就職先を決めるにあたり、さまざまな仕事を考えると思います。

ゼネコン、金融、工場、運輸、公務員など、世の中には実に多様な仕事があります。

ここでは公務員、特に市役所の仕事について話してみたいと思います。

「市役所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

市役所の仕事ってどんな仕事?

公務員の仕事は、国家公務員である文部科学省や厚生労働省などがあり、その下請けの形で都道府県庁、さらにその下請けの市役所、町村役場があります。

ですから大きなバケツが国の官庁、そこからたくさんの中くらいの仕事が県庁へ、県庁からさらに細かくたくさんの仕事が市町村役場に流れてくる図式です。

市役所の仕事の大まかな仕事内容

市役所は市民生活と直結していますから、

  • 法務省管轄の戸籍系、住民票などの発行をする市民課(名称は役所によって異なります)
  • 財務省管轄の市町村民税を扱う税務課
  • インフラ系の水道課や下水道課
  • 児童手当や生活保護を扱う福祉課
  • 国民年金を扱う保険年金課 など細かくたくさんあります。

仕事上の役割とは?

市役所の仕事は、国の決めた法律、法令に従って仕事をしますから、各自治体で自由にできる部分は限られています。

そうした性格上、用途の決まっている仕事以外に税金は使えませんから、国と県から割り当てられる予算をどこに振り分け、それを執行し、決算をする、というのが役所で働く人の役割です。

「市役所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

市役所の仕事はどんな人に向いている?

市役所に向いている人は、まずお金にルーズでない人です。

扱うお金が全て公金(税金)ですから、これを自分のために使うことは許されません。

従って、自分のお金と公金のけじめのつく人というのが大前提です。

もうひとつは、金銭に固執しない人です。

公務員の給料全体にいえますが、民間は現在のように、あるいはバブル期のように、景気がよければ、月々の給料は公務員の2~3倍が当たり前ですが、公務員は何の影響もなく薄給です。

ボーナスなど景気の良い時期に比べると、はっきりいって嫌になるくらい少ないです。

ですから少々残業があっても給料を最優先するなら、市役所やその他の公務員はやめましょう。

最近では減らされることはあっても、伸びません。

退職金など一部カットの方向で進んでいます。

柔軟な発想のできる人

公金を、どこにどのように使うのか、もちろん市議会が決めるのですが、実態は、市役所職員が提案したものが了承されているののが議会です。

例えば道路や河川を扱う課について考えてみましょう。

昨年度までは予算がつかず、手がつけられなかった道路があるとします。

しかしそこは児童が通学路として使っていて、歩車道をわける工事がしたいとします。

加えて、その利用者はそれほど多いとはいえない、しかし実際に危険な道路であると。

ここで無能な公務員は、そのままにしておきますが、有能な公務員は車の通行量と歩行者の数を調べます。

公務、はコストパフォーマンスより住民の快適な生活を優先しますから、次年度の予算に、その道路の改修を盛り込みます。

議会の承認が得られれば、その道は少数かもしれませんが、歩行者にとって安全な道路となります。

こういう柔軟性を持つ人物を「柔軟性のある人物」と市役所では評価されます。

福祉の観点から

福祉にも高齢者から幼児までいろいろとあります。

都市部では保育難民、田舎では保育児童の少子化と状況が違います。

高齢者福祉については、都市部より田舎の方が重要でしょう。

これは都市部には新たに高齢者用の施設を建設する用地がないのに対して、田舎ではその点が容易だからです。

いずれのケースも「建物を建てる」という点が問題になります。

これを無能な市役所職員は、ただ建物を建てればそれで問題なし、と考えますが、優秀な市役所職員は上層部にNPOなどと協働できないか、具申(申し立てる)します。

そのアイデアが問題なければ市役所の建てたものを民間が使いやすくする条例ができ、大した予算も使わず、市民サービスが提供できます。

きちんと勉強できる人

市役所には大量の法令があります。

なぜなら全ての市民に対して公平でなければならないからです。

いわゆる経験則はあまり役に立ちません。

例を取ると、高齢障害福祉年金には厳しい制限があります。

ほとんど寝たきりで在宅という条件です。

そのかわりこれを知っていれば、申請して月に2万円以上のお金を受給できます。

しかし市役所では積極的なPRもしません。

なぜなら該当するか否かの知識、つまり勉強していないからです。

その方面の専門家が少ないことも理由として挙げられます。

受給金がもらえるのにも関わらずもらえない、こんな理不尽なことがあるのか、という公憤から、法律、条例をきちんと勉強できる正義感の強い人には、市役所は適職です。

「市役所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

\「自分でも出来そう!」と思ったら/

逆に市役所の仕事に向いていない人の特徴は?

