声を掛けるだけで動く機械や、何でも出来る携帯端末など、便利なものが増えていくこの世の中。

いいものも出てくれば、悪いものも出てきています。

その中でも身近なものが、違法労働・無給・各種ハラスメントなどを平然とする『ブラック企業』でしょう。

悲しいことに働くために生きている生真面目な日本には、ブラック企業はどの職種でも業界でも存在します。

警備業界にももちろん存在しています。

ただでさえキツイイメージのある警備員で、しかもブラックなんてとても避けたいもの。

そこで今回は、警備員の仕事の実情から見えてくるブラック体質、そしてそれを避けるための警備会社の見方をご紹介します。

落とし穴が多い警備業界での、ブラックな労働に引っかからない方法を覚えましょう。

「警備員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員とはどんな仕事?

警備員とは、『守る』『防ぐ』を心情とした護衛隊です。

警察官よりは門番という方が近いでしょうか。

仕事は悪と『戦う』・悪を『捕まえる』ことではなく、悪を『防ぐ』・悪から脅かされる安全を『守る』ことです。

形や場所を変え、種類が違っても、警備員の仕事の大義名分は全て同じ『守る』ことと『防ぐ』ことです。

警備員の仕事の内容

交通警備

工事現場や建設現場で、関係車両や一般車両、通行人の往来を見守ります。

警備の制服を着てヘルメットを被り、誘導灯を持っている、よく見かける警備員です。

警備の仕事では入門業務で、最も簡単なものです。

また仕事が簡単なので、高齢でも働くことが出来ます。

施設警備

大型商業施設やマンション、学校など、多くの利用者が集まる施設の監視を行います。

歩き回って異常事態を五感で察知するための巡回、監視カメラでの監視、施設内の鍵や落とし物の管理、出入りする人々の手続きや身元確認を行います。

こちらは屋内での仕事が多く、女性も活躍しています。

施設警備の仕事内容は、こちらの記事も参考に!

雑踏警備

花火大会や屋外コンサートなど、人が多く集まる会場で人の流れを管理します。

行列や人混みの波を作り、接触事故や転倒事故が無いよう、周辺につきっきりで監視を続けます。

簡単そうでいて、実は熟練しか出来ない難易度の高い業務です。

輸送警備

いわゆる現金輸送車です。

防刃チョッキや警棒、ヘルメットで完全防備の状態で、現金や貴重品を目的地まで輸送します。

必ず二人一組で行動し、無駄話も出来ない緊張した現場です。

身辺警備

いわゆるボディガードです。

各国の大統領や要人などを目的地まで安全に送り届けます。

警察官の補佐としての役割もあります。

年数を重ねたベテランが多く、また警備員の仕事の中でも最難関の業務です。

「警備員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員の仕事で「ブラックな仕事だな…」と感じた瞬間5個

残業があるかないかはその日次第

その日その日にならないと、仕事の量は解らないのが警備員の特徴です。

巡回や交通整理は同じルートや同じ作業でいいものの、万が一のトラブルや事件・事故にも対応しばければなりません。

事件や事故には予告がないので、ひとたびトラブルがあれば解決するまで残業して対処しなければなりません。

また本来の予定にはない追加業務も多く、常にあっちこっちと引っ張りだこな警備員には、定時帰宅は絶対ではありません。

上下関係重視の男性社会であること

警備員も警察官と同じ男性社会です。

体育会系気質の人も多く、規律にも厳しい職場です。

いわゆる草食系や理系の男性や女性は「堅苦しくて強制的で空気が重い」と感じられるかもしれません。

冗談が通じない人も居るので、円滑なコミュニケーションにも一苦労するかもしれません。

困った時の警備員頼り

施設や道路、どこに居ても、まず困ったら一番先に声をかけられるのは警備員です。

店舗で言えば「火災が起きた」「体調が悪くなった」「店の商品が盗まれた」は全て警備員の仕事です。

道路上での勤務であっても、工事や建設現場の臨時の手伝いをさせられることもあります。

人々はとにかく困ったら警備員に頼ってきます。

大体は大したことのない事案ですが、泥酔者の対応や犯罪者の処理まで何でも屋状態ですので、これらが重なった日にはグッタリ来てしまいます。

ハイリスク・ハイリターン

雑踏や人混みなど、人が多く集まる場所は危険がいっぱいです。

不審人物が潜んでいたり、足を踏んだ踏まれたというトラブル、喧嘩、何でも起こりうる状況です。

また抗議デモの警備など、一歩間違えれば大人数が暴徒化しかねない職場もあります。

現金輸送車が襲われる可能性もゼロではありません。

そんな危険が隣り合わせの職場で、毎年のように労災事案が発生しています。

全ての責は警備にあり

万引き犯を逃した、急病人が重症化した、車と人の事故が起きた。

こういう時、全ては警備員の責任にされます。

法的には違うものですが、こんな時に聞かれる言葉は「警備員は何やってたんだ」という、責任をなすりつけられる言葉です。

確かにこれらを防ぐのが警備員の仕事ではありますが、警備員はスーパーマンでは無いことも念頭に入れておいてほしいものです。

「警備員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

それでも警備員の仕事にあるやりがいとは?

