警備員をやっているけど、今の会社は辞めて他の警備会社に転職したいと考えている方もいれば、他の業種から警備業に転職したいという方もいらっしゃることでしょう。

今回は、警備員の転職について考えている方々を対象に、様々な情報をご紹介させて頂きます。

実際に警備会社で働いていた私の経験を基に、転職先として良い警備会社の特徴や、転職時の注意点について記載しておりますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員の転職で注意したほうが良い4個のこと

警備員に転職する際に注意すべき点についてご紹介させて頂きます。

夜勤の有無

夜勤があるかについて気になる方も多いでしょう。

警備員という業種の特性上、夜勤を扱っていない会社はありません。

夜勤が全く無い会社を見つけることは非常に困難でしょう。

しかし、会社によっては従業員の希望に合わせて勤務時間を考慮してくれるところがあります。

大多数の従業員は夜勤を嫌がりますので、勤務時間帯には配慮してくれる会社も多いのです。

もし夜勤が嫌であったり、むしろ夜勤にしか入りたくないという希望があるならば、あらかじめ面接先に相談するようにしましょう。

会社側としても採用した後に文句を言われるのは好ましくありませんので、勤務時間帯の融通が利かない場合は、正直に答えてくれるでしょう。

ボーナスなど昇給の有無

ボーナスや昇給があるかもよく確認しておきましょう。

警備業は人の入れ替わりが激しく、例え社員であってもアルバイトと似たような環境で働かされる可能性もあります。

福利厚生はしっかりしつつも、ボーナスや昇給の無い準社員という立場もあるため、注意しましょう。

警備業でボーナスがある会社は珍しいです。

給与のシステムをよく確認する

準社員のように、社員ではあるが時給制という不可思議なシステムが横行しているため、しっかり社員として働きたい人は念入りに調査しましょう。

警備員によっては、グレードの高いアルバイトといった程度のレベルで一生を終える方も非常に多いです。

固定給制の警備会社であれば、しっかり正社員として扱ってくれる可能性が高いです。

また、最初は時給制であっても、昇進することで固定給制に切り替わる会社もあります。

私がいた会社の場合ですと、一般の警備員は時給制で、チームリーダーは時給に加えて月1万円程度の手当がつきました。

そして、現場を統括する責任者レベルになれてようやく固定給に切り替わるというシステムでした。

会社の雰囲気をよく確認する

会社によって、社内のルールが厳しいところや、緩いところがあります。

警備業界は誰でもできる仕事と揶揄されるくらい簡単な仕事であり、入社のハードルも非常に低いです。

あまりにもルールの緩い会社に入ってしまうと、だらしない従業員ばかりがいる環境で働くことになってしまいかねません。

特に、レベルの低い会社に入社してしまうと、自分がリーダー的なポジションになったときに相当苦労します。

ある程度ルールがしっかりした会社を選ぶことをオススメします。

警備員は制服で個性が出る業界ですので、制服の着用ルールが細かいところは信頼性が高い会社です。

ルールが多い会社ではそれを守ることに苦労しますが、自分が管理する側に立った場合は楽になるというメリットがあります。

自分が、転職先の警備会社でどのような働き方をしたいかによって決めると良いでしょう。

また、会社によってはブラックな面もあるところがあるので注意が必要です。

警備員は職業柄、体育会系の人が集まりやすく、ルールに真面目なあまりパワハラをしてしまう人はよくいます。

このようなブラックな評判などはネットで調べれば出てきますので、参考にしておきましょう。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

転職を成功させるために必要な事柄をご紹介させて頂きます。

事前に警備会社の評判を調べる

事前に警備会社の評判を調べることは必須でしょう。

先程も述べましたように、会社のルールはよく調べておきましょう。

服装の規定や警備員としての心構えについて細やかに教育がされている会社は信頼できます。

信頼性の高い会社を選ぶことで、警備員という仕事に誇りをもって臨むことができるでしょう。

資格の取得

あらかじめ資格を取得しておくことで採用される可能性は高まりますし、採用された後も無資格の警備員より良い仕事に就くことができる可能性があります。

危険物があるエリアに送り込める人間は限られますので、危険物取り扱いに関する資格がある人は重宝されます。

自衛消防の資格があればかなり有利ですが、これはそもそも警備業に携わっている人が専門的な勉強をする必要があるため、一般の方が取得するのは非常に困難です。

面接先の会社の理念などを調べておく

面接先の会社の理念や評判を調べておき、その会社が一体どのような人材を求めているのかを確認しておきましょう。

会社がどのような目的で動いているのかを知っておけば、面接の際に話を展開することもできるでしょう。

会社の活動を知った上で、なぜ自分がその会社に入りたいと感じたのかを明確に伝えることができれば、採用される可能性も高まります。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職するに当たっての必要な心構え

