「葬儀屋で正社員として働くのはちょっと・・・でもアルバイトとしてなら働きたい!」そう考えている人は案外多いです。

とくに家事や育児がある人や、仕事が出来る時間が制限されている人では、正社員よりもパート・アルバイトとして働くことを希望するでしょう。

そんな人のために、葬儀屋のバイト求人での時給や、向き不向きなどについてご紹介していきます!葬儀屋のアルバイトを考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

葬儀屋のバイトはどんな仕事?

葬儀屋のバイトでは、主に通夜や葬儀の手伝いをメインで行います。

葬儀の依頼がない日には、チラシをポスティングする仕事をすることもありますが、葬儀がある時には受付を手伝ったり、葬儀の進行を手伝ったりします。

正社員の場合には一つの葬儀を最初から最後まで執り仕切りますが、アルバイトの立場ではそこまですることはありません。

社員の手伝いをしたり、清掃をしたりする仕事がほとんどですので、「葬儀屋の仕事」とは言っても、そこまで重たく考える必要はありません。

もちろん葬儀会場は厳粛な雰囲気に包まれていますが、重要な場面以外では同じバイトや社員とも楽しくコミュニケーションを取る時間もあります。

葬儀屋の大まかな仕事内容

葬儀屋の仕事は、葬儀の依頼を受けたらご遺体をお迎えに上がり、遺族と通夜・葬儀のプラン内容を決めて、葬儀の準備をします。

そして通夜・葬儀の司会進行を執り仕切り、火葬や初七日まですべてが済んだら、その後で改めて遺族に挨拶をし、一通りの仕事が終わります。

これらの仕事内容の内、遺族と直接関わりを持ったり、書類や葬儀で必要なものの発注などを行ったりするのはすべて葬儀の担当である正社員です。

アルバイトは主に正社員が手配した通夜・葬儀の本番で、上手く進行出来るように陰でサポートを行います。

例えば受付に立ったり、通夜の最中に裏で通夜振舞いの準備をしたりと、遺族の見えないところで慌しく動き回ることが多いです。

また、葬儀場から火葬場へ移動する際には、遺族を乗せたバスがスムーズに道路に出られるように交通整理をすることもあります。

葬儀屋の仕事について詳しく知りたい人は、こちらを参考に

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

葬儀屋のバイトはこんな人に向いている!

葬儀屋のアルバイトは、一般的なアルバイトと少し違っています。

葬儀という特別な行事ごとに携わる仕事のため、仕事内容が特殊なのは当然と言えば当然でしょう。

では、そんな葬儀屋のアルバイトに向いている人とは、どのような人なのでしょうか?どんな性格の人が向いていて、反対にどんな性格の人が不向きなのか、以下にご紹介していきます。

落ち着きのある人

通夜や葬儀会場では、常に厳粛な雰囲気に包まれています。

弔問者の受付の時から、会場は静かで厳かな雰囲気に包まれていますので、当然その雰囲気に相応しい人格の人でなければ、葬儀屋の仕事には向いていないでしょう。

周りが悲しみに暮れる中で、静かに、けれども淡々と冷静に仕事を行うことの出来る人は、葬儀屋の仕事に向いていると言えます。

また、人によっては子どもの頃からそわそわと落ち着きがない人がいますが、社員と同じスーツを着ていて落ち着きなく動き回っている人がいると、遺族や弔問者から見た時に「なにあの人・・?」と不愉快な気持ちにさせてしまう可能性があります。

また、葬儀を依頼している遺族側から見ると「大丈夫なのか?」と不安にさせてしまうこともありますので、落ち着きのない人よりも、落ち着きのある人の方が向いています。

道徳観や倫理観のある人

人の死に携わる仕事ですので、ある程度の道徳観や倫理観のある人が求められます。

もしこれらの道徳観や倫理観に欠けていると、うっかり失言をしてしまう可能性があります。

例えば遺族が悲しんでいる最中に、本人は慰めるつもりで「人はいつか死ぬものですから」と声をかけて、遺族を怒らせてしまうこともあるかもしれません。

道徳観や倫理観がある上で、わざとそれに欠けたような発言をする人は論外ですが、無意識でそれらが欠けてしまっていると、自分でも気づかない内に失言をして遺族に不愉快な思いをさせてしまうことがありますので、きちんと道徳観や倫理観がある人が葬儀屋には向いています。

判断力のある人

どの仕事でも言えることですが、咄嗟の判断力がある人は、葬儀屋の仕事に向いています。

例えばいざ通夜振舞いになった時に、用意しておいた食器の数が足りなかった、また火葬場へ遺族を誘導する際に、急に車椅子の人も一緒にバスに乗ることになった、これらのイレギュラーが発生した時には、咄嗟の判断が求められます。

とは言え、ほとんどの判断は葬儀の担当者が下しますので、アルバイトは基本イレギュラーを発見したら即座に担当者へ報告します。

しかし、もし担当者の手が離せない場合には自分で判断しなければならないこともあります。

そんな時に、いかに間違いなく判断出来るかによって、個人の能力が問われます。

担当者に相談せずに、何でも自分で勝手に判断して行動してしまうのは良くありませんが、もし不測の事態に陥り、自分だけで判断を下さなければならなくなった時には、咄嗟の判断が求められます。

そのため、判断力のある人は向いているでしょう。

派遣やバイトは正社員とどう違う?

