今回は、警備員の仕事に興味があるという方々の為に、警備員が向いている人の特徴やその力を活かせる職種・仕事についてご紹介していきたいと思います。

警備員の仕事というのは、どの求人誌や求人サイトを見ても必ず募集があるようなメジャーな職種です。

その反面、実はその職に就く為には細かい手続きや面倒な審査等が数多くあり、それらを全てクリアしていかなければならないのです。

その為、やってみたいけど面接で落とされてなかなか受からないとか、面倒くさくて応募しなかったという人も結構見受けられます。

何故そういう仕組みになっているのかという点についても、後で解説していきたいと思います。

まずは、ざっくりとこの仕事についての概要から説明していくことにしましょう。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員とはどんな仕事?

警備員の仕事というのは、ざっくり言うと依頼主から警備の対象として依頼を受けた建物や人、モノに事故や問題が起こらないように警備するというものです。

職種で言うと、警備業というのはサービス業に分類されます。

施設や建物のオーナー(持ち主)は、その場所の警備や駐車場の車の誘導等を行ってくれる警備員の派遣を警備会社に依頼します。

警備会社は依頼を受けた業務内容や規模を考慮して予算を算出し、双方の話がまとまれば依頼者と契約が結ばれて、業務がスタートすることになります。

警備業は、その仕事によって大きく四つに分けることができ、それぞれで業務内容が異なります。

警備の仕事をやったことがない人は、警備員とは警察と同じような仕事をするのだと漠然とした想像を持たれるかもしれませんが、警察官と警備員の間には明確な違いが存在します。

それは、警備員には公人である警察官に与えられているような大きな権限はないということです。

警備員は立場的には普通の一般人と何ら変わりがなく、仮に相手が不審者であったとしても、他人の基本的人権を犯すような行為は行うことができません。

例えば、施設の警備にあたっているような時、外から入ってきた怪しい人物に対してよく警察がやるように職務質問をしたり、ましてや拘束したり等はできないわけです。

公道での勝手な交通整理も許されません。

警備員ができるのは、あくまで建物や駐車スペース等から車の出入りがスムーズになるように上手く誘導する程度です。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員の大まかな仕事内容

既に述べたように、警備の仕事は大別して4種類あります。

各警備会社は様々なクライアントからの依頼を多く請け負っており、どの業務もこれら四つのどれかに該当することになります。

警備員の大まかな仕事内容1:一号警備

ビルやデパート、マンション、病院、空港等といった施設に警備員が常駐し、人やモノの入出管理、防犯カメラのモニター監視、受付、施設内の巡回や警備等を行う業務で、いわゆるハコモノ警備と呼ばれるのが一号警備です。

警備員の大まかな仕事内容2:二号警備

駐車場や工事現場等で車の交通誘導を行ったり、イベント会場のような人が大勢集まるような場所で人の誘導や規制等を行います。

交通誘導警備、雑踏警備と呼ばれます。

警備員の大まかな仕事内容3:三号警備

貴重品や危険物等を警備しながら運搬するもので、運搬警備業務と呼ばれます。

現金輸送車等の警備が三号警備にあたります。

警備員の大まかな仕事内容4:四号警備

要人等を危険から守る身辺警備業務、いわゆるボディーガードです。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員が向いている人の4個の特徴とは?

まずはじめに一番大切なことは、警備の業務に就く為にはあなたが幾つかの条件を満たしている必要があります。

これをクリアできない限り、例え自分がどんなにこの仕事に向いている性格であると思っていても、面接でやる気を見せようと、残念ながら警備員になることはできません。

警備員というと、よく施設の入り口等で年寄りが気楽にやっているようなイメージがあるかもしれませんが、実はかなりお堅い仕事で、例えバイトと言えどもなかなかこの職に就くまでは大変です。

