ひと昔前は紳士のスポーツ、大人の遊びと言われていましたが、今では、若い世代の活躍で幅広い年齢層から人気を集めるゴルフ。

その華やかな舞台で輝くプロゴルファーたちに憧れて、ゴルフに興味を持った人、実際に始めた人も多いのではないでしょうか?

キャディやプロといった特有のお仕事はよく耳にしますが、ゴルフ場の仕事は実に幅広い仕事からなっています。

ゴルフの知識はまったくないという方でも安心して働ける一般的な職種もあります。

今回は、今後のキャリアのコース選びにお悩みの方へ、少しでもこの記事の内容がお役に立てばと、そんなゴルフ場のお仕事について解説いたします。

「ゴルフ場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ゴルフ場の仕事はどんな仕事?

ゴルフ場の仕事はさまざまありますが、そのすべてはお客様に満足していただくという接客の大切な心構えの精神につながっています。

コース管理というゴルフ場ならではの裏方職もありますが、それもまた広義では、お客様に快適にプレーしていただくためといえます。

来場するお客様の楽しみの中心はあくまでもゴルフですが、プレーだけでなく、そこで過ごす時間のすべてに満足いただけるよう、おもてなしをすることが重要です。

そしてゴルフ場に行くのを楽しみにワクワクしていただくためのアプローチも大切な仕事の一つです。

周囲の自然にあふれた景観を損なわずコースを日々万全な状態に保つこと、お客様が安全かつ円滑にプレーできるためのサポートは非常に重要です。

クラブハウスや宿泊施設では、お客様にとって心地よい空間作りに努めます。

そして、また足を運んでいただけるようなアフターフォローも欠かせません。

ゴルフ場の仕事とは、スタッフ全員が結束、連携し、誠意をもってお客様のサポートをすることです。

ゴルフ場の大まかな仕事内容

大切なことなので、つい接客ばかりのように書いてしまいましたが、実際には、そんなことはありません。

受付や事務から管理運営まで職種は様々です。

直接お客様とは接する機会の少ない職種には、経理や人事などを担当する事務職があり、また、ゴルフ場ならでの芝のメンテンナスなどを担当するコース管理という仕事もあります。

反対に、直接接客にあたるのは、ゴルフ場の受付やショップ販売員、シーズンのプランやコンペなどの企画もする営業職、お客様のプレー環境を管理するマスター室、長時間1対1でお客様のサポートをするキャディは接客の最たるものといえるでしょう。

それでは、それぞれの細かな仕事内容を解説いたします。

受付(フロント)

受付は、ゴルフ場の総合案内役であり、そのゴルフ場の顔ともいえる仕事です。

来場したお客様の総合的なチェックイン、チェックアウトの手続きやそのIDのチェック、ビジターカードの受理、清算業務、また、お客様がスムーズに行動できるよう場内にある各施設への総合案内や連絡、調整といった役割を担います。

ゴルフ場は、会員制のシステムで運営しているところも多く、会員様一人ひとりの顔と名前をしっかりと覚えて把握するというのも、受付にとっては非常に重要な仕事です。

コース管理

ゴルフ場ならではの特殊な業種の1つで、ゴルフ場の命であるゴルフコースのコンディションを整え、管理する仕事です。

グリーンキーパーというゴルフ場に必ず1人いるコース管理部署の長の下、芝は伸びすぎてないか、グリーンへの水まきは適量か、バンカーの砂はきれいにならしてあるかなど、コースを日々美しく整備します。

あまり知られていないことですが、ゴルフ場といえばスプリンクラーなどで常に水をまいている光景のイメージかもしれませんが、グリーンは特に繊細であり、水をあげすぎても少なすぎても、すぐに乾燥してしまい、あっという間にダメになってしまいます。

