皆さんこんにちは。

今回はお仕事に役立つ資格の紹介として、総務人事部門における法律のプロである「社会保険労務士」の仕事について紹介させていただきます。

近年の政府の働き方改革の影響で、多様な働き方が奨励されるようになり、併せて残業が多い企業や休みの少ない企業は「ブラック企業」として社会的に非難される風潮にあります。

また、パワハラ問題やセクハラ問題も大きく取り上げられるようになり、会社にとって労使問題は企業イメージに大きく影響する問題として対応が不可欠になっています。

反面、従業員満足度の向上を社会的使命と捉え努力している企業は社会的認知度も高くなり採用活動においても応募数が増加するなど、人手不足の時代における人員の確保の面においてメリットがあるという現象も起きています。

その様な時代背景において、社会保険労務士の行うべき業務や必要な知識とはどんなものか、またどの様な人が向いているか紹介させていただきます。

どうぞ最後までお付き合いください。

社会保険労務士はどんな仕事?

社会保険労務士は総務人事部門に関連する法律の専門家です。

「労働基準法」や「労働安全衛生法」などの法律に精通し、労使間の紛争を解決したり、また従業員が安心して働ける為に、総務人事における規定や規則の整備について法律的な助言を行い改善に努めます。

更に雇用保険や労災保険、社会保険などの知識も有し、従業員の保険の加入、喪失における業務や、健康保険や年金制度におけるアドバイスを行うことも業務に入ります。

社会保険労務士の大まかな仕事内容

大まかには総務人事部門の業務全般における法律的な助言、各種官公庁との折衝、労使トラブルの解決、法律の改定に即した規則規定の改廃や新規作成に対するサポートが主な仕事になります。

仕事上の役割とは?

一言で言えば「企業における従業員満足を向上させるための、総務人事面における環境整備」が仕事上の役割になります。

企業における従業員の地位を維持する為に、労働基準法に準じた残業時間や休日日数、賃金などの基準が守られているかの確認、より良い制度に改定する為の情報収集や規則規定の作成、社会保険や雇用保険、労災保険など、国の管轄する保険制度が企業において履行されているかのチェック、労働安全衛生法に基づき、従業員の健康管理がなされているか、職場環境や健康診断の実施状況の監査などが業務上の役割になります。

社会保険労務士の仕事はどんな人に向いている?

法律を理解し、遵守できる人

社会保険労務士の役割は、従業員満足度の向上の為に、法令遵守を基本とした判断により、制度の改定を通じて問題の解決をすることです。

まず判断の基準となる労働法4法(労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法)と社会保険法4法(健康保険法、介護保険法、国民年金法、厚生年金法)に対する深い知識を有することが必要ですし、様々な問題に応じて法的根拠に基づく判断を行い、制度の改定や紛争の調停など適切な対応を取れる能力が必要になります。

従業員ファーストの意識を持つ人

社会保険労務士は法的根拠に基づく判断により諸問題の解決を行うことが業務ですが、その判断は従業員の側に立った視点で行わなければいけません。

企業に所属している為企業側の利益に基づく判断を行いがちですが、社会保険労務士の武器となる法令知識は、労働基準法にしても労働安全衛生法にしても従業員の権利を守るための法律であり、それを取り扱う社会保険労務士は、従業員のことを第一に考え従業員満足度を向上させることを行動の規範に置かなければいけません。

自身の仕事の先に常に従業員の姿があることを常に意識する必要があります。

きめ細かい対応ができる人

社会保険労務士は自身の持つ知識を使用し、従業員満足の為に働くと述べましたが、従業員の価値観は十人十色であり生活環境も多様である為、「個人ごとにいかに掘り下げた対応がとれるか」が重要になってきます。

規則規定の改廃に伴う企業全体に対する対応と同時に個人ごとの悩みにも対応できるきめ細やかさも、社会保険労務士の仕事を行う為には大切な能力になります。

自身の意見をはっきり伝えられる人

社会保険労務士は法的根拠に伴う判断を求められますので、その判断は常に白か黒であり、曖昧な答えは求められていません。

従業員からの問いかけや会社の諸問題に対し、法的根拠に基づき「YES、NO」をはっきりと伝える決断力の強さが必要になり、また明確に意見を伝えれる強さは労使紛争の際の折衝能力にも活かすことができます。

