清掃パート業に興味を持った人たちへのガイドブックとして、この記事を読んでいただければ幸いです。

掃除のパート業であなたが手に入れることができるものは、大きく二つあります。

一つ目は、経験することで手に入る人間的成長です。

二つ目は、清掃パートの仕事で鍛えられる自信やこの職業ならではのやりがいが出来るということです。

ここではそんな掃除のパートについてメリットや向いてる人の特徴、求人の選び方までしっかりお伝えさせていただきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

清掃パートはどんな仕事?

清掃パートとは、その名の通り清掃業のパートタイム(所定労働時間)の仕事です。

清掃する場所は様々です。

公共施設、テナントビル、駅構内、自社ビル、マンション、ショッピングセンター、遊園地、娯楽場などあらゆる場所に幅広く清掃の仕事はあります。

基本的な業務は「決められた時間に、決められた場所を、綺麗にすること」です。

※予備知識

パート=1週間の所定労働時間が、同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者。

パートタイム=契約期間の制限があり、会社として決められた通常の労働時間より短い時間を働く労働者。主婦など。

清掃パートの大まかな仕事内容

先ほど述べた通り、基本的業務は「決められた時間に、決められた場所を、綺麗にすること」です。

清掃する場所 ベスト3

  • 1.トイレ
  • 2.ゴミ箱とその周辺
  • 3.休憩スペース

基本的にはお客様の通り道や利用するスペース、お客様の目に入る場所などです。

清掃する場所 ベスト3について、簡単に説明したいと思います。

トイレ

どんな清掃業にも必ずトイレ掃除は含まれます。

トイレは誰もが利用する場所です。

トイレの綺麗さがその会社の売り上げを計る物差しになると言われるほど、重要な清掃箇所の一つです。

ある会社では、社長自らがトイレ掃除をするほどの場所です。

ゴミ箱とその周辺

ゴミ箱の中のゴミを収集するのはもちろん、その周辺の掃除をします。

ゴミ箱も綺麗に拭き上げ掃除を行います。

ゴミ箱の中にも実にあらゆるものが入っています。

時には危険を伴うゴミもあります。

皆さんが何気なしに捨てているゴミ箱の中身も、誰かが掃除しているのです。

休憩スペース

休憩スペースでは、デスクやベンチ、喫煙スペースなどの清掃を行います。

様々な人が集う場所の清掃です。

飲食物の包装紙、空き缶、たばこの吸い殻など一般のゴミ箱以上に乱れていることもあります。

人が集まる所には、ゴミもそれだけ積もってきます。

休憩スペースの清掃は時間的に回数が多くなります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

清掃パートのお仕事はこんな人に向いている!

  • 純粋な綺麗好き・純粋な掃除好きな人
  • 汚いものを綺麗にするとすっきりする人
  • 受動的行動ではなく能動的行動を気持ち良く感じる人
  • 感謝の心を持っている人、持ちたい人  など

純粋な綺麗好き・純粋な掃除好きな人

汚いこと、汚いもの、汚い場所に違和感を感じる人や汚れている所を見ると放っておけない人には天職です。

汚いものを綺麗にするとすっきりする人

黒を白にするイメージです。

黒は放っておくとどんどん黒くなります。

白くすることが好きな人におすすめです。

受動的行動ではなく、能動的行動が気持ち良く感じる人

与えられたことをするのではなく、自ら引き受ける。

掃除はやらされると嫌になりますが、自分から進んで行うと気持ちが前向きになります。

能動的な行動が好きな人にはおすすめです。

感謝の心を持っている人、持ちたい人

感謝の心を持っている人には、更なる高みを目指せる仕事です。

感謝の心を持ちたい人には、修行の場としてこれ以上の仕事はありません。

清掃パートのお仕事はこんな人には向いていない!

汚くても平気で気にしない人、大雑把で細かいところまで目がいかない人、肌荒れが酷い人、人を馬鹿にする人、人を見下す人などには向いていないお仕事と言えます。

汚くても平気だ・気にしない人

汚れいても何も思わない、黒ズミが全く気にならない人には美意識の問題で難しいです。

大雑把で細かいところまで目がいかない人

自分の観点でしか物事を見れない人は視野が狭く、独りよがりの清掃になってしまい難しいです。

肌荒れが酷い人

綺麗にするためには水や薬品を使用します。

肌が弱い人は自分の身体を傷つけてしまうのでおすすめしづらいです。

人を馬鹿にする人、人を見下す人

仕事の内容によって人を判断しがちな人や、賃金でしか人を判断できない人は続きません。

清掃業は下に見られることも多々あります。

プライドが高い人にはできない仕事です。

派遣やバイトは正社員とどう違う?