そのため、台風などは大敵であり、常に長期的・短期的な天気情報のチェックも欠かせません。

コース周囲の緑の景観も崩れないように手入れをし、その際に乗る重機や芝刈り機などのメンテナンスも行います。

1日の終わりにはカップを切って、毎日ホールごとのカップの位置を変えるというのも大事な仕事の1つです。

降雪地にあるゴルフ場では、オフシーズンはもっぱら除雪作業やコースへのシートかけといった力仕事もあります。

マスター室

正式にはキャディマスター室といい、ほぼすべてのゴルフ場でコースの入口に設置されています。

文字どおり、キャディの統括本部のような場所ですが、と同時に、コース管理と連携しながら、お客様のプレー中にまつわるあらゆるマネジメントを取り仕切る非常に重要なポジションになります。

キャディの勤怠状況の管理やその配置、調整をします。

また、それに派生して、お客様のコースプレー中の安全確保、組み合わせの決定、カートの配置、プレーの進行具合に応じてのタイムマネジメント、コース巡回、お客様のスコア集計や表作成、クレームの対応など、繊細で臨機応変な対処が必要な仕事です。

急な天候変化の際は放送などもありますし、忘れ物の管理もしています。

あくまでプレー中のナビゲーションといった立場ですが、お客様の一番の楽しみであるプレーに直結する業務なので、繊細な心配りや配慮など接客の姿勢も忘れてはいけない重要な仕事です。

キャディ

テレビのプロトーナメント中継など、ゴルフ場においてもっとも認知度の高い仕事ではないでしょうか。

お客様のお出迎えや荷物を運ぶといった業務もありますが、やはり注力すべきは、お客様が気持ちよくプレーできるように先読みしながらの全面的なサポートです。

お客様がプレー中、ずっと1対1でお客様と一緒にコースをまわります。

ちなみに、プロトーナメントでゴルファーとともにラウンドしているキャディは、帯同キャディといい、厳密にはゴルフ場のキャディとはまた別です。

仕事内容としては、クラブの受け渡し、ボールの捜索、障害物の除去、お客様に求められればコース攻略のアドバイスをしたり、時には指名される場合もあるので、お客様のプライベートな相談を聞くこともあったりします。

天候により落雷の際は、緊急にお客様を避難させるのもキャディの大切な役割でもあります。

一般的な接客業は数々ありますが、これほど長時間お客様と接していなければならない職種は他にありません。

終始お客様のためにとマニュアルのない先読みのサポートに徹するキャディの仕事は、接客の究極とも呼べるでしょう。

接客(販売・サービス)

主に、ゴルフ場に併設されているクラブハウス内のプロショップと呼ばれるお店やレストラン、宿泊施設での仕事というケースがほとんどです。

プロショップとは、ウェアやクラブ、ボールなどといったゴルフ用品はもちろん、地域の名産品なども販売するお店のことを指します。

そこで取り扱う商品の仕入れや発注を任される場合もあり、バイヤーとしてメーカーの展示会や説明会に自ら足を運ぶこともあります。

コース内に売店や喫茶店などがあるゴルフ場では、そちらの対応もします。

レストランではホールや厨房の担当があり、団体のお客様があればコンペルームを利用して表彰式やパーティーなどの催し物の準備や手伝いをします。

ゴルフ場によっては、宿泊施設に本館や別館を設けているところがあり、完全に独立したホテル業務という部署もあります。

事務職

経理や人事、総務など、総合的な事務職です。

資産や備品、人材などを統合的に管理し、お客様と直接的に接する機会は少ないものの、ゴルフ場の経営を裏で支えます。

電話応対や帳票内容のパソコンによるデータ入力、売上や支出の管理など、ゴルフ場だからといって特にゴルフに関する専門知識を必要とするところは少なく、募集で多くみられるのは、ごくごく一般的なデスクワークがメインの事務職です。

シーズン中の繁忙期には、人手の足りない部署へのヘルプにまわることもあります。

営業職

お客様へゴルフ場に行くのが楽しみになるような、さまざまなプランを企画して広告を打ったり、また足を運びたくなるようなアフターフォローをしたり、会員制のゴルフ場では、既存の会員様の管理といった仕事があります。

