札幌での転職で失敗しないために事前に知っておくべきことをご紹介します。

北海道出身者の首都圏からのUターンや、大自然にあこがれてIターンなど、札幌へ転職は年々注目が集まっています。

「働き方」を見直したい、ワークライフだけでなくプライベートもバランスのとれた場所で働きたいなど、それぞれの希望は様々ですが、まずは肝心の仕事を探さなくてはなりませんね。

札幌で仕事を探すコツ、会社を選ぶポイントなど、実際の経験談を交えてお伝えします。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

札幌で転職するためには?知っておくべきこと!

札幌であれ、首都圏であれ、転職するときにはまず自分の譲れない条件を書き出してみることが大切です。

頭で考えるだけでなく、「書き出す」ことが重要です。

書くことで頭の中が整理されますし、実際に求人情報の雇用条件を見るときや会社の方と話す時にも、自分の譲れない条件がしっかりとあることで、適切な判断ができます。

時には「断る力」を発揮することができます。

自分のキャリアプランについてもよく考えておくことが重要です。

次の転職で何を望むのか、自分のキャリアのステップアップの一段階として考えるのか、その会社に定年まで居続けたいのかなどというプランによって、選ぶ会社や職種が変わってくると思います。

求人の内容が欠員か増員かを把握する

まずは、実際の求人を見てみましょう。

その会社の求人を見て、誰かが辞めたから採用する「欠員募集」なのか、会社の事業拡大の「増員募集」なのかを見極めましょう。

そのためには募集内容をインターネットでその会社の情報を収集する、口コミサイトなどを利用するなどの方法があります。

「増員募集」だと判断できる会社であれば、今後の発展が望めますし自分の仕事やキャリアの発展の可能性も広がります。

会社の将来性にも注目する

「会社の将来性」とは、会社が利益を出し続けて存続し続けるということにとどまりません。

もちろん、会社が存続し続けなければ自分の職を失うことになりますので重要ですが、あくまで従業員として働く自分にとっての「会社の将来性」という観点で考えてみましょう。

自分のキャリアプランに合った会社なのか、自分にとって「将来性」を見いだせるのかということが重要なポイントです。

転職をして後悔した人も多い!事前のサーチはもっとも大事!

転職をして後悔をする、やっぱり古巣に戻りたい、と思ってもあとの祭り、後悔先に立たずの状態になってしまいます。

何より事前のサーチは最も大切ですが、実際に勤務してみないとわからないことも多くあります。

その点からも自分の譲れない条件をしっかり持ち、「それ以外は目をつぶろう」と覚悟することも重要です。

自分の第一条件は何なのか明確にしておく

自分の第一条件は何なのか、それは人によって違います。

お給料がよければそれ以外は目をつぶれるのか、業務内容がよければお給料が多少少なくてもやりがいを感じられるのか、など、自分のライフスタイルや信念と照らして考えましょう。

自分のスキルアップとしての場として転職する、会社に求めすぎない

会社に求めすぎないということも大切です。

キャリアアップ、スキルアップの場として考えての転職であれば、「ここで学べることは学んで次につなげよう」という心意気も重要です。

「ここは合わない」と言ってすぐに転職を繰り返すことはお勧めしません。

「石の上にも3年」とは言いませんが、どんな組織にもいい面悪い面があります。

悪い面ばかり見ず、「悪い面を見ることができてよかった、こんな経験もできてよかった」と前向きに捉える努力も時には必要です。

自分はなぜ転職するのかをつきつめて考える

「チャンスの女神は前髪しかない」と言われ、転職しなければと焦ってしまう方もいるようですが、焦りは禁物です。

焦って次の職場を決めてしまうと、後々後悔することになりかねません。

まずはそもそもなぜ転職するのか、札幌に移住したいということだけなのか、今の職場にあと1年働く自分を想像してみてください。

今の職場の何が自分にとって限界なのかを考えておくことが大切です。

上司がいやだから?仕事内容が嫌だから?残業が多くてきついから?などいろいろ理由はあると思いますが、本当に改善されない状況なのでしょうか。

次の職場でも同じ状況になってしまう可能性は否定できませんので、ゆっくりじっくりそもそも転職したい理由を考えておくことは、重要です。

転職に成功するためには!なにが大事?