派遣やバイトと正社員の違いは、賃金体系と雇用契約の違いが一番大きいです。

賃金体系は、派遣やバイトは働いた時間だけのお金を頂くという体系です。

正社員は固定給が決まっている賃金体系です。

何よりも賃金体系で辛いのは、派遣やバイトは休んでしまうと賃金は発生しづらいということです。

正社員は、休んでもその月には決まったお金が入ってきます。

この時点で安心感の違いがあります。

派遣やバイトの人は、病気になった時の賃金が保証されることはあまりないので、注意が必要です。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

仕事量や責任の度合いは、その人にスキルの高さによる場合が多いです。

派遣やバイトであってもスキルが高ければ沢山の仕事を任されますし、責任の重さも加わります。

社員であってもスキルが低ければ重要な仕事は任されず、責任もかかりません。

ただ、スキルの低い社員が上にいると派遣やバイトは大変です。

社会的な風潮から社員は『上』、派遣やバイトは『下』と見る人が大多数います。

コミュニケーション能力の有無のみで乗り切ることは難しい状況に陥る可能性が高いので、注意が必要です。

仕事内容は変わる?

仕事内容もスキルの高さで全く違う内容になります。

派遣やバイトであってもスキルが高ければ、より重要な仕事を任されます。

それぞれ求められるスキルは?

派遣やバイトは誰にでもできる、誰でも教えることができる、簡単に覚えることができる清掃がメインです。

社員は、派遣やバイトの仕事はもちろん派遣やバイトの管理も必要になります。

収入面は?

清掃の仕事の収入は低い傾向があります。

最近は以前と比べて高めに設定されるようになってきましたが、他の職種と比較するとまだまだです。

マイスターなど独自の資格を導入している会社もあります。

スキルアップしていくことで収入を上げていくことは可能です。

正社員

能力に合った賃金評価がされにくいことがあります。

それでもそこから学びたいという方には、ぜひやっていただきたいです。

人員管理、人員配置が主な仕事になると思います。

そんなに難しい仕事はありませんが、人を使う仕事のなのでコミュニケーション能力が必要です。

比較的女性が多い職場ですと、高度なコミュニケーション能力を求められることが多々あります。

派遣

言葉通りで、派遣切りなどの対象になる雇用形態かもしれません。

しかし、企業には必要な雇用形態ですので、スキルが高いと重宝される可能性は高いです。

逆に考えると、人手不足のご時世なのでチャンスかもしれません。

掛け持ちで仕事をされている人が多数います。

バイト

バイトは軽い責任の仕事や安い案件しか与えられず、気をつけなければ、都合の良い人になってしまいます。

いかに真面目に目の前のことを一生懸命できるかが問われます。

清掃パートのお仕事をするために、他にも知っておきたいこと

どんな仕事でもそうですが、目的意識を持つことが大切です。

清掃業は下に見られることも少なくありません。

そのような中で自分はこういうことを学んでいるのだという気概を持つことが、清掃の仕事を円滑に進めるための条件です。

修行の場としてとらえるのも考え方の一つです。

自分に合った清掃パートの求人の選び方や注意点

自分のライフスタイルに合わせた時間帯と時給を考えて比べることが大切です。

【選び方①】雇用形態から探す

パートと正社員の清掃業では、時間帯がかなり違ってきます。

正社員とパートの人をセットにして派遣している会社もあります。

しっかりと確認しておく必要があります。

【選び方②】職種から探す

清掃場所によって独特な言い回しがあります。

ショッピングモールの清掃、工場などの清掃、マンション・ビルの清掃などがあります。

清掃場所によっては、資格の有無を問われることもあります。

【選び方③】会社の業態から考える

上場企業の清掃業もあります。

大きな会社の清掃業は、賃金形態や福利厚生などもしっかりとしています。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