また、お客様からの予約確認の対応や、団体様のコンペプランを受けて要望を聞きながら、より理想に近い形へお客様と連絡を取り合いながら練っていくということもあります。

現在では、インターネットでのゴルフ場予約という形も多くなり、それ専門の部署を独立させている場合もありますが、そのホームページの管理や運営を担当している場合があります。

ゴルフ場内で行うイベントの企画立案や進行も担い、たとえば、レストランでのバーベキューやコースでのレッスンも開催します。

営業職は、お客様や会員様への企画やフォローも重要ですが、お客様とより多くのコミュニケーションをはかるということが第一の仕事といえます。

「ゴルフ場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ゴルフ場の仕事はどんな人に向いている?

ご存知のお仕事もあったと思いますが、その内容に、なにがピンとくるものはありましたでしょうか?

ゴルフ場の仕事では、職種によっては、とにかく人と接する機会が多く、来場されるお客様の年齢も好みもさまざまですから、その状況にあった柔軟なコミュニケーションを図る必要があります。

それでいて裏方に徹しなければいけないので、人の心の機微を敏感にくみ取れる方が望ましいでしょう。

ただ、向き不向きもありますから、人と接するのが苦手という人でも、必要に迫られれば自ずと身についていきますし、お客様にも人と接することを得意としない方もいらっしゃるので安心してください。

では、どのような人が向いているか、大まかに挙げていきます。

ゴルフが好きな人

ご自身もゴルフ場のコースをラウンドした経験がおありであれば、自分がしてもらって嬉しいと感じることをお客様に合わせて行動に移すことができます。

たとえば、ショップでの販売なら、最低限でも知識や経験があり、自ずと新しいものの情報を集めるでしょうし、新商品を自分でまず試してみた感想から説明することができるので、これは非常に大きなメリットです。

また、ゴルフが好きな人にとってゴルフ場で働くことは、たくさんのメリットもあります。

お客様のない日や社内イベントなどで、終業後にコースに出て練習したりプレーしたりすることができます。

ほかにも、施設やショップの商品の購入を社員割引で利用できたり、ゴルフ好きという共通の仲間が増えること、時にプロトーナメントが開催されることになれば、そこに携われることが名誉であり、有名人に会えたりすることもあります。

未経験でもゴルフに興味があるという人も、自然とゴルフの知識は身についていきますし、社内イベントなどを通じてゴルフが好きになるかもしれません。

仕事にすると嫌いになってしまうという趣味における葛藤はつきものですが、お客様のためであり、と同時に、自分自身のためにもなるというのは、充実感や大きなやりがいにつながっていきます。

ゴルフ好きとゴルフ場、これ以上のマッチングはありません。

体を動かす仕事に就きたい人

コース管理やキャディなど移動の多い職種は、コース自体が多く敷地も広大なため体力が必要です。

シーズンまっただ中の夏場などは、長時間のウォーキングさながらの運動量ともいえます。

そして大自然に囲まれた緑豊かな環境ですから、植物が好きな人は、木や花と触れ合う機会も多いので、毎日出勤するのが楽しみになるかもしれません。

きれいな空気のなかで、のびのび体を動かしながら気持ちのいい汗とともに働けます。

日頃からスポーツをしている人やアウトドアが好きな人には、もってこいの仕事です。

接客が好きな人

ゴルフ場の仕事では、どこをとってもお客様へとつながります。

人と接するのが好きな方はもちろんのこと、フロントや販売員でもコミュニケーション能力が必要となり、お客様のことを考えるという意味では、コース管理もホテル業でもそのベースは接客となります。

