今回は、私が過去に「警備員を辞めたい」と感じた瞬間を取り上げていきます。

警備員の仕事には工事現場で勤務するいわゆる「交通警備員」や施設警備員、駐車場の誘導係などさまざまな職種があります。

私自身が交通警備員の仕事に従事した経験から、主に交通警備員について「辞めたいな」と思った瞬間をいくつかピックアップし、それらにどのように対処していったのかも解説しています。

この仕事に興味をお持ちの方は一度目を通し、現場をイメージしてみてください。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員のおおまかな仕事内容とは?

すべての警備員職種に共通している業務とは「警備対象」の警備を通じてその「安全」を守ることです。

「警備対象」はお客様や通行人などの「人」であることもあれば、お客様の荷物や金銭などの「物」の場合もあります。

いずれにせよ、その警備対象の現状を「維持」し、何か不具合が起きたとしてもその場の秩序を守り抜く、つまり「安全な状態」をキープすることが警備員の仕事内容と言えます。

交通警備員

「交通警備員」は交通を警備している人たちの総称ですが、多くの場合、工事現場で片側交互通行や通行止めの周知を行ったりしている警備員のことを指します。

交通警備員にとっての警備対象とは現場を通る通行人・通行車であり、人々の安全を守りつつ、工事の進捗を円滑にする役目も担っています。

交通警備員が勤務する現場は片側交互通行など、通常時とは異なる道路事情になっている場所であり、責任感をもって確実な業務遂行を行わなければ危険な事故につながりかねません。

また、事故等が起こると工事の進捗具合にも影響を及ぼすことから、結果的に顧客にも迷惑をかけることにつながります。

施設警備員

商業施設やオフィスなどで常駐する警備員が「施設警備員」です。

施設警備員の主要業務は「巡回警備」とよばれるもので、施設内を歩き回って異常がないかを調べたり、困りごとを抱えたお客様や訪問者のサポートをする仕事になります。

施設警備員にとっての警備対象はこれらのお客様や施設訪問者であり、それらの人々の安全を守ることはもちろん、施設全体の正常な状態を維持することも大きな意味で「安全を守る」ことにつながります。

交通警備員の仕事を辞めたいと感じた4個の理由とは?

ここからは警備員の仕事について、「辞めたい」と感じた瞬間やそれを乗り越えた方法を紹介します。

様々な警備員職種の中から、代表的職種である交通警備員を例に解説していきます。

交通警備員の仕事を辞めたいと思う瞬間は、屋外勤務ならではの特徴が主な原因となります。

シフトが天候に左右される

交通警備員は工事の進捗具合に左右される職種です。

例えば、台風接近などで何日間か連続して工事を休止するような場合、警備員はその分仕事ができなくなり収入が減ってしまいます。

つまり、あらかじめ組んでいたシフト通りに勤務できない、というケースが他職種に比べて多いというデメリットがあるのです。

それを乗り越えるための方法とは?

この「天候に左右される」という特徴を乗り越えるために私が行っていたことは、他にもアルバイトをして安定的に収入が入る術を確保する、というものでした。

当時、同時並行で行っていた仕事は、警備員とは異なり天候やその他の条件に左右されず、シフト通りに勤務できる職場でした。

そのため、そのアルバイトをメインの収入源として確保しておき、空いた時間に警備員の仕事を入れる、というペースで仕事をしていました。

そうしておけば万が一、警備員の仕事が天候によりキャンセルになったとしても、損害はそれほど大きくありません。

逆にシフト通りに警備員の仕事に従事することができれば、その分プラスアルファで収入が増えるという感覚でしたので、ある意味心に余裕がある状態で警備員の仕事に従事できていたと思います。

夏の炎天下の暑さと日焼け

工事現場が屋内施設であったり、ひさしなどで日光を遮ってあることはまれで、交通警備員が勤務する現場は基本的に炎天下にさらされた場所になります。

夏であれば炎天下の暑さだけでなく、地面からの照り返しも真っ向から受けることになりますし、日焼けも完全に防ぐことはできません。

警備員はヘルメットや帽子などの被り物もユニフォームの一部であることが多く、夏場でも長袖で勤務する人もいるため、炎天下の暑さや日焼けをユニフォームの着こなし方によってある程度避けることもできますが、最近の猛暑に対する処置としては限界があります。

それを乗り越えるための方法とは?