転職に当たり、必要な心構えについてご説明させて頂きます。

焦って転職先を決めない

焦り過ぎてすぐに転職先を決めてしまうのは避けましょう。

警備会社は種類も多く、会社によって個性や待遇も異なります。

長く働ける会社を見つけるためにも、入念なリサーチは必要です。

転職を決意しても、すぐに今の会社を辞めてしまわずに、ある程度転職先を考える時間の余裕を作りましょう。

納得行くまで調査し、最適な転職先を見つけてから会社を辞めることを心がけて下さい。

余裕が無い状況で決めたことは、失敗する可能性も高くなってしまうため、常に心と時間に余裕をもたせましょう。

自分の優先事項を把握しておく

あらかじめ自分にとっての優先事項を把握しておきましょう。

あなたは仕事をするにあたり、最も重視するものは何でしょうか?

給料の高さでしょうか、それともやりがいでしょうか。

あなたにとって重要な条件を満たしてくれる会社を探すことが大切です。

また、警備員はあなたが現在の会社を辞めてまで携わる価値があるものであるかもよく考えましょう。

他業界から転職する場合、警備員の初心者としてスタートすることになるため、現在の仕事よりも貰える給料が下がる可能性があります。

果たして、現在の収入を下げてまで警備員になる必要はあるかを考えましょう。

収入が下がることに問題が無い場合は、収入以上の魅力を警備員という仕事に対して感じているということですので、自分が収入以上の何を魅力に感じて警備員を選んだのかについても、よく把握しておく必要があります。

警備員ならではの仕事のきつさを理解しておく

警備員になることで、どのような苦労があるのかについても理解しておきましょう。

現場によっては何時間も立ち続けたり歩いたりするため、肉体的な疲労もあります。

また、季節問わず外を警備する場合は、寒さや暑さにも耐えねばなりません。

中でも私が最も辛いと感じたのは、ずっと同じ景色を眺めていないといけないところでした。

退屈な作業に耐えられない人には、辛い仕事であると言えるでしょう。

警備員の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

あなたが警備員として働くことになった場合、年収を上げるためには何をすれば良いのでしょうか?

夜勤

夜勤手当を狙って夜勤に入れてもらう手もあります。

日勤よりも稼ぐことができるでしょう。

しかし、私がいた会社ではなんと夜勤手当がつきませんでした。

会社がしっかりと夜勤手当をつけてくれるかを先に確認した方が良いでしょう。

資格取得

会社によっては資格手当を導入している会社もあります。

会社が推奨する資格を取得すると、給与がプラスされるというものです。

毎月の給与に資格手当をプラスしてくれる場合もありますし、取得した時にだけくれる場合もあります。

これは会社によるため、入社後にチェックしてみましょう。

勤務時間を増やす

時給制で雇われた場合、単純に勤務時間を増やすことで年収を上げることができます。

基本的にどこも人手不足ですので、多くの時間働きたいと言えば勤務時間を増やしてくれるでしょう。

警備員には泊まり勤務もありますので、ほぼ住み込みで働けばかなりの収入を期待できます。

私がいた会社では、従業員がほぼ住み込みで働き、現場統括者以上の年収を稼いでいた例もあります。

規定以上の時間を超過してしまう場合は、働かせてもらえない場合もあります。

勤務時間に関する規定は会社によるため、確認しておきましょう。

昇進する

昇進することで年収が増えます。

一般的な警備員と現場統括者レベルでは、収入に大きな差が出ます。

一般的な会社でいう課長クラスですので、狭き門ではありますが、目指す価値はあるでしょう。

チームリーダーレベルでは、一般的な警備員と大して給与は変動しないため、あまり期待しない方が良いです。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員で人気な職種や業界とその理由