どんな仕事にもやりがいや得られるものはあるように、警備員にもやりがいはあります。

ブラック(かもしれない)な側面よりも、仕事としての楽しさややりがいの方が強ければ、厳しい社会でも生き残っていけます。

ヒーローになれる

「警備員はスーパーマンではない」とは先述しましたが、スーパーマンと同じことはします。

目視での警備や見回り、犯罪の抑制や防止、事件事故の予防が仕事だからです。

またいざ急事にはすぐに駆けつけて、自体の悪化を防ぐために行動します。

これにより救われたり、助けられる人も居ます。

具体的には「助けた」のではなく「守った」「防いだ」のですが、その姿はマントたなびくヒーローのようです。

人の役に立てる

道路工事をしている人を『土方』を呼び、底辺の仕事だと蔑んでいる人も居ます。

しかしわたし達が雨の日もぬかるむ地面に悩まされず快適に過ごせているのは、誰でもない道路工事の作業員の方々のおかげです。

警備員も同じで、見えるところ見えないところで、人々を支えてお役に立っているのです。

人々が雑踏や施設、道路を安心して利用できるのは、警備員の支えがあるからです。

「警備員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員の仕事で身に付くスキルや経験

警備の仕事は堅物であり、身につくスキルもまた堅物です。

真面目であることが大切ですから、自由業や奔放な人には堅苦しく感じられるかもしれません。

しかし社会人として最低限のことは身につけておかなければ、どこに行っても恥をかきます。

その点では、警備員はちゃんとしているのです。

ルールやマナーを守って安全生活

警備員は正しいことを推奨する仕事です。

公共施設や交通マナーなどを正しく守ってもらうことで、安全を確保するのが責務なのです。

誰もがマナーを守って過ごしていれば、事件事故など起きないもの。

それを推奨する警備員は、マナーの見本になるのです。

どんな些細なルールでも、他人に迷惑をかけることは決してやりません。

警備員はその辺りが特に身につくので、自分勝手な暴走や規則違反はしなくなります。

洞察力と観察力が身につく

常に周囲に気を張っている警備員は、まさしく鷹の目の持ち主です。

些細な変化、異常事態は見逃しません。

なので細かいところまで目が行き届き、ひいては周りの空気を読んだり状況を読み取る事が出来るようになります。

健康的な心身を手に入れられる

警備員は肉体労働です。

例え施設警備でも、ずっと立ち続けたり自転車を持ち上げたり、体を動かすことがとても多いです。

適度な休憩もあるので、体をきちんと休めることも出来ます。

適度に働いて適度に休んで、警備員は健康維持がしやすい成り立ちやすい仕事でもあります。

「警備員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員の仕事でブラックでない求人を選ぶために

警備員は例えブラックでなくても、感覚的にはブラックだと感じられやすい仕事です。

なので少しでも待遇の良い職場を選んだほうが、ブラックだとは感じられずに働けるでしょう。

それ以外にも上手い職場の選び方もあるので、重ねて紹介します。

【選び方①】雇用形態から探すとき

社員とアルバイトでは、アルバイトの方がブラック率は低いです。

社員は仕事に加えて、仕事場や部下への責任も発生するからです。

現場責任者となると、トラブル時の初動や部下への指揮も取らねばならず、仕事量もぐんと増えます。

アルバイトももちろん大変な時はありますが、社員に比べれば負う責任は格段に少ないです。

【選び方②】職種から探すとき

交通警備が一番おすすめです。

万一の事故が最も少なく、きっちり定時で帰ることも出来ます。

「交通整理」とある求人が交通警備の求人です。

これを重点的に探せば、ブラックに当たる確率はグッと下がります。

施設警備が最もブラックだと感じやすいので、少しでも精神的に楽に働きたいならば避けるべきです。

【選び方③】エリアから探すとき

交通警備が特に重視するべきなのが、エリアでの求人検索です。

交通警備にはエリアごとの現場責任者が存在し、その人によって業務の詳細や休憩時間のとり方が違うからです。

今は口コミの時代ですから、働きたい地域の現場責任者の評判を調べてみるといいでしょう。

