大勢のお客さんの前に立ってスタジオレッスンを行ったり、お客さんと一対一でトレーニングのサポートをしたりと、様々な形で様々なお客さんと密に関わっていくスポーツジムのインストラクター。

生理学やトレーニングに関する知識はもちろん、高いコミュニケーション能力も求められる仕事です。

そんなスポーツジムインストラクターは、いったいどのような人が向いているのでしょうか。

今回はスポーツジムインストラクターの仕事や、向き不向きについてご紹介したいと思います。

スポーツジムインストラクターの仕事にはどんな業務がある?

冒頭でも述べたよう、スポーツジムインストラクターのメイン業務はお客さんのトレーニングサポート。

また、スタジオレッスンやパーソナルトレーニングの提供です。

しかし、それだけではありません。

スポーツジムによっても異なりますが、ジム内の安全管理や清掃など様々な業務をこなしているのです。

下記にスポーツジムインストラクターがこなす可能性がある業務についてまとめます。

お客さんのトレーニング指導

まずメインの業務の一つとしてあげられるのが、お客さんのトレーニング指導。

スポーツジムに入会したものの、トレーニングが全くはじめてという方に対してマシンを教えます。

マシンを教えるに当たって、お客さんの要望に沿ったトレーニングメニューを作成するというジムも。

また、トレーニングメニューの作成まではいかなくとも、お客さんにちょこっとトレーニングを教えたりすることもあります。

パーソナルトレーニング

上記のトレーニング指導は、基本的に無料のものを指します。

スポーツジムにはそれ以外にも、より高い目標を達成するために個別でトレーニングを行う「パーソナルトレーニング」というものがあります。

そちらは別途費用を払い、トレーナーと一対一でプライベートトレーニングを行うというもの。

パーソナルトレーニングではトレーニングメニューの作成だけでなく、お客さんのフォームや重さまで細かくチェックする必要があります。

その他、自宅でできるトレーニングや食事内容の指導も行うということも。

スポーツジムによっては、パーソナルトレーニングを担当する場合、時給が上がったり時給以外にインセンティブが発生する可能性が高いです。

スタジオレッスン

スタジオにて、大勢のお客さんの前に立ちエアロビクスやヨガなどのグループレッスンを行う業務。

スタジオレッスンを担当するか否かは希望制というところがほとんど。

研修を受ければアルバイトでも担当できるスポーツジムもあります。

パーソナルトレーニング同様、時給が上がったりインセンティブが発生したりする可能性が高いです。

ジムやプールの安全管理

インストラクションを行っていない時のメイン業務が安全管理。

ジムエリアやプールを見回り、トレーニング中のお客さんに異常が無いかを常にチェックします。

また、危ないマシンの使い方をしているお客さんがいないか、マシンの使い方がわからず困っているお客さんがいないかなども確認。

該当者がいた場合は自らお声がけに行き、ジムエリアやプール内の安全を保ちます。

入会・退会受付

大きいスポーツジムなどはインストラクターの他に受付スタッフがいますが、小さなジムや24時間営業のスポーツジムなどはインストラクターがフロント業務も兼務。

受付・フロント業務のメインになるのが、入会と退会の受付です。

入会や退会に当たってお客さんに書類を記入してもらい、スポーツジム利用に関する注意点などを説明します。

また、入会後の顧客情報の管理などを行うこともあります。

清掃

清掃業務のみを行うスタッフを雇っているスポーツジムもありますが、中にはスタッフが全て清掃を行うというスポーツジムもあります。

こちらも、規模の小さいスポーツジムや24時間営業のスポーツジムに多いケースです。

具体的にはマシンをアルコールで消毒したり、プールサイドのコケを落とすといったジムエリアの清掃から、ロッカー内の清掃・忘れ物処理、シャワーブースの清掃といった管内全体に渡るものなど様々。

どうしても清掃業務をしたくないという場合は事前に確認するといいでしょう。

スポーツジムインストラクターの仕事はどんな人に向いている?

上記でご紹介した通り、スポーツジムインストラクターの業務は多岐に渡ります。

トレーニング指導などの接客だけが業務だと思っていた方は、やや驚いたかもしれませんね。

では、上記でご紹介した業務をこなすのに向いているのはどのような人なのでしょうか。

下記に向いている人の特徴についてまとめますので、ぜひ参考にしてみてください。

人と関わる事が好きな人

スポーツジムに通うお客さんは、職業も年齢も様々。

つまり、スポーツジムで働いていると日々たくさんの方々と関わることになります。

アパレルの販売や飲食店のように決められたトークスクリプトがあったり、短い会話のみで接客が完結したりする接客業あればそこまで人が好きでなくてもこなす事ができますが、スポーツジムインストラクターはそうはいきません。

