みなさんは「警備業」という言葉を聞いて、どのような姿をイメージするでしょうか?

すぐに頭に浮かぶのは、制服を着て道路で車の誘導をしている、工事現場で通行人の整理をしている、イベント会場でお客様の案内や誘導をしている、といったところでしょうか。

実は、警備業として行う仕事は、他にも色々あります。

その中で、警備業界で最も多い割合を占めるのが「施設警備」という、ビルや公共施設の安全を守る警備業です。

今回は施設警備の仕事内容を、私の体験談を交えながらみなさんにお伝えしたいと思います。

施設警備って何のためにやる?

大きな目的は「警備する施設の安全・安心を守る」ことです。

そのためには「施設を利用する人の安全・安心を守る」「施設内の設備・建造物を正常な状態に保つ」この2つが柱となります。

施設警備に携わる警備員は、この2つの柱を支え、頑丈なものにするために日々、勤務にあたります。

施設警備の4つの役割

出入管理

警備する施設の入り口で、人や物品の出入りを警戒・監視する業務です。

立っている状態で行う警戒を立哨(りっしょう)、座っている状態で行う警戒を座哨(ざしょう)といいます。

主に不審者の侵入防止・不審物の持ち込み防止を目的とします。

巡回

警備する施設の館内、あるいはその外周を歩きながら警戒・監視する業務です。

外周の範囲が広大な施設では、自転車等を使う場合もあります。

主に不審者の発見、施設内の設備・建造物の確認を目的とします。

防災センター勤務

警備する施設内の「防災センター」に入り、運営を行います。

建物の規模によっては、防災センターが設置されていない施設もあります。

施設警備の拠点として活動します。

待機(緊急対応)

施設内の「待機室」にて待機します。

施設の規模によっては「出入管理」「巡回」「防災センター勤務」に従事している警備員が兼務します。

緊急事態が発生した際、対応に当たります。

「出入管理」の3つの業務

「人」に対する管理

警備員が警備する施設では、入館する際に「資格」が必要になります。

一般的には、その施設に勤務している、あるいは頻繁に出入りする人には「入館証」を、正当な必要性があって施設を訪れる人には「一時入館証」をそれぞれ発行し、その所持の確認をもって「資格」としています。

出入管理では、入館する人それぞれに「入館証」「一時入館証」所持の有無を確認し、未所持の方の入館を止める必要があります。

未所持の方には「一時入館証」の発行手続きをしてもらうか、入館をお断りします。

未所持の方を見逃したり、強引に突破されることのないよう、集中力をもって勤務に当たらなくてはなりません。

「車両」に対する管理

施設には、徒歩だけでなく、車両で来館するお客様や業者も多数いらっしゃいます。

そのような方に対しても「資格」の確認をもって入館していただきます。

一般的な手段として、車両の入り口に警備員が配置され、車両で来た方の「入館証」の有無を確認、未所持の方には「一時入館証」を発行し、駐車する場所を指示した「駐車許可証」を発行するシステムがあります。

車両が相手の業務なので、人や物がぶつからないよう十分注意し、業務にあたる必要があります。

「物」に対する管理

宅配業者や工事業者が運び入れる荷物も、出入管理の対象です。

通常、このような業者の搬入については、「搬入口」など特別に出入口が設けられていることが大半です。

この出入口で、「人」「車両」と同様に警備員が入館の「資格」を確認します。

なお、施設によっては、宅配物をX線透過装置に通し、危険物でないか確認してから入館させる場所もあります。

「巡回」の2個の業務

館内巡回

警備する施設の内部全体を巡回する業務です。

日中は、廊下などの共用部を巡回し、設備や建築物の異常を確認します。

施設営業時間終了後、バックヤードなどの専有部も巡回し、館内に人が残っていないかを確認、専有部内の設備や建築物の異常を確認します。

駅やデパートなど、不特定多数の人が訪れる施設では、昼間にも不審者・不審物警戒の為に積極的に実施することが多いです。

外周巡回

警備施設の外にある占有敷地を巡回する業務です。

日中は、不審者・不審物がないか、駐車場の車両が所定の場所に駐車されているか、遺失物が落ちていないか等を確認します。

夜間も日中と目的は同じですが、不審者との遭遇率と危険度が大きくなります。

間合いをしっかり取る等、十分な警戒が必要です。

「防災センター勤務」の3個の業務

施設警備の全般指揮(警備責任者)