転職を成功するには何が大事なのでしょうか。

「転職の成功」は人によって違います。

お給料アップが実現できたから「転職成功」なのか、人間関係が良好になったので「転職成功」なのか、札幌に移住できてワークライフバランスが良好になれば「成功」なのか。

そもそも自分にとって何が達成されれば成功なのかを考えておくことが大切です。

自分が何を一番求めているのかを考える

自分が何を求めているのか、を考えてみましょう。

「働き方」を問われている会社が多く、従業員一人一人の意識も改革することが求められている昨今、会社に尽くすことだけが人生ではありませんよね。

転職をすると決めたことで、自分が何を一番求めているのかを考えることは、すなわち自分の人生を再考するいいチャンスです。

自分のモチベーションを高められる仕事内容を探す

自分の働くモチベーションは何でしょうか。

何のために働くのかという動機づけはどこにあるのか、ということです。

「生活のため」に稼がなくてはいけない、というのはもちろんのこと、自分の学んできたことや、これまでのキャリアが生かせるのが自分の働く動機という方もいるでしょう。

強いモチベーションがあればあるほど、転職先でも意欲的に働けるでしょうし、たとえ多少イヤなことがあってもそれを跳ね返せる力になってくれるものです。

社会人を経験したことのある人は誰でも感じているとは思いますが、楽しいだけの仕事というのは無いと思います。

「今日はちょっと会社行きたくないな、面倒だな」という感覚を一度も持ったことがないという人はいないのではないでしょうか。

そんなときでも義務感だけではなく、「自分はこのために仕事に行く」という動機付けが重要です。

自分の怠け心に打ち勝つ動機づけは何か、ということを改めて考えておくとよいでしょう。

なるべく自分がストレスに感じる要素がある仕事は避ける

多少のストレスは仕事に就いているうえでは付きものです。

全くのストレスフリーの職場というのは少ないといってもいいでしょう。

自分にとって何がストレスになるのでしょうか。

人間関係でしょうか。

いやな上司がいると耐えられない、女性であれば女性同士の人間関係が面倒、など様々あるでしょう。

人間関係からのストレスは、たとえ転職した時点で良好であっても、人事異動などですぐに変動してしまう可能性もありますので、人間関係だけに着目して転職を繰り返すのはおすすめできません。

ただしその会社や組織によって「社風」というものがありますので、それをある程度知っておくのは重要です。

人間関係だけでなく、業務内容がストレスになる場合もあるでしょう。

業務内容については面接などで、転職前にある程度確認することはできますが、これも状況次第で変更になることもあります。

自分にとっての「最低ライン」つまりこれを超えたらNGという基準を設けておくとよいですね。

勤務時間や休日などには注意する

勤務時間や休日などをしっかり確認すること、というのは意外な盲点です。

転職先を急いで探すあまり、「土日祝日休みが当たり前と思って確認していなかったら、土曜は隔週で勤務だった」などといった話はよく聞きます。

業界によっては、土日は勤務必須で平日に交代で休みを取ることが当然で連休は獲りづらいといった不文律もあるとか。

また有給休暇の取得状況も知りたいところですが、これはなかなか事前に聞きづらいですね。

どうしても気になる場合は面接時などで常識の範囲内で尋ねてみてください。

勤務時間についても、フレックスタイムがあるのか、固定で9時から18時までなど会社によって様々です。

ご自分のライフスタイルと合うかどうか確認しましょう。

勤務時間については、面接時に尋ねても問題視されることは少ないので、積極的に聞いてみましょう。

残業時間なども事前に確認しておける範囲で確認しておいたほうが、実際に勤務することになってから思ったより残業が多かったなどのトラブルを避けられると思います。

ただし、残業はなるべくしたくない、できない場合でも、面接時には「状況によっては対応可能です」といった柔軟な姿勢を見せておくことが大切です。

勤務地は無理のない場所に設定する

特に首都圏から札幌に転職する場合、通勤時間1時間以内と聞くと「近い」という感覚を覚え、札幌市内から岩見沢市や北広島市への通勤も苦にしない方もいるようです。

逆に札幌近郊の市に居住予定にも関わらず、札幌市内への通勤を楽に考える方もいます。

実際、札幌近郊から札幌市中心部へ毎日通勤している方もいますが、交通の便も東京ほど発達しておらず、冬には雪が積もることを考えると車での通勤も苦労を伴います。

居住予定の地域から、自分の転職先への通勤が可能なのか、苦労する点は無いのかなどは地元の不動産屋さんや、転職先の会社の方などに聞ける範囲で聞いておくとよいでしょう。

