ジムインストラクターが向いている人の特徴とその力を活かせる職種・仕事についての写真

この記事はスポーツジムのインストラクターの事について紹介していきます。

一見小さい頃からスポーツに精通した人働いているように見える職業なのですが、意外とそういった人達だけではないのです!

ではどういう人がスポーツジムのインストラクターに向いているのか、逆にこういう人だとスポーツジムのインストラクターは難しいかもしれない……という点も紹介します。

また、スポーツジムのインストラクターを通して得られるスキルや資格も紹介し、これからスポーツジムのインストラクターを目指そうとしている人へ少しでも情報を与えることができれば幸いです!

それでは紹介していきます。

「ジムのインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ジムインストラクターとはどんな仕事?

スポーツジムのインストラクターの仕事として大部分を占めているのは、利用者の体の健康を維持、可能な限り促進するように手伝うという部分です。

今日、健康食品や健康器具だけでも数多く売られていることもあり、老若男女問わず健康意識は高くなってきています。

病院と提携している会社もあるくらいですから、ひと昔前よりは確実に運動に対する意識は変わってきています。

そうした意識を持った利用者に、十分な知識とテクニックを持ったインストラクターが健康を維持するためのノウハウを伝えて、実践してもらうことがメインの仕事となります。

ジムインストラクターの大まかな仕事内容

スポーツジムのインストラクターの仕事内容は大きく分けて4つあります。

仕事内容①:利用者の安全を守るための器具の点検、環境整備、清掃

スポーツジムのインストラクターはまず第一に利用者の安全を守るということが大事です。

利用者の安全なくしてトレーニング指導は難しいので、毎日必ずトレーニングマシンや器具の点検を行います。

器具の故障の早期発見早期対処は利用者が安全に運動を行える環境へとつながるので、これを怠っているスポーツジムはないといっても過言ではないでしょう。

仕事内容②:利用者の健康維持、促進のためのトレーニング指導

スポーツジムに通う人のほとんどが、トレーニング初心者もしくは自己流でトレーニングをしている人です。

そのような人に少しでも体の健康を維持してもらうためにトレーニング指導を行います。

もちろん、指導する人は会社の規定に則った研修や試験を受けて認められているので、知識も経験も豊富です。

仕事内容③:利用者の個別性に合わせたトレーニング計画の作成

利用者全てが同じメニューになることはほぼありません。

背丈や体格、性別、運動経験には個人差が必ずあります。

そのため、スポーツジムのインストラクターは周りのスタッフと相談し、利用者の希望に沿いながらトレーニングメニューや計画を作成します。

利用者の希望に沿えることが最も優先すべき事項なので、利用者とのコミュニケーションを常にとっていくことも仕事内容になります。

仕事内容④:スタジオレッスンの指導

スタジオレッスンの指導

マシントレーニングのほかに、スタジオに入り集団で汗をかくという運動方法もあります。

スポーツジムのインストラクターはスタジオで運動をする利用者の見本となりつつ、利用者はレッスンに楽しく参加できるように盛り上げます。

以上がスポーツジムのインストラクターの大まかな仕事の紹介でした。

なによりも利用者のことを考えた仕事となりますので、人のために働くことが好きという人には向いているかもしれません。

どんな会社で事務インストラクターの仕事があるの?

1. 株式会社THINKフィットネス

株式会社THINKフィットネスは、世界トップクラスのフィットネスクラブ「ゴールドジム」を国内で70店舗以上運営している会社です。

普段からウェイトトレーニングをしている人であれば、未経験でも応募可能です。

ゴールドジムの利用料が免除であったり、研修制度が整っていたりという環境も整っています。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. ミズノスポーツサービス株式会社

ミズノスポーツサービス株式会社は、ミズノ株式会社による100%出資子会社です。

「健康とスポーツ」をコンセプトとしてスポーツ施設各地域密着型で展開しています。

未経験・無資格で応募可能で、資格取得支援制度もあります。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他のジムインストラクター募集は?

上記の会社以外にもジムインストラクターの仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

\他にもたくさん「ジムインストラクター」の募集中の仕事があります/

(他の会社も含めて募集を確認できます)

ジムインストラクターが向いている人の5個の特徴とは?

