警備員の仕事は儲かる、世間ではそう言われます。

求人を見てみても、目を引くのは高額であることをアピールするサムネイルです。

よくよく見てみれば、それはアルバイトの広告であることが多いのです。

実は警備員は正社員よりアルバイトの方が、給与だけで考えれば高待遇です。

では警備員で、正社員の年収や、稼ぐにはどういった点を重視すればいいのか、どうずればいいのかを解説していきます。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

相場は20万円前後です。

他業種と大きな差が無いのが殆どです。

この辺りも他業種と同じなのですが、大手企業ほど待遇が良いという傾向があります。

テレビCMを打っているような警備会社は特に高待遇なので、正社員で行くなら名のある会社を選びましょう。

正社員で転職した場合

こちらの相場は25万円程です。

警備員の仕事は、前職がなんであれ意外と活かせる事が多いのです。

警備にあると有利な資格は、警備以外でも取得可能なものもあります。

例えば『防火管理責任者』は、飲食関係で有利な資格ですが、警備でも資格手当がつくぐらい有利です。

これらを持っていれば、いきなり高待遇での入社も可能です。

資格を持っていなくても、人生経験が生きる仕事です。

これまでの職歴から初任給が決まるので、幅広い知識や手腕があればなお良いです。

パート・アルバイト

警備員の場合、社員はともかくアルバイトは他業種と比べて高時給である事が多いです。

相場は1000円前後ですが、更に高くなることが少なくありません。

日給制ならば更に高くなり、1日1万5千円を超えることも少なくありません。

警備として高給を狙うのならば、実は非正規の方が効率が良かったりもするのです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

社員の場合の賞与は他業種と同じ計算方法となります。

通常の月収よりも高いところもあれば、若干少ないところもあります。

月収自体が低ければ賞与が低いのも当たり前なので、これも大会社を狙ったほうがより賞与を貰えます。

非正規の場合も同じで、会社の規模により変わります。

大きい会社では2〜3万程度の賞与が出ますが、小さい会社だと5桁に届かない程です。

給与面に関しては、警備業界だからといって特に他業種とは変わらないですが、賞与に於いても特に違いはありません。

昇給

昇給するには昇格が必要です。

警備員には『隊長』『副隊長』『隊員』というランクがあります。

これは他業種でいうと『課長』『課長代理』『平社員』ほどの違いとなります。

『課長』と『平社員』では給与が違うのは当然なので、勤務年数と経験さえあれば狙える昇格が最も手短です。

前述の通り経験が生きる仕事です。

警備としての経験を重ねて昇給を狙っていきましょう。

各種手当

資格手当が最も大きく給与額に響いてきます。

実務経験が3年以上必要で最も昇給に有利な『警備員指導教育責任者』、警備業務を行う機械のある場所に最低一人は必要である『機械警備業務管理者』が、数万程度の手当を受け取ることが出来ます。

また警備業務には検定試験があり、これに合格することで資格手当を得ることも出来ます。

また検定は警備未経験者でも取得が可能です。

資格については勤続年数が長くなってくると会社から打診が来る可能性があります。

そのタイミングで資格や検定を取ると、かなり確実に合格できます。

更に持っていると有利な資格

『防火管理責任者』『消防設備士』『危険物取扱者』『救命講習』『赤十字救急法救急員』です。

数千円程度の手当ではありますが、警備以外でも役に立つ資格ですので持っていて損はありません。

また意外にも『電気工事士』も機械警備に於いて有利になるので、これも資格手当を貰えたりします。

現場や配属先によって有利になる資格は変わりますが、施設警備の場合は持っていて損はないものばかりです。

特別任務は大昇給の可能性大

米軍基地移設問題で、住民と警察との間でピリピリしたムードになったことは、記憶に新しいでしょう。

この時反対住民の最前列に居たのは警察官であり、後方に居るのが警備員だったのです。

これは実は警備としてとてもおいしい業務で、1日10万円以上の仕事です。

業務内容は立っているだけ。

8時間で、リゾートホテル宿泊で、休日は自由です。

滅多にあることではありませんが、中にはこんなにおいしい仕事もあるのが警備員です。

初月度限定の研修手当

警備のお仕事を始める時、法律知識や基礎的な人命救助の仕方を必ず勉強しなければなりません。

それも法令で30時間と決まっています。

この30時間の法定研修には、平均して3万5千円の手当が出ます。

これは誰でも必ず受け取れるお手当です。

尚、警備会社間の転職をした場合、また新たに受け直す事になります。

ただし1年間同じ警備会社で働いた場合には免除されます。

具体的にいうと、警備員のアルバイト時給1200円で週5日8時間勤務を4週間で働いた場合、1200✕5✕8✕4=192,000円、更に35,000円を加えれば、初月度の総額は227,000円にもなります。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員の給料の決まり方