警備員の間で人気の職種などをご紹介させて頂きます。

施設警備

施設警備は、主に施設の中やその周辺を警備する業務です。

人気な理由

工事現場などは、工事が終了してしまうと同時に現場も無くなってしまうリスクがありますが、施設警備にはそれがありません。

現場がなくなる心配のない、安定的な業種として人気を集めています。

交通誘導

工事現場などで車の誘導を行う業務です。

人気な理由

車を誘導するのが面白いと感じている人が多いようです。

異なる工事現場を回り、観光気分で様々な場所に行くことを趣味にしている人もいます。

自分にあった警備員の求人の選び方や注意点

自分にあった警備員の求人の選び方や注意点についてご紹介させて頂きます。

【選び方①】雇用形態から探す

警備員は正社員やアルバイトのみではなく、準社員というものまでありますので、雇用形態についてはよく確認しましょう。

【選び方②】職種から探す

施設警備や交通誘導など、決まった職種が募集されている場合は、お好みの職種から選ぶのも良いでしょう。

【選び方③】会社の業態から考える

会社によってルールの厳しさや管理体制などが異なりますので、どのようなシステムで運営されているかについて情報収集するのも良いでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件は大切な要素であるため、よく確認しておきましょう。

警備員は時給制が多く、固定給制は珍しいため、固定給制の会社を狙うのもありです。

【選び方⑤】エリアから考える

求人のエリアが決まっている場合、通いやすいエリアを選ぶのも良いでしょう。

転職前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう

転職の面接の際には、必ずと言って良いほど長所や短所について聞かれます。

警備員になるにあたり、有効と思える長所を考えておきましょう。

また、短所に関してはどのように改善していくつもりなのかをしっかり伝えることも重要です。

警備員の仕事は現場の機密情報を扱う機会も多いため、あなたのセキュリティ意識について入念に聞かれます。

また、重大な失敗をした場合、どのように対処するのかもよく聞かれる質問の一つです。

よくある質問に対処できるよう、日ごろから情報をチェックしておきましょう。

警備の仕事に直性関係なくても、あなたが他業種で積み上げた実績は武器はなります。

他業種や他の警備会社で培ってきた経験やスキルについても、面接で伝えるようにしましょう。

どのような経験が面接官の琴線に触れるかはわかりません。

自分で決めつけて遠慮せずに、小さな強みもどんどん伝えていきましょう。

まとめ

今回は、警備員に転職する場合の心構えなどについてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

警備員のは入れ替わりが激しい業界ですので、福利厚生の規定などが雑な会社も多いです。

あなたが正社員として警備会社で働きたいのであれば、事前の調査は不可欠であると言えるでしょう。

あなたが警備員として誇りを持って働くためにも、自分にマッチした会社を見つけましょう。

転職活動は焦らないことが大切ですので、あらかじめ転職期間に余裕を持たせておくことをオススメします。

入念に準備し、満を持して新たなスタートを切ってください。


関連キーワード

警備員求人

警備員求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪警備員バイト求人の募集内容やおすすめな警備会社は?経験者が解説します!

工事現場や商業施設などで頻繁に見かける警備員。配備される現場や職種によって業務内容や待遇などにも差がありますが、その仕事の中身を詳細に知っている人はそれほど多くありません。今回は私が警備員として働いていた経験をもとに、大阪の警備員バイト求人について簡潔に解説していきます。警備員のバイトはどんな仕事?警備員の仕事を簡単に説明すると、「警備対象である場所や人などが安全な状態に置かれていることを保障する仕事」といえます。積極的にお客様に接したりこちら側から何かを提案するような「能動的」な側面よりも、不具合や不都合なことが生じないように対応したり、もし起こってしまった場合にはすばやく対処したりするとい

警備員とはどんな仕事?仕事内容ややりがい・役割・なり方など詳しく解説します!

