最近の求人媒体で多く見かけるようになったスポーツジムでのアルバイト。

健康ブームからジムの店舗数は増える一方で、働き手の需要も多いのでしょう。

営業形態も以前とは違い、女性専用や24時間利用できるジムも増えてきました。

時給は募集要項は様々ですが、働く先によってどのように違いがあるのか気になるところです。

そこで今回は、スポーツジム求人の種類や仕事内容、仕事の特徴についてご紹介したいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「スポーツジム」の仕事例をチェック

スポーツジムの種類や業務形態について

一言にスポーツジムと言っても特徴が異なり、月会費にもかなり差があります。

どんな種類があるのか解説していきます。

フィットネスクラブジム

最も一般的なのがフィットネスクラブジムです。

都内主要駅には必ずと言って良いほど大手の店舗があり、最近ではローカルな場所にも様々な規模の店舗が増えています。

午前中のみ、1店舗のみ、全店舗利用可能など、選べるコースも様々です。

フィットネスクラブ型ジムの営業形態

早朝から夜遅くまで営業しているところ、24時間体制のところなど営業時間も様々です。

24時間体制のフィットネスクラブは、夜間の遅い時間になるとスタッフが不在となります。

働く時間や生活リズムに合わせて、自分の好きな時間に働けるのは大きなメリットですよね。

フィットネスクラブ型ジムの会費

年配の方や主婦の方には、午前中のみの安いコースが人気です。

全店舗終日使い放題であれば、月会費は1万円以上が相場でしょう。

タオルやウェアが付いているコースは割高になりますが、手ぶらで通いたい人には便利なコースと言えます。

パーソナル型ジム

パーソナル型のジムは専属のトレーナーがついて、マンツーマンの指導を受けることができます。

モデルやスポーツ選手も通っている人が多いようです。

ダイエット結果の速効性を求めるなら、パーソナル型のジムをオススメします。

パーソナルトレーナーとは

パーソナルトレーナーは自分の希望や目的に沿ったトレーニング内容を考えてくれます。

プロの手により、短期間で理想の体型に近づけるのが魅力です。

一人ではダイエットできないという人は、パーソナルトレーナーについてもらうと必然的にやる気が出ます。

パーソナル型ジムの会費

パーソナル型のジムは、本格的にマンツーマンでトレーニングを受けるためかなり高額です。

月会費のところもありますが、大体は回数で料金が決まってきます。

最低でも10万円以上のところが多いようです。

自力でのダイエットがどうしても無理、何が何でもダイエットしたいなどの理由がある場合でなければ、決して安いとは言えない金額です。

パーソナル型ジムの予約

完全予約制になるので、前もって予約を取る必要があります。

効率的な通い方ができるよう、ある程度時間に融通が利かないと続けるのは難しいかもしれません。

人気のトレーナーさんの場合だと、キャンセル待ちをすることもあるようです。

24時間営業型ジム

最近増えてきているのが24時間営業型のジムです。

自分の生活リズムに合わせて、好きな時にトレーニングができるのが魅力的です。

ただし、女性の場合はあまり遅い時間の利用はおすすめできません。

24時間営業型の設備

大抵のところはジャグジーがなく、シャワールームのみ完備です。

24時間営業型のジムは小規模でローカルな駅にも多く、近所から通っている方も多いです。

従って、シャワーの利用も普通のジムに比べて少ないようです。

ジャグジーが付いているところはかなり少ないといった印象です。

24時間営業型の規模

ビルのワンフロアなど、小規模なところが多いのが特徴です。

マシンやトレーニング器具の数は大手の大規模なジムに比べて少なめですが、地元密着系なのでサクッといけるのが魅力です。

日中は地元の奥様方が利用していることが多いです。

24時間営業型の会費

月会費は一万円以下がほとんどで、リーズナブルに通うことができます。

夜間はスタッフがいないので、無人となります。

人件費カットで月会費が抑えられているのでしょう。

気軽に始めたい人には向いていると言えます。

女性専用フィットネスジム

最近では女性専用のフィットネスジムが大流行中しています。

男女兼用のジムだとニオイや衛生面が気になる、という女性に好まれています。

シャンプーや化粧水などのアメニティにもこだわっているところが多く、女性が楽しめるポイントが沢山あるのも特徴です。

