っても良いでしょう。

クラウド系統のホームページでは、ホームページを立ち上げている媒体、つまり会社が「仕事を依頼したい人」「仕事を受けたい人」の仲介に入ります。

仕事件数が多い分比較的未経験から始めることのできる案件も多いことから、まずは簡単なタスクの仕事、慣れてきたらプロジェクト(長期の仕事)を受注していくという形でも良いでしょう。

こうした仕事依頼は特にデータ入力の仕事件数も比較的多く、未経験者からでも簡単に始めることができる案件も多数です。

登録も無料の場所がほとんどなので、まずは手軽に始めることができそうな仕事に取り組むことをお勧めします。

アンケートモニター

次にご紹介するのが「アンケートモニター」です。

こちらもインターネット環境下での仕事となります。

「マクロミル」「げん玉」などのアンケートモニターサイトに登録をして不定期で来るアンケートに答えて報酬を得るというシステムになります。

単価は低いですが、数をこなすにはもってこいの副業です。

仕事内容もアンケートを答えるだけの簡単な業務です。

何も準備することはなく、特別な資格や知識はいりません。

手軽に始める副業としてはもってこいの仕事ともいえます。

最近ではアプリでも手軽にアンケートを受けることができるようになり、パソコン上だけではなくスマートフォンからでも簡単にできるようになりました。

アンケートモニターは帰宅してからもできますし日中の空いた時間でも取り組むことが可能です。

写真素材販売

近年では「インスタグラム」などのSNSも普及して人気を集めている時代でもあります。

副業としてはそのようなSNSを利用して写真素材を販売する人もいらっしゃいます。

意外とこの副業は知られていませんが、様々な景観や動物の写真などを売買することで副業として取り組む人もいます。

写真素材も商業目的として売買できる時代となり、副業として有効に仕事をしている人も少なくはありません。

この仕事でおすすめする人が外出をよくする人でもあります。

様々な景観を写真で納めて自宅で写真素材として提供して利益を受けるという手法です。

特にカメラに興味があったり趣味として持っている人には副業にはもってこいの仕事でもあります。

夜に働くなら

在宅の仕事の次にお勧めしたい職場環境こそ夜間に勤務することでもあります。

副業として外で働く中では、休日はしっかり休んで平日の夜間に働きたいという人も多いようです。

特に本職が定時に就業する場所で勤務している人は、その足で副業として働きに出る人もいらっしゃるようで、一日の時間を有効活用したいという人も多く人気の高い働き方でもあります。