警備員は施設やマンションの安全管理や、交通整備、イベントの人の流れの管理など、人々が安心して過ごせるように管理する仕事です。警備員の仕事はあくまで守ることと防ぐことであり、重大な責務を負う危険な仕事ではありません。警備員という仕事が実はとても身近で親近感の強い仕事である、ということを紹介していきます。警備員とはどんな仕事?警備員とは、大型店舗や大型マンションの利用者の見守りや安全の確保、工事現場や道路工事での車両の誘導、人が多く集まる場所での誘導を行います。いずれも人々の安全の確保や、万が一の危機への目配りの為に存在しています。また警備員の制服を着ている人間が居ることで、犯罪の抑制や防止に大い

警備員の年収はどれくらい?相場感や、給料を上げるための転職術を教えます

警備員の仕事は儲かる、世間ではそう言われます。求人を見てみても、目を引くのは高額であることをアピールするサムネイルです。よくよく見てみれば、それはアルバイトの広告であることが多いのです。実は警備員は正社員よりアルバイトの方が、給与だけで考えれば高待遇です。では警備員で、正社員の年収や、稼ぐにはどういった点を重視すればいいのか、どうずればいいのかを解説していきます。警備員の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合相場は20万円前後です。他業種と大きな差が無いのが殆どです。この辺りも他業種と同じなのですが、大手企業ほど待遇が良いという傾向があります。テレビCMを打っているような警備会社は特

施設警備の仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

ここでは施設警備のお仕事について色々と書いていきたいと思います。これからこのお仕事に就いてみようと考えている人や、何となく興味があってどうしようか考え中という人もいるかとは思います。数ある職種の中からあなたが敢えてこの施設警備の仕事に焦点を当てたのは色々な理由からでしょう。現在警備をやっている知人から勧められた、お金が良いと聞いた、ネットの口コミを見て興味を持った等々。そして、実際にこの仕事はどういうものなのかもっと詳しく知りたいと考えてこのサイトを訪れた方が多いのではないでしょうか。物事をよく知るための一番の方法は、自分が実際にそれをやってみる事で、次に有効なのはその経験者に話を聞く事だと言

警備員正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

警備員の正社員として働きたいと考えている方のために、おすすめの求人についてご紹介させて頂きます。よくある募集内容や、正社員として求められることを説明致しますので、どうぞ最後までご覧ください。警備員の正社員はどんな仕事?警備員の仕事は、担当の現場に出向き、警備をすることです。交通誘導や、施設警備などが主です。正社員で採用された場合は、いずれは現場を統括する立場になることを期待されている可能性があります。現場業務以外にも資格取得や講習の参加を求められる場合もあるでしょう。バイトの警備員よりも、現場作業以外の業務に時間を割かれることになる可能性があることは、覚悟しておきましょう。警備員の正社員の大ま

東京警備員求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

これから警備員をやってみたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。今回は、東京の警備員求人に焦点を絞ってご紹介させて頂きます。都内で働く予定の方は、是非ご参考にして下さい。東京の警備員はどんな仕事?どこであっても警備員の仕事内容は特に変わりません。しかし、東京の場合は建物が多いため、施設警備が主な仕事となるでしょう。東京には重要な施設が数多く集まるため、それだけ責任の大きい業務を任される機会も増えます。東京の警備員求人のおすすめ募集内容の特徴東京の警備員求人のおすすめについて紹介させて頂きます。未経験者歓迎多くの警備会社は未経験者歓迎であるため、スキルが無くても不安に感じる必要はありません

警備員が向いている人の4つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

今回は警備員の仕事に興味があるという方々の為に、警備員が向いている人の特徴やその力を活かせる職種・仕事について書いていく事にします。警備員の仕事というのはどの求人誌や求人サイトを見ても必ず募集があるようなメジャーな職種です。その反面、実はその職に就く為には細かい手続きや面倒な審査等が数多くあり、それらを全てクリアーしていかなければならないのです。その為、やってみたいけど面接に落とされてなかなか受からないとか、面倒くさくて応募しなかったという人も結構見受けられます。何故そういう仕組みになっているのかという点についても後で解説していく事にしますが、まずはざっくりとこの仕事についての概要から説明して

警備員バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

みなさんは「警備員の仕事」というキーワードでどのような現場を思い浮かべますか?工事現場や駐車場などクルマに関係する場所もあれば、商業施設やオフィスといった場所で人々の行動を管理しているイメージをする方もいると思います。代表的なこれらの現場もさらに細かく分類していくことができることを考えると、警備員の職場というのはとても豊富にあることがわかります。つまり警備員はみなさんの身近なところで仕事をしている人たちといえるでしょう。しかしその仕事の内容や特徴などを詳しく知っている方はそれほど多くないと思います。そこで今回は警備員という職業、とくにアルバイトとして働くことに興味を抱いている方々に有益な情報を