女性専用フィットネスジムのスタジオプログラム

ヨガやピラティスなど、ダイエットを目的としている女性たちに人気のスタジオプログラムが多数用意されています。

人気のクラスは整理券が配布されたり、予約が必要なところもあるようです。

岩盤浴やサウナがついているところもあるなど、ちょっとしたスパ感覚で通うことができます。

アロマの香りで癒されたり乾燥対策として加湿器を設けたりと、女性に嬉しい配慮が沢山されているのが嬉しいですね。

サプリ・水素水・ボディケア用品などの販売

健康や美容に気遣う女性におすすめの商品を購入することができます。

月会費にプラスいくらかで水素水が飲み放題になったり、ボディバランスを計測して自分に合ったサプリメントを購入したりすることが可能です。

ドラッグストアなどでは見かけないような、美と健康に特化した商品を購入できることも人気の一つと言えるでしょう。

普通のジムよりも、美意識が高い人が通う傾向にあるようです。

スポーツジム求人でよくある募集内容とは

スポーツジムの求人欄に載っている業務内容は「受付」や「監視員」などざっくりしたものが多く、仕事の詳細が分かりづらいかもしれません。

実際はどんな業務があるのでしょうか?

入館・退館受付

お客様(会員)は会員証を持っていて、それを専用の機械にかざして入館・退館します。

エラーが出た場合は磁気の故障や会費の滞納などの可能性があるので、適宜対応が必要です。

お客様のトレーニングメニューの検討・サポート

最近のスポーツジムでは、最新の機械で体の状態を細かくチェックすることができます。

基礎代謝から筋肉量、左右のバランスなどを見て、足りない部分を補うトレーニングメニューの提案をしたりするのも仕事の一つです。

細かい部分は専門的なアドバイスが必要になってくるので、パーソナルトレーナーにバトンタッチすることもあります。

ジム内清掃スタッフ

更衣室やシャワールーム、ジムエリアやプールエリアの清掃をします。

特大サイズのモップでのモップがけはなかなか大変です。

しかし、お客様からお礼を言われる機会も多く、私はやりがいを感じることができました。

大きな店舗は面積が広いので、良い筋トレ&運動になりますよ!

プールやジムの監視

プールエリアでは、溺れたり具合が悪い人がいないかプールサイドで監視します。

監視員は水着着用の必要はなく、支給された制服でOKです。

ジムエリアでは、マシンやトレーニング器具を独占している人がいないか、危険な使い方をしている人がいないか等をチェックします。

新規の方のお問い合わせ対応・見学案内

体験や見学の問い合わせに対応します。

私が働いていたところでは、キャンペーンや割引サービス中はかなり問い合わせが多かったです。

予約が必要な場合は、希望の日程を訊いて空きがあるかを確認します。

体験や見学当日は館内を案内したり、マシンの説明をしたりします。

物販の販売、レンタル対応

大抵のスポーツジムは、手ぶらでも来られるようにウェアやシューズがレンタルできるようになっています。

サプリメントやプロテインなどの購入も券売機、もしくは受付で支払うシステムになるので、適宜対応します。

平日の夕方は混むことが多いので、素早く対応することが求められます。

お客様のクレーム対応、電話対応

電話応対も日常業務の一つです。

営業時間や入会に際する問い合わせがほとんどですが、中にはクレームも…。

電話もしくは直接クレームを受けることがあっても、最終的には社員さんが対応してくれます。

自分のせいで引き起こしてしまった問題の場合は別ですが、ジムに対しての一般的なクレームであれば、上の人が必ずついてくれるので心配ありません。

あまりに理不尽な会員には、強制退会してもらうこともあります。

スタジオインストラクター

スタジオプログラムのインストラクターは、各曜日の決められた時間にレッスンを行います。

ヨガ・ピラティス・ボクササイズ・エアロビクスなど種類は様々で、そのクラスに合わせて通っているお客様も多いです。

ジムによっては、クラス前の館内放送を読み上げたりすることも。

1年もしくは半年を目処に見直しの時期があり、人気の先生はクラスを増やしたり、反対に人気のない先生はクラス自体をクローズしたり、ということもあります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

勤務形態ってどうなってるの?