宿直バイト

夜間で働く中で特に副業として働いている仕事でも多いのが「宿直バイト」になります。

核施設で宿直勤務をして副業として働きます。

宿直という勤務体系では、仕事先の施設内で夜間の警備を兼ねて常駐するという形になります。

睡眠はないのかというとそうではなく、宿直は睡眠時間も考慮されている業務体系でもあります。

夜間警備と違うのは睡眠の有無で、「夜勤」ではなく「宿直」であることから副業としてもリスクが低い仕事でもあります。

求人内容にもよりますが、一人での勤務から複数の勤務まで様々です。

複数の勤務ですと交代制で勤務することもあり、なおかつ夜間帯の勤務であることから複数のほうが安心して働くことができます。

宿直バイトではこの勤務人数こそ求人選びのポイントとなりますので求人選びの際には気を付けていただければと思います。

ネットカフェバイト

次にお勧めできるのが「ネットカフェ」のアルバイトです。

ネットカフェは24時間営業ということもあり、シフトに融通の利く仕事でもあります。

未経験の方でもマニュアル通りに仕事をこなすことができるのでおすすめできます。

夜間に働く中でも接客業の仕事になります。

時には嫌なお客さんも来ますが、夜間帯では日中と比較すると来客数も少なく業務内容としては比較的楽ではないかと感じます。

コールセンターバイト

「コールセンターバイト」では、副業の仕事でも数々のお勧めできるポイントがあります。

何より未経験の方でも安心して働くことができる仕事ともいえます。

コールセンターのバイトでは、夜間でも安心して働くことができるメリットがあります。

施設内での内勤業務となるため、夜間の安全は保障できます。

また、短時間勤務も可能なので融通の利く副業でもあります。

初心者でも安心して働くことも可能です。

コールセンターは各種マニュアルが整っている会社も多く、初めの勤務からマニュアルに沿って対応することも多いようです。

副業には適している仕事ともいえます。

土日に働くなら

本職を平日にこなして休日に副業をこなしたいという人もいらっしゃるでしょう。

ここでは休日の空いている日にお勧めできる副業の仕事についてをご紹介していきます。

治験

「治験」という仕事をご存知でしょうか。

この仕事は不定期の依頼が多く求人もなかなか目にすることが少ない仕事でもあります。

一日の時間で自分の身体を使って様々な実験の被験者となるのが仕事です。

ですが、危険な仕事ではなくあくまで「安全な実験の被験者」ですので映画で見るようなサディスト性のものを想像してしまう方も多いですが、よく聞く治験の仕事は「飲料の試飲」「サプリメントの試飲」などです。

また、年齢に応じた人間ドッグなどの体内の情報提供も治験の仕事の一つです。

決して危険なことはなく、一日の時間を使って被験者としての仕事をこなします。

副業としてのメリットは、一日の時間を使って働くという「拘束時間」に加え、時給・日給が高いことにあります。

土日の求人も多いことから暇な日に治験の仕事をするだけでも大きな収入を得られるメリットがあります。

その分人気も高いため、都合が良いことや興味がある方は求人を見つけて応募することをおすすめします。

抽選となることも多い反面、紹介制としても求人は存在します。

周りに治験の副業をしている人がいれば、紹介制度はないかを一度聞いてみても良いでしょう。

部品の組み立てバイト

土日の副業で働く人にお勧めできる仕事としては「部品の組み立てバイト」もお勧めできる仕事の一つです。

上記でもご紹介した通り、工場などで仕事をしたり在宅という働き方もできるというメリットがあります。

土日の休日に融通の利く副業というのはメリットが大きく、急な用事が入った時などには融通が利きやすい仕事としては部品の組み立てバイトは最もお勧めできる仕事ともいえます。

また、定時で上がりやすい仕事であることから、休日しっかり働いた後のプライベートな時間の計画を立てやすいことも大きなメリットの一つです。

一日で働いた時間の後に有楽の時間を過ごしやすいことも大きいでしょう。

試験監督

土日で働くというメリットでは、「試験監督」もお勧めできます。

求人では土日で求人募集を出しているところも多く、自分の条件に合った日にちから指定しやすい傾向もあります。

特に学校などの試験シーズンや、国家試験などのシーズンに入ると求人も多く、その間本職の長期休暇が入ったりするときに土日で少しでも働きたいというのであればシーズン前に求人を探して応募するのも良いでしょう。