ここからはスポーツジムのインストラクターに向いている人の特徴を紹介します。

「ジムのインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

相手の立場に立って物事を考えられる人

スポーツジムのインストラクターは人対人の仕事です。

そのため、1日働くだけでかなりの人数の利用者と関わります。

関わる利用者はインストラクターに聞いてほしい悩みや、トレーニングに関する聞きたいことがあり声をかけてくることも多いです。

スポーツジムのインストラクターは常に利用者が何に対して悩んでいて、なにを希望しているのかを頭に入れながらアドバイスをする必要があります。

コミュニケーションをとることが好きな人

コミュニケーション能力はスポーツジムのインストラクターにとってかなり重要です。

利用者と会話をすることは利用者とインストラクターの間に信頼関係を築くことができ、あなたの出勤している日にあえて利用しに来てれることもあります。

自分の出勤日に利用者がきてくれることはインストラクターにとって良いコミュニケーションをとれていたという自信にもなりますよ。

向上心のある人

スポーツジムのインストラクターは常に新しい知識を習得していく必要があります。

そのため、会社によっては勉強会や研修を頻繁に行なっている所も多いです。

そうした勉強会や研修に積極的に参加することで新しい知識を得て、利用者に提供できるようになるのです。

トレーニングの知識は一朝一夕で手に入るものではないので、常に勉強と研究を重ねていく向上心のある人に向いています。

体力に自信がある人

スタジオレッスンのインストラクターは、長いレッスンで60分以上動き回ることがあります。

また大きな声でレッスン参加者に動きの説明をするので、余計に体力が必要です。

さらに1日1本のレッスンではなく1日3本をこなす日もあるので、体力はかなり必要です。

周りのスタッフと協力できる人

スポーツジムのインストラクターは1人でなにかをこなすということは少なく、複数のスタッフの協力があって初めて業務をこなせることのほうが多いです。

そのためにはスタッフ同士のコミュニケーション能力も大事ですし、なにより協力するという気持ちが大事です。

ジムインストラクターが向いていない人の3個の特徴とは?

スポーツジムのインストラクターに向いていない人の特徴は3つあります。

その特徴を以下にまとめてみました。

1人でコツコツと仕事をしたい人

スポーツジムのインストラクターは前述したとおり、人対人の仕事です。

そのためコツコツと自分のペースで仕事をしたいと考えている人にとって、スポーツジムのインストラクターは難しいかもしれません。

スポーツジムの会社によっては事務職もあるようですが、仕事のメインは人と関わるという点がメインなので、事務職を応募しているところは少ないでしょう。

掃除や点検作業などの手が汚くなることが嫌な人

スポーツジムのインストラクターの仕事として、終業後にトレーニングマシンの掃除や点検を行うことはよくあります。

そのようなときに油で汚れている部分や、ワセリンが塗られているところなどを触る機会はかなり多いです。

また利用者の汗がついたマシンを拭く作業などもあるので、手が汚くなるのが嫌だなと考える人には苦痛を伴う仕事になるかもしれません。

積極的に行動しない人(仕事の指示を待ってしまう人)

スポーツジムのインストラクターだけでなくすべての職種でいえることなのですが、積極性は大事です。

特にスポーツジムのインストラクターに関しては勉強会や研修などの参加を任意にしている所は多いです。

そのため、積極的に学びに行くという姿勢や、人と関わっていこうという気持ちがより良いスポーツジムのインストラクターになるためのポイントとなります。

以上がスポーツジムのインストラクターに向いている人の特徴と向いていない人の特徴です。

ただあくまでこの特徴は一例に過ぎません。

向いていない特徴にあてはまってしまったからといって、確実に向いていないというわけではありません。

逆に向いていない特徴は頑張りしだいで今後修正可能なものばかりなので、もし諦めずに目指したいという人がいらっしゃれば、ぜひ頑張ってほしいです。

ジムインストラクターのスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

パーソナルトレーナー

スポーツジムのインストラクターの他に、外部からトレーニング指導のみ担当するパーソナルトレーナーがいる会社もあります。

利用者のトレーニング指導を中心に働きたいと考える人はパーソナルトレーナーの資格を取り、提携会社のジムの中で働くという手もあります。

理学療法士

理学療法士は4年制の学校に通い資格を取ったあとに病院や施設で働くことが多いです。

理学療法士の勉強は主に体の筋肉や骨の構造、可動域などが主流になり、スポーツジムのインストラクターで得た知識が役に立つ場面も少なくありません。

どちらの仕事も人対人の仕事ということもあり、スポーツジムのインストラクター時代に培われたコミュニケーション能力は無駄にはならないでしょう。

看護師

看護師

スポーツジムのインストラクターと看護師は全く関係ないように見えます。

しかし、理学療法士と同じで人対人の仕事であることに変わりはなく、また整形外科に配属されている看護師は体の構造をしっかりと理解しておく必要があります。

リハビリも看護師が行うこともあるのでスポーツジムのインストラクター時代の経験は充分に活かせるでしょう。

営業職

スポーツジムのインストラクターでスタジオレッスンを任されたことがある人は経験していると思いますが、レッスン中のトークにも気を配ります。

そのため、自然とトーク力は養われていき、老若男女問わず様々な人とコミュニケーションをとることが可能になります。

そうした面で営業職はトーク力が大事な部分が多いので、スポーツジムのインストラクターで培ったトーク力は重宝されるでしょう。

各種インストラクター

インストラクターといってもたくさん種類があります。

その中でもスポーツジムのインストラクターを経験してできるのはヨガ、ピラティス、水泳、ダイビングなどです。

働いている会社によっては各種インストラクターの資格を取るために研修を紹介してくれたり、条件付きで試験を受けるための準備をしてくれるところもあります。

もしスポーツジムのインストラクターで働いている時にこれらの資格に興味をもつことがあれば、社員や上司に聞いてみるとよいかもしれませんね。

これからジムインストラクターの仕事をはじめるには、どうしたらいい?