通勤は毎日のことですので、通勤自体がストレスになってしまっては大変ですので、事前の調査が重要です。

人の入れ替わりが激しい会社は避ける

人の入れ替わりが激しい会社というのは何か理由があります。

仕事がきついのか、社長がワンマンで脱落者が多いのか、など何か内部事情があるはずと考えて問題ありません。

入れ替わりが激しい会社かどうか、というのは数か月間でもいいので求人サイトや求人誌をまめに目を通すと見えてくると思います。

ある程度の期間、定点観測することで「この会社いつも募集してるな」など自分の感覚でつかめてくると思います。

口コミサイトやSNSなどを大いに利用して、でも鵜呑みにしないこと

会社に関する口コミサイトなどを閲覧したことがある人は多いと思います。

転職を希望するならなおのこと、実際にその会社で働いたことのある人が書いている場合がほとんどですので、のぞいてみると生の情報が得られるでしょう。

SNSなどで、自分の会社や仲間との業務風景をアップしている人も多いようですので、のぞいてみると雰囲気を掴めるかもしれません。

会社で公式にアップしているSNSの他、個人的に会社名のタグを付けて公開している人がいればおおいに参考になります。

ただし、会社の公式SNSであれば、その会社の良い面しかアップしないでしょう。

わざわざ悪い印象なる情報をアップしないのは当然です。

また、個人的なSNSや口コミ情報もあくまでその人「個人」の見解。

自分にとっても当てはまるとは限りませんので、全てを鵜呑みにしないようにするのは当然です。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

札幌の人気職種4選!

札幌で人気の職種をご紹介します。

人気の職種はライバルも多いですが、求人も多いのでねらい目です。

事務・管理

札幌には大手企業の札幌支社や北海道支社などの拠点が多くあります。

多くは東京からの内部転勤者が就いているものの、「地元採用」として採用枠を設けている会社もあります。

札幌にいながらにして、大手企業の待遇を受けられるとして人気があります。

派遣会社などに登録して、事務部門や管理部門に就職、ゆくゆくは社員をめざすという方法もあります。

もちろん地元の有力企業もありますので、ねらい目です。

依然として新卒採用が多いようですが、社会人経験者を即戦力として求めている企業も多いようです。

東京本社の大手企業と違い、新卒者を一から育てている余裕が無いという理由で、社会人経験者を優遇して採用する場合もあります。

経理

営利、非営利問わず、経理というのはどんな組織でも必要です。

大手企業、中小企業を問わず、経理職は必要とされています。

経理経験者、また簿記2級などの資格があればアピール材料になるでしょう。

また、特に中小企業であれば、経理を任せるということは人物的に信頼できるかということを判断材料にすることも多いようです。

経理の業務経験の他、信頼できる人柄だということをうまくアピールできれば、職に結びつきやすいといわれます。

事務

事務職全般に言えることですが、札幌では非常に人気が高いにも関わらず需要が今一つ少ないようで激戦と言えます。

事務職=オフィスワークを目指すのであれば、札幌市中心部に多くあるコールセンターなどを転職先候補として検討してみることをオススメします。

コールセンターは、電話をとるオペレーターだけでなく、オペレーターを管理する管理部などもありますので、興味があれば求人にあたってみてください。

総務

経理と同様、総務も会社組織に無くてはならない部門といえます。

中小企業であれば、経理と総務を兼任している場合なども多いようですが、逆に総務として求人を募集している会社であれば、それなりのしっかりした組織であるということの証明にもなりますので、その点に着目して総務の求人を探すのもおすすめです。

クリエイティブ

IT関連のデザイナーなどは多くの求人があります。

デザイン関連の業務経験や学校で学んだ経験が問われることが多いですが、中には未経験でもチャレンジさせてくれる会社もあるようですので、探してみましょう。

小さい会社で経験を積んで、ステップアップするつもりで臨んでみるのもよいですね。

経験を積むと、会社組織にやとわれることなく、フリーの立場で仕事を受注できるようになるケースもあります。

広告デザイナー

もちろん首都圏に比べると、広告会社自体は札幌には少ないですが、広告の需要はありますので、小さな広告会社は多くあります。

小さな会社では「デザイナー兼営業」などといった場合もありますので、デザイン業務のみに注力したい方は、実際の業務内容を面接などでよく擦り合わせておく必要があります。

