ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。

「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ゴミ収集の仕事はどんな仕事?

これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。

回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。

清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。

そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。

ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容

清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が回収していきます。

平日決められた時間に決められたルートで、マンションや住宅街のゴミ集積場所をを回っていきます。

ゴミは自治体のルールに従って分別されて指定の場所に置かれているので、それをどんどん作業員がパッカー車に放り込んでいきます。

基本はゴミを車に積む

仕事は基本的にパッカー車を使って家庭から出るゴミを回収していきます。

現在では粗大ゴミや資源ゴミは殆ど民間の業者が請け負っています。

回収作業は職員1人とバイト1人がペアを組んで行います。

作業するエリアにはパッカー車に乗って移動。

つまり、ドライバーを含めて3人一組で指定の地域のゴミを回収していくのです。

ルートは予め決められていて、順番にゴミを拾っていきますが、小難しい事は一切なく、バイトは何も考えなくてもただパッカー車にゴミを積んでいけばOKです。

ただ、ドライバーやペアの職員とはその日ずっと一緒に行動するわけですから、人間関係やコミュニケーションは最低限必要でしょう。

この仕事は作業員やドライバー、バイトは全て男性です。

女性は事務に数名。

このように極端に偏っている為、人間関係は一見気楽とも言えますが、やはり色々な人がいるものです。

私の経験した所ではドカタ等のような厳しい上下関係やパワハラ等は殆ど無いですが、職員の全体的な年齢層がかなり高めなのと公務員のなかでも3Kの職場という事で、こういう場所で長年働く人達の一種独特の雰囲気は多少違和感を感じるかも知れません。

住民のクレームに気をつける

一昔前と違って、一般人や住民への対応はかなり気を使うようになっていて、何よりも清掃事務所に住民からのクレームが寄せられるのが問題となります。

昔はお役所といえばふんぞり返っているのが当たり前で、清掃局も随分長い間そのような状態だったのですが、今はそういうわけにも行かず、大分低姿勢でやっています。

住民も清掃局に対しては税金でやっているのだからしっかりして貰いたいと思うのでしょう。

とにかく、清掃局のイメージや評判の悪くなるような行動は控えるように、一般人や住民とのトラブルを起こす事無く作業を進めていく必要があります。

仕事は定時終了、残業なし

お役所なので、日曜祝日は休み。

残業も一切無く、定刻通りに帰宅出来ます。

仕事は毎日同じで、作業が速く終われば後は帰るまでの時間は全て自由時間となります。

お役所にありがちな緩い仕事なので、バイトにはリピーターも多く見られます。

「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いている?

この仕事は3Kのイメージが強く、その実態を知らない人は敬遠するかも知れませんが、既に述べたように実はそれ程キツイ仕事ではありません。

しかし、それでも向く、向かない人はいると思います。

「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

早起きが得意な人

この仕事は朝が早いのが特徴です。

ゴミの回収は朝の8時前から開始されますので、事務所には7時位には出勤し、仕事の準備をしておかなくてはいけません。

事務所から自宅が遠かったり、早起きが苦手な人にとっては大変だと思います。

健康な人

基本的には特別体力が必要な作業はありませんが、ゴミは重かったり量が多かったり、忙しかったりする時もあります。

また、真夏の炎天下の元で行う場合も当然ありますので、最低限の体力や体調管理は必要です。

とはいえ、働いている人の中には高齢者も多く、再雇用者もいる位ですからあまり心配する事はないでしょう。

頭を使う仕事が嫌いな人

ただゴミを車に積むだけなので頭は一切使いません。

実に単純明快な作業と言えます。

ルートは一緒に回るドライバーや職員の人が全て知っているので、バイトは覚える必要がありません。

逆に、ゴミ収集の仕事が向いていない人って?

潔癖症な人

この仕事は主に家庭や店舗から出る生ゴミを扱うので、当然不衛生な面が多くあります。

なので、潔癖症の人等にとっては就業するのは難しいでしょう。

しかし、住民の目がある為か、清掃局は清潔なイメージを保つよう気を使っています。

作業時には専用の作業着や手袋を着用し、仕事が終わったらすぐに事務所にある洗濯機で洗います。

また、清掃事務所には必ず大浴場があり、作業者は作業終了後に入浴してから帰宅する事になっています。

外の作業が嫌な人

ゴミはマンションの地下集積所等の一部を除いて殆どが路上に置いてある為、当然作業も屋外です。

どんなに暑い日でも、寒い日でも雨の日も雪の日もゴミは出ます。

一日中空調の効いたオフィスでの座り仕事を好む人には向かないでしょう。

「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ゴミ収集の仕事で活かせる経験

ゴミをただ車に積むに当たって必要な経験は特にありません。

パッカー車の運転であれば、ドライバーの経験が活かせますが、清掃局ではパッカー車(軽トラも含めて)のドライバーは民間の会社から派遣させていますので募集がありません。

パッカー車のドライバーさん達は結構貰えているようで、以前は大型に乗ってたけどそっちよりも全然いいよという声もありました。

「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

清掃局が今後ますますその業務を民間に委託していく事を考えると、正式に清掃局の職員となるのはなかなか狭き門であると言えます。

既に公務員になれる年齢制限を越えているような場合、どうしてもこの仕事に就きたいならば、民間のゴミ関連業者への就職となるでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

ゴミ収集関連の仕事に関わる以外活かせません。

ドライバーならともかく、ゴミをパッカー車に積むような仕事は他に見当たりません。

ごみ収集の仕事で転職すると年収は上がる?