特に悪い上司が居るエリアは口コミがとても多いです。

【選び方④】雇用期間で探すとき

警備員には短期も長期も存在します。

この場合、どちらがブラック率が高いかと言うと、実は短期の方です。

短期アルバイトは「使い捨て」だと思っている輩も居るからです。

適当な指示をしたり、雑に扱ったりするブラック体質の人も居るので、捨て駒扱いされたくないなら長期を選びましょう。

警備員向きの性格を紹介

警備員にも適正があります。

といっても身長体重や健康面での話ではなく、性格や心構えという点に於いてのことです。

警備業界がブラックだと感じる人は、これらの性格の人と気が合わないのかもしれません。

生真面目・潔癖症タイプ

制服の着方、靴の履き方、ベルトの色など、制服規定に従ってきっちり着る、マニュアル人間なタイプです。

ルールもマナーも徹底して守り、団体行動を尊重して個人よりは会社の人間として生きている堅物な人が当てはまります。

得てして体育会系なので、外見や口調は厳し目ですが、目下の面倒見の良さや責任感にも溢れています。

器用貧乏タイプ

「今までやったことなくてもやったら何か出来た」「初めてでも何故か上手に出来ちゃった」というタイプです。

意識せずに何でも卒なくこなせてしまう人で、「気が付いたら副隊長になっていた」「何となく働いていたらエラい資格取ってた」というものです。

こういったタイプの上司は人情深く、感情はあまりないですが兄貴肌が多いようです。

二面性タイプ

普段は穏やかで外見も優しく物腰柔らかい人ですが、有事には鬼のような形相で動き回り指示も的確で素早い人です。

オンとオフの切り替えが出来るので、力を抜く時は抜く、入れる時は入れる、と意識して行動しています。

警備員として最も成功しやすい性格でもあります。

仕事仲間にはアメ、仕事にはムチなので、人材育成にも向いています。

純粋に鬼タイプ

大きな声で話し、新人にも甘くない人です。

人格否定はしませんが言葉は荒く、オラついた話し方でブラック企業の上司によく居る典型的なタイプです。

このタイプの人だけ見るとブラックな現場だと思えてしまうかもしれません。

警備会社では人事部や総務部によく見かけるタイプです。

「警備員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ただでさえ緊張感の強い仕事場に加えて、厳しい上司、ブラック環境。

ここだけ見て、辟易してしまうかもしれません。

確かに警備員は他社からの責任や重圧、仕事への気の抜けない環境が整っているので、合わない人にはブラックな職場にしか見えないと思います。

しかしブラックだと感じる人も居れば、感じない人も居るのです。

また警備会社は社則も厳しいので、就業違反は絶対許されません。

ハラスメントの対策もちゃんと出来ています。

なので実態はホワイトとは言えませんが、ブラックとはかけ離れたものなのです。

また職場は案外ゆったりしていて上下関係などなく、どんなに厳しい人でも笑って雑談してたりもします。

入ってみたら全然ブラックじゃなかった、と驚くかもしれません。

ただし本当にブラックな会社もあるので、もし万が一ブラックな環境になってしまったら直ちに立ち去りましょう。

警備員は他人のみならず、自分もしっかり『守る』ものなのです。

「警備員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

警備員求人

警備員求人についてもっと深堀りした情報を見る

大阪警備員バイト求人の募集内容やおすすめな警備会社は?経験者が解説します!

工事現場や商業施設などで頻繁に見かける警備員。配備される現場や職種によって業務内容や待遇などにも差がありますが、その仕事の中身を詳細に知っている人はそれほど多くありません。今回は私が警備員として働いていた経験をもとに、大阪の警備員バイト求人について簡潔に解説していきます。警備員のバイトはどんな仕事?警備員の仕事を簡単に説明すると、「警備対象である場所や人などが安全な状態に置かれていることを保障する仕事」といえます。積極的にお客様に接したりこちら側から何かを提案するような「能動的」な側面よりも、不具合や不都合なことが生じないように対応したり、もし起こってしまった場合にはすばやく対処したりするとい

警備員とはどんな仕事?仕事内容ややりがい・役割・なり方など詳しく解説します!