飲食店や工場等のバイトのように、サラッと受けて即採用にはなりません。

かと言って、何か特別な資格がなければダメとか、難しい入社試験をパスするとかいうことではありません。

大抵の人は警備員になれる資格がありますので特に気にすることもないのですが、やはり中には引っかかる人もいるわけです。

ですので、まずは警備員になることができる人の特徴から簡単に説明します。

一つ目の条件は、破産者ではない人です。

現在破産している人は、復権しない限り警備員にはなれません。

二つ目は、ドラッグ等をやってない人です。

これはドラッグに限らずですが、アルコールも含むドラッグ中毒者はダメです。

三つ目は、罪を犯してない人です。

これも仕事の性質上のものですが、以前禁錮刑等に処された人は5年以上経過していないと警備員にはなれません。

早い話、あなたが前科者やジャンキー、破産者、他にも反社会的な立場にいるような場合、警備員になることはできません。

これは単にあなたが応募した警備会社の面接で口頭で答えるだけではなく、役所や医療機関でその旨を証明する書類をキチンと揃えて、会社に提出する必要があります。

そして、現在の住所がなかったり、身分の証明があやふやな場合等もやはりダメです。

こうした条件さえクリアできれば、後は問題ないでしょう。

次に、警備員が向いている人の特徴を幾つか挙げていきますが、これは何号の警備に就くかによってかなり違いがあります。

では、以下に向いている人の特徴をご紹介します。

警備員が向いている人の特徴1:暇に耐えられる人

特に1号と2号警備に限った話ですが、現場によっては相当に暇な所があります。

そういう現場にあたった場合、私のような生来の怠け者は「ラッキー」と思ってしまうのですが、世の中にはそういう感覚の持ち主ばかりがいるわけではありません。

仕事は少し忙しいくらいが良いと考える人や、大変な仕事に生きがいややりがいを求めるような人は結構多くいるのです。

そういう性分の人にとっては、年中仕事が暇な現場でひたすら立っていたり、座ったままのような仕事は苦痛にすら感じるかもしれません。

余談ですが、懲役刑を受けている人と違って禁錮刑に処された人はあまりの暇さに堪えられず、自分から何かやらせてくださいと申し出る人も多いようです。

但し、これはあくまで暇な現場に限った話です。

配属先の現場によって忙しさや大変さはかなり違いますし、所属する警備会社によっても厳しい所と緩い所が存在するので、一概に言うことはできません。

警備員が向いている人の特徴2:高齢の男性と上手くやれる人

警備業界は全体的にとにかく高齢者が多く就業しており、その殆どが男性です。

こう考えると職場には全く華がありませんが、警備というのはこういう中で業務を行うものだということも憶えておきましょう。

警備員が向いている人の特徴3:若い人

先に述べましたが、この警備業界は全体的に見て働いている人に若者が少ないのが特徴です。

その多くは50代〜70代の高齢者で、職場には定年退職してこの仕事に就いているとかいう人も珍しくありません。

会社も別に高齢者に限定して人を募っているわけでもないのですが、おそらく若い人は地味な印象の警備業には関心も薄く、あまりやりたがらないのでしょう。

ですので、雇う側からしてみれば若い方は大歓迎なのです。

警備員が向いている人の特徴4:体力に自信のある人

これは特に3号と4号警備に限定した話になりますが、この業務は1号、2号警備とは全く状況が異なり、体力的にはかなりキツいのが特徴です。

警備会社によってはこの業務に就くことができる年齢を35歳迄と限定しているような場合もあり、かなり過酷な業務が予想されます。

1号や2号警備ではやりませんが、こちらの業務では格闘技の訓練等も実施されているようです。

腕っぷしに自信があるような人にとっては、ぴったりの業務ではないでしょうか。

但し単なる用心棒とは異なりこれは警備業なので、あくまでも有事の時以外はきちんとして紳士的に振舞うようにする必要があります。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員が向いていない人の3個の特徴とは?

先に散々述べてきたように、警備員になるのに必要な条件を満たしていない人はどう頑張っても警備員にはなれません。

その為、まずは自分がこの仕事が向いているかどうかを考える前に、あなたが条件を満たした警備員適合者であるかどうかをチェックするのが先決です。

それがクリアできているのならば、次にあなたがどういう点において警備の仕事に向いていないかどうかチェックしてみましょう。

これもやはり1号、2号と3号、4号警備では大きく状況が異なるので、どちらを希望するかによって大分話が違ってきます。

警備員が向いていない人の特徴1:不心得者

警備業界は警察との結びつきがあり、警備会社は業務内容や社員の資料等を公安に提出したり、年に何回か査察を受けたりしています。

入社の際には誰もが3日~4日程の事前講習を受けることが決まりとなっており、現職の人でも年に1度は現任講習を受けることになっています。

そこでは具体的な業務の内容だけではなく適正な警備業務の遂行にとって必要となってくる法令(警備業法や刑法)について学んだり、警備員としての資質の向上や心得を叩き込まれることになります。

その為、職務中に邪な考えを起こしたりするようなことなど以っての外で、もしそういう事態になればその後は厳しい処分があなたを待っています。

暇そうな現場等ではパッと見冴えない高齢者がヤル気なさそうな感じで警備や交通誘導をやっているのを目にすることもあり、「あれなら俺にもできそうだ」とか思ってしまいますが、警備の仕事をされている人達は皆そういう講習をきちんと受けているのです。

