日常生活のさまざまなシーンで目にすることの多い「警備員」さん。

工事現場や駐車場をはじめ、週末にイベント会場や大型店舗内などでも遭遇する機会があると思います。

しかしその勤務内容など具体的なところまで覗いたことがあるという方は、それほど多くはないでしょう。

今回は警備員の求人に興味をもった方の素朴な疑問を解決できるよう、実際の仕事内容や勤務実態、求人情報などをご紹介していきます。

警備員のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

はじめに警備員の仕事内容を確認しましょう。

といってもこれはさほど難しいことではなく、おそらくみなさんの想像通りではないかと思います。

たとえば、よく見かける工事現場での警備員。

片側交互通行や通行止めによるまわり道の案内などをしています。

駐車場で駐車位置の案内を行う仕事などもそうですが、この場合警備員はおおまかに「交通整理」という仕事をしているといえます。

またイベント会場や大型店舗内などでの混雑の整理や整列は、それによって人の流れを「誘導」し「コントロール」しているといえるでしょう。

少し違うものとして「ボディーガード」という職種もあります。

広い意味で「警備員」の仕事の一種といえますが、ボディーガードの仕事はご存知の通り、クライアント(顧客)の「身辺警護」です。

これらは警備員として配置される職場のほんの一部ですが、それぞれに共通しているキーワードとして「整理」と「コントロール」があげられます。

つまり警備員の仕事とは、交通、人の流れ、あるいはクライアントの周辺などを「整理」することでその場の状況を「コントロール」するもの、とまとめることができます。

警備員は会社でどういう役割を求められる?

警備員の仕事をまっとうするためには、配置先がどこであれクライアントの要望を把握することが欠かせません。

では警備員を出入口などに配置しているような「会社側」が求めていることは具体的に何でしょうか。

繰り返しになってしまいますが、それも「整理」と「コントロール」なのです。

「仕事内容=求められる役割」になるのは当然とも思えますが、おさえておくべきなのはこの2つのキーワードの意味合いが「時と場合によって変化する」ということです。

たとえばビルに出入りする人を入館許可証などで管理し、「どんな目的」をもった「どんな人」が「いつ」「どこへ(何階へ)」行くためにビルに訪れたのかを把握することは、ビル内の人的状況を「コントロール」することにつながります。

同時に、不審な人物をビルに入館させないということも「コントロール」になりますし、訪問者に余計なストレスを与えないために適切な案内をすることも立派な「コントロール」にあたります。

「整理」についても同様にその「対象」や「目的」、「時間」や「場所」によって求められるものは異なってきます。

以上をまとめると、警備員に対して会社が求める役割とは「整理」と「コントロール」を行うこと、さらにいえば、それらをその時・場所において最適なかたちで実践すること、といえるでしょう。

警備員の求人にはどんな種類があるの?

ここからは警備員関連の求人にまつわる情報を紹介していきます。

求人募集の多い施設や職種を確認して、実際の現場をイメージすることから始めてみましょう。

警備員求人の募集でよくある施設

病院や学校などの施設

病院・学校や商業施設などでの求人は、警備員関連の仕事でもよく募集がかかるもののひとつです。

施設に付設された駐車場での整理・誘導、施設内の巡回警備、出入口での入退館管理などがあたります。

最近はこれらの職種をボランティアでまかなったり、定年退職された方々を「シルバー人材」として募集している施設も多いので、以前に比べこれらの現場で働いている警備員の姿を目にする機会は増えています。

土木工事や建築工事の現場

土木・建築工事の多くは、現場の交通整理などのために警備員を配置することが法律で定められているため、アベノミクスによる景気回復や東京五輪開催決定以降の工事案件の増加とともに、このタイプの求人募集が増加傾向にあります。

留意点として、これらの現場の警備員がヘルメットを着用していることからもわかるように、他の職場に比べると危険度が高く体力的にもハードな現場が多いことがあげられます。

警備員求人の募集でよくある職種

施設常駐警備

施設全体の秩序の維持が主な仕事内容になります。

こう言うと堅苦しいですが、ようは施設を訪れるすべての人の困りごとや疑問・質問に対応する職種といえます。

しかし現実的にはすべての事柄に警備員がその場で応答できるとは考えにくく、実際の現場においてはそのような「事件・できごと」を一番に把握し適切な人・部署などにつなぐ役割がメインといえるでしょう。