実際に仕事に就いてから、「こんなはずじゃなかった」ということがないようにしたいですね。

編集

出版社自体の多くは首都圏に集中していますので、札幌には少ないのが現状ですが、就職自体は求人もあります。

雑誌社や、大手の広告代理店が作る地元紙などでの求人があるようですので、着目してみましょう。

また、地域に密着したフリーペーパーなどもあります。

編集や取材の経験を積みたい方にはおすすめです。

フォトグラファー

札幌は写真業界のさかんな地域と言えます。

札幌を拠点に北海道内各地を回って、季節に応じた写真を撮影してストックフォトに預けたり、また広告会社からの撮り下ろしの撮影などに対応するフォトグラファーも多いようです。

最近では、デジタル写真をネット上のサービスサイトに預けて、売れた分が報酬になるといったサービスも様々あります。

札幌を拠点に撮影し、様々なサイトに作品を預けて報酬を得るといったスタイルも増えています。

首都圏に在住のフォトグラファーにはできないような、敏速な対応で独自のオーダーに対応できれば、札幌に住むメリットを十分に感じられるでしょう。

IT

札幌はIT業界が盛んな都市です。

ITを駆使すれば、場所を問わず仕事を受注できるため、東京の会社の下請け的な仕事を受注している会社も多くある他、独自のソフトやアプリを開発して発信する会社も多くありますので、調べてみましょう。

プログラマー

札幌での求人が多い職種の一つと言えます。

首都圏で働いた経験があれば、その技術や経験を生かして働くことができ、またその技術を求めている会社が多くあります。

大手企業の下請けの仕事であれば納期的に厳しく、残業なども多い職種ともいえますので、事前にリサ―チして、自分のライフスタイルにあった働き方ができるかどうか確認しておくことも重要です。

エンジニア

エンジニアといっても業種は多岐にわたります。

自分のキャリアにあったエンジニアの求人があれば飛び込んでみるのもよいでしょう。

エンジニアといっても、技術を駆使して社内での業務が多いタイプか、顧客の要望を聞きにいきシステムを構築する役目を担うのか、会社によって役割は様々です。

専門

看護婦や医師、薬剤師など、医療関連の専門分野があれば、札幌に限らずどの地域でも求人は多くあります。

特に看護師は人手不足と言われ、求人は多くあります。

夜勤なし外来のみ、など自分の希望にあった勤務体系を選ぶことも可能でしょう。

ただし、組織によっては常に募集をかけている病院もあるので、注意しましょう。

「なぜいつも募集しているのだろう」と疑問にもつ視点を忘れずに、求人を探すとよりよい職場に巡り合えるかもしれません。

公務員

各種公務員は、札幌では人気の職種です。

近年北海道の人は、地元志向の若者が多く、特に札幌の出身者はよそに行きたがらないという傾向が顕著なようです。

そんな若者には、札幌からの転勤がない札幌市役所が不動の人気です。

市役所は業務が多岐にわたり、自分のやりたい業務、やりがいを見つけられる業務をきっと見つけられるでしょう。

また何より安定していることが人気の理由です。

公務員試験を受ける際には、年齢制限があるので、注意してください。

また、札幌市であれば、民間経験者を採用する中途採用も積極的に行っています。

興味があれば、札幌市の広報などをこまめに確認するか、人事部などに問い合わせてみるのもよいでしょう。

栄養士・保育士

栄養士や保育士も、求人が急増中の職種です。

保育士は正社員、パートを問わず人手不足であるため、常に求人はあります。

専門の資格が必要ですので、有資格者は求人を探してみましょう。

おすすめの転職時期とは?

札幌に転職したい、と考えたとき、おすすめの転職時期はあるのでしょうか。

タイミングによっては、いい求人に巡り合える確率もアップしますので、気を付けてみてみましょう。

3〜4月・9〜10月は中途採用が多くなる?