私が勤務していた場所は住宅街に面した道路が多かったので、直射日光を避けるために時間帯によって、微妙に位置が変わる日陰を追いかけていたように思います。

しかし、各警備員には厳密に場所が割り振られているため、日陰を追いかけていくにも限界があり、ある程度は我慢することも必要となってくるでしょう。

また、熱中症対策としては水分補給だけでなく塩分補給をすることも大切であり、適度な休憩をとることや、少しでも気分が悪くなったり体調に異常を感じた時には躊躇なく同僚や上司に伝える、ということもこの過酷な環境を乗り越えるためには必要なことと言えます。

雨や雪、吹雪の寒さ

炎天下の暑さや日焼けとは対照的に、冬場は雪・吹雪に吹きさらされたり、寒さに凍えながらの勤務に耐えなければなりません。

交通警備員は常に動き回るという職種ではなく、原則として持ち場周辺を立ちっぱなしで警備することになりますので、真冬の凍えるような寒さに耐えて職務を全うすることは、真夏の炎天下での勤務同様に過酷なものになります。

また、冬場に限らずオールシーズンで警備員を悩ませる天気は「雨」です。

あまりにも雨が激しいときは工事そのものが中止になりますが、通常の雨量であれば工事を続行することが多いので、警備員は雨の中で立ちっぱなしで勤務し続けなければなりません。

もちろんレインコートを着用しての勤務なので、雨でズブ濡れになるようなことはありませんが、夏場は湿気でジメジメしますし、冬場は寒さをより一層感じることになりますので、どの季節でも雨には悩まされる職種といえるでしょう。

それを乗り越えるための方法とは?

乱暴な言い方をすれば、厳しい環境を乗り越えるためにはその状況に「慣れてしまう」ことが一番なのですが、慣れるまでにかかる時間には個人差がありますし、なかなか現場に慣れることができない方も多いと思います。

そのような場合は、寒さ対策としては貼るタイプのカイロや手袋、ネックウォーマーなどでなるべく「すきま」を埋めるようにすると効果的です。

幸い、交通警備員の職場ではお客様と顔を合わせてコミュニケーションをとる場面は多くなく、顔の大部分をネックウォーマーなど防寒着で覆っていたとしても、お客様を誘導するジェスチャーさえ明確・適切に行っていれば問題ありません。

したがって、どうやっても覆うことは難しい目の部分以外は、なるべく外気に触れないようにすることが、寒さ対策として有効と言えるでしょう。

また、雨に対応する方法としては、動きやすさや着脱のしやすさ等を考慮しても、レインコートを着用することが最善の方法と考えられます。

夏場は暑くてレインコートを着ていられないという人もいるかと思いますが、最近は通気性を意識したレインコートも出ており、中がムレないような構造になっている商品も数多く販売されています。

最適なレインコート選びが快適な職場環境へとつながるでしょう。

現場の人間関係

現場における人間関係も、警備員として働く間は少々悩まされることがあると思います。

警備員は基本的に自分の持ち場を与えられて、その担当場所で警備業務を全うすればとくに問題はないのですが、だからといって他の警備員と協働する場面がないのかといえばそうではありません。

小規模な工事現場などでは一人で交通誘導を行っている警備員もいますが、多くの場合は複数人の警備員がそれぞれの持ち場を手分けして警備し、無線連絡を通じて円滑な業務遂行を実現しています。

そのため、現場では相手に伝わりやすいように連絡をすることや、相手の状況に配慮したものの伝え方が大切になります。

わたしがこの「コミュニケーション」という部分で警備員の仕事の難しさを覚えたのは、この仕事に従事する人のバックグラウンドが非常に多様であると感じたためです。

年齢も20代の人から定年後に働いている人までいますし、前職の経験なども含めると、実に多様な人たちが働いている職場です。

それはそれで魅力でもあるのですが、現場でコミュニケーションを取り合う場面でいささか苦労する場面があることも事実です。

それを乗り越えるための方法とは?

