最近は健康志向の高まりから、老若男女問わず日常的にスポーツを楽しんだりジム通いをする人も増えてきました。

スポーツジムやフィットネスクラブが私たちの身近な存在になってきたことで、そこで働く「ジムインストラクター」の職に興味を抱く方も増えてきています。

今回はジムインストラクターのアルバイトの全体像を、その仕事内容や勤務環境、働くことで得られるメリットなどを解説することで簡潔に紹介していきます。

ジムインストラクターのバイトはどんな仕事?

はじめにジムのインストラクターとはどんな仕事なのかを考えてみましょう。

インストラクターの職務を簡潔に表すと、「自分がパフォーマンスをする」のではなく「お客様の健康維持やパフォーマンスの向上をサポートする」仕事といえます。

もちろんご自身が体を動かす場面は多いですが、必ずしも実践して見せる必要があるわけではなく、ジムに来られるお客様の目的・目標の達成を手助けすることを一番に考える必要があります。

ジムインストラクターのバイトの大まかな仕事内容

次にジムインストラクターの仕事内容を確認していきましょう。

ジムインストラクターの業務は大きく分けて「施設管理」業務と「顧客対応」業務の2つに分けられます。

「施設管理」とは清掃や機器のメンテナンス業務などを通じて施設を常に安全・清潔な状態に保ち、お客様に快適で魅力的な環境を提供する職務になります。

毎日のオープン前の清掃業務から始まり、ジムエリアだけでなくロッカールームや駐車場に至るまで、施設敷地内すべてを適切な状態に管理する仕事です。

「顧客対応」ではお客様に機器の使い方やトレーニング方法を案内したり、場合によっては生活習慣のヒアリングを含むカウンセリングを行います。

この職場ならではのやりがいを感じることができ、競合店との差別化を図って顧客満足を高めるためにとても重要な職務です。

ジムインストラクターのバイトでよくある勤務先

ひとことで「ジムインストラクター」といっても勤務先はさまざまです。

ここでは代表的なものとして考えられるものを紹介しておきます。

スポーツジムやフィットネスクラブ

ジムでのバイトといえば一般的には「スポーツジム」や「フィットネスクラブ」におけるインストラクターがイメージされます。

特別に資格や経験を求められることはありませんが、店舗の規模によって従事する仕事内容に多少の違いは生まれます。

たとえば小規模店舗であればジムエリアでの仕事に加えて受付業務をしなければならないことも考えられますが、比較的大きな店舗では完全分業体制をとることができますので、ジムエリアの特定のポジションを担当することもあります。

市町村の公共施設、福祉施設

市町村などの自治体が運営主体の体育館内にあるトレーニングルームや、病院・介護施設内にあるリハビリを兼ねたトレーニング室などで働く選択肢もあります。

この場合、上記のスポーツジムやフィットネスクラブでの勤務と異なり、特定の資格や経験を求められることもあります。

特に病院・介護施設や福祉施設などでの勤務となると、アルバイトとはいえ専門的な知識・能力をもっていることが要件とされる場合もありますので、応募の際には事前にご自身が資格要件を満たしているかを確認しておきましょう。

ジムインストラクターのバイトはこんな人に向いている!

次にインストラクターの仕事に向いている人の特徴を見ていきましょう。

必ずしも備えていなければならない要件というわけではありませんが、もしご自身が以下の特徴に該当しているのであればジムインストラクターのバイトに応募することを前向きに考えてみてもいいかもしれません。

運動や体を動かすのが好きな人

日頃から運動をしていたりそもそも体を動かすことが好きな人は、インドア派の人よりもインストラクター向きといえるでしょう。

この職場では体を動かすことが多いことに加え、お客様は「運動すること」や「体を動かすこと」を目的に来館されているので、運動嫌いのインストラクターではお客様のモチベーションを下げかねません。

とても大切な特徴のひとつといえます。

モチベーションを上げるのが上手い人

お客様は健康維持やダイエット、体力増強など一人ひとりの「目的・目標」を達成するためにジムで汗を流す覚悟を決めますが、当初の目的・目標を維持し続けるのは簡単なことではありません。

特に今まで運動習慣がなかったお客様がジムに定期的に通い続けるというのは想像以上に難しいようです。

そのためインストラクターの大事な仕事としてお客様の「モチベーションを上げる」ということがあります。

お客様の「随伴者」のような役割を担うことがインストラクターの職務のひとつでもありますので、モチベーションを上げることが上手な人はこの職場で必要とされている人材なのです。

スポーツジムインストラクターに向いている人については、こちらの記事も参考に!

ジムインストラクターのバイトでよくある募集内容とは?

ここからはジムインストラクターのアルバイトの求人募集の内容をいくつか紹介していきます。

ぼんやりとでもインストラクターが働く現場をイメージしてみましょう。

時給相場

ジムインストラクターの時給相場は「最低水準」に近いことが多いようです。

私がフィットネスクラブでアルバイトとして勤務していた時の時給は、その自治体の最低時給近辺の額であり、コンビニのバイトよりも少しだけもらえるというぐらいの給料でした。

人手不足が深刻な昨今は当時と状況が異なりますし、地域によっても多少の違いはありますが、ひとつ確かなことは「高時給」な職場ではないということです。

シフトの入れ具合

ジムインストラクターはシフト制で勤務することが基本になりますが、その体系は「固定シフト」に近くなります。

つまり、午前中・午後・夕方などの時間帯ごとにおおよその担当が決まっていき、同時に勤務する曜日もだいたい毎月同じ曜日になる傾向があるということです。

求められる人物像

ジムインストラクターに求められる人物像は、先ほど紹介したこの職場に向いている人の特徴とほぼ同じと考えてよいでしょう。

以下で簡単に解説しておきます。

運動が得意な人

運動好きや運動が得意な人はこの職場で重宝されます。

なぜなら日頃運動している人は自身もトレーニングの経験があることも多く、基礎的な知識をもっていると考えられるからです。

加えてお客様にも当然運動好きな人が多く、運動に関するトークができるということは接客時にプラスにはたらくので運動が得意な人が求められるのです。

教えることが好きな人

実際にジムで勤務をしていると想像以上にお客様から声を掛けてもらえるものです。

たわいもない世間話もありますが、多くは機器の操作方法やトレーニング方法に関しての質問になります。

そのため人に何かを教えることが好きで相手の立場に立ってものごとを考えることができる人は、この職場になくてはならない存在といえます。

アルバイトと正社員では働き方に差があるの?