警備員は施設やマンションの安全管理や、交通整備、イベントの人の流れの管理など、人々が安心して過ごせるように管理する仕事です。警備員の仕事はあくまで守ることと防ぐことであり、重大な責務を負う危険な仕事ではありません。警備員という仕事が実はとても身近で親近感の強い仕事である、ということを紹介していきます。警備員とはどんな仕事?警備員とは、大型店舗や大型マンションの利用者の見守りや安全の確保、工事現場や道路工事での車両の誘導、人が多く集まる場所での誘導を行います。いずれも人々の安全の確保や、万が一の危機への目配りの為に存在しています。また警備員の制服を着ている人間が居ることで、犯罪の抑制や防止に大い

警備員の年収はどれくらい?相場感や、給料を上げるための転職術を教えます

警備員の仕事は儲かる、世間ではそう言われます。求人を見てみても、目を引くのは高額であることをアピールするサムネイルです。よくよく見てみれば、それはアルバイトの広告であることが多いのです。実は警備員は正社員よりアルバイトの方が、給与だけで考えれば高待遇です。では警備員で、正社員の年収や、稼ぐにはどういった点を重視すればいいのか、どうずればいいのかを解説していきます。警備員の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合相場は20万円前後です。他業種と大きな差が無いのが殆どです。この辺りも他業種と同じなのですが、大手企業ほど待遇が良いという傾向があります。テレビCMを打っているような警備会社は特

施設警備の仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

ここでは施設警備のお仕事について色々と書いていきたいと思います。これからこのお仕事に就いてみようと考えている人や、何となく興味があってどうしようか考え中という人もいるかとは思います。数ある職種の中からあなたが敢えてこの施設警備の仕事に焦点を当てたのは色々な理由からでしょう。現在警備をやっている知人から勧められた、お金が良いと聞いた、ネットの口コミを見て興味を持った等々。そして、実際にこの仕事はどういうものなのかもっと詳しく知りたいと考えてこのサイトを訪れた方が多いのではないでしょうか。物事をよく知るための一番の方法は、自分が実際にそれをやってみる事で、次に有効なのはその経験者に話を聞く事だと言

警備員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

警備員をやっているけど、今の会社は辞めて他の警備会社に転職したいと考えている方もいれば、他の業種から警備業に転職したいという方もいらっしゃることでしょう。今回は、警備員の転職について考えている方々を対象に、様々な情報をご紹介させて頂きます。実際に警備会社で働いていた私の経験を基に、転職先として良い警備会社の特徴や、転職時の注意点について記載しておりますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。警備員の転職で注意したほうが良い4個のこと警備員に転職する際に注意すべき点についてご紹介させて頂きます。夜勤の有無夜勤があるかについて気になる方も多いでしょう。警備員という業種の特性上、夜勤を扱っていない会社

警備員正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

警備員の正社員として働きたいと考えている方のために、おすすめの求人についてご紹介させて頂きます。よくある募集内容や、正社員として求められることを説明致しますので、どうぞ最後までご覧ください。警備員の正社員はどんな仕事?警備員の仕事は、担当の現場に出向き、警備をすることです。交通誘導や、施設警備などが主です。正社員で採用された場合は、いずれは現場を統括する立場になることを期待されている可能性があります。現場業務以外にも資格取得や講習の参加を求められる場合もあるでしょう。バイトの警備員よりも、現場作業以外の業務に時間を割かれることになる可能性があることは、覚悟しておきましょう。警備員の正社員の大ま

東京警備員求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

これから警備員をやってみたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。今回は、東京の警備員求人に焦点を絞ってご紹介させて頂きます。都内で働く予定の方は、是非ご参考にして下さい。東京の警備員はどんな仕事?どこであっても警備員の仕事内容は特に変わりません。しかし、東京の場合は建物が多いため、施設警備が主な仕事となるでしょう。東京には重要な施設が数多く集まるため、それだけ責任の大きい業務を任される機会も増えます。東京の警備員求人のおすすめ募集内容の特徴東京の警備員求人のおすすめについて紹介させて頂きます。未経験者歓迎多くの警備会社は未経験者歓迎であるため、スキルが無くても不安に感じる必要はありません

警備員が向いている人の4つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

今回は警備員の仕事に興味があるという方々の為に、警備員が向いている人の特徴やその力を活かせる職種・仕事について書いていく事にします。警備員の仕事というのはどの求人誌や求人サイトを見ても必ず募集があるようなメジャーな職種です。その反面、実はその職に就く為には細かい手続きや面倒な審査等が数多くあり、それらを全てクリアーしていかなければならないのです。その為、やってみたいけど面接に落とされてなかなか受からないとか、面倒くさくて応募しなかったという人も結構見受けられます。何故そういう仕組みになっているのかという点についても後で解説していく事にしますが、まずはざっくりとこの仕事についての概要から説明して