また、土日にしっかり働きたいという人も試験監督はお勧めできます。

試験時間内が「業務時間」であることから給与はしっかりともらえます。

交通量調査

日中、もしくは土日短時間で働きたいという人にお勧めなのが「交通量調査」です。

求人の案内の中に業務内容で時間の指定・場所などが明記されています。

自分が働ける時間や通勤できる場所の条件が合致しやすいことでも交通量調査はお勧めできます。

求人内容によってもばらつきがありますが、調査内容によっては調査時間が短時間のものや、日中一日使った調査もあります。

業務内容も一日座って調査することから体力勝負で働くことも好きなく本職にも影響が少ないでしょう。

プロ向けにおすすめな仕事6選

副業の仕事をする際に、「自分の得意分野で仕事をしたい」という人も多いはずです。

特に本職で専門職の人は副業で技術や知識を活かすことも可能です。

そんなプロ級の方にお勧めしたい仕事とはどのようなものがあるのでしょうか。

本業がITエンジニアの人

本職がIT関連の人にお勧めできる仕事をご紹介していきます。

コーディング

「コーティング」と聞きなれない人も多いと思いますが、IT関係の本職をされている方にはこのコーティングの仕事の副業がおすすめできる仕事の一つでもあります。

特にITの開発関係の仕事をされている方にはおすすめできます。

副業の中にはアプリ開発に携わる仕事も多く、特にプログラミングに長けている人にはお勧めでできる仕事です。

アプリ開発

コーティングよりもさらに本職に近い仕事が「アプリ開発」になります。

近年では様々なアプリが常用されています。

目まぐるしく新しいアプリが開発されているということは、副業としてアプリ開発の仕事も依頼が多いということになります。

外注タイプの仕事でもアプリ開発の依頼はありますが、副業をされている方の中では独自でアプリ開発をして配信している人もいます。

ダウンロード数に応じて副業の収入も発生します。

本業が映像制作の人

本職が映像系統の仕事の方にお勧めできる副業をご紹介していきます。

YouTube動画編集

最近では「ユーチューバー」と呼ばれる人が増えています。

動画の配信は身近なものとなり、特に動画を配信して莫大な収入を得る方も多くいらっしゃいます。

まず、ご紹介するのはYouTubeの動画を編集する副業です。

この副業は外注の仕事が多く、動画編集の題材をいただいて依頼者の希望に沿った編集を提供します。

特に映像関係の本職をしている人にとっては編集作業は本職の技術をふんだんに活かすことができるでしょう。

YouTubeに動画を上げる

動画系統で次にご紹介するのがYouTubeに動画を投稿することにあります。

この副業は「ユーチューバー」と同じ原理で、自分で制作した動画を閲覧してもらい、閲覧回数が広告収入になるという方法です。

動画を制作するにも様々な工夫が必要となります。

閲覧者が「見たい」と思える動画を制作することで収入につながるからです。

近年では子どもも閲覧することができる世の中となり、ターゲットは大人だけではなくなりました。

動画配信によって日常のわからないことを見て知ることも可能になります。

おすすめなのが、本職以外で趣味を持っている人です。

趣味から始まる動画配信もあることで、同じ趣味を持っている人が閲覧しやすい傾向にあります。

動画編集は作成はお手の物だけど、題材が悩むという人は、まず自分の身の回りから題材を見つけることをしてみるのも良いでしょう。

本業が医療・介護の人

ここでは本職が医療・介護系の方にお勧めしたい副業をご紹介していきます。

専門記事のライター

医療系・介護系の仕事は専門職の中でも医療の国家資格が必要とする仕事が多く、実際に資格を持っている人や仕事の経験がある人でしかわからないことも多いです。

医療系・介護系の知識は日常でも必要とされていることから、専門分野に長けた人の知識を日常の健康や介護問題を解決するために知りたいという方も多いです。

そのことから、医療・介護系の本職をしている方にお勧めなのが「専門記事のライター」です。

専門記事のライターとして各種専門分野の知識をライターとして執筆していきます。

医療系ですと、健康面の分野で必要な知識を活かすことが可能です。

ライターの仕事では、依頼を受けた仕事に沿って様々な記事を執筆して紹介していきます。

日頃気になることで健康面に影響がないかなど、知りたい知識が一般の人にはわからないとなれば、インターネットで検索して類似記事を探します。

その時専門職の人が紹介した記事があることで日頃の悩みも解決するという流れになります。

介護系ですと、現代は高齢化社会の世になり介護でお悩みの方も多くいらっしゃることから介護系の記事を求める方も少なくはなく、そのような悩みを解決できる記事を求められることが多いのです。

介護系の記事でよく見られるのは「認知症」の早期発見方法や、認知症と向き合う方法などが良くみられる記事の内容になります。

また、在宅介護をしている方はどのような技法で介護をすると身体的負担や精神的負担が和らぐかなどの記事も好まれる傾向があります。

介護系の記事では、こうした介護に悩みを抱えている人がどのように悩みを解決するかの糸口となることも多く、様々な介護関連の記事が多くみられます。

専門職として働き培った知識や経験を活かして記事を書いていくことは読み手にとっても納得のいく内容ばかりではないかと思います。

病院や介護施設の夜勤

本職で専門職をしている人の中では、副業でも同じ職種をする方もいらっしゃいます。

特に医療系・介護系に勤めている方は病院や介護施設の夜勤を副業として行っている人も多いようです。

本職の勤務形態が不規則の方でも夜勤勤務をそつなくこなす人も多いようで、本職のシフトに合わせて無理なく働けるような副業をこなしていきます。

もちろん、夜勤の副業は身体的疲労に伴い睡眠不足などのリスクもあります。

自分の体調と相談して副業をこなすことをおすすめします。

まとめ

ここまで様々な副業の仕事をご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

自分の本職を活かす副業、未経験から始める副業など様々な働き方があります。

ぜひ、興味のある方はここでご紹介した各種仕事を参考にしていただけたらと思います。