基本給

入社時に提示される基本給です。

この辺りの計算方法は他業種と違いありません。

能力給・経験給

経験の有無とスキルで決まります。

大して大きい金額にはなりませんが、あるのとないのでは違いになります。

資格給

責任者資格や検定レベルで加えられる分です。

最高で数万円上乗せされるので、グッと給与が上がります。

隊長クラスで有資格者ならば、更に貰えます。

日額制の場合

警備のアルバイトで多いのは、日額制を取っているところです。

これは資格給、残業代も出る大変おいしいものです。

しかも日額制の場合、予定より早く終わったとしても1日分の給料が全額出るのです。

最低2時間で終了し、全額12000円受け取った例もあります。

警備員で給料をあげるためにやるべき5個のこと

警備は昇給しやすい業界です。

経験と知識は勿論ですが、資格もあるとなお良いです。

資格を取る

警備の世界で給与交渉するには、「資格」を前提に交渉してみましょう。

またある程度勤務期間が長ければ、資格や検定の打診が来ます。

これに乗って資格取得にチャレンジしてみましょう。

資格には2種類があり、「警備員指導教育責任者」と「機械警備業務管理者」があります。

「警備員指導教育責任者」は新人や現任を育成できる、人事教育として働けるようになる資格です。

どの配属先にも必ず必要な資格ですので、取っておけば仕事の幅も広がるし高い手当も付きます。

一方の「機械警備業務管理者」は、監視カメラや警報措置など、機械を使った警備をする現場には必ず一人は必要な資格です。

こちらも仕事の幅が増え、手当も付きます。

警備業務検定とよばれる検定には6種類あります。

今まで専門にしてきたものを受けると取得しやすいです。

「施設警備」「交通警備」「雑踏警備」「貴重品運搬警備」「危険物運搬警備」「空港保安警備」にそれぞれ検定試験があり、各々1級と2級があります。

特に「貴重品運搬警備」と「危険物運搬警備」の二つは昇給を臨める検定です。

いずれも国家資格であり、取得すると有資格者である証のバッジが手に入ります。

これがあると昇給のみならず、転職時にも大きな強みとなります。

雇用形態を変える

非正規から正規になったり、アルバイトから上がっていくという方法です。

警備員は叩き上げの正社員も少なくありません。

もっと良い待遇を望むならば、正社員になれるか打診することです。

門は広いので、殆ど問題なく昇格試験に進めるでしょう。

真面目に勤務する

早退遅刻無く働いている、勤務態度が真面目である、会社へ貢献する、といった。

真面目に働いていれば出来ることでも昇給の可能性はあります。

資格を取るという意欲を見せたり、後輩や同僚に適切に指導できたり、頑張っている姿を見せるのです。

会社にとって有益な人物と判断されれば、待遇が良くなるのは当然なのです。

配属先を変える

建物の入退管理や巡回をする施設警備と、交通誘導をする交通警備であるならば、レベルの高い輸送警備や護衛警備に挑戦してみるといいでしょう。

それぞれ経験と資格が必要ですが、大幅に昇給を望むことが出来ます。

特に輸送警備は危険物を取り扱う分、いいお手当になります。

思い切って転職する

更に給与を上げるには、もっと待遇の良い他社への転職も考えていいです。

また現状の仕事からの転職の場合も、有名な警備会社を狙っていくのが得策です。

転職先の選び方1:大手最優先

今現在の給与より高収入の大手をまず見つけましょう。

ただそれだけでかなりの年収アップに繋がります。

また資格を持った状態、検定を持った状態で転職すれば、基本給に更に上乗せされます。

転職先の選び方2:種類の多い会社を選ぶ

警備会社と警備もある会社では違いがあります。

警備会社は交通警備から護衛警備まで様々です。

警備もある会社は、場所によっては施設警備しか選べないところもあります。

施設警備だけやりたいならいいのですが、昇給しやすかったりキャリアアップしたいならば、専任の警備会社を選ぶ事をお薦めします。

給料をアップさせるための求人の選び方

警備員は普通の会社勤めのサラリーマンよりは給与そのものは低いのが普通です。

そんな薄給の警備員で稼ぐには、各種手当が充実している会社を選ぶのが一番です。

選び方としては、高時給を提示して、資格と昇給が出来るところがベストです。