ゴルフ場には幅広い年齢層、さまざまな立場のお客様が来場するので、ゴルフ場に勤務していなければ絶対に縁のなかった人との出会いや人脈を得られることもあります。

刺激となる話が聞けたり、時にはクレーム処理があったりと、今後に活かせる経験を積むことができます。

「ありがとう」と言ってもらえることがやりがいやモチベーションになり、また足を運んでもらえることは自分の仕事の自信にもつながることです。

ゴルフの経験や知識はなくても、お客様に満足していただこうという気持ちをもって仕事ができる人は、ゴルフ場の仕事に向いているといえます。

早起きが苦にならない人

ゴルフ場の朝は、とにかく早いです。

身近にゴルフをする方がいればご存知と思いますが、休日ゴルフに出かけるお父さんは、普段よりももっと早起きしていたと思います。

ゴルフ場では、そのようなお客様よりも早く出勤し、すべての準備を万全に整えておく必要があります。

特にシーズン中では、日の出とともに出勤ということも少なくありません。

その分、終業もほかの仕事に比べて早いということもあり、自然と早起きが苦ではなくなるかもしれませんが、もともと朝が弱いという方は長期的な目で見ると厳しい選択肢の1つになってしまうということもあります。

普段から早起きを心がけている人は、終業後にほかの職場に比べて長く自分の時間が作れるので、趣味や家事との両立ができてゴルフ場勤務がメリットになるという人もいると思います。

多くの女性が活躍

一歩引いた接客、繊細な心配りの必要な接客では、一般的に、男性より女性のほうが向いていると言われています。

ゴルフ場といえば男性というイメージが強いかもしれませんが、敏感に察する能力に長けた女性は、ゴルフ場でもさまざまなシーンで活躍されています。

たとえば、フロント業では、人と接する際の物腰の柔らかさや奥ゆかしさが活かされますし、事務職やホテル業では、身近な部分でのお世話や細かな心配りなど、女性にしか気づけない目線でフォローすることができます。

また、コース管理の職場でも、まだまだ少ないとはいえ、女性に向いた仕事もあります。

コース内外の植物の手入れや非常にデリケートな芝の世話、どの植物が合っているかの選定など、季節や地域にあった景観の調整は女性の感性が存分に発揮される分野です。

女性人気も高まっているゴルフですから、キャディも女性の方を求めるお客様が多く、体を動かすのが得意で接客や人とのコミュニケーションが好きという女性では、実際に始めてみてキャディが天職と感じる人も少なくありません。

ゴルフの知識や経験はなくても、研修や指導がしっかりとしてサポートも万全というゴルフ場が多いので、女性も安心して働ける職場です。

このように、ゴルフ場では、施設や職種もさまざまあることから、女性が得意とする分野での活躍の場もたくさんあります。

自分を変えたい人

さて、少し考え方を変えてみましょう。

人には得手不得手や現状とのギャップが少なからずあります。

人とコミュニケーションをとるのが苦手な人、早起きが苦手な人、現在の仕事に将来性をみいだせないなど、少なからず自分自身や状況を変えたいと感じている部分があると思います。

ゴルフ場は、その環境面から都会から離れた地方に存在することが多く、だれも自分のことを知らない地域に出て新しいことにチャレンジするには絶好の環境とも言えるのです。

自分が必要とされることの大切さや自分の気持ち次第で、人は変われます。

人と接する機会が増えれば、自然とコミュニケーションをとるようになりますし、毎日続けることで早起きが習慣になり、自分の時間が持てることで新たな趣味や発見があるかもしれません。

たとえば、敷居が高いと感じてしまうかもしれませんが、実はキャディは、ゴルフ場によってやる気と能力次第で昇給や待遇面での改善があり、終業が早いことや意外に高給であることなどから、Wワークや家事との両立に向いているなど、一度始めるとほかの仕事はもうできない、またキャディがやりたいと言われるほどの仕事です。