スポーツジムで働く人たちの勤務形態はどうなっているのでしょうか。

給与体系

正社員は月給+手当、派遣・アルバイトは時給制となります。

スタジオプログラムを受け持っている場合は、インセンティブが発生することもあるようです。

勤務日数、シフトについて

アルバイトは月に一度、もしくは半月に一度希望シフトを提出します。

全て希望通りになるとは限りませんが、多少の融通は利きます。

勤務日数は募集要項にもよりますが、大体週3日〜5日の間でしょう。

社員さんも前もって休みの希望を出せば、通常の休み以外の日でもお休みをもらうことができます。

バイトでも働けるの?正社員、派遣などもあるの?

大手のスポーツジムでは社員よりもアルバイトの方が多いのが一般的です。

企業によっては、派遣から正社員登用をしているところもあります。

最近有名なライザップなどでも働くことはできるの?

ライザップは原則として正社員の募集しか行っていないようです。

トレーナーに関しては、過去の経験や実績を問われるので、ある程度のキャリアを積んでから応募することをおすすめします。

パーソナルトレーナーはかなり専門的な知識を求められます。

希望するジムがある場合は、そのジムが必要とする人材のレベルになれるよう努力しましょう。

スポーツジムで働くとこんな良いことも

時給や立地以外にメリットがあると、モチベーションも上がりますよね。

スポーツジムで働くとどんなメリットがあるのでしょうか?

施設を無料で利用することができる

社員でもアルバイトでも、その施設で働いている人であれば施設の無料利用ができます。

基本的には回数などの制限もありません。

私は週3日〜4日アルバイトが終わってから、ジムを利用していました。

仲良くなると、パーソナルトレーナーの人がアドバイスしてくれたりもします。

かなり食べていたにもかかわらず、体重がキープできたのはジムのおかげだと思います。

ウェアやサプリが社員割引に

店舗で販売しているウェアやサプリメント、プロテインなどが社員割引で購入することができます。

大半は2割〜3割引で買えるのでかなりお得です!

私が働いていたジムでは通常月に2,000円で水素水が飲み放題だったのですが、社員さんやアルバイトは無料で飲み放題でした。

資格取得に補助金が出るところも

資格後スタジオプログラムを持つことを前提に、補助金を出してくれるジムもあります。

受講料が割引になったり、後から何パーセントかが返金されるなどのシステムです。

資格を取得後は、自社のスタジオプログラムを任されることもあります。

将来トレーナーや講師を目指しているのであれば、積極的に利用しましょう。

まとめ

スポーツジムの仕事は一言で説明すると、アクティブで楽しい仕事です。

そして店舗によってはメリットも多く、やりがいを感じることも多いでしょう。

人とコミュニケーションを取ることも多いので、私は毎日新鮮な気分で働くことができました。

接客業で働きたい人、将来スポーツジムやダンススタジオなどで働きたい人には、ぜひチャレンジしてほしいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



スポーツジム求人についてもっと深堀りした情報を見る

スポーツジムインストラクターの仕事内容12の業務。きつい?向いている・向いていない人の特徴。

スポーティーでキラキラしたイメージがある、スポーツジムのインストラクター。実際は、どのような人がどのように業務をこなしているのでしょうか。また、雇用形態はどのようなパターンがあるのかも気になりますよね。そこで今回は、スポーツジムのインストラクターを目指す人のために、仕事内容や向いている人、向いていない人の特徴などご紹介いたします。スポーツジムインストラクターの大まかな仕事内容スポーツジムのインストラクターのメインとなる業務は、大まかに以下の二つが挙げられます。お客さんのトレーニング指導スタジオレッスン多くのジムではインストラクターの他に受付スタッフがいますが、小さなジムや24時間営業のスポーツ