現場での人間関係で苦労するのは警備員職種に限った話ではなく、原則としてほぼすべての職場で共通することでしょう。

そして、このような悩みに対処する方法としては一言「コミュニケーションをとる」ということに尽きます。

積極的にコミュニケーションを取りにいかないままで、相手のことが十分にわかることはまずありえません。

自分が今までに接したことのないようなタイプの人であればあるほど、自ら積極的にコミュニケーションをとって、相手のことを知ろうという姿勢をもつべきでしょう。

私の経験上、そのような姿勢で仕事に向き合う人には、相手方からもコミュニケーションを図ってもらえるような人が多く、結果的に相互理解が深まっているように感じます。

交通警備員の仕事は他の職種同様、現場でのコミュニケーションが大切になりますが、とくに現場でコミュニケーション不足による事故が起こってしまった場合、警備員の責任は重大です。

通行人の命に関わるような重大事故につながり得ることも否定できない職場であり、「コミュニケーション不足でした」では済まされない現場です。

警備員としてのプロの自覚をもって、真摯に仕事に向き合う姿勢が大切になるでしょう。

辞めたい時もあるけど、警備員がおすすめの理由

上述のような大変な思いをする現場でありながら、それでもなお警備員の仕事をおすすめできる理由を2点あげておきます。

以下のようなメリットもある職場だということを理解していただき、興味がある方はぜひ求人に応募してみてください。

やりがいを感じる瞬間がたくさんある

警備員の仕事は、はたから見れば淡々と業務をこなすだけの仕事に見えがちですが、その過程で様々なやりがいを感じる職場でもあります。

例えば、交通警備員を例にとると、通行人や通行車を安全に誘導するというあたりまえの仕事をしているだけでも、時には「ありがとう」と感謝の言葉をいただけることがあったり、小さなお子様から元気な声であいさつをしてもらったり、という瞬間があります。

これらの瞬間は、誰かの役に立っている、自分の仕事が必要とされている、と感じるときでもありました。

すべての職場が直接的にやりがいを感じられる職場ではない現在では、このような仕事はある意味希少価値があると言えるのではないでしょうか。

効率的に稼ぐことができる

仕事に求めることは十人十色それぞれあると思いますが、どなたでも「稼ぎ」を目的の一つとしていることは共通しているでしょう。

警備員の仕事はこの「稼ぎ」においても、「効率性」という特徴から魅力を感じることができる職場と言われています。

交通警備員の場合、効率性は「日当制」という給与形態から発生すると考えられます。

例えば、工事が予定より早く終了した場合、警備員の仕事もその場で終了となるので、時給換算額はその分割り増しされることになります。

この点が警備員の仕事は効率的に稼ぐことができるといわれる大きな要因の一つであり、様々なきつい場面がありつつも長期的に働いている方は、この点を魅力に感じていることが多いようです。

\警備員の仕事に「やりがい」があると感じた人は/

警備員の時給ややりがいは、こちらの記事を参考に!

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は警備員の仕事を「辞めたい」と私自身が感じた瞬間を取り上げて、それをいかにして乗り越えていったか、という実体験を紹介していきました。

今回取り上げたもののほかにも辞めたくなるような瞬間はあるかもしれませんし、それぞれに対処する方法も異なるでしょう。

それでも、この仕事にはやり続けるメリットがあることも事実です。

少しでも興味がある方はまずは警備員職種の求人を探索することから始めてみてください。


関連キーワード

警備員求人