給与相場が今よりも高いところを探そう

他業種でもそうですが、大手は高額の傾向があります。

隊員数が1000人以上の会社と100人未満の会社では、年収に100万円以上の差があります。

賞与や昇給制度をチェック

警備で昇給を狙うには前述した「資格手当」の他に「昇格」があります。

現場に配属されるのは「隊長」「副隊長」「隊員」となり、昇格に連れて給料も賞与も上がっていきます。

極端な増額ではありませんが、有資格者で隊長となると、更に給与、賞与とも上がっていきます。

残業代はちゃんと出る?

警備会社は給金についてはしっかりしています。

日額制のところも多いので、残業どころか早上がりをしたとしても1日分のお給料が払われるのです。

時給制であっても残業した分だけ貰えます。

交通費や福利厚生は?

基本的に直行直帰となり、交通費は規定内であれば出してくれます。

その辺りは他業種と同じサービスをしてもらえます。

警備の仕事は長時間労働が基本なので、雇用保険には殆ど絶対加入することとなります。

それなりに危険な目に遭いやすいので、保険だけでなく自己の危機管理も気を配りましょう。

警備専門の転職サイトもあります

「警備 求人」と検索すると、警備員になりたい人のための転職サイトがヒットします。

求人情報は全て警備員のものだけです。

あらゆる種類の警備を行える会社が揃っているので、こういったところで上記のように転職活動すると最も近道です。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員のステップアップのモデルケース

まずは交通警備が最初の仕事であることが殆どです。

新人は交通警備に配属され、警備の基本を学びます。

この辺りは初任給に研修手当を付けて月収22万程です。

それから希望の配属先に行きます。

施設警備、輸送警備などに進むこともあれば、交通警備で芽を出す人も居るでしょう。

ここから月収は23万程になります。

3年ほど同じ会社で働き続けていると、資格や検定の打診が来ます。

資格を一つ、検定を二つ取るとすると、月収は27万程に上がります。

さらに勤続年数を伸ばしていくと、隊長にもなれます。

隊長で、有資格者で、検定保持者となれば、月収は30万前後まで上がります。

ここまでかかるのは、優秀な人ならば最も早くて3年、通常は大体5,6年、遅い人でも10年は要りません。

警備業界は元々人手不足ですし、ライバルが少ない上、それほど難しいことではないので、意欲と実力次第では十分可能な域です。

まとめ

警備員は激務の割には給与が低い、というのは昔の話です。

今は「まあまあ」忙しく働けて「そこそこ」給料が低い程度です。

いつでも人手の足りない業界ですが、人材が充実してくればもっと高給になり、年収も確保できるようになるでしょう。

30代でも有資格者になったり隊長になれたりしやすい業界でもあります。

「警備員 年収」で調べてもマイナスな情報しかありません。

これだけ「しか」稼げないのか、これだけ稼げるのか、求人の詳細をしっかり確認しましょう。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →



関連キーワード

警備員求人

警備員求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪警備員バイト求人の募集内容やおすすめな警備会社は?経験者が解説します!

工事現場や商業施設などで頻繁に見かける警備員。配備される現場や職種によって業務内容や待遇などにも差がありますが、その仕事の中身を詳細に知っている人はそれほど多くありません。今回は私が警備員として働いていた経験をもとに、大阪の警備員バイト求人について簡潔に解説していきます。警備員のバイトはどんな仕事?警備員の仕事を簡単に説明すると、「警備対象である場所や人などが安全な状態に置かれていることを保障する仕事」といえます。積極的にお客様に接したりこちら側から何かを提案するような「能動的」な側面よりも、不具合や不都合なことが生じないように対応したり、もし起こってしまった場合にはすばやく対処したりするとい

警備員とはどんな仕事?仕事内容ややりがい・役割・なり方など詳しく解説します!