巡回警備

広くとらえると施設常駐警備の一部とも言えますが、文字どおり施設内を「巡回(パトロール)」して異常や不具合が起きていないかを常時確認し、もしあれば関係部署に連絡するとともにその場での適切な対応までも行う職種です。

体力や状況判断能力が必要な現場といえるでしょう。

交通誘導警備

工事現場での片側交互通行や通行止めなどのイレギュラー(変則的)な交通状況を通行人や車両に周知し、適切な誘導を行うことで混雑や事故を防ぐ職種です。

炎天下や雨天時など気象条件によらずプロフェッショナルな仕事が求められる現場であり、「警備員の仕事はきつい」というイメージの代表ともいえるものですが、その職責の大きさの分だけ責任感・やり甲斐を感じられるという点に関しては、魅力があるといえます。

ボディーガード

ここまで紹介してきた他の職種に比べると、その求人数は非常に限られています。

クライアントの身辺警護が主要任務であり、自分の身を守る術を身につけているのは当然のこととして、クライアントの身に危害が加えられないようにする仕事です。

基本的にはとても専門的な職種であり、資格等応募条件のハードルも高いことから、一般の人々がこの職種に応募することはあまり現実的ではないでしょう。

どういう職種が良いか決まっていますか?

警備員が活躍する現場はほかにもたくさんありますが、どの職種がもっとも良いという単純な答えは一概には出せません。

体力に自信がある人には「巡回警備」や「交通誘導警備」が選択肢になりますし、ゆったりとしたペースで仕事をしたい方には「施設警備」などが魅力的かもしれません。

どの職種を選ぶにせよ大切なのは、自身がその職種に抱いている「興味」とその現場に対する現実的な「適性」のちょうどいいおとしどころを探ることでしょう。

そしてどの現場に行くにしても共通していることとして、警備員の仕事には他の仕事にも増して「プロフェッショナル」な姿勢がより一層求められる、ということも付け加えておきます。

警備員の求人でよくある募集内容とは?

ウェブサイトや求人誌でよく見かける警備員の求人内容は、大きく「施設警備」と「交通誘導警備」の2つに分けられます。

そしてそれぞれの職種がさらに細分化され、「施設常駐警備」や「巡回警備」といった職種に分かれて募集されていますが、概ね8割程度の求人内容は施設警備もしくは交通誘導警備のいずれかに該当しています。

また、雇用形態としては「正社員」ならびに「アルバイト・パート」での募集が大半を占めます。

給与相場

給与に関しては、雇用形態が「正社員」なのか「アルバイト・パート」での募集かという点で大きく異なります。

正社員の募集の場合は「月給」で給与が示されていることが多く、相場観ははっきりとは読み取れませんが、だいたい月給「15万円~20万円」程度の範囲での募集が多いようです。

一方アルバイト・パートとして求人情報が掲載されている場合、給与形態は「日給」で提示されていることが多いという特徴があります。

こちらも相場観を推し量るのは困難ですが、おおよそ日給「6千円~1万円」あたりが平均値と言えそうです。

勤務時間や休日、残業

勤務時間・休日については警備員という仕事の性質上、現場によって実にさまざまです。

たとえば「施設警備」の仕事であれば、その施設の開業中の時間帯での勤務もあれば、閉業後、つまり夜間の勤務もありえます。

基本的には商業施設などは24時間なんらかのかたちで警備が行われていますので、勤務時間帯の選択肢も豊富に考えられます。

同様に「交通誘導警備」の仕事は、工事が行われている時間帯での勤務になりますので、9時~17時のような標準的な勤務時間もあれば、夜間の工事では夜通しの仕事をすることになります。

いずれにせよ面接時に自身の希望勤務時間帯をしっかりと伝えておくことが重要で、休日や残業の有無に関してもあらかじめ雇用主に希望を伝えることで、相互に納得のいくかたちで仕事を進めることができるでしょう。

福利厚生

福利厚生に関しては、警備員の求人情報を見る限りでは関連項目を掲載しているものが多くはないため、あまり充実していないという印象を受けるでしょう。

実際、警備員の仕事は福利厚生を含めた「処遇」に関してそれほどいい噂を聞かない職種ではありますが、最近は警備会社(雇用主)側もその状況を把握しはじめたのか、退職金などの制度の充実を掲げている求人もあります。