ここで昔の人は、「あれ?警備員の仕事ってそんなに厳しかった?楽なイメージしかなかったけど」という記憶を持つ人もいるでしょう。

私も以前はそういう話をよく耳にしました。

そもそも警備の業界は最初からこんなに厳格だったわけではないようで、昔は確かにかなりいい加減な部分もあったようです。

しかし、そういう状況の中では不心得者が犯罪を働きやすく、色々と問題が起きていたというのは容易に想像する事が出来ます。

そこで、警備会社や警察も「このままではいかん」ということで、規制をどんどんと厳格化していき、現在に至っているというわけです。

警備員が向いていない人の特徴2:チャラい人

まずはじめに、警備業界というのは結構お堅い所であるということを覚えておきましょう。

髪型や身だしなみについては、会社の方から結構うるさく言われます。

警察官と同じような感じと考えて頂ければ間違いありません。

長髪、染毛、髭、ピアス、タトゥー等は全てNGです。

この条件からして、既にファッションやオシャレに拘りたい人からは敬遠されるような業界です。

警備員が向いていない人の特徴3:規則が守れない

この業界は警察や軍隊のように礼式や規律、上下関係を重んじる傾向があり、古くからあるような大手の会社では、特にそれが顕著に見られます。

特に大勢で警備業務にあたるような現場では、チームワークは勿論ですが、縦の関係もガッチリしています。

中にはそうでない業務や現場も沢山ありますが、運悪くこういうところに配属、勤務となってしまった場合、その規律がしっかりと守れるような人でないとなかなか務まりません。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員のスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

警備員の仕事というのはかなり特殊なので、ここで覚えたスキルはあまり他で活かすような機会は少ないかと思われます。

但し同じ警備業界内で転職をする場合、会社は経験者や資格保持者を優遇する傾向が強いので、バイト、正社員問わず以前他のところで警備の仕事を何年やっていたという経験は有利に働きます。

これから警備員の仕事を始めるには、どうしたらいい?

まずは破産者や前科者にならないように、あなたの普段の行動を正すことが重要です。

黒い過去がある場合この仕事に就くことは困難となり、この辺は入社時にかなりつっこまれて訊かれることも多いです。

警備員の仕事で就職するために

ざっと求人を調べてみても、警備の仕事はかなり需要があります。

最初のハードルが少々高いので応募で躊躇する人もいるのですが、せっかく社員として入っても仕事がキツい、つまらないといって早々に辞めていく人も少なくありません。

また、この業界は働いているのが高齢者ばかりなので、特に若い人はかなり求められています。

資格は必要?

警備業務を行うにあたって持っていると便利な資格は沢山あります。

それらがあれば給与や昇進において優遇されますし、同業界内での転職も楽になります。

しかし、資格がなくてもOKという募集は多いので、最初から有無にこだわる必要はありません。

必要なスキルや経験は?

この警備という仕事に関してよく知らない人は、警備員は警察のように不審者等と闘って取り押さえたりしなければならないような過酷な業務で、腕力に自信のある強者でなければ務まらないと思いがちです。

確かに3号と4号警備に関してはそういう場面に出くわすこともあり、格闘技の心得や体力が必要となる業務であることは間違いありませんが、1号と2号警備に関しては特にそういった心配も、必要となるスキルもありません。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

警備員になるには、こちらの記事を参考に!

まとめ

以上、警備業について簡単ではありますがまとめてみました。

この仕事は他の仕事に比べると給料も高めなので、上手くおいしい現場にありつくことができさえすれば、かなり良い思いができる数少ない貴重な職種でもあります。

それは、警備業務に携わっている多くの人が高齢であるにも関わらず、みんな長く勤めていることからも明らかです。

その代わり、とにかくはじめは仕事にありつくまでが大変なのですが、そこで諦めたりせずに頑張ることが大切でしょう。

「警備員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。


関連キーワード

警備員求人

警備員求人についてもっと深堀りした情報を見る

警備員のシフトはどう?色々な施設での働き方、仕事内容からシフトの中身まで

どこででもよく道路でヘルメットをかぶって立っている人を見かけます。その近くでは大概工事が行われています。また大きなデパートに行けば、駐車場の前、店内にも制服姿の人を見かけます。彼らは工事関係者ではなく、警備会社から仕事を任されている警備員です。警備員はいろんな建物や場所・工事現場であっても、未曾有の危機から人々を守るため、安全に暮らせるようにするために日夜働いています。警察より身近な守衛隊といっても過言ではありません。では働き方はどうでしょうか。やはり警備員ならではのシフトがあったり、特別な仕事や働き方があるのでしょうか?今回は警備員という職種にスポットを当てて、彼らの働き方を見ていきましょう

警備員の仕事は40代でもバリバリ出来る!私が警備員をやっていた時にいた40代の人の働き方

警備員と言うと、大抵の人はヘルメット姿の中年男性をイメージするでしょう。事実、人前に出ている警備員の大半は中年男性です。若い人や女性も居ますが、最も最前線に居るのは30〜50代です。しかも、結構な確率で警備員として再就職した人が居たりします。そうです。40代には警備員は打って付けの仕事なのです。40代で再就職などザラな世界なのです。親の介護などで一時社会を離れた人、傷病からの社会復帰を果たした人、40代でももっと上でも、様々な経歴を持った人が集まっているのです。そんな受け口のとても広い警備業界で、実際40代の人はどう働いているのか、40代で警備員をしている人の実情をご紹介しましょう。また警備員