施設警備の責任者は、その施設の防災センターに配置されるのが一般的です。

警備責任者は、現在の状況を確認、各箇所に配置されている警備員に指示・確認を実施します。

各箇所の警備員は、何かあったら即、防災センターに連絡、警備責任者はその対応の指示を出します。

防災センターの受付

防災センターを訪れた方のご用件を伺い、対応する業務です。

防災センターには、施設の一般立入禁止箇所(通常、施錠されている)の扉の鍵が預けられていることが多く、使用時の貸出対応があります。

また、館内の遺失物取扱い場所として、お預かり・持ち主出現時の引き渡し・保管期限が過ぎたら警察署へ預けるという業務もあります。

さらに、工事作業・納品・空調運転など各種届の受理、お客様から防災センター勤務員への取継ぎなど、勤務内容は多岐にわたります。

モニターでの監視

現在、監視カメラは警備施設のほとんどで設置されています。

そして、監視カメラの映像は、防災センターに届けられるシステムが一般的です。

その映像を警備員が監視し、現地での異常の有無を確認します。

ここ数年で、監視カメラの映像は飛躍的に向上しており、また録画機能も高性能なものが導入されているので、異常時に大きな効力を発揮します。

今後、警備業界でも重要なポストになってくると考えられます。

「待機(緊急対応)」の3個の業務

災害発生時の対応

防災センターには「自動火災報知設備」という、火災発生時に警報音を鳴らして知らせる設備と「非常放送設備」という、緊急時に館内にサイレンを鳴らして異常を放送する設備が備え付けられています。

火災が発生したら、警備員は場所を確認、消火器等を持って現場に急行・非常放送設備にて館内に放送・関係各所へ連絡という役割分担をし、施設内の混乱を防ぎつつ在館者を安全に避難させます。

地震・津波発生時も、冷静で素早い放送指示が必要になります。

現場で日頃から訓練をしておく必要があります。

救急対応

施設内で急に具合が悪くなったり、怪我をしてしまった方への対応です。

119番に通報し救急車の手配をしたり、怪我をしている方に包帯や三角巾などで応急処置をしたりします。

意識と呼吸が無い方に対しては、心臓マッサージや人工呼吸、施設内にあれば、AED(自動体外式除細動器)で電気ショックを与え、心臓を正常な動きに戻す操作を実施します。

この対応も、いざというときにスムーズに動くのは難しいです。

練習できる機会があれば積極的に取り組みたいところです。

不審者・不審物対応

施設内で不審者・不審物を見つけたら、その内容に応じた処置が必要になります。

基本として不審者には距離を置いて声掛け、警備員2人以上で対応します。

不審物は「触るな」「踏むな」「蹴飛ばすな」の3原則を守り、柵で回りを囲むなど、人が近づかないよう処置をします。

不審者はどのように動くか判断がつきにくいので、最大限の警戒が必要です。

やってよかった「施設警備」

みんなの「安心」「安全」を守っている!

施設警備の仕事、とりわけ出入管理と巡回に関しては、人によって「立ってるだけ、歩いているだけで楽してる」と言われることがたまにあります。

しかし、警備員のそのような一挙一動が、施設内の「安全」の確保に一役買い、施設にいるお客様に「安心」を与えているのです。

また、緊急事態が発生した際、その施設にいる誰よりも警備員が即座に動き、対応することで多大な感謝を受ける例も少なくありません。

「安心」と「安全」に貢献している。

それが実感できる事例をご紹介いたします。

元気なあいさつ、格好いい立ち姿勢

某ビルにて施設警備に従事していたある警備員Aさんの話です。

彼は出入管理業務でビルの入り口で立哨業務に当たる際、入館する方に対し「おはようございます!」「お疲れ様です!」とロビー中に聞こえる声であいさつしていました。

そのビルの警備のルールとして、ビルに入館する方にあいさつをする事になっていたのですが、他のどの警備員よりも警備員Aさんの声は大きく、背筋もずっとピンとした姿勢でした。