長期的に働こうと考えている方には特に福利厚生は重要な要素になりますので、求人情報を詳細に確認・比較することはもちろん、面接時に福利厚生に関する取り組みや制度について質問することも欠かせないでしょう。

勤務場所

警備員の勤務場所が心地いいものである確率は、はっきり言って高くありません。

建物や施設の出入口にある「詰所」のような場所もあれば、工事現場や駐車場などの屋外での勤務もありますので、冷暖房完備のリラックスした雰囲気で仕事をしたい方には少々酷な現場であることは否めません。

ただ、体を動かすことが好きな人や、お客様との接点がある仕事を望む方には、「勤務場所」というハンデを補って余りある魅力のある現場でもあります。

求められる人物像

では、警備員としてどのような人物が求められているのでしょうか。

先述のように警備員の仕事というのは「プロフェッショナル」な姿勢が求められるものであり、それにはさまざまな資質が必要となりますが、ここではその中でも特に重要視されているであろう点を2つ、以下にあげておきます。

責任感のある人

「責任感」はどの職場でも求められることであるのは当然ですが、警備員の求人では特に重要になってきます。

なぜでしょうか。

実際にあった話を例に考えてみましょう。

交通誘導警備の現場では、複数の警備員で持ち場を分担して車両を誘導することが多く、その際には無線機を使用して相互に連絡を取り合っています。

多くの場合、ベテラン警備員が交通規制の入り口や出口を担当し、その他の小道やT字路など車通りの少ない場所を新人が担当するという体制をとります。

ある現場では「責任感のない」新人が「自分には関係ない」と無線機を聞いていなかったがために車両を通してしまい、出会い頭に衝突事故を起こしてしまったということがありました。

新人が配置される場所はめったに車が来ない場所ではありますが、そこで無責任な仕事をしてしまうと他の警備員にも迷惑がかかるほか、工事さえもストップしてしまいます。

「責任感」がいかに重要か、おわかりいただけたと思います。

気が利く人

もうひとつ、大事な要素として「気が利く」という点があげられます。

警備員が実際の現場で「気が利く」仕事をするとは、具体的にどういうことでしょうか。

ここでは「施設警備」の現場を例に考えてみましょう。

先述のように、施設警備員の仕事には訪問者の困りごとを解決するという役割もありますが、たとえば車いすのお客様に売り場の案内を依頼されたときにエレベーターの位置を同時に伝えたり、小さなお子様連れのお客様には遊び場の案内もしたりと、求められている情報に「プラスアルファ」で役に立つ方法はさまざまに考えられます。

つまり「気が利く」警備員とは、自身の職務をまっとうするだけでなく、お客様・訪問者ひとりひとりの立場に立ってものごとを考えられるような人、ということができます。

まとめ

いかがでしたか。

警備員という仕事はわたしたちの身近な存在でありながら、その実態についてはあまり知られていないこともあります。

これから警備員になってみようと考えている方や、ぼんやりとでも警備員の仕事に興味を抱いていた方に、少しでも役に立つ情報を提供できたのであれば幸いです。


警備員求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪警備員バイト求人の募集内容やおすすめな警備会社は?経験者が解説します!

工事現場や商業施設などで頻繁に見かける警備員。配備される現場や職種によって業務内容や待遇などにも差がありますが、その仕事の中身を詳細に知っている人はそれほど多くありません。今回は私が警備員として働いていた経験をもとに、大阪の警備員バイト求人について簡潔に解説していきます。警備員のバイトはどんな仕事?警備員の仕事を簡単に説明すると、「警備対象である場所や人などが安全な状態に置かれていることを保障する仕事」といえます。積極的にお客様に接したりこちら側から何かを提案するような「能動的」な側面よりも、不具合や不都合なことが生じないように対応したり、もし起こってしまった場合にはすばやく対処したりするとい

警備員とはどんな仕事?仕事内容ややりがい・役割・なり方など詳しく解説します!