ここではアルバイトと正社員の働き方や待遇を比較してみましょう。

ちなみにインストラクターの仕事で派遣や契約といった雇用形態はあまり見かけませんので、今回はアルバイトと正社員という2つに絞って解説します。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

以下で解説しているようにアルバイトスタッフと正社員では仕事内容に違いがありますので、「仕事量」というものさしでは単純に測れませんが「責任」の度合いは正社員の方が大きくなります。

どちらの仕事も重要であることに変わりはありませんが「持ち場」が異なることで「責任」の度合いも異なってくる、という認識でよいでしょう。

仕事内容は変わる?

アルバイトスタッフが「現場での顧客対応」を主に行うのに対し、正社員は会員登録情報の管理や施設運営管理などの「事務作業」を担当することが多いです。

もちろん正社員のスタッフも現場で顧客対応を行いますが、事務所内での作業が増えることで現場に立つ頻度はアルバイトに比べ減少します。

それぞれ求められるスキルは?

仕事内容が異なるので求められるスキルにも違いがみられます。

アルバイトスタッフには「顧客対応」や「清掃業務」を確実にこなすスキルが求められ、正社員にはそれにプラスして「事務作業」を行う能力も求められることになります。

つまり正社員に求められるスキルとは、「アルバイトスタッフのスキル+事務作業能力」といえます。

収入面は?

収入面での差はそれほど大きなものではないようです。

店長などの管理職であれば別ですが、一般の正社員の給与額は同程度の時間働いたアルバイトスタッフと大差ありません。

正社員

職場が一般的なジムなのか、公共施設などに付属するトレーニング施設なのかによって平均的な給与額は異なります。

あえて全体的な印象から相場観を出すとするならば、ジムインストラクターの正社員の給与額は「中の下」~「下の上」くらいにおさまるでしょう。

決して高給稼ぎの職種ではありませんが、副業やバイトをしなければ生活できない、というレベルではないようです。

バイト

アルバイトスタッフの平均的な時給額は高くありません。

しかしそれはあくまで働きはじめの時給額に関してであり、この仕事はアルバイトスタッフでもスキルや能力の習熟レベルにより定期的な昇給システムが整えられている職場でもあります。

長く続ければ続けるほどメリットのある職場といえるでしょう。

ジムインストラクターのバイトで働くメリット

最後にジムインストラクターのバイトをすることで得られるメリットを3つ、デメリットを2つ簡単に紹介しておきます。

ご自身の希望とマッチするかどうか確認してみてください。

受講生のスキルアップを感じられる

指導したお客様・受講生がその効果を実感しているときほど、この仕事のやりがいを感じることはないでしょう。

やるかやらないかは結局お客様次第なので、トレーニング指導は困難なタスクであることに違いありませんが、その分お客様が満足している姿を見た時には本当に気持ちがいいものです。

感謝の言葉をかけてもらえる

お客様の感謝の気持ちを直接受け取ることができるのもこの仕事の魅力のひとつです。

機器の使い方ひとつとってもお客様からすればインストラクターは身近なサポーターのような存在なので、他の職場に比べても頻繁に感謝の言葉をかけてもらえる仕事といえるでしょう。

コミュニケーション能力が上がる

日々お客様と会話をする仕事のため自然とコミュニケーション能力が向上していきます。

またお客様にはご高齢の方も多く日頃接点の少ない方たちと会話する機会ができることで、ご自身の視野や考え方が広がることでしょう。

ジムインストラクターのバイトで働くデメリット

インストラクターの仕事は上述のような魅力がある職場ではありますが、同時にデメリットともいえる特徴があるのも事実です。

代表的なものを2つ確認しておきましょう。

責任が大きい

トレーニングは機器の使い方を誤ったり不注意をしたりすれば、即座にけがや場合によっては命に関わる事態につながるものです。

これは大げさな話ではなく、多くのフィットネスジムで心肺蘇生法や人工呼吸の研修をアルバイトスタッフに課している事実からも、この職場がとりわけ「責任の大きい」部類に入ることがわかります。

デメリットというよりは、この職場特有の「特徴」と表した方が適当かもしれません。

土日祝日に出勤しなければいけない

スポーツジムもサービス業なので、土日祝日はむしろ書き入れ時になります。

そのため平日5日間勤務して毎週土日はお休み、というシフトを組めることはあまり期待できません。

それでも主婦パートさんなどでそのような働き方をしている人もいますので、まずは面接時に土日勤務について尋ねてみるのもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

ジムインストラクターのバイトは比較的お客様との距離が近い部類に入る職場といえます。

そのためお客様の感謝や不満の声がダイレクトに伝わってくることも多く、仕事を始めて間もないころはそのたびに一喜一憂する日々が続くかもしれません。

しかし現場に慣れていくに従い、先輩や同僚のサポートも相まってこの仕事のメリットややりがいを見出していけることでしょう。

少しでもご興味があればまずは求人検索から始めてみてください。