最近はヨガや暗闇でのフィットネス、カラーランなど、体を動かすことがトレンドと言えるくらい流行っていますよね!

ダイエットや健康維持のために体を動かしたいけれど、なかなか続けられない…そんな人に人気なのが誰でも気軽に行けるスポーツジムです。

スポーツジムと言っても様々で、24時間オープンのところもあればプールの無い小規模なところもあります。

筋トレ器具が揃っているところ、スタジオプログラムに力を入れているところなど特徴も分かれていて、自分に合ったスポーツジムを選ぶことができます。

そんなスポーツジム、働く側はどうなのか気になりますよね?

仕事はハードなのか?お給料はどれくらいなのか?

今回は実際に働いていた経験をもとに、裏話も交えつつ色々な疑問にお答えしたいと思います!

「スポーツジムの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スポーツジムの給料の相場はどのくらい?

スポーツジムのお給料って安いのか高いのか、なかなか予想がつかないですよね?

持っている資格などにもよってきますが、だいたいの金額をご紹介しましょう。

正社員で新卒入社した場合

新卒の正社員で月収18〜20万円、年収にすると200〜300万円が相場ではないでしょうか。

働く時間帯や持っている資格にもよると思います。

正社員で転職した場合

経験と年齢にもよりますが年収400〜500万円くらいだと思います。

スポーツトレーナーとしての経験や資格を持っていたりするともう少しプラスされるかもしれません。

パート・アルバイト

時給800〜1000円くらいが相場ではないでしょうか。

早朝や深夜帯だと時給が25%アップするはずです。

スポーツジムの給料の決まり方

給料制

お給料制の場合は面接の際に最低保証金額を提示され、そこに経験や資格の有無によって金額が追加れるのが一般的だと思います。

パーソナルトレーナーとしても働く場合は別途インセンティブが入ります。

時給制

最初は求人媒体に載っている金額で契約をしますが、3ヶ月ごとなど定期的に時給アップの可能性があります。

小規模なスポーツジムだと昇給する可能性はなかなか少ないと思いますが、大手だとできる仕事が増えるにつれ昇給することができます。

「スポーツジムの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スポーツジムで給料をあげるためにやるべき3つのこと

スポーツジムでのお給料をあげるためにはどんなことをすればよいのでしょうか?

ここではお給料アップにつながるいくつかの項目をあげていきたいと思います。

給料アップの交渉をしてみる

日々の働きぶりをアピールし、自らお給料アップの交渉をしてみましょう。

もちろん自分の働きぶりに自信があり、誰が見ても納得するようでなければ交渉の余地はありません。

日本では給料の問題を口に出すのはタブーという風潮がありますが、海外では自ら交渉することは当たり前です。

高い給料をもらっていればそれなりに良い仕事をするということです。

逆に交渉してお給料が上がった場合、今以上の働きをするという気持ちで話し合いに臨みましょう。

スキルアップを図る

仕事につながるような資格を取るとお給料がアップする場合があります。

例えば健康運動指導士やパーソナルトレーナー、栄養士の資格を持っている場合、それが仕事に反映できるならお給料アップにつながります。

働き始めてから資格を取った場合、その仕事への熱意が伝わりお給料アップを検討してくれる場合もあるかもしれません。

人が足りないところに率先して働く

土日祝日や連休などはお客さんが多いのに、働く方の人数が足りないことがあります。

そういった時に率先して出勤すると、お給料のアップにつながることも!

給料をアップさせるための求人の選び方

どんなスポーツジムなら良いお給料をもらいながら気持ち良く働くことができるのでしょうか?

条件欄をよく読むことはもちろんですが、面接の際にも気になるポイントは直接聞いてみるのがおすすめです。

給与相場が今よりも高いところを探そう

大手で立地が良いところは比較的お給料が高いと思います。

早朝や深夜の勤務が増えれば自然とお給料は上がってくるでしょう。

賞与や昇給制度をチェック

賞与の回数は必ずチェックすべき項目ですね!

昇給のための研修や見直しの頻度などはあらかじめ確認しておきましょう。

1年目から受けられるのか、勤続何年以上などの決まりがあるかによってお給料がアップするまでの期間が変わってきます。

残業代はちゃんと出る?

お給料重視ならサービス残業なんてもってのほかですよね。

残業代がどこまで出るのか、きちんと確認しておきましょう。

交通費や福利厚生は?

アルバイトの場合交通費の支給額は働き先を選ぶうえで大きなポイントになりますから、全額支給なのか上限があるのかしっかり確認しておきましょう。

スポーツジムの場合は勤務先のジムを無料で使えることは普通ですが、場所によっては系列店全てを無料で使えるところもあるようです。

これはお得ですよね!

その他にも利用できる施設などはチェックしておきましょう。

スタジオプログラムへの登用はあるか?

一般的な業務の他に、スタジオプログラムへの登用があるか確認してみましょう。

これはヨガやピラティスのライセンスを持っている必要がありますが、スタジオプログラムを受け持った場合お給料とは別にインセンティブがもらえます。

自分の好きなことでお金を稼ぐことができるのですから、このシステムを利用しない手はありません!

社員やアルバイトとして働きつつ、スタジオプログラムへの登用があるところを探してみましょう。

「スポーツジムの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

スポーツジムの仕事はお客様の健康やスタイル維持に欠かせない大切な役割を果たしています。

人と関わること、体を動かすことが好きで働いている人がほとんどだと思いますが、お給料が上がれば更にやる気もみなぎってきますよね!

将来的にこの業界で長く働きたいのであれば、昇給のことも考えて資格を取ることを視野に入れるべきだと思います。

そうすればスポーツジムでの仕事だけでなく、スポーツインストラクターの道も開けてくるかもしれません。

どの業種でも同じですが、働き始めてから後悔しないためにも、面接や契約の際に自分の譲れないポイントはしっかりと確認しておきましょう。


関連キーワード

スポーツジム求人

スポーツジム求人についてもっと深堀りした情報を見る