警備員は施設やマンションの安全管理や、交通整備、イベントの人の流れの管理など、人々が安心して過ごせるように管理する仕事です。警備員の仕事はあくまで守ることと防ぐことであり、重大な責務を負う危険な仕事ではありません。警備員という仕事が実はとても身近で親近感の強い仕事である、ということを紹介していきます。警備員とはどんな仕事?警備員とは、大型店舗や大型マンションの利用者の見守りや安全の確保、工事現場や道路工事での車両の誘導、人が多く集まる場所での誘導を行います。いずれも人々の安全の確保や、万が一の危機への目配りの為に存在しています。また警備員の制服を着ている人間が居ることで、犯罪の抑制や防止に大い

警備員の年収はどれくらい?相場感や、給料を上げるための転職術を教えます

警備員の仕事は儲かる、世間ではそう言われます。求人を見てみても、目を引くのは高額であることをアピールするサムネイルです。よくよく見てみれば、それはアルバイトの広告であることが多いのです。実は警備員は正社員よりアルバイトの方が、給与だけで考えれば高待遇です。では警備員で、正社員の年収や、稼ぐにはどういった点を重視すればいいのか、どうずればいいのかを解説していきます。警備員の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合相場は20万円前後です。他業種と大きな差が無いのが殆どです。この辺りも他業種と同じなのですが、大手企業ほど待遇が良いという傾向があります。テレビCMを打っているような警備会社は特

施設警備の仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

ここでは施設警備のお仕事について色々と書いていきたいと思います。これからこのお仕事に就いてみようと考えている人や、何となく興味があってどうしようか考え中という人もいるかとは思います。数ある職種の中からあなたが敢えてこの施設警備の仕事に焦点を当てたのは色々な理由からでしょう。現在警備をやっている知人から勧められた、お金が良いと聞いた、ネットの口コミを見て興味を持った等々。そして、実際にこの仕事はどういうものなのかもっと詳しく知りたいと考えてこのサイトを訪れた方が多いのではないでしょうか。物事をよく知るための一番の方法は、自分が実際にそれをやってみる事で、次に有効なのはその経験者に話を聞く事だと言

警備員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

警備員をやっているけど、今の会社は辞めて他の警備会社に転職したいと考えている方もいれば、他の業種から警備業に転職したいという方もいらっしゃることでしょう。今回は、警備員の転職について考えている方々を対象に、様々な情報をご紹介させて頂きます。実際に警備会社で働いていた私の経験を基に、転職先として良い警備会社の特徴や、転職時の注意点について記載しておりますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。警備員の転職で注意したほうが良い4個のこと警備員に転職する際に注意すべき点についてご紹介させて頂きます。夜勤の有無夜勤があるかについて気になる方も多いでしょう。警備員という業種の特性上、夜勤を扱っていない会社

警備員正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

警備員の正社員として働きたいと考えている方のために、おすすめの求人についてご紹介させて頂きます。よくある募集内容や、正社員として求められることを説明致しますので、どうぞ最後までご覧ください。警備員の正社員はどんな仕事?警備員の仕事は、担当の現場に出向き、警備をすることです。交通誘導や、施設警備などが主です。正社員で採用された場合は、いずれは現場を統括する立場になることを期待されている可能性があります。現場業務以外にも資格取得や講習の参加を求められる場合もあるでしょう。バイトの警備員よりも、現場作業以外の業務に時間を割かれることになる可能性があることは、覚悟しておきましょう。警備員の正社員の大ま

東京警備員求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

これから警備員をやってみたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。今回は、東京の警備員求人に焦点を絞ってご紹介させて頂きます。都内で働く予定の方は、是非ご参考にして下さい。東京の警備員はどんな仕事?どこであっても警備員の仕事内容は特に変わりません。しかし、東京の場合は建物が多いため、施設警備が主な仕事となるでしょう。東京には重要な施設が数多く集まるため、それだけ責任の大きい業務を任される機会も増えます。東京の警備員求人のおすすめ募集内容の特徴東京の警備員求人のおすすめについて紹介させて頂きます。未経験者歓迎多くの警備会社は未経験者歓迎であるため、スキルが無くても不安に感じる必要はありません

警備員が向いている人の4つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

今回は警備員の仕事に興味があるという方々の為に、警備員が向いている人の特徴やその力を活かせる職種・仕事について書いていく事にします。警備員の仕事というのはどの求人誌や求人サイトを見ても必ず募集があるようなメジャーな職種です。その反面、実はその職に就く為には細かい手続きや面倒な審査等が数多くあり、それらを全てクリアーしていかなければならないのです。その為、やってみたいけど面接に落とされてなかなか受からないとか、面倒くさくて応募しなかったという人も結構見受けられます。何故そういう仕組みになっているのかという点についても後で解説していく事にしますが、まずはざっくりとこの仕事についての概要から説明して