警備員におすすめの転職サイト7選。おすすめの理由も紹介します

今国内でも非常にニーズが高まっている警備員。外国人観光客も急激に伸びており、今後大きなイベントも控え、さらに需要が高まっています。若者にも人気は高まっており、アルバイトや転職で警備員を目指す人たちもたくさんいます。警備員の職につくためには「どういった転職サイト、求人サイトがおすすめ?」「何に注意して選べば良い?」などの疑問に答えていきたいと思います。警備員の仕事・種類についておさらいしておこうあまり知られていませんが、警備員にもいくつかの種類があります。ではどういった種類の警備業務があるのでしょうか?巡回警備ショッピングセンターや工場など、大きな施設を歩いて監視する業務です。異常や不審者がいな

警備のバイトが楽だと感じる理由をご紹介!大変な業務は何?経験者がお話しします!

警備バイトは楽だと話題に上ることが多いですが、本当に楽なのか気になる、という方は多いでしょう。実際は、警備員のバイトを楽に感じることもあれば、辛い事ももちろんあります。今回は、そんな警備員を本当に楽なバイトと思ってしまう点や逆に辛い点についてをいくつかご紹介しますので、リアルな業務内容を知る機会になればと思います。警備のバイトのおおまかな仕事内容とは?警備のバイトは、交通誘導や施設警備など、警備業の中でも種類はいくつかに分かれています。派遣される現場によって業務内容は変わるものの、基本的には配置場所に立って警備を行うことが主です。警備員が配置される場所は、セキュリティを強化する必要のある重要な

警備員として働くメリット13選。私が感じた良いところをまとめました

今回は警備員として働くメリットについて、実際の経験を基に、リアルな内容をご紹介させて頂きます。皆様は警備員という仕事に関して、どういったイメージをお持ちでしょうか?「屋外の警備は辛そう」、逆に「立っているだけで楽そう」などのイメージを持たれる方も多いかもしれません。警備員を経験したことのない人達や、どういった仕事内容なのかご存知ない方の為に、仕事内容についても細かくご紹介させて頂きます。警備員の仕事にはいくつかの種類がある警備員と一言で申し上げましても、仕事は多岐にわたります。大手警備会社が提供しているような契約先の現場に駆けつける警備員や、交通整備をしている警備員、貴重品などを運ぶ輸送業務や

警備員の人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

警備員のお仕事は、接客業などに比べれば人と接する機会やコミュニケーションを取る機会は多くはありません。しかし、同僚や上司、警備対象先の人達などと接する機会はもちろん多く存在します。実際に私は、人と接することが少ないイメージを持ったまま業界に入り、様々な驚きもありました。そこで今回は、警備員の人間関係について、経験談を基にご紹介しようと思います。警備員のおおまかな仕事内容とは?警備員の仕事内容は、警備対象物の安全を確保するお仕事となります。警備対象物の中には、人・建物・現金など、様々なものがあります。対象物により仕事内容も大きく異なり、資格を必要とする業務や特殊な業務も多々存在しています。但し、

警備員を20代におすすめする理由は?その後のキャリアアップについてもお話しします!

警備員というと、会社を定年退職した人達が多いなど、年配の方々が働いているイメージがあるかと思います。しかし、若い20代の方にも警備員という職について知ってもらいたいと思います。そこで今回は、警備員を若い内に経験しておくべきおすすめポイントについてご紹介します。警備員の仕事についておさらいしておこう警備員は、対象物の安全を守るのがお仕事となります。普段目にすることの多い警備は、「交通誘導」と呼ばれる車や人の安全を確保する警備員や、「常駐警備」と呼ばれる人の出入りなどを監視する警備員ではないでしょうか。どちらも体を沢山動かす肉体労働ではありませんが、人々の安全を守らないといけないという非常に重要な

警備員の仕事がブラックな仕事だな…と感じた5個の瞬間と、それでもこの仕事はやりがいがあると思う2個の理由

声を掛けるだけで動く機械や、何でもできる携帯端末など、便利なものが増えています。良いものも出てくれば、悪いものも出てきています。その中でも身近なものが、違法労働・無給・各種ハラスメントなどを平然とする『ブラック企業』でしょう。悲しいことに、生きる為に働いている生真面目な人が多い日本には、どの職種、業界にもブラック企業が存在します。もちろん、警備業界にも存在しています。ただでさえ辛く厳しいイメージのある警備員のお仕事で、その上ブラック企業なんて、絶対に避けたいものです。そこで今回は、警備員の仕事の実情から見えてくるブラック体質、そしてそれを避ける為の警備会社の見極め方をご紹介します。落とし穴が多