社会保険労務士の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

総務人事における実務経験

社会保険労務士は総務人事における法律の専門家である為、その知識を有効に活用する為には、総務人事部門での実務経験が大きな武器になります。

法律や保険に関する知識を持っていても、申請書の書き方や提出の仕方、あるいは所轄する官公庁の担当者との人脈形成などが不十分であれば、能力を十分に発揮することができません。

総務人事部門の担当職のキャリアアップの道として社会保険労務士が多く選ばれているように、総務人事部の実務経験の有無は社会保険労務士としての活動に大きく影響を与えます。

官公庁での実務経験

企業側での実務経験と同じく、官公庁における実務経験も、書類の作成や人脈作りの面において大きなメリットが生じます。

「労働法」関連の施設としてはハローワークや労働基準局などが、「社会保険法」関連の施設としては協会けんぽや日本年金機構などがあります。

所属したことのある施設によって、労働法に強い、年金に強いなど、特徴が表れるのも社会保険労務士の面白い点です。

社会保険労務士で働くメリットとは?

実務における法律知識が身につく

社会保険労務士は国家資格ですので、資格取得した際は社会保険労務士協会に登録をし、免許を発行してもらう必要があります。

しかし資格試験に合格して免許を受領しただけでは、法律の知識はありますが、それが実務でどの様に活かされているかが分からず、自身の知識が社会のどの部分に役立つかは不明瞭です。

社会保険労務士として開業したり企業内で実務を行うことで、あくまで実務における問題解決の為に、どの様に法律知識を活用すれば良いかを知ることができることは、今後のキャリアを積んでいく上で大きなメリットとなるでしょう。

広い人脈作りができる

社会保険労務士が取り扱う法律知識は、労働基準法や雇用保険法、健康保険法など、個人の為の法律がほとんどです。

その様な法律知識を活用して問題解決をしていく上で、従業員や依頼客との個人的な信頼関係を築くことができ、その様にして培った広い人脈は、その後の仕事や人生において必ず役立つこととなります。

また各官公庁の担当者との人脈形成も進みますので、各種申請やトラブル対応など、直接的な仕事に対して役立つメリットも増えてきます。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

総務人事の専門家として管理職にステップアップすることは企業内で働く社会保険労務士にとって一般的であり、社会保険労務士の資格は企業内での管理職への昇進に対して大きな武器となるでしょう。

また収入をより増やしたいと考えるなら、独立して開業する道もあります。

顧客が獲得できるかはリスクを伴いますが、状況によっては企業内で働くよりはるかに多くの収入を手にすることもできます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

社会保険労務士の仕事は国家資格であり、総務人事部門における最高峰の知識とも言えますので、他の仕事に活用するというよりは、総務人事の専門家として活動するほうが現実的と言えます。

合格率は低く、取得にはかなりの苦労が伴う資格ですので、最大限に活用できる業務を行うほうが良いでしょう。

自分にあった社会保険労務士の求人の選び方や注意点

【選び方①】雇用形態から探す

企業で働く際は雇用形態は正社員を中心に考えましょう。

家庭の事情で長時間働けないなどの状況でない限り、正社員での就業が給与面など多くの優遇措置が生じます。

また貴重な資格であり企業も必要としていますので、ほぼ確実に入社することができます。

【選び方②】職種から探す

社会保険労務士の資格が最も活かせるのは総務人事部門です。

その為職種は総務人事部門での事務職が中心になります。

企業規模によっては総務部門全体を管掌する仕事に就く場合もありますが、できれば人事に特化している部署で働くほうがより専門知識を活かすことができます。

【選び方③】会社の業態から考える

総務人事部門はどの様な業態の企業にも存在しますので、あまり会社の業態を考える必要はないと思います。

社会保険労務士の知識の中でも得意な分野がある場合は、それを活かして業態を選ぶ場合もあります。

例えば労働安全衛生法や労働者災害保険法などが得意な場合は、危険が伴う職場であり、事業所の安全管理や労災保険の実務が多い製造業を選ぶと良いでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件は通常の採用と比較してかなり好条件になります。

