今や一駅に1店舗はあるのではないかと思うほど、スポーツジムの店舗数は増えています。

スポーツジムで働いてみたいけど、体力勝負で大変そう…なんて思っている方もいらっしゃるかもしれません。

スポーツジムでの仕事とは、具体的にどんなことをするのでしょうか。

また、どんな人に向いているのでしょうか。

今回は私が実際に働いた経験をもとに、スポーツジムの仕事内容や向き不向きをご紹介していきたいと思います。

「スポーツジム」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

スポーツジムの仕事はどんな仕事?

スポーツジムのお仕事は、入会手続きのような事務的な仕事もあれば、使用済みのバスタオルを運んだりする力仕事まで様々です。

次から次へとやることがあるので、時間が経つのがあっという間に感じます。

スポーツジムの3個の業務とは?経験者がご紹介!

スポーツジム内での業務は担当がいくつかに分かれていて、一つしか担当しない人もいればいくつかの業務を兼任している人もいます。

ここでは業務の種類と内容を、細かく分けてご紹介したいと思います。

スポーツジムの業務1:事務

一言に事務と言っても仕事内容はかなり多く、覚えることも沢山あります。

  • チェックイン、チェックアウトの確認
  • 入会、退会の手続き
  • コース変更の手続き
  • 会費未納の方への督促電話
  • 飲料やプロテインの販売、在庫管理
  • 館内清掃

など、主にカウンターデスク周りの業務が該当します。

お金に関わる業務もあるため、私が働いていたスポーツジムでは常に事務担当の社員が一人いて、何かあればすぐ確認できるようになっていました。

お客様と会話することも多い業務なので、身だしなみや言葉使いなどにも気をつけなければいけません。

入会や退会、コース変更の手続きなどはミスがあるとトラブルになることもあるため慎重にならなければいけません。

とは言え、慣れるまでは社員さんがフォローしてくれるのであまり心配する必要はありません。

督促の電話やクレーム対応は嫌な気持ちになることもありますが、誠心誠意を尽くして対応すれば必ず解決します。

最初は社員の方に代わってもらったりしながら、対応の仕方を勉強すると良いでしょう。

販売や在庫管理は専用の書き込みシートと入力フォームがあり、マニュアル通りに記入する比較的簡単な作業でした。

スナックやプロテインバーなどを取り扱っているところは、定期的に商品の賞味期限のチェックを行います。

館内清掃は規模にもよりますが、なかなか体力勝負の仕事です。

特大サイズのモップでジムエリアや更衣室を掃除します。

シャワールームは髪の毛を取ったり、洗剤で1ブースずつ洗うのでそれなりに時間がかかります。

スポーツジムの業務2:ジムスタッフ

スタジオプログラムとは別に、フリースペースでの簡単なクラスを担当するスタッフのことです。

基本的なストレッチや、腰痛対策の体操などを行います。

これは社員だけでなく、アルバイトのスタッフが事務作業などと兼任して行うこともあるんです。

私が働いていたスポーツジムでは、半年以上勤務しているアルバイトは希望すれば研修を受けてジムスタッフを担当することができました。

それ以外にもマシンの使い方をしっかりと覚えて、初めての方にレクチャーしたりするのも仕事の一つです。

アクティブに働きたい人にはおすすめですよ!

スポーツジムの業務3:スタジオプログラム講師

スタジオのプログラム講師は外部から派遣されてくる場合が多いです。

ヨガやダンスなどの専門分野を45分〜60分程のクラス内で教えるもので、契約条件も参加人数などで差があったりもします。

人気のプログラムは整理券が配られることもあります。

そういった講師は、社員さんからクラス数の増加や報酬アップのお話が来ることもあります。

専門的な分野なのでアルバイトにはあまり関係はありませんが、ヨガ講師のライセンスを持っているアルバイトさんがいたりすると、代講を頼まれたりクラスを持ったりすることも稀にあるようです。