警備員辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じた辛さを紹介

世の中には様々な職業がありますが、どの仕事にも厳しさがあります。中でも、『長時間勤務』で『危険』で『ハイリスク』だと言われているのが警備員です。警備員は、工事現場や建設現場で車両を誘導したり、建物や人の流れを管理するような仕事をします。これはなかなかにプレッシャーと緊張のある仕事で、入る人が少なく出る人の多い仕事でもあります。現役現警備員の中でも、辞めたいと思っている人も少なくありません。警備員を辞める理由にはどのようなものがあるのか、その現状と真実をご紹介します。警備員の仕事内容立哨交通警備で工事現場の側に立っていたり、施設内で入退館管理をしていたり、ずっと立ちっぱなしの警備の仕事を『立哨』

警備員の仕事は大変?!楽にこなすコツやメリットを経験者が教えちゃいます!

世間一般的に激務のイメージがある仕事として、『システムエンジニア』『消防士』『アニメーター』などが挙げられます。そして、その中で必ず挙げられるのが『警備員』です。警備員は、真夏や真冬にも道路に立ち、惨めでかっこ悪い等負のイメージが付きやすいのかもしれません。しかし本当に辛いのかと言えば、辛いことばかりではありません。と言うのも、確かに責任や重圧のある仕事ではあることは確かですが、仕事を楽にこなす方法がいくらでもあるからです。重苦しい仕事は誰だってしたくないもの。警備員も同様です。では、その具体的な方法を、警備員の実態と共に紹介していきます。警備員の仕事に対するイメージがマイナスからプラスに変わ

警備員のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

警備員デメリットってどんなことがあると思いますか?普段日常生活の中でも警備員に接する機会は多くありますよね。イベント警備や交通誘導のアルバイト募集などは求人情報に出ているので、経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は何となく知っていそうで知らない警備員のデメリットの部分を中心に細かくご紹介します。大変な点、辛い点はもちろん、警備員のメリットややりがいについても触れていきますので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。警備員の大まかな仕事内容警備員のお仕事は主に対象となる施設、物、人の安全を確保するお仕事になります。それぞれどういったものを監視するかによって、業務の内容は大きく異

警備員のやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

警備員は、偏見を抱かれやすい仕事の一つです。「辛い」「厳しい」「お年寄り向け」「低学歴の仕事」と呼ばれることもあります。しかし、これらは本当のことでしょうか。仕事なので、向き不向きは当然あるでしょう。しかし、それ相応のやりがいはいくらでも感じることのできる仕事です。意外なベールに包まれた警備員のやりがいを、施設警備を経験した私がお伝えしていきます。警備員とはどんな仕事?警備員は、「守る」「防ぐ」を目的とした監視業務です。工事現場の車両の出入り、人が多く集まる場所の防犯や安全管理、貴重品や要人の護衛などを「守ったり」「防いだり」します。警察とよく一緒にされるのですが、警察は「守る」「防ぐ」の他に

警備員をおすすめする4つの理由。自分にもできる?

昨今、仕事に関してのニュースを目にすることが増えてきています。就職率や離職率、ブラック企業など、働く人間にとっては心中穏やかではない日が続きます。また、消費税が増税し、経済の不安な波が押し寄せて来ていると感じることがあることでしょう。こんな時代ですから、安心して安定し職に就き働きたいものです。このご時世だからこそ、警備員の仕事をおすすめします。安定して働けて、高給与も貰え、休みも取れて健康的で逞しい毎日を送れる警備員というお仕事があるのをご存じでしょうか。巷での悪評には程遠いその実態から、警備員をおすすめする理由までをご紹介します。警備員の種類と役割は?警備員のお仕事には大きく分けて五つの種類

警備の仕事内容ってどれも同じ?立場が違う警備の仕事を役割に分けてご紹介します!

近年、外国人観光客も増え、防犯に対する世間の意識も非常に高まっています。凶悪な犯罪をニュースで目にすることも多く、警備会社の役割も増える傾向にあります。警備会社といえば、工事現場や駐車場などで交通整備をする警備員さんを想像される方も多いと思います。しかし大手警備会社の仕事は多岐に渡りますし、様々な職種も存在します。そこで今回は、大手警備会社での警備の仕事内容について、実際に警備会社に勤務した筆者が、その経験を基にご紹介したいと思います。警備の仕事は大きく3個の役割に分けられる警備の仕事にはいくつかあるのですが、今回はざっくりと、警備の仕事を3つに分けてみました。警備システム導入施設の警備CMな

警備員になるには?必要な資格や経験は何?種類別におおまかな仕事内容もご紹介します!