スポーツジムのインストラクターの仕事を始めるために必ずしなければならないことは基本的にありません。

なぜなら働き始める人の大半が指導経験のない人やスポーツ自体未経験の人だからです。

もし何かを始めたいというのであれば、筋肉の場所とトレーニング名を覚えてしまいましょう。

それだけでも研修を受けていると時に理解が深まります。

24時間のスポーツジムなどで働く場合は特に指導をすることがないので清掃や点検、入会受付などの業務になります。

もし、本格的にインストラクターとして働きたいのであれば、大手のフィットネス会社を選ぶと良いでしょう。

「ジムのインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ジムインストラクターの仕事で就職するために

ここからはスポーツジムのインストラクターとして就職するにあたって必要な資格やスキル、経験を紹介していきます。

資格は必要?

これといって資格は必要ありません。

ただ、入職してから会社内で使える資格や体育協会が定める資格を取ってほしいと上司から言われることがあるかもしれません。

そういう上司からの提案はあなたにとって必要だと思ってのことなので、積極的に取りに行きましょう。

なかには講習を受けるだけで取れてしまう資格もあるので、ぜひ調べてみてください。

必要なスキルや経験は?

資格と同様に事前に必要なスキルや経験は基本的にありません。

強いて言えば、挨拶がしっかりできてコミュニケーションが取れることくらいです。

入職してから得られることの方が多いので、1つ1つの研修や勉強会を大切にしてください。

ジムインストラクターになるには、こちらの記事も参考に!

まとめ

以上がスポーツジムのインストラクターに関する紹介記事でした。

なんとなくイメージしやすくなったでしょうか?

全てのスポーツジムが同じような働き方をしているわけではないですし多少違いはありますが、1つだけ変わらないことはスポーツジムのインストラクターは利用者の健康を維持するための仕事だということです。

利用者の希望に沿った健康を実現させるために努力をする必要があります。

自分の好みや得意分野のみで勝負できる仕事ではないので、日々勉強を重ねていくべき仕事であることは忘れないでくださいね。

利用者の希望に沿った健康維持を行えたと実感できる日がきたら、スポーツジムのインストラクターの仕事はあなたにとって天職になること間違いなしです!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ジムのインストラクターバイトを探すときには、こちらの記事を参考にしてみてください!

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。


ジムインストラクター求人についてもっと深堀りした情報を見る

スポーツジムインストラクターの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

大勢のお客さんの前に立ってスタジオレッスンを行ったり、お客さんと一対一でトレーニングのサポートをしたりと、様々な形で様々なお客さんと密に関わっていくスポーツジムのインストラクター。生理学やトレーニングに関する知識はもちろん、高いコミュニケーション能力も求められる仕事です。そんなスポーツジムインストラクターは、いったいどのような人が向いているのでしょうか。今回はスポーツジムインストラクターの仕事や、向き不向きについてご紹介したいと思います。スポーツジムインストラクターの仕事にはどんな業務がある?冒頭でも述べたよう、スポーツジムインストラクターのメイン業務はお客さんのトレーニングサポート。また、ス

スポーツジムインストラクター求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

体力作りやダイエット、生活習慣の改善など、様々な目的で幅広い年齢の人が通うスポーツジム。そこでみんなの案内人としてキラキラと活躍するのが、スポーツジムインストラクターです。実は、スポーツジムのインストラクターには2つの種類があります。1つ目は、スポーツジムの社員として所属し、レッスンだけでなく運営などにも携わるタイプ。もう1つは、フリーのインストラクターとして様々なジムでレッスンのみを行うタイプです。今回はスポーツジムで正社員として働くインストラクターの仕事内容や求人について解説します。「スポーツジムのインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →スポーツジムインストラクターのお

スポーツジムインストラクターが上手い人の7個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ここではスポーツジムインストラクターが上手い人の特徴と、その力を活かせる職種・仕事も紹介していきます。スポーツジムに必ずいるのは、トレーニングを指導してくれるインストラクターですよね。ただインストラクターによっては説明がわかりづらかったり、聞きたいこととは別の回答が返ってきてしまう…なんて経験をしたことはありませんか?トレーニングの効果を最大限にだすにはきちんと説明や指導をしてくれるインストラクターに聞きたいですよね!この記事でどんなインストラクターに聞くとよいかを把握しちゃいましょう!「スポーツジムインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →スポーツジムインストラクターとはど

ジムインストラクターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

最近は健康志向の高まりから、老若男女問わず日常的にスポーツを楽しんだりジム通いをする人も増えてきました。スポーツジムやフィットネスクラブが私たちの身近な存在になってきたことで、そこで働く「ジムインストラクター」の職に興味を抱く方も増えてきています。今回はジムインストラクターのアルバイトの全体像を、その仕事内容や勤務環境、働くことで得られるメリットなどを解説することで簡潔に紹介していきます。ジムインストラクターのバイトはどんな仕事?はじめにジムのインストラクターとはどんな仕事なのかを考えてみましょう。インストラクターの職務を簡潔に表すと、「自分がパフォーマンスをする」のではなく「お客様の健康維持


\ジムインストラクターが向いてると思ったら/
こちらから仕事をチェック!