警備員バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

みなさんは「警備員の仕事」というキーワードでどのような現場を思い浮かべますか?工事現場や駐車場などクルマに関係する場所もあれば、商業施設やオフィスといった場所で人々の行動を管理しているイメージをする方もいると思います。代表的なこれらの現場もさらに細かく分類していくことができることを考えると、警備員の職場というのはとても豊富にあることがわかります。つまり警備員はみなさんの身近なところで仕事をしている人たちといえるでしょう。しかしその仕事の内容や特徴などを詳しく知っている方はそれほど多くないと思います。そこで今回は警備員という職業、とくにアルバイトとして働くことに興味を抱いている方々に有益な情報を


警備員求人に関するコラム

警備員のシフトはどう?色々な施設での働き方、仕事内容からシフトの中身まで

どこででもよく道路でヘルメットをかぶって立っている人を見かけます。その近くでは大概工事が行われています。また大きなデパートに行けば、駐車場の前、店内にも制服姿の人を見かけます。彼らは工事関係者ではなく、警備会社から仕事を任されている警備員です。警備員はいろんな建物や場所・工事現場であっても、未曾有の危機から人々を守るため、安全に暮らせるようにするために日夜働いています。警察より身近な守衛隊といっても過言ではありません。では働き方はどうでしょうか。やはり警備員ならではのシフトがあったり、特別な仕事や働き方があるのでしょうか?今回は警備員という職種にスポットを当てて、彼らの働き方を見ていきましょう

警備員の仕事は40代でもバリバリ出来る!私が警備員をやっていた時にいた40代の人の働き方

警備員と言うと、大抵の人はヘルメット姿の中年男性をイメージするでしょう。事実、人前に出ている警備員の大半は中年男性です。若い人や女性も居ますが、最も最前線に居るのは30〜50代です。しかも、結構な確率で警備員として再就職した人が居たりします。そうです。40代には警備員は打って付けの仕事なのです。40代で再就職などザラな世界なのです。親の介護などで一時社会を離れた人、傷病からの社会復帰を果たした人、40代でももっと上でも、様々な経歴を持った人が集まっているのです。そんな受け口のとても広い警備業界で、実際40代の人はどう働いているのか、40代で警備員をしている人の実情をご紹介しましょう。また警備員

警備員におすすめの転職サイト7選。おすすめの理由も紹介します

今国内でも非常にニーズが高まっている警備員。外国人観光客も急激に伸びており、今後大きなイベントも控え、さらに需要が高まっています。若者にも人気は高まっており、アルバイトや転職で警備員を目指す人たちもたくさんいます。警備員の職につくためには「どういった転職サイト、求人サイトがおすすめ?」「何に注意して選べば良い?」などの疑問に答えていきたいと思います。警備員の仕事・種類についておさらいしておこうあまり知られていませんが、警備員にもいくつかの種類があります。ではどういった種類の警備業務があるのでしょうか?巡回警備ショッピングセンターや工場など、大きな施設を歩いて監視する業務です。異常や不審者がいな

警備員として働くメリット13選。私が感じた良いところをまとめました

今回は警備員として働くメリットについて、実際の経験をもとに、リアルな内容をご紹介させて頂きます。皆様は警備員という仕事に関して、どういったイメージをお持ちでしょうか?「屋外の警備は辛そう」逆に「立っているだけで楽そう」などのイメージを持たれる方も多いかもしれません。警備員を経験した事ない人たちや、どういった仕事内容なのかご存知ない方のために、どういった仕事内容なのかも細かくご紹介させて頂きます。警備員の仕事にはいくつかの種類がある警備員と一言で申し上げましても、仕事は多岐に渡ります。大手警備会社が提供しているような、契約先の現場に駆けつける警備員や、交通整備をしている警備員、貴重品などを運ぶ輸

警備員の人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

警備員のお仕事といえば、接客業などに比べて、人と接する機会やコミュニケーションを取る機会は多くはありません。ただ同僚や上司、警備対象先の人達などと接する機会は勿論多く存在します。実際私、人と接することが少ないイメージで業界に入り、様々な驚きもありました。そこで今回は警備員の人間関係について、経験談を元にご紹介しようと思います。警備員のおおまかな仕事内容とは?警備員の仕事内容は、警備対象物の安全を確保するお仕事となります。警備対象物の中には、人・建物・現金など、様々なものがあります。対象物により仕事内容も大きく異なり、資格を必要とする業務や、特殊な業務も多々存在しています。ただ全ての業務において