警備員になりたい人は、概して準備となる勉強をしません。何故なら、始めようと思ったら簡単に始められ、それが出来てしまうからです。それほど簡単に始められ、敷居の低い仕事です。しかし何の準備もなしに始めると躓きやすいのは、どこも同じです。警備員の場合はその点が大きく、軽んじてかかると痛い目に遭いやすくなります。それでは警備員になるにあたってしておきたい、しておくべき準備とは何なのか、どんな心構えで行けばいいのか、ポイントに絞ってお教えします。警備員の大まかな仕事内容は?警備員の仕事内容は、大きく分けて6つ種類があります。勤務地こそ違えどやることはほとんど同じで、大義名分は「安全の確保」です。警察とは

警備員の仕事は女性でもできる?女性でもできること・大変だったことを解説します

「やりがいのある仕事がしたい」「自分の能力を発揮したい」ダイバーシティー等による意識改革が進む中で、このように考える女性が増えてきているのではないでしょうか。そんな方々に、私は「警備員」をおすすめします。「警備員って男の仕事では?」と思われがちですが、ここ数年の社会状況の変化から、女性の警備員の需要は確実に増えています。「女性警備員」の仕事の魅力を是非知ってもらいたいのです。警備員ってどんな仕事?警備員の仕事は、警備業法という法律の区分から説明すると、以下の四つに分けられます。施設警備業務・・・施設の中で実施する警備業務です。日本の警備業の50%を占めています。交通誘導・雑踏警備業務・・・道路

施設警備の仕事内容11個の業務。経験者が役割に分けてわかりやすく説明します!

みなさんは「警備業」という言葉を聞いて、どのような姿をイメージするでしょうか?すぐに頭に浮かぶのは、制服を着て道路で車の誘導をしている、工事現場で通行人の整理をしている、イベント会場でお客様の案内や誘導をしている、といったところでしょうか。実は、警備業として行う仕事は、他にも様々あります。その中で、警備業界で最も多い割合を占めるのが「施設警備」というビルや公共施設の安全を守る警備業です。今回は施設警備の仕事内容を、私の体験談を交えながらみなさんにお伝えしたいと思います。施設警備って何のためにやる?大きな目的は、「警備する施設の安全・安心を守る」ことです。その為には、「施設を利用する人の安全・安

警備会社の仕事内容をご紹介!営業職と警備職それぞれの業務内容は?豆知識も教えます!

日々生活する中で凶悪な犯罪をニュースで目にすることも少なくありません。防犯対策を意識される方も年々増加傾向にあり、防犯に関する需要は日々高まっています。そこで今回は大手警備会社での職務経験のある私がその経験を元に、人々の安心や安全を提供する警備会社の仕事内容について、営業職のお仕事を中心にご紹介します。なお、今回お話させて頂く「警備」につきましては、大手警備会社が提供している機械で、24時間建物などを監視する防犯システムの事を指しています。警報発令時にガードマンが現場に駆けつけるサービスのことです。よくCMなどでも流れている「ホームセキュリティ」などもこのサービスの一つです。警備会社の仕事は大

警備員辞めたい…と感じた4個の理由と乗り越え方

今回は、私が過去に「警備員を辞めたい」と感じた瞬間を取り上げていきます。警備員の仕事には工事現場で勤務するいわゆる「交通警備員」や「施設警備員」「駐車場の誘導係」など、様々な職種があります。私自身が交通警備員の仕事に従事した経験から、主に交通警備員について「辞めたいな」と思った瞬間をいくつかピックアップし、それらにどのように対処していったのかも解説しています。この仕事に興味をお持ちの方は一度目を通し、現場をイメージしてみて下さい。警備員のおおまかな仕事内容とは?全ての警備員職種に共通している業務とは、「警備対象」の警備を通じてその「安全」を守ることです。「警備対象」はお客様や通行人などの「人」

警備員の時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

警備員時給っていくらもらえるのか気になりますよね?工事現場や商業施設などさまざまなところで接触する機会の多い「警備員」。今回は、そんな警備員の時給相場をテーマに解説していきます。この仕事に興味をお持ちの方、もしくはすでに現在警備員として働いている方は、自分に合う業務なのか?自分の職場とどう違うのか?などを参考までにご覧いただければと思います。警備員の時給の相場はどのくらい?まずは警備員の時給の中身、つまり基本給や各種手当といったことや、時給が他の人に比べて高い人の理由などを確認していきましょう。ちなみに、警備員の職場では時給制とともに「日当制」も一般的に普及しています。日当制は「一日いくら」と

警備員が辛い仕事だと感じる人の7個の理由と乗り越え方。これで頑張ってみて!