スポーツジムの仕事で覚えなければならないこと

1:入会・退会の手続き方法

責任重大なのが、この入会・退会の手続きです。

記入や登録を間違えたりすると上手く手続きが進まずクレームの原因となるので、しっかりと業務内容を覚えなければいけません。

基本的にはマニュアルをよく読めば分かるようになっていますし、分からないことは社員に訊けばすぐに教えてくれます。

お客様と対面して会話をするので、にこやかに爽やかに対応することも重要です。

2:パソコンの入力作業

入会・退会の手続きが終わったら、パソコンにデータを反映させる必要があります。

また、サプリメントやドリンク、プロテインの在庫管理のためにも入力作業があります。

専用の記入フォームがあるはずなので、教えてもらった通りに記入していけば何も問題はありません。

3:マシンや器具の使い方

お客様から質問されることが多いので、ルームランナーや筋トレ器具の使い方はしっかりと覚えておきましょう。

スポーツジムでのアルバイトは、大抵ジムの無料利用ができます。

自分のトレーニングを効率良くするためにもしっかりと覚えたいところです。

4:ストレッチやトレーニングの仕方

これは専門的なところまで知識を身につける必要はありませんが、初めて通われるお客様や高齢の方などに質問されたときに答えられる程度の知識は身につけておきましょう。

スタジオプログラムの講師を目指している人には必要不可欠な知識だと言えます。

スポーツジムの仕事に向いている人の特徴

ではどんな人がスポーツジムでの仕事に向いているのでしょうか?