社会保険労務士は貴重な国家資格ですので、中途採用はもちろん、企業内で取得した場合も特別手当が支給されるなど給与は確実にアップします。

その為なるべく条件の良い求人を選ぶと良いですが、給与の他にもチェックしておきたいものが配属先になります。

先ほども述べましたが、社会保険労務士は非常に専門性の高い資格ですので、その知識が最も有効に活用できる人事部門での配属が理想的です。

総務部門の全てを管掌すると言った配属先よりは、人事部門に特化した配属先を選ぶほうがより能力を発揮することができます。

【選び方⑤】エリアから考える

前述しましたように、社会保険労務士の主戦場である総務人事の仕事は日本全国全ての企業において存在します。

その為エリアに関しては特に制限を気にすることなく、自身の希望に応じて選ぶと良いでしょう。

どのエリアを希望するにせよ、能力を発揮できる環境は存在しています。

社会保険労務士の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

法律知識とその汎用事例の把握

社会保険労務士は総務人事部門における法律のプロであり、取り扱う主な法律は労働法4法(労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法)、社会保険法4法(健康保険法、介護保険法、国民年金法、厚生年金法)の8つです。

それぞれの法律に対して深い専門知識を持つと同時に、企業経営において生じる様々な問題に対してどの法律が活用できるか、また特定の問題に対する法律的解釈はどうかといった汎用事例を把握している必要があります。

特に労働問題に関しては法律の文章の解釈だけでは充分に対応できない場合があるので、紛争を調停した際の解釈や裁判にまで発展した場合の裁判所の判断事例などを確認し、対処する必要があります。

経営理念と人事労務面での問題把握

企業における社会保険労務士は従業員満足度を高める為に、自身の持つ法律知識をいかに活用できるかがその使命になりますが、従業員満足のみを優先して企業の存続意義である経営理念の実現を疎かにすることはできませんので、従業員ファーストの姿勢を常に保ちながら、満足度の向上と経営理念の達成を常に両立できる対策を立てなければいけません。

自社の経営理念の実現に向けて、人事労務面でどの様な問題があるのか、またその解決の為に法律的にどの様な対応をしなければいけないのか、的確に把握し、時には従業員に対しても、痛みを伴う協力を強いる場合もあります。

従業員偏重になっても経営が立ち行きませんし、従業員を無視した経営推進はいずれ破綻します。

バランスを取りながら、双方が喜ぶ対策を立案し実行することが社会保険労務士の腕の見せどころになります。

逆に社会保険労務士の仕事に向いていない人の特徴は?

客観的判断力のない人

社会保険労務士は法律のスペシャリストとして、物事のすべてを法律というフィルターを通じて客観的に判断することが求められます。

時には意にそぐわないことでも機械的にやらざる得ないこともあり、物事を主観的に捉えたり、感情が豊かで自分を抑えることができなくなる人には向いていない仕事と言えます。

根気強くない人

社会保険労務士となる為には法律知識を身につける為に平均1,000時間程度の勉強が必要と言われていますし、資格を取得した後でも法律の改正や裁判結果による法的解釈の変更など、覚えなければいけないことが沢山あります。

日々根気強くコツコツと目標に向かって努力し続ける持続性が必要とされますので、飽きっぽい人やマンネリが苦手で常に変化に富んだ生活を送りたい人には不向きの仕事と言えます。

国語力の弱い人

社会保険労務士の仕事は法律を理解し、またその活用の為に周囲に法律を理解させ、何をすべきで何をすべきでないかを明確に伝える必要があります。

申請書や労使協定の際に使用する書類の作成能力は勿論、従業員向けのセミナーの資料や法令遵守の為のパンフレットやポスターの作成まで、いかに自身の理解していることを分かりやすく伝えることができるかといった国語力が必要となります。

また法律の条文の暗記や、法律用語を使用したコミュニケーションなど、社会保険労務士の仕事は「記憶力」が必要な仕事になり、どちらかというと応用力はそれほど問われないので、理系というよりは文系の適性のある人向けの仕事ということができるでしょう。

社会保険労務士で働くデメリットとは?