市役所のイメージとして、8:30~17:00の勤務時間さえ適当に与えられた仕事をしていれば給料を貰える、と思って公務員試験の勉強にいそしんでいる人もいるでしょう。

あるいは、自分は有名大学出身だから、何の問題もないでしょう?という人もいるかも知れません。

これでは公務員になりたい、という発想の源が「できるだけサボりたい」「学歴という名の権威主義」といわざるを得ません。

公務員に一番なってはいけない人々です。

公務というのは「利益の出ない仕事」をする人たちです。

利益が出るなら民間企業がやります。

古くさい言い方をするなら「滅私奉公」「公僕」であることがイヤならば、自分の力を発揮できる民間企業を志望すべきです。

学歴偏重な人

大学は確かにすごい私大の有名大学出身だ、だけど大学4年間でやっていたことはこれといってありません、というのは話になりません。

完全な時代錯誤です。

どこの市役所の人事課も相手にしません。

最近では履歴書に出身大学をわざわざ記入させない市役所も増えてきました。

だらしのない人

これは服装ですぐにわかります。

面接試験をしていても、襟元が汚かったり、ヨレていたり、衣服の全体イメージがシワじみていたら、自宅でどのように衣服を管理しているか、すぐにわかります。

特に女性についていえば、下手なメイク、派手なメイク、どちらも自分という人間がわかっていないことになりますから、行く先がどうなるのか、すぐわかります。

要は普段、自分の顔と直面して適切なメイクができないのは身だしなみがきちんとしていないということなのです。

男女ともに服装がだらしない人、清潔感のない人が先々どうなるか、公金横領や、仕事のために仕事をする、といった、我々が税金を支払って業務をしてもらうのにふさわしくない人物たちなのです。

自分の余暇を充実させたい人

面接では絶対に言わないでしょうが、残業がしたくなくて、将来的に潰れる危険性のない市役所を選びました、これが本音の人はやめた方が良いです。

私は企画課にいたことがありますが、3年間で定時帰宅はなかったです。

余暇を充実させることが重要なら、余暇に何をしたいのか考えて、その趣味に近い業種を選んだ方が近道でしょう。

「市役所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

\市役所の仕事が自分に合ってるか心配という人は、向き不向きの相談を/

市役所の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

法令についてある程度わかっていること

市役所に採用されて、配属される先はバラバラです。

しかしながら、すべては法律の定めるところによって仕事をする、ということです。

自分の創造で仕事をすることは法令内で許容されることです。

逆にいえば、法令の範囲内で市民のためにできることをやるのだ、という心構えが必須です。

あとは配属先の法令がどのようなものであるか、きちんと把握しようとする努力と従来のやり方が本当に正しいのか見極める判断能力が必要です。

ある程度、字がきれいであること

ワープロ全盛の時代でありますが、市民に手書きでメモを渡すこともしばしばあります。

丁寧な字で書かれた文字を見て市民が安心することをよくにありますから、文字は丁寧に書くクセをつけておくべきです。

「市役所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

\市役所の仕事に就くために必要な事をもっと知りたい人は/

市役所の仕事で活かせる経験

市役所職員というのは、スペシャリストのように大金を儲けることがないかわりに、ゼネラリスト(何でも屋)です。

生活していく上で必要な知識を広く浅く身につけることができます。

ですから、仕事外でもさまざまな質問を受けます。

福祉の制度の知識が生きる

児童手当や障害者年金、国民年金などの知識が仕事をする上で自分の身内にも、友人たちにも生かせます。

水道・下水道料金の知識が生きる

水道は生きていく上で必要なインフラですが、この水道料金が前月に比べて高すぎたりする場合には漏水が疑われます。

そういうときにも市役所での水道料金の徴収規則が分かっていれば、損をせずに済みます。

ときどき新聞に載りますが、自分の家は浄化槽を使用しているのに、何十年も下水道料金を払い続けていた、といった案件は本人が上下水道料金を見ていなかったことがいけないのですが、一般市民にとってはなかなか聞きにくいことでもあります。

その橋渡しをしてあげることも、私は実際に何件もありました。

国民年金・保険の料金の知識が生きる

国民年金・保険を納めなくても済むのに、納めていた、などの話はよく聞きます。

例えば、年収が一定以下であったり、大学進学によって納めなくてもよかったりします。

そういう知識はあって損はありません。

道路工事の優先順位についての知識が生きる

年度末になると、やたらに増える道路工事ですが、あれが一体、どういう順番で、どういう力関係が働いているかがわかりますから、次の選挙で誰を市会議員に一票を入れるのか、判断の一つになります。

また、市民も黙っていません。

どうみても優先順位がおかしい場合、たいていは市会議員が絡んでいますから、そこを市役所職員に突っ込んできます。

こうなると中傷合戦ですが、市職員が要望のある現場に何度も足を運ぶことで、市民感情もかなり和らいできます。

「市役所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

市役所で働くメリットとは?