時間帯が重要です。

人が沢山集まる時間帯ですと、時給が高い分、人の流れに合わせたスピードと正確さが要求されます。

【選び方⑤】エリアから考える

通勤圏内で考えることが大切です。

あまり遠いエリアの場合、継続するのが困難になってきます。

清掃パートで働くメリット

体力的に比較的楽

決まった時間、決まった場所を掃除するだけなので自分で考えることが少なく、体力的には比較的に楽な仕事です。

残業がないので予定を立てやすい

残業はほとんどなく、決まった時間になればほぼ帰れます。

また、予定を立てやすい仕事です。

決められた担当範囲を掃除していればOK

基本的に掃除をするエリアが固定されているので、その決められた場所を掃除していれば大丈夫です。

考えることがほとんど必要ないので、自分から進んで仕事を進めることが苦手な人にはおすすめの仕事です。

掃除の技術を学ぶことができる

仕事で学んだ掃除の技術を使って、家に帰ってから自分の家を綺麗にすることができます。

一般的にはあまり手がまわらないところまで掃除をして、家がすっきりと綺麗になります。

清掃パートで働くデメリット

時給アップがない

時給アップがほとんどありません。

やりがいを見つけるのが、難しいです。

人に自慢しにくい

人に自慢できない、自慢しにくい仕事ではあります。

下ばかり見てしまいます。

肌が弱い人は手荒れがする可能性がある

掃除の仕事ですので、汚れを落とすために強い薬品を薄めて使用する場合があります。

手袋は使用しますが、どうしても完全には防ぐことはできません。

注意が必要です。

清掃パートのやり甲斐とは?

人間の人となりを見ることができます。

掃除をすることで地球を綺麗にしていると、地球環境保護の気持ちを持つことができます。

清掃技術を身につけることができ、自分の家を綺麗にすることができます。

細かいところまで目が届くようになり、人とは違った目線からあらゆるものを見ることができるようになります。

まとめ

普段何気なしに利用している施設は、いつも誰かが綺麗にしてくれています。

毎日通っている道も、いつも誰かが綺麗にしてくれています。

そういうことに気づき意識することで、視野が広がります。

様々な場所で掃除をしてくれている人に気づくことができます。

普通に生活していれば見向きもしないことに意識が向くようになります。

今までは当たり前のように使用していたものや場所が、いつもとは違って見えるようになります。

人に優しくなれます。

ゴミを拾う人は、ゴミを捨てないと言います。

ゴミを捨てると、どうなるか知っているからです。

掃除をする人は場所やものを汚しません。

汚した後を綺麗にするのはどれだけ大変か知っているからです。

清掃の仕事というとあまり良いイメージを持つ人は多くなく脇役のイメージですが、大型テーマパークのディズニーランドでは清掃の仕事の人(カストーディアルキャスト)が主役です。

掃除の取り合いをして、徹底的にパーク内を綺麗にすることを目指し、お客様にとって最高の想い出の演出をしているそうです。

昔と比較して今は清掃の仕事の社会的イメージも高くなってきました。

清掃の仕事を経験することで学ぶことは、あなたが思っている以上に沢山あります。

清掃の仕事を経験することで、自分が思っている以上に仕事の可能性を知ることができます。

そして清掃の仕事を経験することで、大抵の会社にある雑用と言われる仕事がいかに大切かを知ることができます。

人から直接「ありがとう」と感謝されることは少ないですが、見ている人は必ずいます。

自分から「ありがとう」が言えるようになります。

残念ながら、たかが清掃の仕事と思っている人が大半です。

されど清掃の仕事がなければ汚いままです。

誰かがやらないことを、自分が率先して清掃を行う。

自分が地球を綺麗にしているという地球規模の意識を持つことも、一つの考え方です。

清掃の仕事は自分の人間力を高め、より良い自分を目指して自分に自信を持つには最高の仕事です。

もし清掃の仕事を経験する機会があるのであれば、一度は挑戦して経験しておく価値があるのではないでしょうか。

リクナビNEXTに会員登録をした後、自分の経歴やキャリアプランを匿名で登録してみましょう。そうすると、企業から好条件のスカウトを受けることがあるのでお得です。転職の成功確率も上がりやすくなります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

清掃求人