警備員は施設やマンションの安全管理や、交通整備、イベントの人の流れの管理など、人々が安心して過ごせるように管理する仕事です。警備員の仕事はあくまで守ることと防ぐことであり、重大な責務を負う危険な仕事ではありません。警備員という仕事が実はとても身近で親近感の強い仕事である、ということを紹介していきます。警備員とはどんな仕事?警備員とは、大型店舗や大型マンションの利用者の見守りや安全の確保、工事現場や道路工事での車両の誘導、人が多く集まる場所での誘導を行います。いずれも人々の安全の確保や、万が一の危機への目配りの為に存在しています。また警備員の制服を着ている人間が居ることで、犯罪の抑制や防止に大い

施設警備の仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

ここでは施設警備のお仕事について色々と書いていきたいと思います。これからこのお仕事に就いてみようと考えている人や、何となく興味があってどうしようか考え中という人もいるかとは思います。数ある職種の中からあなたが敢えてこの施設警備の仕事に焦点を当てたのは色々な理由からでしょう。現在警備をやっている知人から勧められた、お金が良いと聞いた、ネットの口コミを見て興味を持った等々。そして、実際にこの仕事はどういうものなのかもっと詳しく知りたいと考えてこのサイトを訪れた方が多いのではないでしょうか。物事をよく知るための一番の方法は、自分が実際にそれをやってみる事で、次に有効なのはその経験者に話を聞く事だと言

警備員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

警備員をやっているけど、今の会社は辞めて他の警備会社に転職したいと考えている方もいれば、他の業種から警備業に転職したいという方もいらっしゃることでしょう。今回は、警備員の転職について考えている方々を対象に、様々な情報をご紹介させて頂きます。実際に警備会社で働いていた私の経験を基に、転職先として良い警備会社の特徴や、転職時の注意点について記載しておりますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。警備員の転職で注意したほうが良い4個のこと警備員に転職する際に注意すべき点についてご紹介させて頂きます。夜勤の有無夜勤があるかについて気になる方も多いでしょう。警備員という業種の特性上、夜勤を扱っていない会社

警備員正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

警備員の正社員として働きたいと考えている方のために、おすすめの求人についてご紹介させて頂きます。よくある募集内容や、正社員として求められることを説明致しますので、どうぞ最後までご覧ください。警備員の正社員はどんな仕事?警備員の仕事は、担当の現場に出向き、警備をすることです。交通誘導や、施設警備などが主です。正社員で採用された場合は、いずれは現場を統括する立場になることを期待されている可能性があります。現場業務以外にも資格取得や講習の参加を求められる場合もあるでしょう。バイトの警備員よりも、現場作業以外の業務に時間を割かれることになる可能性があることは、覚悟しておきましょう。警備員の正社員の大ま

東京警備員求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

これから警備員をやってみたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。今回は、東京の警備員求人に焦点を絞ってご紹介させて頂きます。都内で働く予定の方は、是非ご参考にして下さい。東京の警備員はどんな仕事?どこであっても警備員の仕事内容は特に変わりません。しかし、東京の場合は建物が多いため、施設警備が主な仕事となるでしょう。東京には重要な施設が数多く集まるため、それだけ責任の大きい業務を任される機会も増えます。東京の警備員求人のおすすめ募集内容の特徴東京の警備員求人のおすすめについて紹介させて頂きます。未経験者歓迎多くの警備会社は未経験者歓迎であるため、スキルが無くても不安に感じる必要はありません

警備員が向いている人の4つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

今回は警備員の仕事に興味があるという方々の為に、警備員が向いている人の特徴やその力を活かせる職種・仕事について書いていく事にします。警備員の仕事というのはどの求人誌や求人サイトを見ても必ず募集があるようなメジャーな職種です。その反面、実はその職に就く為には細かい手続きや面倒な審査等が数多くあり、それらを全てクリアーしていかなければならないのです。その為、やってみたいけど面接に落とされてなかなか受からないとか、面倒くさくて応募しなかったという人も結構見受けられます。何故そういう仕組みになっているのかという点についても後で解説していく事にしますが、まずはざっくりとこの仕事についての概要から説明して

警備員バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

みなさんは「警備員の仕事」というキーワードでどのような現場を思い浮かべますか?工事現場や駐車場などクルマに関係する場所もあれば、商業施設やオフィスといった場所で人々の行動を管理しているイメージをする方もいると思います。代表的なこれらの現場もさらに細かく分類していくことができることを考えると、警備員の職場というのはとても豊富にあることがわかります。つまり警備員はみなさんの身近なところで仕事をしている人たちといえるでしょう。しかしその仕事の内容や特徴などを詳しく知っている方はそれほど多くないと思います。そこで今回は警備員という職業、とくにアルバイトとして働くことに興味を抱いている方々に有益な情報を