実際に働いている中で感じた「スポーツジムで働く人の適性」をご紹介します。

「スポーツジム」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

スポーツジムの仕事に向いている人の特徴1:人と関わることが好きな人

スポーツジムの仕事は毎日多くのお客様と接します。

入会の手続きの際や常連のお客様とすれ違った際などは会話が欠かせません。

人とコミュニケーションを取ることが好きな方には、スポーツジム勤務は向いていると言えるでしょう。

ご年配の方などは気に入ったスタッフがいると向こうから話しかけてくることもあります。

もちろんジムの利用がメインではありますが、こういった会話を楽しみに来ている方もいらっしゃるということを忘れないようにしましょう。

スポーツジムの仕事に向いている人の特徴2:筋トレや体作りに興味がある人

自分自身が体を動かすことが好き、筋トレや体作りに興味があるという人にはまさに天職と言えるでしょう。

働いている内に自然と知識も身につきますし、スタッフが空き時間にジムを無料で使えるスポーツジムもあります。

スポーツジムの仕事に向いている人の特徴3:働きながらダイエットしたい人

実際に私は1年半程働いて2キロ程体重が落ち、多少食べ過ぎが続いてもあまり太りませんでした。

なぜなら、スポーツジムでの仕事はなかなかハードだからです。

体力を使う業務の一つに館内の清掃があります。

大型店舗であれば、清掃範囲が広くなるので尚更労力を必要とします。

大きなモップでフロアを清掃し、シャワールームを洗い…それだけでもかなりの重労働です。

清掃業務は筋トレと言っても過言ではないでしょう。

わざわざ鍛えるのは面倒かもしれませんが、働きながら自然と動いて痩せられるなら魅力的ですよね。

スポーツジムの仕事に向いている人の特徴4:単調な仕事が嫌いな人

スポーツジムでの仕事内容はいくつにも分かれているので、毎日同じことの繰り返しなんてつまらない!という人には向いていると思います。

清掃時間などはある程度決まっているものの、入会や退会の手続きなど、臨機応変な対応が求められます。

スポーツジムの仕事に向いていない人の特徴

次に、スポーツジムでの仕事に向いていないと思われる人の特徴を見てみましょう。

スポーツジムの仕事に向いていない人の特徴1:潔癖症の人

スポーツジム内は多くの人が出入りするため、すぐに汚れが溜まってしまいます。

更衣室やシャワールームでは、大きなホコリや髪の毛なども拾ったりしなくてはならないので、そういった掃除が苦手な人、潔癖症の人にはなかなか厳しい仕事かもしれません。

スポーツジムの仕事に向いていない人の特徴2:人とコミュニケーションを取るのが苦手な人

スポーツジムのお仕事は接客業ですから、日々お客様とのコミュニケーションは欠かせません。

マシンの使い方を訊かれたり手続きする際に会話したりといったコミュニケーションが面倒、または苦手な人は向いているとは言えません。

スポーツジムの仕事に向いていない人の特徴3:複数の仕事をこなすのが苦手な人

事務作業から力仕事まで、スポーツジムでの仕事内容は様々です。

入会や退会の手続きなどはマニュアルはあるものの、最初は覚えるのが大変でした。

マシンの使い方も何種類も把握しなくてはなりません。

それが楽しいと思える人は良いのですが、覚えることが沢山あると憂鬱になってしまう人には、あまりおすすめとは言えないでしょう。

「スポーツジム」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

スポーツジムの仕事で活かせるスキルや経験

スポーツジムで働く上で生かせる経験とはどんなものがあるのでしょうか?

「スポーツジム」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

スポーツジムの仕事で活かせる経験1:接客やマナー

お客様と接する上で大切なのは接客態度やマナーです。

スポーツジムで働くのが初めてでも、過去に接客をした経験があれば必ず活きてくるはずです。

お客様が数多くあるスポーツジムからどこを選ぶかは、スタッフの対応次第であるとも言えます。

だからこそ常識があり、接客態度が良く、マナーを守れる人は重宝されるのです。

スポーツジムの仕事で活かせる経験2:スポーツジムの仕事で活かせる経験ヨガやスポーツトレーナーの資格

大型店舗ではスタジオプログラムやストレッチコーナーでのミニセッションなどを行っているところが数多くあります。

ヨガやスポーツトレーナーの資格を持っていれば、これらのクラスを任されることがあり、別途インセンティブが貰えることもあります。

そういった資格を活かしたいということであれば、スポーツジムの仕事はとても向いているでしょう。

その後のキャリアについて

スポーツジムで働いた後のキャリアアップにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは私が働いた中で見てきたキャリアアップのかたちをご紹介します。

この仕事に就いた後のキャリアアップの道は?

私が一緒に働いていた友人はアルバイトから社員登用され、今では商品開発部門で活躍しています。

筋膜リリースに使う用具や筋トレマシンの開発に携わっていて、とても楽しいとのことです。

その他にも、働きながらパーソナルトレーナーの資格を取って、パーソナルトレーナーとして活躍している人もいます。

自分がどうなりたいかというビジョンをしっかり持っていれば周りも相談にのってくれたり上の人に掛け合ってくれます。

キャリアアップをしっかりと見据えて仕事に取り組みましょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

接客業、サービス業においては、必ずスポーツジムで働いた経験が活かされます。

またスポーツジムでの業務経験があれば、周りの人がスポーツジムに通う時にアドバイスすることもできます。

どんな会社でスポーツジムの募集があるの?

1. 株式会社THINKフィットネス

株式会社THINKフィットネスは、世界600ヶ所にあるゴールドジムを日本で運営しています。

ゴールドジムアカデミーという研修制度があり、生物学や解剖学などの知識を得る機会があります。

タイミングによってはこちらの募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 株式会社ティップネス

株式会社ティップネスは、日本テレビホールディングス株式会社が株主である会社です。

全国勤務の正社員か、地域限定勤務の契約社員か、中途採用では応募が分かれます。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他にスポーツジムの仕事募集は?

