ジムインストラクターの仕事内容についてここでは詳しくお話しさせていただきます。

意外と知られていないジムインストラクターの業務は、実は裏方仕事がかなり多いって知っていますか?

今回は普段お客の立場では知ることができないジムインストラクターの支店長の役割やマネージャーの仕事をスポーツ好きな人に向けて詳しく解説していきたいと思います。

この職業ならではなメリットもお伝え出来ればと思いますので、この記事を読んでジムインストラクターに少しでも興味を持っていただけたらと思います。

「ジムのインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「ジムインストラクター」の仕事例をチェック

ジムインストラクターの仕事は大きく3個の役割に分けられる

支店長

支店長はその名の通り、その支店の長になります。

マネージャー

店舗によってマネージャーの人数は変わりますが、各エリアに必ず1人はスタッフをまとめるマネージャーが存在します。

スタッフ

スタッフはアルバイトも社員も含めて同じ名前で呼びます。

支店長の3個の業務

支店長会議

支店長は会議などで店舗にいることは少ないです。

向かう先は本社であることがほとんどです。

支店長会議は本社で行われることが多く、私の職場は必ず朝に行われていた会社なので朝は支店長がいませんでした。

営業中はスタジオレッスンを担当することもある

支店長の意向にもよるのですが、体育会出身が多いためずっとデスクワークはきついのでしょう…スタジオレッスンを担当する人が多いです。

スポーツジムのスタジオレッスン利用者からするとめったにないイベントなので支店長が行うスタジオレッスンはかなり人気があります!

支店内会議

週に数回支店内会議を各エリアマネージャーと行います。

会議の中では今後の営業方針や現状把握、アルバイトや社員の働く様子などを報告し、継続するべきなのか改善するべきなのかを話し合います。

支店長のポジションとしてはエリアマネージャーの提案などにGOサインを出すか出さないかの判断をします。

マネージャーの3個の業務

営業開始前

マネージャーは営業開始前に事務作業を行なっていることが多いです。

営業が始まると、マネージャーにもレッスン指導などがあるので事務作業はなるべく利用者が来る前に行ないます。

営業中

営業中は事務作業ができる時間があれば事務作業に徹し、レッスンの時間になればレッスンの準備に入ります。

またクレームなどの対応はフロントエリアのマネージャーが受けることが多いです。

マシンジムエリアのマネージャーはマシンジムの安全が守られているか、スタッフや利用者の調子の確認など幅広く視野を持ち業務にあたります。

店舗によってはエステやゴルフ、テニス、ダイビングなどのエリアがあり、それらのマネージャーも同じような業務をこなします。

また週に数回支店内会議が行われるので、事務作業中に資料の製作を行なったりします。

場合によっては社員のスタッフに仕事を振るときもあります。

さらに新人スタッフの研修にもつきあうことがあるので、営業中は常に時間との勝負です!

営業終了後

営業開始前、営業中に終わらなかった事務作業を終わらせてから帰る人がほとんどです。

スタッフ(アルバイト、社員含む)の3個の業務

営業開始前

営業開始前は館内の各エリアの掃除、整備点検、必要物品の準備等を行います。

社員は当日の業務がしっかりと回せているか、シフトに空きがないか最終確認を行います。

もしシフトに空きがある場合は修正をおこない必要があればアルバイトに電話をかけて出勤できないか連絡をします。

営業中

営業中は各エリアによって業務が異なるのでエリアごとに分けて解説します。

マシンジムスタッフの場合

マシンジムスタッフは時間ごとに業務が区切られています。

私の職場は1時間ごとで業務が違いました。

業務の内容はマシンジムの巡回、プールサイドの巡回、スタジオレッスン担当、パーソナルトレーニング担当に分かれており、マシンジムとプールには最低でも1人はスタッフがいるようなシフトが組まれています。

もろろん営業中に出た洗濯物や汚れたマットなどはマシンジムスタッフが洗濯をして干します!

フロントスタッフの場合

フロントスタッフの営業中の業務は受付で入店受付と退店受付、新規入会、退会手続きなどをします。

またクレームもだいたいフロントに言われてしまうのでクレーム対応も引き受けないといけません。

営業終了後

営業終了後もエリアによって業務内容が異なる部分があります。

マシンジムスタッフの場合

営業終了1時間前になると利用者も減るので、必要のないマシンの電源を切り、そこの清掃を始めます。

また掃除の際にも整備点検をする箇所がないか確認します。

15分前にはエリアが閉まるのでそのエリアに利用者が残っていないかどうか確認し、業務を終えます。

スタジオを最後に使用したスタッフはスタジオの清掃をし、プール監視のスタッフはプールエリアを閉める業務に入ります。

フロントスタッフの場合

まずはロッカーキーが営業開始前と同じ個数あるかを確認します。

利用者が全員退店したあとはレジ締めを行います。

売り上げと入金の報告をPCに打ち込み、マネージャーにも報告をします。

「ジムのインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ジムインストラクターの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

やりがいを感じ方はエリアによって違うのですが、マシンジムのスタッフ経験者としては、やはり自分がパーソナルトレーニングを担当した利用者にトレーニングの成果が見えたときです。