定期的に中途採用を行っている会社であれば、3月や9月の決算の後に追加募集を行うケースが多いでしょう。

会社によっては、新卒者の採用業務が落ち着いた秋ごろから中途採用を行うケースもあります。

業界によってタイミングが変わるので全体的にスケジュールを把握する

転職したいと考えているなら、年間を通して求人誌や求人サイトに目を通しておくと、感覚的に「増えているな」とわかるようになります。

定期募集ではなく、増員募集や欠員募集であれば、不定期に行われますので、気になる会社や業界があれば、常にアンテナを張っておくことが大切です。

自分の転職準備なども計算に入れて転職時期の目安を設定しておく

転職には時間がかかります。

半年か長くて1年くらいかかってしまう場合もあります。

自分にあった求人が出るのを待ち、実際に試験を受ける期間も考慮しておかなければなりませんが、あまり時間をかけたくないというのも正直なところ。

転職時期の目安を設定し、焦らず、しかし迅速に転職できるように準備を進めましょう。

派遣会社や人材紹介会社をうまく利用しよう

いざ転職しようと決めても、求人サイトや求人誌だけでは、うまく情報収集できないといった悩みを抱える場合も多いようです。

そんなときは、派遣会社や人材紹介会社に登録して相談してみるのもお勧めです。

実際にその会社の求人への応募につながらなくても、札幌に転職する際のポイントやアドバイスをもらえたり、求人の探し方やおすすめの時期など貴重な情報を得られることもありますので、利用しない手はありません。

首都圏に拠点を置く場合でも、札幌に転職したい希望を伝えると札幌の拠点を紹介してくれたり、札幌の担当者を紹介してもらえることもありますので、参考にしてください。

自分でできる情報収集で集められる情報は限定的だということを認識して、様々な方法を試してみるとよいでしょう。

年齢別の転職ポイント

転職する際には、自分の年齢も気になりますね。

あまりに若いと経験が少ないとみなされるのか、逆に年齢を重ねるとそれなりのキャリアも求められてしまうのか、など不安はつきません。

年齢ごとの転職ポイントについてまとめました。

20代

大学卒業後から2、3年程度、社会人経験を経た人達を「第二新卒」として受け入れている会社も多くあります。

一定程度の社会人経験があれば、一から研修する必要もありませんので、雇う会社としてもメリットがあります。

ただし、また2、3年で辞めてしまうのでは、と思われてしまうことも。

なぜ転職するのか、今一度つきつめて考えて、面接者を納得させられるようにしておくことも重要です。

20代での転職あれば、未経験の業種であってもチャレンジできるメリットがあります。

最初に就職した会社とは違う業界や職種であっても、柔軟に学ぶ意欲があればチャレンジできます。

30代

30代の転職であれば、一定程度の社会人経験と業務経験があるとみなされ評価されての採用となります。

ただし、これまでの業務経験を生かして、異なった業界であってもチャレンジ精神があれば、それをかってくれる会社もありますので、最初からあきらめるのではなく、興味があればチャレンジはしてみる価値はあります。

チャレンジ精神が認められなければ、合わなかっただけのこと、自分にあった会社や組織に巡り合うまで粘り強く、転職活動を進めましょう。

40代

40代ともなれば、会社でいえば中堅とみなされます。

業務経験のみならず、管理者経験も求められることもあります。

今いる会社や組織をなぜ辞めるのか、その理由も若い時よりも、さらに問われることになると思います。

自分の優先順位は何なのか、あきらめたくない項目をきっちり見極めておきましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