仕事の枠が狭められる

社会保険労務士は非常に専門性の高い仕事ですので、必然的に仕事内容は総務人事部門における範囲に限られ、汎用的に多くの部門で知識を活用して働くということはできません。

その為長期間に渡って同じ仕事を繰り返すことになりますので、環境が変化が少なく、目新しさは失われていきます。

持続性や継続性がある方やあまり新しいことに次々にチャレンジしたくない方向けの仕事であり、マンネリズムを嫌い環境の変化を歓迎する人には向いていないと言えます。

多くの人と接する

社会保険労務士の取り扱う仕事は個人的な問題に帰結するものが多く、日々様々な人が多種多様な問題を抱えて相談に現れます。

簡単に解決できるものから裁判をしなければならないほど根が深いものまで、それぞれの人とコミュニケーションを取りながら問題解決をしていかなければいけません。

怒りや恨みなど人間の負の感情に接する場合も多く、人間関係においてかなりの精神的な負担を感じることになります。

法律の専門家なので、法律書と向き合って、人と接することはあまりないという印象は誤りであり、むしろ積極的に人と向き合いながら、その人の幸せの為に努力するのが社会保険労務士です。

コミュニケーションが苦手だったり人と接することが好きでない人には、大きなデメリットになると言えます。

業務量が多い

社会保険労務士の仕事は発生する問題によって業務量が変化する仕事であり、総務人事部門における人に対する問題は他の部署と比較しても非常に発生件数が多く、それぞれを完璧に解決しようとすれば膨大な業務量をこなさなければいけなくなります。

特に近年は残業や休日などの労務管理に係る問題、セクハラやパワハラなどの労働環境に関わる問題など、社会的に関心が高いテーマが多く担当分野に発生しており、特に労働環境に係る問題は上司と部下の人間関係などに帰属する場合も多いので、発生件数も多く、解決に時間を有するケースも多いです。

それぞれの問題解決に対していかに効率良く、更に自分だけで解決するのではなく周囲を巻き込みながら、チームで物事に対処することが重要になります。

社会保険労務士の仕事はどうやって探す?

まずは資格取得を行わなければいけません。

社会保険労務士の資格試験は毎年8月に行われますので、それに合わせて参考書や通信教育、専門学校への通学などで勉強をする必要があります。

最近は自身の実力に合わせて様々なツール、期間での勉強方法を選ぶことができますので、ウェブサイトなどで確認してみてください。

前述しましたが、合格にはおおよそ1,000時間の勉強が必要であり、国家資格でもある為、合格率は約20%と狭き門となっています。

首尾良く合格したら社会保険労務士協会に登録され、免許が発行されて社会保険労務士として活動することができます。

その後は協会の人脈を活用したり、転職サイトやハローワークを活用して自分で探したり、自ら開業したりといった道を選ぶことになります。

求人は、社会保険労務士として募集しているものを選べば仕事のギャップは少ないですが、自身の得意分野に合わせて業界などの選択をする必要はあります。

社会保険労務士の仕事で転職すると年収は上がる?

非常に貴重な資格であり企業側の需要も高いので、年収を上げたいと希望する場合はそれを叶える転職を行うことが可能です。

また、リスクは生じますが自身で開業する場合は、更に多くの収入を得る可能性がある為、自身のライフプランや価値観に合わせて選択肢の一つとしても良いでしょう。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回は、社会保険労務士のお仕事内容について紹介させていただきました。

近年の働き方改革の進行している日本経済において、労使問題は今後大きな変革を求められている分野であり、企業側も様々な制度や規則の改定による対応が必要とされています。

またセクハラ・パワハラ問題も連日メディアを賑わしており、旧態依然とした環境をいかに変えていくかが、社会全体の課題として認知されています。

この様に「人に関する問題」が多く発生し改善を叫ばれている現在の日本において、社会保険労務士の活躍するフィールドは大きく広がり、多くの人や企業が法律的な知識を持つ「労使問題の解決の専門家」としての社会保険労務士を求めています。

法律的な知識が必要なのは勿論ですが、社会保険労務士が相対するのはあくまで「人」であり、人を愛し、目の前にいるこの人の抱えている問題を解決する為に自分の力を使いたいという希望を持つ方は、ぜひ問題解決の専門家である社会保険労務士を目指していただければと思います。