上記の会社以外にも、スポーツジムの仕事は沢山募集されています。

興味のある方は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

まとめ

どんな仕事にも向き不向きがありますが、スポーツジムの仕事に向いているのは、比較的アクティブで健康や体作りに興味がある方が楽しんで取り組める人です。

スポーツジムの立地や規模によって業務内容も変わってきますので、採用情報をよく確認した上で自分に合っているか見定めてみてください。

「スポーツジム」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。



スポーツジム求人についてもっと深堀りした情報を見る

スポーツジムインストラクターの仕事内容12の業務。きつい?向いている・向いていない人の特徴。

スポーティーでキラキラしたイメージがある、スポーツジムのインストラクター。実際は、どのような人がどのように業務をこなしているのでしょうか。また、雇用形態はどのようなパターンがあるのかも気になりますよね。そこで今回は、スポーツジムのインストラクターを目指す人のために、仕事内容や向いている人、向いていない人の特徴などご紹介いたします。スポーツジムインストラクターの大まかな仕事内容スポーツジムのインストラクターのメインとなる業務は、大まかに以下の二つが挙げられます。お客さんのトレーニング指導スタジオレッスン多くのジムではインストラクターの他に受付スタッフがいますが、小さなジムや24時間営業のスポーツ

スポーツジム正社員求人の給与や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

近年、健康志向の高まりからますます需要が高まるスポーツジム。今では24時間営業のスポーツジムも増えていたりと、利用者も利用スタイルも多岐に渡ります。また、スポーツジムの増加に伴い、求人も増加傾向にあります。今回はスポーツジムの正社員求人についてまとめたいと思います。給与や募集内容など細かく解説いたしますので、就職や転職をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。スポーツジムはどんな仕事?「スポーツジムで働く」というと、トレーニングなどを指導する”インストラクター”を想像される方が多いかもしれませんね。もちろん、それも重要な業務の一つ。しかし、正社員として働くのであれば、担当する業務はそれだけで

ジムインストラクターになるには?資格や勉強、ジムで働くために必要なスキルをご紹介!

健康志向の高まりやスポーツ文化の発展もあり、最近は老若男女問わずさまざまなお客様が利用するようになった「スポーツジム」。今回はそんなホットな職場で働く「ジムインストラクター」という職種について解説していきます。具体的には、この仕事に就くにあたり、必要になる資格や勉強しておくべきこと、必要なスキルなどについて、私自身の経験を踏まえた上で順に紹介していきます。ジムインストラクターの仕事に興味をお持ちの方は、ぜひ一度目を通してみてください。ジムインストラクターにはどんな種類があるの?ジムインストラクターとは、スポーツジムなどの施設でさまざまなレッスンのインストラクト(指導)を行ったり、その施設の器具

スポーツジムインストラクターのアルバイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

「スポーツジムのインストラクター」と聞くと、一部の人しかできないようなハードルの高いアルバイトだと感じますよね。でも実は、スポーツジムのインストラクターはアルバイトとしてどなたでもできる仕事。今回はそのメリットや身に付くスキルについて解説していきます。私はこんなところでスポーツジムインストラクターのアルバイトをやりました私がアルバイトとしてスポーツジムのインストラクターをしていたのは、大手のスポーツジム。大体どこのスポーツジムもインストラクターのアルバイトを募集しています。採用後は筋肉や食事に関する研修があり、一通りの知識を身につけたあとでインストラクターとして現場デビューします。どんなことを

スポーツジム受付求人でよくある募集内容をご紹介!スポーツの知識がなくても大丈夫?!

スポーツジムの受付で働いてみたい方は必見です。毎日多くの人が運動をしに訪れるスポーツジム。まず最初に明るい笑顔でお客様をお迎えするのが、受付スタッフですよね。今回は、そんなスポーツジム受付求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について経験者が解説していきたいと思います。毎日元気になれる職場でぜひ働いてみてはいかがでしょうか?スポーツジム受付のおおまかな仕事内容スポーツジム受付は、どのような業務や役割を求められるのでしょうか。スポーツジム受付のおおまかな仕事内容スポーツジム受付の主な仕事内容は、会員のチェックイン時のサポート、見学や体験の案内、各種手続き対応、会員の情報管理

スポーツジム受付アルバイトのやりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身につく力とは?