未経験でも転職しやすい職種

年齢問わず、未経験であってもチャレンジしたい分野があればチャレンジしてみたいですよね。

一度きりの人生、いろんな職種を経験してみようと思うのも悪くありません。

未経験でも転職しやすい職種を以下に挙げます。

ブライダル・美容・ホテル関係

ブライダル、美容関係、ホテル関係は、美容師などの資格が必要な業務でない限り、意外と未経験でも転職しやすい職種と言えます。

近年、海外からの観光客が急増している札幌、特にホテル関係の求人は増えており、人手不足感が否めませんので、未経験者でもチャンスは十分にあります。

接客業に就いてみたい、興味があるという方は、いきなり正社員というのは難しいかもしれませんが、まずはアルバイトから社員をめざすつもりでチャレンジしてみてください。

販売

販売の仕事も人の出入りが多いことから、求人が多い職種であり、未経験でもチャレンジしやすいと言えます。

接客の求人は「笑顔で接客できる方」といった条件だけで採用される場合も多いようですので、興味があれば挑戦してみましょう。

配送・設備・技能工

配送、設備、技能工は、有資格者が求められる場合もありますが、資格不要な業務であれば、未経験でも就職可能です。

業務に就くうちに、資格取得に有利になったり、資格取得に必要な業務経験を積むことができるなどのメリットもあります。

保育・教育

保育や塾や予備校などの教育産業も人手不足と言われていますので、求人は多く、未経験でも就きやすいと言えます。

保育であれば有資格者が優遇されますが、アシスタント的な仕事であれば資格がなくても採用される場合もあります。

医療・福祉

有資格者が求められる場合がほとんどですが、働きながら資格を取れる介護関係の施設などは未経験者にもおすすめです。

技能を生かして一生働ける、長く継続できるやりがいのある仕事として人気です。

管理・事務

一定の社会人経験があれば、事務や管理業務などを直接経験していなくてもなんとか遂行できることも多いですので、これまでの社会人経験の中で関連業務を行ったことがあれば、アピールして採用につながるケースもあります。

未経験であってもあきらめずに、アピールしてみましょう。

会社によって「事務」の範囲が違ったりもしますので、自分の経験した業務を書き出してみると、意外と他社では事務経験ありと評価される場合もあります。

転職は勇気がいることです。

通いなれた職場、仲間と離れる決断をするときには誰でも躊躇し悩みます。

人生の大きな岐路といっても過言ではありません。

ただ何となく転職して短期間で辞めてしまっては次の転職がしづらくなったりと面倒です。

自分のライフスタイルで何を優先すべきなのか、なぜいま転職するのか、をもう一度整理して、転職した後に「こんなはずでは」と後悔することのないように重要ポイントを抑えてしっかり転職しましょう!

人生は一度きり。

その中で働ける時間は長いようで短いものです。

生き生きと自分らしく、自分らしい場所で働けるように、転職や移住をすることは決してマイナスではありません。

悩みぬいて転職した多くの方が「転職して、移住してよかった」というのを聞くと、やはりチャレンジしてみることは価値があると感じます。

たとえ、あとで後悔することになっても「あのときあれだけ悩みぬいたんだ」という経験はきっと人生の糧になってくれます。

人生の糧になるような転職に向けて、一歩踏み出してみませんか。


関連キーワード

転職 札幌求人

札幌求人についてもっと深堀りした情報を見る

札幌正社員求人の人気職種6選。安定した仕事から稼げる人気仕事、正社員になりやすいものまで!

札幌の正社員求人で人気の職種をご紹介します。安定した職業や高収入を狙える職業、求人を探すコツなどを交えてご紹介しますのでぜひお読みください。札幌で正社員の職をお探しの方にはご参考にしてください。札幌の正社員求人で人気の職種は?札幌の正社員求人で人気の職種は何でしょうか。大手企業の札幌支店や地元の有力企業の本社などが多く集まる道都、札幌。札幌駅周辺や大通駅周辺にオフィス街があり、多くのオフィスパーソンが働いています。そんな札幌の人気の職種をご紹介します。事務・管理大手企業の札幌支店や有力企業の本社がひしめく札幌ならではの事務職や総務経理などの管理部門での仕事は人気がありますし、求人も多くあります

札幌バイト求人のおすすめ職種12選

札幌市は北海道で最も栄えていて、観光地でもあり旅行者や出張などで出向く人も多く、海外からの観光客も見られます。四季によってそれぞれ違う顔を見せ、寒さに負けない若者の活気が街にはあふれています。今回はそんな札幌のアルバイト情報を時給、仕事内容、やりがい、札幌にしかない職種などを紹介していきます。札幌のバイト求人の特徴まずは、札幌市のアルバイト求人の特徴を紹介していきます。道内で一番アルバイトを探しやすく、職種、求人数ともに北海道1位の都市です。また、アルバイトだけでなく、派遣社員などの求人も多いため、仕事先に困ることはないと思います。札幌の時給の相場はどれくらい?アルバイトを探す上でまず見るのは