スポーツジム正社員求人の給与や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

近年、健康志向の高まりからますます需要が高まるスポーツジム。今では24時間営業のスポーツジムも増えていたりと、利用者も利用スタイルも多岐に渡ります。また、スポーツジムの増加に伴い、求人も増加傾向にあります。今回はスポーツジムの正社員求人についてまとめたいと思います。給与や募集内容など細かく解説いたしますので、就職や転職をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。スポーツジムはどんな仕事?「スポーツジムで働く」というと、トレーニングなどを指導する”インストラクター”を想像される方が多いかもしれませんね。もちろん、それも重要な業務の一つ。しかし、正社員として働くのであれば、担当する業務はそれだけで

ジムインストラクターになるには?資格や勉強、ジムで働くために必要なスキルをご紹介!

健康志向の高まりやスポーツ文化の発展もあり、最近は老若男女問わずさまざまなお客様が利用するようになった「スポーツジム」。今回はそんなホットな職場で働く「ジムインストラクター」という職種について解説していきます。具体的には、この仕事に就くにあたり、必要になる資格や勉強しておくべきこと、必要なスキルなどについて、私自身の経験を踏まえた上で順に紹介していきます。ジムインストラクターの仕事に興味をお持ちの方は、ぜひ一度目を通してみてください。ジムインストラクターにはどんな種類があるの?ジムインストラクターとは、スポーツジムなどの施設でさまざまなレッスンのインストラクト(指導)を行ったり、その施設の器具

スポーツジムインストラクターのアルバイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

スポーツジムインストラクターのアルバイトに興味のある方は必見です。「スポーツジムのインストラクター」と聞くと、運動神経が抜群な一部の人しかできないようなハードルの高いアルバイトだと感じますよね。でも実は、スポーツジムのインストラクターバイトはどなたでもできるんです。今回はそんなインストラクターとして働けるスポーツジムのメリットや身に付くスキルについて解説していきます。私はこんなところでスポーツジムインストラクターのアルバイトをやりました私がアルバイトとしてスポーツジムのインストラクターをしていたのは、大手のスポーツジム。大体どこのスポーツジムもインストラクターのアルバイトを募集しています。採用

スポーツジム受付求人でよくある募集内容をご紹介!スポーツの知識がなくても大丈夫?!

スポーツジムの受付で働いてみたい方は必見です。毎日多くの人が運動をしに訪れるスポーツジム。まず最初に明るい笑顔でお客様をお迎えするのが、受付スタッフですよね。今回は、そんなスポーツジム受付求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について経験者が解説していきたいと思います。毎日元気になれる職場でぜひ働いてみてはいかがでしょうか?スポーツジム受付のおおまかな仕事内容スポーツジム受付は、どのような業務や役割を求められるのでしょうか。スポーツジム受付のおおまかな仕事内容スポーツジム受付の主な仕事内容は、会員のチェックイン時のサポート、見学や体験の案内、各種手続き対応、会員の情報管理

スポーツジム受付アルバイトのやりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身につく力とは?

働くのであれば、自分にメリットがあり楽しく働ける環境が良いです。私がスポーツジムの受付アルバイトを始めた理由は、施設を無料で利用することができるからでした。働き始めてからはその特権を充分に利用して、週3日〜4日はマシンやスタジオプログラムを利用していました。スポーツジム受付の仕事は人と関わることが多いので、人と会話するのが好きな人にはぴったりです。ジムに通う人というのは、なんらかの理由があって通う人がほとんどです。健康診断で肥満気味と言われて通い始めた人、体力に自信がなくて通い始めた人など理由は様々ですが、そのお手伝いをしながら楽しく働けたのはとても良かったと思っています。今回は私の経験をもと

ジムインストラクターの仕事内容は?支店長やマネージャーなどに分けて業務内容をご紹介!