新たな自分への第一歩を踏み出すのに最適な環境ともいえます。

「ゴルフ場の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

ゴルフ場での仕事に就いたら、やはり最終的に目指すのは支配人というポジションではないでしょうか。

当然ですが、ゴルフ場というサービスを総合的によく知り、お客様や提携先などいろいろな業界との人脈も広くなるので、所得や待遇面も別格です。

ほかには、その部門でのスペシャリストになることです。

キャディでは能力の歩合がついたり、プロトーナメントで指名されるようになったり、また、コース管理の仕事では、推薦を受け研修を経てキーパーというゴルフ場でただ一人の役職を目指すという道もあります。

コース管理の仕事を経て、そこを突き詰めていきたいのであれば、芝刈り機にもメーカーがあり、その卸業やメンテナンスを専門にした会社を独立して立ち上げるというキャリアの築き方もあります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

次につなげるという接客マナーは、どんな仕事に就いても必ず活かすことができます。

同じ接客業での転職や独立であれば、幅広い年齢層のお客様と接し、サポートやフォロー、コミュニケーションをはかる経験は、身につけておいて絶対に損はありません。

ゴルフ場を特定のレジャー施設ととらえるならば、そういったスポットでの仕事にも必ず活かせる経験となります。

たとえば、コース管理で培った植物や農薬に関する知識や経験は、造園業や同じ自然豊かなリゾート地でのそれにも十分活かせるものです。

1対1で長時間人と接するという意味では、キャディの経験は、仕事に対するその姿勢や真摯さが福祉や介護の分野でも活躍できるはずです。

ゴルフ場の仕事はどうやって探す?

ゴルフ場の仕事やその内容について解説してきましたが、なにか興味の持てる仕事はありましたでしょうか?

季節雇用や短期のアルバイトなどでよく見かけることはあるかもしれません。

では、ここでは、ゴルフ場の仕事をどのように探せばいいのかをまとめます。

求人サイト

幅広くすべての求人を網羅するのは、やはりインターネット上の求人サイトが一番です。

専用のホームページを立ち上げているものもあれば、わかりやすくカテゴリに分類されているものから選ぶというものまで、さまざまな求人が掲載されています。

また、ハローワークにもゴルフ場の求人があり、ゴルフ場のホームページでも採用要項としてスタッフ募集のページが設けられているところもあります。

コース管理やホテル業などの職種では、フルタイムの正社員雇用が多いですが、キャディやショップ販売の仕事では、シーズン中の短期や季節雇用のアルバイトとして募集されているケースがあります。

家族や友人知人からの紹介

ゴルフ場は長く働いているベテランが多く、経営自体が長い歴史のあるゴルフクラブも少なくありません。

家族で代々運営しているゴルフ場というところもあり、家族や友人知人のゴルフ仲間など、ツテや人脈での引き抜きや紹介が多いというのも特徴です。

ゴルフ場の関係者が身のまわりにいる人は、一度実際にゴルフ場へ足を運んでみたり、聞いてみたりすると、求人には載らないゴルフ場の仕事に出会えるということもよくあります。

興味のある人は、ぜひ一度頼ってみてください。

まとめ

以上、ゴルフ場の仕事について解説してきましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ゴルフ場でのひとときは、お客様にとって日常の中の非日常です。

そんなひとときを気持ちよく快適に過していただけるよう、献身的におもてなしをするというゴルフ場のお仕事。

人を楽しませるには、まず自分自身が楽しいと感じていなければ難しいことです。

お客様の非日常を演出することが自分の日常であるという実感は、毎日が刺激的なものとなり、1日の最後に「ありがとう」と言ってもらえたときのやりがいがゴルフ場の仕事にはあります。

自然豊かなで四季折々の雄大な緑、コミュニケーション能力の向上、さまざまな職種に活かせる接客の経験、そして、ゴルフが好きでゴルフに係わりたい人や、キャリアのコース選びに悩んでいる人は、この記事にたどり着いたこともなにかのご縁とゴルフ場を選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

選んでよかったと思っていただける仕事と出会い、次のステップへとつながるキャリアを築けますよう祈っています。

この記事の内容が、少しでもお役に立てば幸いです。