働くのであれば、自分にメリットがあり楽しく働ける環境が良いです。私がスポーツジムの受付アルバイトを始めた理由は、施設を無料で利用することができるからでした。働き始めてからはその特権を充分に利用して、週3日〜4日はマシンやスタジオプログラムを利用していました。スポーツジム受付の仕事は人と関わることが多いので、人と会話するのが好きな人にはぴったりです。ジムに通う人というのは、なんらかの理由があって通う人がほとんどです。健康診断で肥満気味と言われて通い始めた人、体力に自信がなくて通い始めた人など理由は様々ですが、そのお手伝いをしながら楽しく働けたのはとても良かったと思っています。今回は私の経験をもと

ジムインストラクターの仕事内容は?支店長やマネージャーなどに分けて業務内容をご紹介!

ここではジムインストラクターの仕事内容について解説します!ジムインストラクターの仕事内容は意外と知られていないことが多いんです…。実は裏方の仕事がかなり多いって知っていますか?今回は普段お客の立場では知ることができない裏側の仕事も解説します!ジムインストラクターの仕事は大きく3個の役割に分けられる支店長支店長はその名の通り、その支店の長になります。マネージャー店舗によってマネージャーの人数は変わりますが、各エリアに必ず1人はスタッフをまとめるマネージャーが存在します。スタッフスタッフはアルバイトも社員も含めて同じ名前で呼びます。支店長の3個の業務支店長会議支店長は会議などで店舗にいることは少な

スポーツジム給料の相場は?給料を上げるためにやるべき3つのことも紹介します

最近はヨガや暗闇でのフィットネス、カラーランなど、体を動かすことがトレンドと言えるほど注目されています。ダイエットや健康維持のために体を動かしたいけれど、なかなか続けられない……そんな人に人気なのが、誰でも気軽に行けるスポーツジムです。スポーツジムと言っても様々で、24時間オープンのところもあればプールの無い小規模なところもあります。筋トレ器具が揃っているところ、スタジオプログラムに力を入れているところなど、自分に合ったスポーツジムを選ぶことができます。そんなスポーツジム、働く側はどのような待遇なのでしょうか。今回は実際に働いていた経験をもとに、様々な疑問にお答えしたいと思います。スポーツジム

ジムインストラクター求人でよくある募集内容をご紹介!おすすめ求人のポイントも教えます

ここでは、ジムインストラクターの求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説していきます!ジムのインストラクターの求人は一昔前よりだいぶ増えてきました。これは日本の疾病を予防するには適度な運動と適切な睡眠時間などが必要であると改めて認識されたことが起因となっているんです。そこから徐々に健康ブームが世に発信されていくようになり、いまはメディアでも簡単家でできるエクササイズなどを紹介するコマがあったりしますよね。しかし家でやるには限界があります…それに継続が難しい。そうした流れにスポーツジム業界が乗っかって、全国各地にスポーツジムを設立するようになりアルバイトも積極的に

ジムアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

ここではスポーツジムのアルバイトの時給ややりがい、やっていてよかったこととそこで身に付く力を紹介していきます。スポーツジムの仕事って運動神経とかがないとできないのでは?と思っている人、それは大きな間違いです。なぜなら今こうして記事を書いている私が運動神経の良い人たちとはかけ離れた存在であったからです。つまり、運動神経がなくてもスポーツジムで働くことはできるんです。それなりに時給も良いのでオススメです!この記事を読んで応募してみようかなと増えるように紹介しているので、ぜひ読んでみてください!私はこんなところでジムのアルバイトをやりました私が働いていたスポーツジムは当時も今もかなり大手のトレーニン

スポーツジムインストラクターとして優れた人の7個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ここでは、スポーツジムインストラクターとして優れた人の特徴と、その力を活かせる職種・仕事も紹介していきます。スポーツジムには、トレーニングを指導してくれるインストラクターがいます。しかし、インストラクターによっては説明が分かりづらかったり、訊きたいこととは別の回答が返ってきたりしてしまう…なんて経験をしたことはありませんか?トレーニングの効果を最大限に出すには、きちんと説明や指導をしてくれるインストラクターに訊きたいですよね。この記事では「スポーツジムインストラクターの概要」「頼れるインストラクターとはどんな人か」「ジムインストラクター経験を活かせる仕事」をご紹介します。スポーツジムインストラ

