警備員といえば一般的に楽そう、暇そうといったイメージばかりが先行し、年寄りでもやれる簡単な仕事と思われがちなのですが、やはりいいことばかりではある筈も無く、やってみて初めて分かるようなしんどい部分も多く存在します。

今回は、警備員の仕事がきついと感じる事について幾つか語っていきたいと思います。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員のおおまかな仕事内容とは?

実は、警備員という仕事は、大きく分けて以下の1号警備から4号警備までの4つに分類する事が出来ます。

このなかで、特に体力的にきついと言われているのが3号警備です。

1号警備

建物や施設に警備員が常駐し、警備をするのがこの1号警備です。

この警備では、建物の巡回や防犯カメラのモニター監視、防災センターの管理業務や建物の入出管理等を行います。

2号警備

交通誘導警備、雑踏警備等と呼ばれます。

イベントや商業施設、駐車場等で人や車の誘導や整理等を行います。

3号警備

運搬警備業務と呼ばれます。

警備対象は主にカネや美術品等の貴重品で、現金輸送車等の警備をしたりするのがこれにあたります。

4号警備

身辺警備業務といわれるボディーガードの仕事です。

警備の会社にはどんな会社があるの?

1. セコムジャスティック株式会社

セコムジャスティック株式会社は、セコムグループにおいて常駐警備を専門とした会社です。

転勤のない地域「限定正社員」という種類の募集もあり、未経験歓迎ということで、間口の広い募集となっています。

羽田空港やホテルなど幅広いジャンルの設備における常駐警備を担当します。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. セントラル警備保障株式会社

セントラル警備保障株式会社は、東証一部上場企業です。

鉄道関連設備や駅ビルなどにおける常駐警備を担当する「セキュリティスタッフ」を募集しています。

未経験歓迎で、研修センターにおける本格的な研修制度も整っており、人間味溢れるサービスを提供しようと「ヒューマナイズド・セキュリティ」をモットーにしています。

タイミングによっては、こちらの募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他に警備員の募集は?

上記の会社以外にも警備員の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

\他にもたくさん「警備員」の募集中の仕事があります/

(他の会社も含めて募集を確認できます)

警備員の仕事がつらいと感じる4個の理由とは?

1~4号まで業務内容が異なるので、そのきつい理由もそれぞれ違います。

これからその理由を順に見ていくことにします。

1号警備のきついところ

1号警備の辛いと感じる部分は何と言ってもその拘束時間の長さでしょう。

他の警備業務に比べても1号警備の勤務時間の長さは断トツです。

当直と言われる24時間勤務は当然として、時と場合によっては48時間とかそれ以上の拘束も珍しくありません。

体力もあまり使わず、ずっと詰め所に座って業務をしているような場合が多いのですが、それでもこの拘束時間の長さは大変と言わざるをえません。

また、1号では来客とのやりとりが多く、対応を少し誤ると場合によってはクレームの対象になりかねないので、多少接客業的な気も使うことになります。

面倒な人間関係をしなくて済むと思って警備の仕事を始めたら、毎日意外と人とのやり取りが多くて大変だったという話も聞きます。

2号警備のきついところ

1号警備と異なり、2号警備は屋外での業務が主になります。

何時間も殆ど立ったままの業務になり、気候や天候等に大きな影響を受けてしまう為、特に真夏や真冬等は相当にきついです。

出入りする車両や整理する人間が少ない現場ならいいのですが、大型連休やイベント会場での業務はかなり忙しくなる事を覚悟しておいたほうがいいでしょう。

3号警備のきついところ

現金輸送車の警備がメインとなるこの業務では、強盗等の万一の襲撃に備えて重いプロテクターや護身用具等を装備して行います。

毎日業務を行っていても実際に戦闘になるような場面にはなかなか遭遇しませんが、何しろ銀行の開店や指定の時間に間に合うように全てのATMや現場を回らなくてはならない為、とても忙しいのが特徴です。

ハッキリ言って1号や2号警備に見られるようなマイペースで暇なイメージはここには微塵も感じられません。

4号警備のきついところ

3号もそうですが、特にこの4号警備ではその業務の特性上、強くないと務まりません。

よってこの業務に就くのは体力面が優れているのは勿論ですが、それに加えて格闘技等の心得のある若い人達です。

1号や2号警備ではこういう部分は全く必要ありません。

ですから、駐車場や施設の警備にはよぼよぼのお爺さんとかが多いのです。

\もっと警備員のデメリットを知りたい人は/

警備員がつらい仕事だと感じた時は、こちらの記事を参考に!

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

つらい時もあるけど、警備員の仕事がおすすめの理由

警備員の仕事でつらくて良い所というのはざっくり言うと、1号2号警備は勤務時間は長いが体力的に楽、3号4号は危険を伴うが給与が良いという点です。

そして1号から4号までの警備業全般に言える事は殆ど頭を使わないというところ。

小難しい知識や技術的な事を憶える必要もないので、頭を使った仕事が苦手という人にとってはよいと思います。

ノルマ的なものが少ない

3号警備は別として、1号や2号警備では車や人の出入りが少ない深夜の時間帯には、ただずっと立ったまま、座ったままという事も珍しくなく、一日でこの量をこれだけこなさなければならないといった、いわゆるノルマのようなものがありません。

その為、時間に追われるれる事無く、至ってマイペースで業務を行う事が出来るのです。

人間関係が少ない

警備業はサービス業とはいえ、他の職種に比べると他人とやり取りするような場面も限られてくるので人間関係は少なめですが、ドライバーや工場の仕事等に比べるとやや多いと言えます。

給与がいい

1号は拘束時間が長いので、しっかりした会社であれば深夜手当てや残業代が支給されます。(ケチな会社だとそういう手当てが含まれない計算をした日給として支払われる場合もあるので要注意。)

また、特に4号はかなりの高給取りらしく、辞めたいという人も少ないようで、なかなか空きが出ない為、募集も少ないようです。

\警備員の仕事に「やりがい」があると感じた人は/

まとめ

今回は警備員の仕事がきついと思う理由について少し述べてみました。

警備員の業務経験者にいろいろと話を聞くと、この仕事は気楽で簡単でいいよと言う人が結構いるのですが、それをそのまま鵜呑みにするのは少々早計かもしれません。

警備員が楽だという人の多くは、過ぎ去りし昔の状況を指して言う場合が多いのではないでしょうか。

勿論、今でも運良く当たりの現場に入る事が出来たりすればかなり楽な思いをする場合もあるかも知れませんが、警備業法が厳しく改正(楽したい人にとっては改悪?)されてしまった昨今では、この仕事にありつく事さえ様々な手続きの為に大変となってしまいました。

警備業界は警察とも繋がっている部分があり、あまりにだらけた勤務を続けていると、万一何か問題が起こった場合に面倒です。

そういう事が起きないように、たとえ現職で働く警備員でさえ、また、たとえバイトであっても、特殊な資格保持者以外は年に1回~2回は退屈極まりない研修を受けなければならないことになっているのです。

最近はドライバー等の職業でも事故の防止と個々人の安全意識を高める為に、現任研修をやるというのも耳にする事がありますので時代の流れとも言えますが。

ともかく、今の警備業というのはかつてのような気楽な稼業ではなくなってきているのが現実です。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

警備員求人