民間のゴミ収集関係会社は清掃局とあまり給料は変わらないと思いますが、公務員の方が福利厚生・社会保障等が充実しており、リストラの懸念も無い事を踏まえると、やはりお役所勤めが一番です。

また、民間企業は当然利益、業績を追求するのでどうしてもそこで働く社員は公務員程ラクは出来ません。

キャリアを積んで技能長に

清掃事務所にいるのは事務の人が数名の他は、すべて現場の作業員です。

その作業員のトップは技能長と呼ばれていて、要は現場のたたき上げでなります。

基本的に作業員はそこまでしか出世が出来ません。

そしてこの技能長以下、現場の作業員達は清掃局のいわゆるホワイトカラーの人達と仲が悪く、上の命令には仕方なく従わざるをえないものの、常に不満が絶えません。

その為、作業現場では労働組合の結束や力が強いのです。

定年後

公務員はしっかりと年金が貰えますが、定年後も再雇用として勤務している人も結構います。

身体が動くうちは働いておきたいという考えからですが、やはり年を取って来るとこの仕事は年々キツくなってくるでしょう。

ごみ収集の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと、注意点

通行人に気を付ける

まず覚えておかなければならない事は、通行人に気を付けるという事で、どんな技術や知識よりもまずこの事を常に心がけて作業に当たる必要があります。

ゴミの回収作業は朝の通勤ラッシュの時間帯から始まります。

都内の商店街や駅前等は当然多くの通学・通勤客、通行人で溢れかえっており、そんな中、路上に置いてある大量のゴミをせっせと車に積んでいかなければなりません。

ゴミが大量の場合等はどんどん積んでいかないと間に合いません。

そんな事はお構い無しに、すぐそばをサラリーマンやOL、学生、子供、自転車に乗ったおばさん等が通ります。

そうした人達に投げたゴミがぶつかったり、中身がかかってしまったりする事の無いよう細心の注意を払って作業する必要があるのです。

パッカー車も住宅街の細い路地をバックで進む事もあります。

そこで工事や引越しの車と鉢合わせしてゴミが取れなかったりするような事も良くあります。

そういう時にも感情的にならず、冷静に対応していかなくてはなりません。

そこでトラブルを起こしてしまうとスグに事務所にクレームが入ってしまうからです。

清掃局はかつてのように住民に対して偉そうな態度は取れません。

ゴミの積み方

覚えると言うほどの事ではありませんが、ゴミをパッカー車に積む際、適当に持って投げ入れるとビニールが破けたりして散らかってしまう事があるので結びの所を持つ事と、パッカー車の後ろについている緊急停止ボタンの操作を知っておく事位です。

「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあったごみ収集の求人の選び方や注意点

かつて清掃局で行っていた業務の大半は現在民間の業者に委託しており、近い将来この仕事は郵便局等のように民営化すると思われます。

その為、清掃局では、正社員の採用をあまり積極的に行っておらず、現場の職員の大半は中・高齢者で占められていて、この業界に就職するのはなかなか大変かも知れません。

反面バイトは社会保険等の手当てがつかない様に日数等を制限されての雇用となりますので、ハッキリ言ってあまりいい待遇ではありません。

また、バイトは一つの清掃事務所では1年間しか働く事が出来ず、雇用期間が満了となったら、他の事務所に応募しなければなりません。

このように色々な清掃事務所を1年毎に渡り歩くバイトのリピーターも結構います。

臨時職員という募集枠もあり、そちらはそうした社会保障もつくのですが、バイトよりも採用のハードルは高くなります。

コチラの場合バイトと違って、清掃局のホワイトカラーの人達がちゃんとした面接をするのでそれなりにしっかりした対応をしたほうが良いでしょう。

といっても、この仕事は単にゴミを車に積むだけの極単純な作業。

採用の基準として学歴、職歴、年齢、志望動機等は殆ど重要視されていないと思われます。

大切なのはこの仕事の経験があるかどうかでしょう。

経験が無く、初めてこの仕事に応募する場合、熱意ややる気をアピールします。

【選び方①】雇用形態から探す

清掃局で一番募集が多く、採用され易いのがバイトです。

人が足りなければ随時募集が出ます。

ただ、この清掃事務所が募集するゴミ収集の仕事は一般のバイト雑誌や求職サイトに掲載されるような事は無いので、あまり普通の人には知られていません。

楽な仕事として知る人ぞ知るといった感じのおいしいバイトの一つと言われる事もありますが、最初はなかなかその募集を見つける事が難しいようです。

【選び方②】職種から探す

清掃局が募集するのはゴミを積む作業員です。

パッカー車のドライバーは現在ではほぼ民間の会社から派遣されて来ています。

【選び方③】会社の業態から考える

お役所ですので潰れる事はありません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

公務員として清掃局の職員になる事が出来れば、手厚い福利厚生や社会保障がつきますので安泰です。

公務員は信用がある為、住宅ローン等の融資もしっかりと受けられるので、毎日ゴミを車に積んでいる職員達はみな30~40代にはマイホームを持っています。

休暇もバッチリとれますし、旅行等結構贅沢に遊んでいるような人も見られます。

しかし、何度も言うように清掃局の職員となるのは現在なかなか狭き門となっています。

社会保険等が受けられるような条件では、臨時職員としての募集があります。

まとめ

正規の職員ならともかく、バイトなら他と比べて特に給料が良いという仕事でもありません。

ただ、仕事はそんなに大変ではないので、そうした所に魅力を感じてやりたがる人がいるのも事実。

世の中にとっては無くてはならない仕事の一つでもあります。

いつも回収にいく家の住民から感謝の言葉を貰う事もあり、そういう時はやはり嬉しい気分になります。

「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

ゴミ収集求人 仕事