ある日、ビルの警備担当のオーナーが防災センターを訪れ、警備責任者と打ち合わせをする機会がありました。

その際、オーナーから「警備員Aさんは、いつも大きな声であいさつをしてくれて素晴らしい。それに立っている姿勢も見栄えがよく頼もしいね。警備員がそういう存在感を出してくれると、そこを通る人は安心するんだよね」という言葉をいただいたそうです。

あいさつと姿勢。

その2つを人一倍頑張ったことが実を結んだのだと思います。

「ここまでやる」案内

某ターミナル駅にて施設警備に従事していた警備員Bさん、Cさんの話です。

彼らは2人1組で駅構内で巡回していたのですが、途中で外国人の夫婦らしき方に、英語で尋ねられました。

警備員Bさんが単語を断片的に拾って聞いたところ、特急電車に乗りたい様子だとわかりました。

外国人に切符を見せてもらったら、現在地からその特急電車が発車するホームまでかなりの距離があり、指定席券で発車時間が間もなく、さらにそれが

最終の特急電車だと判明しました。

それを知って警備員Bさんは、一足先に特急電車のホームに行き駅員に事情を話すことに、そして、警備員Cさんは外国人を最短ルートでホームまで案内することにしました。

結果、警備員Cさんの最適な案内で時間ギリギリで間に合い、警備員Bさんがあらかじめ駅員に説明してくれたこともあり、外国人はスムーズに乗車することができました。

後日その駅に、対応した外国人から手紙が届いたそうです。

英語だったのですが、感謝の言葉で埋め尽くされていたとのことでした。

施設警備はここが面白い!

「やりがい」だけでなく、施設警備の仕事をしていると「こんなこと、初めて知った!」「こんなものが見られるとは!」という場面に出くわすことが何度もあります。

そんな「施設警備の面白ポイント」をご紹介します。

施設の裏の裏まで見ることができる

施設の警備をするからには、その建物の細かい部分まで知る必要があります。

そのため、施設を訪れるお客様はもちろん、そこで普段、勤務している社員も立ち入らない場所に足を踏み入れる機会があります。

私が某高層オフィスビルで施設警備をしていたとき、工事作業の立ち合いの為にビルの屋上に行く業務がありました。

当日は快晴で、屋上に出ると360°のパノラマ風景が広がっていました。

そこからは東京タワーや都庁、遠くには富士山の姿が拝めました。

スカイツリー等の展望台のように、ガラス越しではない、風を感じながらのその光景は、今でも忘れられない思い出です。

「事件・事故」を体験し、度胸が身につく

施設警備、特に不特定多数のお客様が来訪する建物での警備では、様々な事件・事故にぶつかります。

流血している怪我人に包帯で応急処置をする、酔っ払いが暴れているのを取り押さえる、ゴミ箱から炎が上がり、消火器で消し止める…。

私が実際、体験したものの一部ですが、普通なら滅多にお目にかかれない出来事ではないでしょうか。

しかし、このような非日常的な出来事を解決していくうちに「何が起きても大丈夫」という度胸が自然と身についてきます。

私の同僚だった警備員Fさんの体験談です。

彼はプライベート中、意識と呼吸が無くなった急病人に出くわし、ためらわずに心臓マッサージを実施、周囲にいた人々との協力の末、その急病人の意識を取り戻すことに成功しました。

施設警備員として身に着けた知識と経験が、非常事態でも動じない精神を築いたのです。

まとめ

施設警備についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

今後はオリンピックの開催・IT技術の進化に伴い、警備業界はどんどん発展していくと言われています。

社会の役に立ちたい、やりがいのある仕事がしたい、そんな方の参考になれば幸いです。


関連キーワード

警備員仕事