警備員の仕事をしている人に話を聞いてみたり、実際に働いてみると、大変なことや苦労することが沢山あります。警備員にしか経験できないことたや、警備員だからこそ感じる大変なこと、辛く感じることなども沢山あります。また、離職率が高い仕事です。警備員をしていて何故辛いと感じてしまうのか、どう乗り越えていけば良いのかを一緒に見ていきましょう。警備員のおおまかな仕事内容とは?警備員の業務内容は、保安と監視が主な仕事です。人や家、物の安全を見守る事、犯罪の抑制や拡散防止等、警察に準ずるような職務もあります。1.交通警備工事現場や建設現場、商業施設等の車両や歩行者の誘導を行います。2.施設警備学校、マンション、

大阪警備員バイト求人の募集内容をご紹介!大阪でバイトを探しているならご覧下さい!

大阪の警備員バイトに応募しようか検討中の方は必見です。工事現場や商業施設などで頻繁に見かける警備員。配備される現場や職種によって業務内容や待遇などにも差がありますが、具体的な業務の中身を詳細に知っている人はそれほど多くありません。今回は私が警備員として働いていた経験をもとに、大阪の警備員バイト求人について解説していきます。大阪で警備のバイトを始めるのなら先にこの記事で様々な情報を知っておきましょう。警備員のバイトはどんな仕事?警備員の仕事を簡単に説明すると、「警備対象である場所や人などが安全な状態に置かれていることを保障する仕事」といえます。積極的にお客様に接したりこちら側から何かを提案するよ

警備員の年収はどれくらい?相場感や、給料を上げるための転職術を教えます

「警備員の仕事は儲かる」、世間ではそう言われています。求人を見てみても、目を引くのは高額であることをアピールするサムネイルです。よくよく見てみれば、それはアルバイトの広告であることが多いのです。実は、警備員は正社員よりアルバイトの方が、給与だけで考えれば高待遇です。では、警備員の正社員の年収や、稼ぐにはどういった点を重視すれば良いのかを解説していきます。警備員の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の警備員の給料相場相場は月給で20万円前後です。他業種と大きな差がないのが殆どです。この辺りも他業種と同じなのですが、大手企業ほど待遇が良いという傾向があります。テレビCMを打っているよう

警備員の仕事がキツいと思う4つの理由。タワマンや施設の警備バイト経験者が語る!

警備員と言えば一般的に、楽そう、暇そうといったイメージばかりが先行し、お年寄りでもやることができる簡単な仕事と思われがちなのです。また、良いことばかりであるはずもなく、やってみて初めて分かるような辛い部分も多く存在します。今回は、警備員の仕事がキツいと感じることについて幾つかご紹介していきたいと思います。警備員のおおまかな仕事内容とは?警備員という仕事は、大きく分けて以下の1号警備から4号警備までの四つに分類することができます。この中で、特に体力的にキツいと言われているのが3号警備です。1号警備1号警備には、施設警備業務・巡回警備業務・保安警備業務・空港保安警備業務・機械警備業務の業務がありま

施設警備の仕事はどんな人に向いている?得意な人の2個の特徴やキャリアについて解説します

ここでは、施設警備のお仕事についてご説明したいと思います。これから、施設警備仕事に就いてみようと考えている人や、何となく興味はあるけどどうしようか考え中という人も中にはいるかとは思います。数ある職種の中から、あなたが敢えてこの施設警備の仕事に焦点をあてたのは、様々な理由があってのことでしょう。「現在、警備をやっている知人から勧められた」「お金が良いと聞いた」「ネットの口コミを見て興味を持った」等々…。そして、「実際にこの仕事がどういうものなのか、もっと詳しく知りたい」という考えから、このサイトを訪れた方も多いのではないでしょうか。物事をよく知る為の一番の方法は、自分が実際にやってみることです。

警備アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった4個のことやそこで身に付く力とは?

今回は、警備のアルバイトについて、その時給ややりがい、やってて良かった事やそこで身に付く力等について書いていきたいと思います。警備の仕事といっても実は幾つか種類があるのですが、ここでは主にビルやホテル、施設等の建物を管理する施設警備と、駐車場や工事現場の出入り口等で車両に対して行っている交通誘導警備業務について話を進めて行きたいと思います。私はこんなところで警備アルバイトをやりました私が以前経験したのはオフィスビルや高級マンション、ショッピング施設の駐車場の警備です。警備会社によって扱う現場には偏りがある事が多く、例えばマンションの警備が多い会社とか病院やオフィスビル中心の現場を持つ会社等、そ