スポーツジム受付バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

健康や美容の為に、毎日多くの人が利用するスポーツジム。入館して一番最初に通るのが、フロントです。これから運動しようとしている人を元気に迎え、運動し終わってスッキリした表情で帰っていく会員を笑顔で見送る受付スタッフ。お迎え・お見送り以外には、一体どのような仕事をしているのでしょうか?今回は、そんなスポーツジム受付バイト求人の具体的な仕事内容・求人内容・おすすめ求人の特徴・どんな人に向いているか・どんなことにやりがいを感じるかなどを解説していきます。スポーツジム受付アルバイトはどんな仕事?スポーツジムの受付は、その店舗の「顔」となる仕事です。会員やお客様のお迎え・お見送りに始まり、各種手続きを行う

ジムインストラクターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

最近は健康志向の高まりから、老若男女問わず日常的にスポーツを楽しんだりジム通いをする人も増えてきました。スポーツジムやフィットネスクラブが身近な存在になってきたことで、そこで働く「ジムインストラクター」の職に興味を抱く方も増えてきています。今回は、ジムインストラクターのアルバイトの仕事内容や勤務環境、働くことで得られるメリットなどを解説していきます。ジムインストラクターのバイトはどんな仕事?はじめに、ジムインストラクターとはどんな仕事なのかを考えてみましょう。インストラクターは「自分がパフォーマンスをする」のではなく、「お客様の健康維持やパフォーマンスの向上をサポートする」仕事と言えます。ジム

ジムインストラクターが向いている人の5個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

スポーツジムのインストラクターは、小さい頃からスポーツに精通した人が働いているように見える職業なのですが、意外とそういった人達だけではないのです。今回はどんな人がスポーツジムのインストラクターに向いているのか、逆にどんな人だと難しいのかという点をご紹介します。併せて、スポーツジムのインストラクターを通して得られるスキルや資格も紹介します。これからスポーツジムのインストラクターを目指そうとしている人に少しでも参考にしていただけたらと思います。それでは紹介していきます。ジムインストラクターとはどんな仕事?スポーツジムのインストラクターの仕事として大部分を占めているのは、利用者の体の健康を維持するよ

スポーツジムのアルバイトをやってて良かった3個のこと

アルバイトには様々な業種がありますが、中でもアクティブな人に人気なのがスポーツジムのアルバイトです。就業中は体を動かすことも多く、健康や体力作りについての知識も自然と増えてきます。産休でお休みされている社員さんの代わりに1年半程スポーツジムでアルバイトをしことがあるのですが、正直辞めずにずっと続けたいくらいでした。一緒に働いている人もスポーツマンが多く、環境的にとても働きやすかったです。この記事では、私がスポーツジムで働いてみて経験したこと、思ってみたことをまとめました。経験したスポーツジムのアルバイト(一例)私が働いていたのは新宿にある大手スポーツジム。学校に通いながらのアルバイトだったこと

スポーツジムバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

最近の求人媒体でよく見かけるのが、スポーツジムでのアルバイト。どのスポーツジムも店舗数が増えていて、働き手の需要もあるのではないでしょうか。私は以前、大手スポーツジムのスタッフとして働いていましたが、過去に経験したアルバイトの中でも比較的条件が良く、働いていて楽しかったです。立地や規模にもよりますが、スポーツジムでのお仕事はおすすめです!ここでは、スポーツジムでのアルバイトがおすすめの理由や、時給などの条件、向き不向きなどのポイントをご紹介したいと思います。スポーツジムバイトはどんな仕事?来館される会員様が気持ち良く利用できるように、各種手続きをしたり館内清掃をしたりします。受付等の事務業務館