初対面のお客さんとうまくコミュニケーションを取りながらどのようになりたいかヒアリングをし、トレーニングメニューを提供する必要があります。

また、スタジオレッスンに参加してもらったり、パーソナルトレーニングを申し込んでもらったりするためにも日々のコミュニケーションが必要不可欠。

したがって、人と関わる事が好きな人の方が向いていると言えるでしょう。

人のサポートをする事が好きな人

スポーツジムのインストラクターは、スポーツジムに通うお客さんのダイエットや運動をサポートする仕事。

担当するお客さんの目標達成に向け、食事や運動方法などを細かく考えて上げなければなりません。

無理があるようであれば変更が必要ですし、途中結果が芳しくなければ改善の必要があります。

また、スポーツジムによってはお客さんから毎食のメニューを送ってもらい、毎回コメントしなければならないなんてことも。

このようにインストラクターはかなり密なサポートが必要になるため、人のサポートをする事が好きな人の方が楽しく仕事に取り組む事ができるといえます。

追求する事が好きな人

世の中では、常に新しいトレーニング方法が発明されています。

また、たくさん存在するトレーニング方法の中でも、人によって合うものと合わないものがあります。

お客さんの目標を達成させて上げるためには、常にそれらの研究が必要。

自身が活躍していくためにも勉強は必要不可欠な存在です。

したがって、勉強熱心であったり何かを追求する事が好きな人の方が向いているでしょう。

体を動かす事が好きな人

スポーツジムのインストラクターは、毎日のように体を動かします。

トレーニング指導やパーソナルトレーニングであればそんなにハードには動かしませんが、スタジオレッスンを行うとなればその運動量はかなりのもの。

体を動かす事が好きでないと務まらないといっても過言ではありません。

逆にスポーツジムインストラクターの仕事に向いていない人とは?

「向いている人」の項目をお読みいただければ、コミュニケーション能力や勉強が必要不可欠なことはお分りいただけましたよね。

裏返しにはなりますが、スポーツジムインストラクターに向いていない人の特徴に関してもまとめますので、就職の参考にしてください。

人と関わる事が苦手な人、1人でいるのが好きな人

スポーツジムの利用人数は、その土地にもよりますが少なくとも1日100人はいるといっても過言ではありません。

つまり、スポーツジムのインストラクターとして活動すると、毎日100人近くの人と顔を合わせることになります。

顔を合わせるだけならまだしも、上記でも説明した通り密な接客が必要。

したがって、人と関わる事が苦手な人、人見知りの人、1人で過ごす事が好きな人には向いていないでしょう。

面倒見の悪い人

スポーツジムのインストラクターは、ジム内に困っているお客さんがいないか、お客さんが順調に通えているか、目標達成に向かっているかなど、毎日たくさんの人の様々な様子を観察し、それに見合ってサービスを提供しなければなりません。

人の様子を観察したり、よりよくするためにはどうしたらいいかを考えたりする事が必要不可欠です。

そのような事が苦手な面倒見の悪い人は、スポーツジムインストラクターに向いていないといえます。

勉強嫌いな人

スポーツジムインストラクターとして活動するにあたり、筋肉や骨の名前を覚えるのは必要不可欠。

また、どのようにしたら痩せる&筋肉がつくのか、食事や栄養はどのようなものがいいのかなど覚えることはたくさん。

しかも、それらを覚えたからといって勉強をしなくてもいいということはないのです。

なぜなら、トレーニング方法やその理論は常に更新されているから。

日々の勉強が必要です。

したがって、勉強嫌いな人ではスポーツジムインストラクターは務まらないと言えるでしょう。

運動が嫌いな人

体を動かす事が仕事といっても嘘ではない、スポーツジムのインストラクター。

特別、運動神経が長けている必要はありません。

しかしながら、運動や体を動かす事が嫌いという人には務まりにくいのが正直なところです。

スポーツジムインストラクターの仕事のやりがいとは?

ここまでで、スポーツジムインストラクターの仕事内容や向き不向きについてはお分りいただけたと思います。

最後にお伝えするのは、スポーツジムインストラクターとして活動する上でのやりがいについて。

毎日色々な人と接するスポーツジムインストラクターならではのやりがいについて、下記にまとめます。

お客さんから感謝されたとき

一番やりがいを感じるときといっても過言ではないのが、お客さんから「ありがとう」と言われたとき。

スポーツジムに通うお客さんは、みんな何かしらの目標を持っています。

リハビリのために通う、体力を上げるために通う、結婚式に向けて痩せるために通うなど、具体的な目標から大きな目標まで様々。

しかし、誰にもそれを達成する日があります。

そんな日に、「●●さんのおかげ。ありがとう!」と言われると、非常に強いやりがいを感じます。

お客さんに名前を覚えてもらえたとき

基本的にジムエリアで過ごす事が多いインストラクター。

最初はお客さんからしたらただの「スタッフさん」です。

しかし、毎日挨拶や言葉を交わす事で、次第に”お客さん””スタッフさん”ではなく、名前で呼び合うような関係になるということもしばしば。

そんなとき、スポーツジムインストラクターとしてのやりがいを感じる事が多いです。

身近な人の健康をサポートできたとき

スポーツジムのインストラクターがサポートできるのは、お客さんだけではありません。

知識があれば、自分の身近にいる人のサポートもできるのです。

家族や友人の健康に関する悩み、痩せたい・筋肉をつけたいといった悩みをサポートできたときも、「インストラクターをやっていてよかったな」とやりがいを感じる事が多くあります。

自分自身のスタイルを褒められたとき

スポーツジムインストラクターとして活動していると、毎日のように体を動かすことになります。

また、お手本として人の前に立つ以上、ある程度引き締まった体であることは必須。

それらを踏まえ日々トレーニングに励むインストラクターも多いですが、その結果お客さんや友人からスタイルを褒められたとき、やりがいを感じることがあります。

まとめ

以上、スポーツジムインストラクターの仕事内容や、向き不向き・やりがいについて解説いたしました。

スポーツジムインストラクターの基本は、お客さんとのコミュニケーション。

人と関わる事が好きな人であれば、それだけでスポーツジムインストラクターを目指す資格があるといえます。

運動神経や運動経験の有無は関係ありません。

実際、運動経験が全くない状態からスポーツジムインストラクターになる人も少なくはないのです。

この記事を読んで少しでもスポーツジムインストラクターになりたいと思った方は、ぜひアルバイトから初めてみてください。

そして、より高みを目指したくなったら専門的な資格を取ることもできます。

発展性や成長のある仕事ですので、ぜひ挑戦してみてくださいね。