スポーツセンター求人ではどんなことを募集しているのか、社員、パート、アルバイトではどのように違うのかなど、気になる情報についてご紹介させていただきます。

そもそもみなさんは市や区にあるスポーツセンターに行かれた事はありますか?

スポーツジムやプールなど、市民や区民の方が気持ちよく体を動かせる場所を提供してくれている施設ですが、今回はそこで働くという点に絞ってお話しさせていただければと思います。

「スポーツセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「スポーツセンター」の仕事例をチェック

スポーツセンターのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

事務、トレーニング室、プールと主に3つのセクションに分かれています。

施設によってはトレーニング室やプールがない施設もあります。

仕事内容は、事務は受付で券の発行や施設予約、お支払い、各種申込みなどの対応をします。

いわば施設全体の管理が事務のお仕事です。

トレーニング室は施設内トレーニング室でのお仕事になります。

お客様に器具の使い方やトレーニング指導、安全に使用しているかなどを監視します。

プールは施設内プールでのお仕事になり、安全にプールをご利用して頂くためにプール内にて監視業務をします。

営業中はスタッフは交代で監視を行っています。

プールにはコースによって決まりがありますので、お客様がコース規制を守って泳いでいるか監視し、溺れている方や困っている人の対応などをします。

スポーツセンター求人にはどんな種類があるの?

スポーツセンターの求人には、上記にも記載しましたが、主に事務所にて受付業務、トレーニング室内での業務、プール内での業務と3つのセクションごとに求人を募集することが多いです。

スポーツセンター求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

スポーツセンター施設

勤務形態は社員、パート、アルバイトで構成されています。

施設規模にもよりますが、社員2-5人各施設におり、残りのスタッフはパート、アルバイトです。

各セクションに管理社員1-2名在籍し、パート、アルバイトの方々で業務を回していくことが多いです。

勤務時間は施設ごとに異なりますが、シフト制になっています。

主に営業時間内でのお仕事です。

休憩も勤務時間によっては取ることが可能です。

スポーツセンター求人の募集でよくある職種

受付窓口

施設内の総合窓口にて券の発行、施設予約、申込み受付、お支払いなどの業務

ジムトレーナー

トレーニング室内にて、トレーニング室器具の説明、お客様にトレーニング指導や安全管理などの業務

プール

プール内にて監視などのお客様安全管理業務やプール清掃業務

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

受付窓口は特にないですが、トレーニング室業務希望の方は健康運動実践指導者の資格等のトレーナーの資格がある方は優遇されると思います。

プールも救命系やプール管理に必要な資格を持っていると優遇されると思います。

「スポーツセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スポーツセンター求人でよくある募集内容とは?

募集内容は、上記にも記載通り、3つのセクションに分かれて募集している場合もありますし、募集時点では全体で募集し、入ってから希望のセクションに振り分ける場合もあります。

以前スポーツセンターや民間のジムで働いたことがある方は優遇されると思います。

給与相場

社員は、手取りで月20-25万ぐらいです。(資格を持っていれば資格手当があります。)

パート・アルバイトは時給850円ほど。そんなに高い時給ではありません。

勤務時間や休日、残業

シフト制ですので、パート・アルバイトの方は自分で入れる時間を決めれます。

社員は早番、遅番に分かれています。

1日だいたい8時間前後働きます。

残業は正直つかない所の方が多いのではないかと思います。

福利厚生

社員の場合は、福利厚生があります。

ボーナスもあります。

パート・アルバイトは福利厚生はつきません。

勤務場所

勤務場所はスポーツセンター施設での勤務になります。

事務所、プール、トレーニング室の勤務になります。

パート・アルバイトは場合は3セクションの内の1つのセクションでの勤務になります。

社員の場合、3つのセクションでの内1つのセクションでの担当はありますが、基本的にはぜんぶのセクションに関わることが出来ます。

求められる人物像

明るく元気な方

接客業ですので、どのセクションも明るく元気な方が求められます。

スポーツが好き・得意な方

スポーツが好きや得意であれば、施設で開催している体操教室やプール教室といった教室やイベントで指導業務をやって頂く場合あります。

特に好きではなくても働けますが、スポーツセンターというだけあって、スポーツや体動かす事が好きな方が働いています。

受付業務希望の方は特にスポーツ経験や好きの有無は問いません。

必要なスキルや資格、経験

トレーニング室業務や教室やイベントなどで指導業務したいという方は、健康運動実践指導者やスポーツプログラマーの資格を持っていたり、トレーナーとしての経験があると、とても良いと思います。

スポーツセンター求人についてよくある疑問

応募方法は?

電話応募が多いです。

希望施設のスポーツセンターの指定管理者の会社か直接スポーツセンターに電話をします。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

志望動機・経歴は必ず聞かれます。

喋る際に元気でハキハキと喋るといいです。

未経験でも応募できる?

未経験でも応募可能です。

会社の雰囲気は?

施設によって雰囲気は違いますが、民間企業だとアットホームな雰囲気です。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

パート・アルバイトの場合は人手不足ですので募集をしてる施設は多いです。

社員になりたい場合は、マイナビなどのサイトで募集していることが多いですので、そういうサイトから応募下さい。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

社員は月給になります。

パート・アルバイトは時給になります。

残業って多いの?

パート・アルバイトはシフトですので、残業はないですが、社員は残業があります。

自分の仕事量によっては残業しなければならないです。

シフトの自由度ってどうなの?

社員は基本的に希望は出せません。

休み希望は出せます。

パート・アルバイトは基本的に自由です。

資格って必要なの?

無くても問題はありませんが、あると優遇されます。

入社してからプール管理の資格やトレーナーの資格が取ることが出来ますよ!

「スポーツセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回はスポーツセンターの仕事内容や勤務形態違い、求める人物像などをご紹介しました!

しかし、スポーツセンターはサービス業にあたりますので、1番大事なのは笑顔でハキハキ喋れることです!

リクナビNEXTに会員登録をした後、自分の経歴やキャリアプランを匿名で登録してみましょう。そうすると、企業から好条件のスカウトを受けることがあるのでお得です。転職の成功確率も上がりやすくなります。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。