どのように社会が動いているかわかる

市役所職員というのは、税金を使って市民生活を向上させるために働きます。

従って自分の儲けには一切なりませんが、自分が努力した事で市民のみなさんが喜んでくださることに生き甲斐を感じます。

税金の使途がわかる

税金は国民の義務であることはよくわかっていながら、これはいかがなものか、という疑問を持つこともあります。

市役所職員は、すべての条例や規則、法令を目にすることができますから、例えば、自分の医療費控除はできるのか、と調べることによって、相談にきた市民にアドバイスをすることができます。

\市役所の仕事に「やりがい」があると感じた人は/

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

市役所を事務職員として勤続20年すると行政書士の受験資格が得られます。

その他、技術職員として建設系の課を勤務すれば土地家屋調査士や行政書士、一級建築士の資格を取得をするのに大変有効です。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

市役所職員はゼネラリストであるので、戸籍謄本、所得証明などの証明がどういうときに必要か、土地の境界を査定した後、法務局にどのように登記するのかといった細かい段取りがわかります。

従って、技術系職員であれば土地関連の民間企業への転職も有利ですし、事務系職員であれば、行政書士事務所などの転職が有利です。

福祉系でも有利

福祉に関する法令や条例、規則がわかっているため、社会福祉協議会、医療法人、老人保健施設への転職も有利です。

社会福祉主事、社会福祉士などの試験も在職中に取得できます。

「市役所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

(プロのキャリアアドバイザーが無料で相談にのってくれます)

まとめ

市役所職員の求められる仕事について書いてきました。

公務員である以上、将来的に大儲けができる仕事ではありません。

給料とかボーナスのことを、就職後に友達と話さない方が良いです。

ものすごくショックを受けますから。

何でこんなに安いの、公務員?必ずそう感じます。

その理由は「公務員」とは利益のでない公共性の高い仕事を専門に請け負うからです。

利益が出るなら民間企業がやります。

ですから、今ではそれほどでもありませんが、以前は市役所に勤めています、といえば必ずご苦労様、と言われたものです。

苦労の割に給料が伴わない、若い人はそれがイヤでやめていく人も少なくありません。

しかし人のために役に立つ仕事は悪いものではありません。

もともと人は誰かの役に立ちたいのではないでしょうか?

誰かに頼られたいのではないのでしょうか?

ともすれば公務員は親方日の丸などと揶揄されますが、公務員のやり甲斐は、みなさんのお役に立ちたい、頼られたい、これが本来なのだろうと思います。

「市役所の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

市役所求人 仕事

市役所求人についてもっと深堀りした情報を見る

市役所臨時職員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

市役所という公共施設は、皆さん利用したことがあると思います。住民票や戸籍謄本の発行手続きや、国民年金や国民健康保険の手続きに行ったりと、生活する中で関わりの多い公共施設です。市役所で働いている人は『地方公務員』という立場の、れっきとした公務員の方々です。その中に『臨時職員』という形や『期限付き職員』という形で働いている方々がいます。正職員とは何が違うのか、外から見ただけではわかりませんよね。今回は市役所の臨時職員求人についてご説明したいと思います。市役所臨時職員のおおまかな仕事内容市役所の臨時職員といっても、仕事内容が必ず同じというわけではありません。もちろん配属先によって仕事内容は大きく変わ

市役所の転職はどうしたら良い?よくある転職先や、成功させるためにやるべき3個のことと上手な転職方法を解説します

市役所勤務から異業種の転職について気になる、という方がいらっしゃるかもしれません。市役所の仕事に飽きてしまって、あるいはこんな組織で働くのは嫌になった、という人は少なくありません。ここでは市役所の仕事について説明しながら、なぜ転職したくなるのかお話しします。市役所職員の転職事情とは?市役所職員の転職事情にはいろいろありますが、まずは常に市民の目にさらされているのが面倒くさい、給料が安い、やり甲斐がない、管理職(課長以上、市長も含む)のやり方についていけない、などがあります。市役所職員のよくある転職理由とは?最も大きな理由は、労働環境に不満があるケースになります。まず、管理職がかわると、その部や

▼記事をスキップして見たい人向け▼
市役所の仕事を見るにはこちら >