警備員バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

みなさんは「警備員の仕事」というキーワードでどのような現場を思い浮かべますか?工事現場や駐車場などクルマに関係する場所もあれば、商業施設やオフィスといった場所で人々の行動を管理しているイメージをする方もいると思います。代表的なこれらの現場もさらに細かく分類していくことができることを考えると、警備員の職場というのはとても豊富にあることがわかります。つまり警備員はみなさんの身近なところで仕事をしている人たちといえるでしょう。しかしその仕事の内容や特徴などを詳しく知っている方はそれほど多くないと思います。そこで今回は警備員という職業、とくにアルバイトとして働くことに興味を抱いている方々に有益な情報を


警備員求人に関するコラム

警備員のシフトはどう?色々な施設での働き方、仕事内容からシフトの中身まで

どこででもよく道路でヘルメットをかぶって立っている人を見かけます。その近くでは大概工事が行われています。また大きなデパートに行けば、駐車場の前、店内にも制服姿の人を見かけます。彼らは工事関係者ではなく、警備会社から仕事を任されている警備員です。警備員はいろんな建物や場所・工事現場であっても、未曾有の危機から人々を守るため、安全に暮らせるようにするために日夜働いています。警察より身近な守衛隊といっても過言ではありません。では働き方はどうでしょうか。やはり警備員ならではのシフトがあったり、特別な仕事や働き方があるのでしょうか?今回は警備員という職種にスポットを当てて、彼らの働き方を見ていきましょう

警備員の仕事は40代でもバリバリ出来る!私が警備員をやっていた時にいた40代の人の働き方

警備員と言うと、大抵の人はヘルメット姿の中年男性をイメージするでしょう。事実、人前に出ている警備員の大半は中年男性です。若い人や女性も居ますが、最も最前線に居るのは30〜50代です。しかも、結構な確率で警備員として再就職した人が居たりします。そうです。40代には警備員は打って付けの仕事なのです。40代で再就職などザラな世界なのです。親の介護などで一時社会を離れた人、傷病からの社会復帰を果たした人、40代でももっと上でも、様々な経歴を持った人が集まっているのです。そんな受け口のとても広い警備業界で、実際40代の人はどう働いているのか、40代で警備員をしている人の実情をご紹介しましょう。また警備員

警備員におすすめの転職サイト7選。おすすめの理由も紹介します

今国内でも非常にニーズが高まっている警備員。外国人観光客も急激に伸びており、今後大きなイベントも控え、さらに需要が高まっています。若者にも人気は高まっており、アルバイトや転職で警備員を目指す人たちもたくさんいます。警備員の職につくためには「どういった転職サイト、求人サイトがおすすめ?」「何に注意して選べば良い?」などの疑問に答えていきたいと思います。警備員の仕事・種類についておさらいしておこうあまり知られていませんが、警備員にもいくつかの種類があります。ではどういった種類の警備業務があるのでしょうか?巡回警備ショッピングセンターや工場など、大きな施設を歩いて監視する業務です。異常や不審者がいな

警備員として働くメリット13選。私が感じた良いところをまとめました

今回は警備員として働くメリットについて、実際の経験をもとに、リアルな内容をご紹介させて頂きます。皆様は警備員という仕事に関して、どういったイメージをお持ちでしょうか?「屋外の警備は辛そう」逆に「立っているだけで楽そう」などのイメージを持たれる方も多いかもしれません。警備員を経験した事ない人たちや、どういった仕事内容なのかご存知ない方のために、どういった仕事内容なのかも細かくご紹介させて頂きます。警備員の仕事にはいくつかの種類がある警備員と一言で申し上げましても、仕事は多岐に渡ります。大手警備会社が提供しているような、契約先の現場に駆けつける警備員や、交通整備をしている警備員、貴重品などを運ぶ輸

警備員の人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

警備員のお仕事といえば、接客業などに比べて、人と接する機会やコミュニケーションを取る機会は多くはありません。ただ同僚や上司、警備対象先の人達などと接する機会は勿論多く存在します。実際私、人と接することが少ないイメージで業界に入り、様々な驚きもありました。そこで今回は警備員の人間関係について、経験談を元にご紹介しようと思います。警備員のおおまかな仕事内容とは?警備員の仕事内容は、警備対象物の安全を確保するお仕事となります。警備対象物の中には、人・建物・現金など、様々なものがあります。対象物により仕事内容も大きく異なり、資格を必要とする業務や、特殊な業務も多々存在しています。ただ全ての業務において