ジムインストラクターの仕事内容についてここでは詳しくお話しさせていただきます。意外と知られていないジムインストラクターの業務は、実は裏方仕事がかなり多いって知っていますか?今回は普段お客の立場では知ることができないジムインストラクターの支店長の役割やマネージャーの仕事をスポーツ好きな人に向けて詳しく解説していきたいと思います。この職業ならではなメリットもお伝え出来ればと思いますので、この記事を読んでジムインストラクターに少しでも興味を持っていただけたらと思います。ジムインストラクターの仕事は大きく3個の役割に分けられる支店長支店長はその名の通り、その支店の長になります。マネージャー店舗によって

スポーツジム給料の相場は?給料を上げるためにやるべき3つのことも紹介します

最近はヨガや暗闇でのフィットネス、カラーランなど、体を動かすことがトレンドと言えるほど注目されています。ダイエットや健康維持のために体を動かしたいけれど、なかなか続けられない……そんな人に人気なのが、誰でも気軽に行けるスポーツジムです。スポーツジムと言っても様々で、24時間オープンのところもあればプールの無い小規模なところもあります。筋トレ器具が揃っているところ、スタジオプログラムに力を入れているところなど、自分に合ったスポーツジムを選ぶことができます。そんなスポーツジム、働く側はどのような待遇なのでしょうか。今回は実際に働いていた経験をもとに、様々な疑問にお答えしたいと思います。スポーツジム

ジムインストラクター求人でよくある募集内容をご紹介!おすすめ求人のポイントも教えます

ここでは、ジムインストラクターの求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説していきます!ジムのインストラクターの求人は一昔前よりだいぶ増えてきました。これは日本の疾病を予防するには適度な運動と適切な睡眠時間などが必要であると改めて認識されたことが起因となっているんです。そこから徐々に健康ブームが世に発信されていくようになり、いまはメディアでも簡単家でできるエクササイズなどを紹介するコマがあったりしますよね。しかし家でやるには限界があります…それに継続が難しい。そうした流れにスポーツジム業界が乗っかって、全国各地にスポーツジムを設立するようになりアルバイトも積極的に

ジムアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

ここではスポーツジムのアルバイトの時給ややりがい、やっていてよかったこととそこで身に付く力を紹介していきます。スポーツジムの仕事って運動神経とかがないとできないのでは?と思っている人、それは大きな間違いです。なぜなら今こうして記事を書いている私が運動神経の良い人たちとはかけ離れた存在であったからです。つまり、運動神経がなくてもスポーツジムで働くことはできるんです。それなりに時給も良いのでオススメです!この記事を読んで応募してみようかなと増えるように紹介しているので、ぜひ読んでみてください!私はこんなところでジムのアルバイトをやりました私が働いていたスポーツジムは当時も今もかなり大手のトレーニン

スポーツジムインストラクターとして優れた人の7個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ここでは、スポーツジムインストラクターとして優れた人の特徴と、その力を活かせる職種・仕事も紹介していきます。スポーツジムには、トレーニングを指導してくれるインストラクターがいます。しかし、インストラクターによっては説明が分かりづらかったり、訊きたいこととは別の回答が返ってきたりしてしまう…なんて経験をしたことはありませんか?トレーニングの効果を最大限に出すには、きちんと説明や指導をしてくれるインストラクターに訊きたいですよね。この記事では「スポーツジムインストラクターの概要」「頼れるインストラクターとはどんな人か」「ジムインストラクター経験を活かせる仕事」をご紹介します。スポーツジムインストラ

スポーツジム受付バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

健康や美容の為に、毎日多くの人が利用するスポーツジム。入館して一番最初に通るのが、フロントです。これから運動しようとしている人を元気に迎え、運動し終わってスッキリした表情で帰っていく会員を笑顔で見送る受付スタッフ。お迎え・お見送り以外には、一体どのような仕事をしているのでしょうか?今回は、そんなスポーツジム受付バイト求人の具体的な仕事内容・求人内容・おすすめ求人の特徴・どんな人に向いているか・どんなことにやりがいを感じるかなどを解説していきます。スポーツジム受付アルバイトはどんな仕事?スポーツジムの受付は、その店舗の「顔」となる仕事です。会員やお客様のお迎え・お見送りに始まり、各種手続きを行う

ジムインストラクターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

最近は健康志向の高まりから、老若男女問わず日常的にスポーツを楽しんだりジム通いをする人も増えてきました。スポーツジムやフィットネスクラブが身近な存在になってきたことで、そこで働く「ジムインストラクター」の職に興味を抱く方も増えてきています。今回は、ジムインストラクターのアルバイトの仕事内容や勤務環境、働くことで得られるメリットなどを解説していきます。ジムインストラクターのバイトはどんな仕事?はじめに、ジムインストラクターとはどんな仕事なのかを考えてみましょう。インストラクターは「自分がパフォーマンスをする」のではなく、「お客様の健康維持やパフォーマンスの向上をサポートする」仕事と言えます。ジム

ジムインストラクターが向いている人の5個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

スポーツジムのインストラクターは、小さい頃からスポーツに精通した人が働いているように見える職業なのですが、意外とそういった人達だけではないのです。今回はどんな人がスポーツジムのインストラクターに向いているのか、逆にどんな人だと難しいのかという点をご紹介します。併せて、スポーツジムのインストラクターを通して得られるスキルや資格も紹介します。これからスポーツジムのインストラクターを目指そうとしている人に少しでも参考にしていただけたらと思います。それでは紹介していきます。ジムインストラクターとはどんな仕事?スポーツジムのインストラクターの仕事として大部分を占めているのは、利用者の体の健康を維持するよ

スポーツジムのアルバイトをやってて良かった3個のこと

アルバイトには様々な業種がありますが、中でもアクティブな人に人気なのがスポーツジムのアルバイトです。就業中は体を動かすことも多く、健康や体力作りについての知識も自然と増えてきます。産休でお休みされている社員さんの代わりに1年半程スポーツジムでアルバイトをしことがあるのですが、正直辞めずにずっと続けたいくらいでした。一緒に働いている人もスポーツマンが多く、環境的にとても働きやすかったです。この記事では、私がスポーツジムで働いてみて経験したこと、思ってみたことをまとめました。経験したスポーツジムのアルバイト(一例)私が働いていたのは新宿にある大手スポーツジム。学校に通いながらのアルバイトだったこと

スポーツジムバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

最近の求人媒体でよく見かけるのが、スポーツジムでのアルバイト。どのスポーツジムも店舗数が増えていて、働き手の需要もあるのではないでしょうか。私は以前、大手スポーツジムのスタッフとして働いていましたが、過去に経験したアルバイトの中でも比較的条件が良く、働いていて楽しかったです。立地や規模にもよりますが、スポーツジムでのお仕事はおすすめです!ここでは、スポーツジムでのアルバイトがおすすめの理由や、時給などの条件、向き不向きなどのポイントをご紹介したいと思います。スポーツジムバイトはどんな仕事?来館される会員様が気持ち良く利用できるように、各種手続きをしたり館内清掃をしたりします。受付等の事務業務館

スポーツジムの仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴などを解説

今や一駅に1店舗はあるのではないかと思うほど、スポーツジムの店舗数は増えています。スポーツジムで働いてみたいけど、体力勝負で大変そう…なんて思っている方もいらっしゃるかもしれません。スポーツジムでの仕事とは、具体的にどんなことをするのでしょうか。また、どんな人に向いているのでしょうか。今回は私が実際に働いた経験をもとに、スポーツジムの仕事内容や向き不向きをご紹介していきたいと思います。スポーツジムの仕事はどんな仕事?スポーツジムのお仕事は、入会手続きのような事務的な仕事もあれば、使用済みのバスタオルを運んだりする力仕事まで様々です。次から次へとやることがあるので、時間が経つのがあっという間に感