警備員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための4個の注意点

警備員をやっているけど、今の会社を辞めて他の警備会社に転職したいと考えている方もいれば、他の業種から警備業に転職したいという方もいらっしゃることでしょう。今回は、警備員の転職について考えている方々を対象に、様々な情報をご紹介させて頂きます。実際に警備会社で働いていた私の経験を基に、転職先として良い警備会社の特徴や転職時の注意点について記載しておりますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。警備員の転職で注意したほうが良い4個のこと警備員に転職する際に注意すべき点についてご紹介させて頂きます。夜勤の有無夜勤があるか否かについて気になる方も多いことでしょう。警備員という業種の特性上、夜勤を扱っていな

警備員正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

警備員の正社員として働きたいと考えている方のために、おすすめの求人についてご紹介させて頂きます。そもそも警備会社の正社員の具体的な業務内容とはいったいどんなことをするのでしょうか?派遣会社やバイトとの違いも気になりますよね?今回はそんな警備員の求人でよくある募集内容や、上手な求人の選び方、この職業のメリット・デメリットについて説明致しますので、どうぞ最後までご覧ください。警備員の正社員はどんな仕事?警備員の仕事は、担当の現場に出向き、警備をすることです。交通誘導や、施設警備などが主です。正社員で採用された場合は、いずれは現場を統括する立場になることを期待されている可能性があります。現場業務以外

警備のバイトがおすすめな理由は?高収入?!体力的に楽?!気になったらチェック!

ここでは、これから警備の仕事をやってみようと思っている方達に向けて、警備のバイトがおすすめな理由について幾つか書いていきたいと思います。特に若い世代の人達に関して言うと、警備の仕事に興味を持つ人の数というのは、世間一般的に見て少ない方だと思います。警備の仕事のイメージと言うのは、退屈、単純、地味、雑用が多い、やりがいがあまり無い、職場はオッサンばかりで華がない、キャリアアップ出来ない、仕事がつまらなそう、といったネガティブなものばかりが先行する場合も多いのではないでしょうか。経験者から見てもはっきり言ってこれらはかなり当たっていると思います(笑)。だったら、何故一部の人はわざわざ警備の仕事をや

東京警備員求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

東京警備員の求人ってさまざまな職種がありますよね。これから警備員をやってみたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。今回は、東京の警備員求人に焦点を絞って、人気なエリアからおすすめな施設などをしっかりご紹介させて頂きます。東京警備員はバイトや正社員など雇用形態によって違った部分もあるので、都内で働く予定の方は、求人選びのコツについても是非ご参考にして下さい。東京の警備員はどんな仕事?どこであっても警備員の仕事内容は特に変わりません。しかし、東京の場合は建物が多いため、施設警備が主な仕事となるでしょう。東京には重要な施設が数多く集まるため、それだけ責任の大きい業務を任される機会も増えます。東

警備員アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった2個のことやそこで身に付く力とは?

工事現場や駐車場などで見かける「警備員」の仕事は必要な資格や経験などの条件がなく、比較的応募しやすい職種といえます。しかし体力的にハードな仕事として紹介されることもあり、応募することに抵抗を感じている方もいるかもしれません。実際のところ、現場の雰囲気はどのようなものなのでしょうか。今回は私自身がアルバイトとして警備員をしていた経験から得たことや感じたこと、やりがいなどを紹介していきます。警備員のアルバイトに応募しようかどうか迷っている方は私の実体験も参考にしてみてください。私はこんなところで警備員のアルバイトをやりました警備員の仕事といってもその職種・勤務場所によって仕事内容や勤務条件は大きく

警備員の仕事内容10個の業務と良い面・悪い面について経験者が教えます!

警備員の仕事内容というと、建物など入り口で不審者が入らないようにチェックしたり、定期的に巡回するというものがよくイメージされるかと思います。ですが、実は警備員の仕事には他にも様々なことがあるんです!今回はそんな警備の仕事について詳しくご紹介していきます。具体的な警備会社の仕事内容や良い面・悪い面を知ってから、この職業を目指してみてはいかがでしょうか?警備員の仕事は大きく5つの役割に分けられます。1.監視2.誘導3.出入管理4.防災管理5.その他の対応警備員の一番重要な仕事は、警備を依頼をされた対象から不審者等を遠ざけ、事故や事件が起こらないように未然に防ぐことです。不審者に睨みを効かせ、その犯

警備員バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

みなさんは「警備員の仕事」というキーワードでどのような現場を思い浮かべますか?工事現場や駐車場などクルマに関係する場所もあれば、商業施設やオフィスといった場所で人々の行動を管理しているイメージをする方もいると思います。代表的なこれらの現場もさらに細かく分類していくことができることを考えると、警備員の職場というのはとても豊富にあることがわかります。つまり警備員はみなさんの身近なところで仕事をしている人たちといえるでしょう。しかしその仕事の内容や特徴などを詳しく知っている方はそれほど多くないと思います。そこで今回は警備員という職業、とくにアルバイトとして働くことに興味を抱いている方々に有益な情報を