自分の教えていたことは間違えていなかった、個別性に焦点をあてた指導ができていたのだという自信につながります。

面白いポイント

インストラクターとして面白いと感じたポイントは「利用者がいまなにに悩んでてどうなりたいかを会話の中から探っていく」という点です。

利用者も悩みは話してくれますが、どうなりたいという希望やこうしていきたいなどの要望を伝えてくることは少ないです。

上手く希望が見えてこない人に関しては、「はい」や「いいえ」で答えられる〝クローズドクエスチョン〟で回答しやすくします。

そうすることで、希望を言いやすい環境にしていく。

そのうえでどういうメニューにしていくか決めるところがマシンジムスタッフの醍醐味でしょう。

もちろんその段階まで行くのには努力が必要ですが…。

フロントスタッフにも面白いポイントがあります。

やはりスポーツジムに入って最初に見るのがフロントスタッフです。

「笑顔が素敵だね」「元気な顔をみるとこっちまで元気になるよ」などの声をもらったり、入会手続きを担当した利用者が継続してきてくれていることを知ったときは面白いなと感じますよ。

ジムインストラクターの仕事はこんな人にはおすすめ!

体を動かすことが好きな人

ぜひスタジオレッスンのインストラクターになってください!

ジムの利用者と一緒に汗を流しながら、自分の運動にもなるので一挙両得ですよ!

接客や人と話すことが好きな人

ぜひフロントスタッフかトレーニング指導の道に進んでほしいです!

誰とでもコミュニケーションを取れるようになるかどうかは話すこと自体好きかどうかにかかっています!

好奇心旺盛な人

ぜひトレーニング指導の道に進んでください!

好奇心が筋肉やトレーニング、栄養にまで向けばなおさらおすすめです!

利用者は知識が豊富なスタッフを求めているので、ぜひ知識が豊富なスタッフになってくださいね。

「ジムのインストラクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

以上がジムインストラクターの仕事内容や業務についての解説でした!

意外と目立たない仕事が多いのですが、努力をすれば花形の仕事が待っているのでぜひ頑張ってみてください!




ジムインストラクター求人についてもっと深堀りした情報を見る

スポーツジムインストラクターの仕事内容12の業務。きつい?向いている・向いていない人の特徴。

スポーティーでキラキラしたイメージがある、スポーツジムのインストラクター。実際は、どのような人がどのように業務をこなしているのでしょうか。また、雇用形態はどのようなパターンがあるのかも気になりますよね。そこで今回は、スポーツジムのインストラクターを目指す人のために、仕事内容や向いている人、向いていない人の特徴などご紹介いたします。スポーツジムインストラクターの大まかな仕事内容スポーツジムのインストラクターのメインとなる業務は、大まかに以下の二つが挙げられます。お客さんのトレーニング指導スタジオレッスン多くのジムではインストラクターの他に受付スタッフがいますが、小さなジムや24時間営業のスポーツ

ジムインストラクターになるには?資格や勉強、ジムで働くために必要なスキルをご紹介!

健康志向の高まりやスポーツ文化の発展もあり、最近は老若男女問わずさまざまなお客様が利用するようになった「スポーツジム」。今回はそんなホットな職場で働く「ジムインストラクター」という職種について解説していきます。具体的には、この仕事に就くにあたり、必要になる資格や勉強しておくべきこと、必要なスキルなどについて、私自身の経験を踏まえた上で順に紹介していきます。ジムインストラクターの仕事に興味をお持ちの方は、ぜひ一度目を通してみてください。ジムインストラクターにはどんな種類があるの?ジムインストラクターとは、スポーツジムなどの施設でさまざまなレッスンのインストラクト(指導)を行ったり、その施設の器具

スポーツジムインストラクターのアルバイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

スポーツジムインストラクターのアルバイトに興味のある方は必見です。「スポーツジムのインストラクター」と聞くと、運動神経が抜群な一部の人しかできないようなハードルの高いアルバイトだと感じますよね。でも実は、スポーツジムのインストラクターバイトはどなたでもできるんです。今回はそんなインストラクターとして働けるスポーツジムのメリットや身に付くスキルについて解説していきます。私はこんなところでスポーツジムインストラクターのアルバイトをやりました私がアルバイトとしてスポーツジムのインストラクターをしていたのは、大手のスポーツジム。大体どこのスポーツジムもインストラクターのアルバイトを募集しています。採用

スポーツジムインストラクターとして優れた人の7個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ここでは、スポーツジムインストラクターとして優れた人の特徴と、その力を活かせる職種・仕事も紹介していきます。スポーツジムには、トレーニングを指導してくれるインストラクターがいます。しかし、インストラクターによっては説明が分かりづらかったり、訊きたいこととは別の回答が返ってきたりしてしまう…なんて経験をしたことはありませんか?トレーニングの効果を最大限に出すには、きちんと説明や指導をしてくれるインストラクターに訊きたいですよね。この記事では「スポーツジムインストラクターの概要」「頼れるインストラクターとはどんな人か」「ジムインストラクター経験を活かせる仕事」をご紹介します。スポーツジムインストラ

ジムインストラクターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

最近は健康志向の高まりから、老若男女問わず日常的にスポーツを楽しんだりジム通いをする人も増えてきました。スポーツジムやフィットネスクラブが身近な存在になってきたことで、そこで働く「ジムインストラクター」の職に興味を抱く方も増えてきています。今回は、ジムインストラクターのアルバイトの仕事内容や勤務環境、働くことで得られるメリットなどを解説していきます。ジムインストラクターのバイトはどんな仕事?はじめに、ジムインストラクターとはどんな仕事なのかを考えてみましょう。インストラクターは「自分がパフォーマンスをする」のではなく、「お客様の健康維持やパフォーマンスの向上をサポートする」仕事と言えます。ジム