派遣やバイトは、正社員とは具体的にどう違うのでしょうか?給与や個人が背負う責任は、当然正社員の方があります。

しかしそれ以外では、どのような違いがあるのでしょうか。

先に少し挙げましたが、以下に具体的にご紹介していきます。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

正社員の場合は、葬儀の担当になったらご遺体のお迎えから、遺族と葬儀のプランの決定、通夜と葬儀の手配と当日の司会進行、全て終わった後の後片付けなど、仕事量はかなり多いです。

とくに深夜に葬儀の依頼が入り、通夜をその日の夜に行う場合には、限られた時間で通夜の準備をすべて整えなければなりません。

そのため、忙しく通夜や葬儀の準備に追われ、自分だけで間に合わない場合には、手が空いている同僚に手伝ってもらうこともあります。

一つの葬儀を最初から最後まですべて担当することになるため、仕事量はバイトとは雲泥の差です。

アルバイトの立場では、せいぜい受付や通夜振舞いの準備、交通整理などの式の流れをサポートする程度ですので、正社員よりも仕事量はかなり少ないです。

また、もし葬儀の依頼がなければ、チラシのポスティングといった事務的な仕事内容が多いため、残業もまずないでしょう。

バイトはあくまでも正社員のサポート役ですので、背負う責任も当然正社員よりも少ないです。

それぞれ求められるスキルは?

正社員の場合は、一つの葬儀を最初から最後まで執り仕切るため、広い視野とさまざまな現場の状況から総合的な判断を下す冷静な判断力が必要とされます。

また、一つの葬儀を行うためにはたくさんの細かい仕事をこなす必要があるため、仕事に対する真面目さや確実性も求められます。

さらには、遺族の意向を汲みながらプランを決めて葬儀を進めていくため、コミュニケーション能力も必要とされます。

遺族にとって故人を見送る葬儀は一生に一度限りの大切なものです。

そのため、例え担当者が新人だとしても、それを理由にミスをすることは許されないのです。

正社員にはさまざまなスキルが求められますが、アルバイトの場合には、そこまで細かいスキルは必要ありません。

落ち着いた対応と咄嗟の判断力、そして真面目さがあれば葬儀屋のバイトをすることが出来ます。

収入面は?

正社員、派遣社員、アルバイトでそれぞれに収入面にも違いがあります。

それは葬儀屋だけでなく、どこの会社やお店でも同じことが言えます。

正社員は収入面以外にも、福利厚生や労災にきちっと入っていますが、バイトでは福利厚生や労災がないところが多いです。

また、派遣社員の場合には、派遣元の会社の福利厚生に入っていることもありますが、バイトのように福利厚生がないところもあります。

それぞれで少しずつ違っていますが、収入面ではどのような違いがあるのでしょうか?

正社員

正社員の場合は、一般的な企業と同程度の収入があります。

しかし、一般的な会社のように、課長や係長、部長や専務といったいくつもの役職があるわけではありません。

もちろん大手の会社になればそれなりに役職名がいくつかありますが、一般的な会社とは役職や立場が少々違っていることも少なくはありません。

正社員になると、一社員でも葬儀は担当しますが、それらの社員をまとめる立場に上がれば、当然それだけ収入は増えます。

また、有給やボーナスといった制度もあり、残業すればそれだけ残業代もつくところが多いです。

正社員など他の雇用形態の葬儀屋求人についてはこちらを参考に

派遣

派遣社員の場合は、月給の場合と時給の場合とで分かれています。

月給の場合には一月の出勤日数によって収入を計算します。

その内通夜や葬儀で残業や早出をすることがあれば、それはまた別で派遣会社から給料が支払われることが多いです。

また、派遣会社によっては通夜や葬儀がある時にだけ出勤するという形のところもありますが、その場合には時間で計算するのではなく、一回の出勤でいくらになるといった計算方法をしているところもあります。

さらには時給制のところもあり、時給制ではその日の出勤を専用の用紙に記入して、一日の終わりに社員から印をもらうというやり方をしているところもあります。

派遣社員の場合、給与は正社員よりは少なく、アルバイトよりは多いです。

バイト

アルバイトの場合は、葬儀会社と直接契約している場合がほとんどですので、給与の支払いは正社員同様に月末に行われます。

一ヶ月間で出勤した日数や時間で計算しています。

葬儀屋のバイトともなれば、通常のバイトよりも金額が高いイメージがあるかもしれませんが、実際には一般的なバイトの時給と大きく変わりはありません。

ただし通夜や葬儀の手伝いがある時には多少時給が上がる場合はあります。

葬儀屋のバイトで働くメリット

葬儀屋のバイトで働くことで、何か得られるメリットはあるのでしょうか?葬儀屋の仕事は、人の死に携わる仕事です。

故人を喪った悲しみに暮れる中、重苦しい雰囲気での仕事になりますので、あまり良い印象を抱いていない人もいるかもしれません。

そのような重たい仕事をしていることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

社会貢献度が高い

葬儀屋の仕事は、社会への貢献度が高いです。

自分が好きで仕事をしているだけでも、それが結果として社会への貢献になっていることがあるのです。

ひと昔前までは、誰かが亡くなった際には、葬儀は故人の住んでいた地域の町内会の人たちで行うのが一般的でした。

遺族は身内が亡くなると、まず自分たちの地域の町内会長やまとめ役へと連絡をします。

すると町内会長をはじめとして、町内をまとめている人たちが遺族の家へと集まり、葬儀内容の相談をします。

そして葬儀の準備のほとんどを町内会の人たちで行い、遺族は葬儀を執り仕切ってくれている人たちへと食事やお礼を振舞います。

このように、ひと昔前までは、葬儀は故人と同じ地域の人たちが協力し合って行っていました。

それが時代の変遷とともに少しずつ形を変えていき、今では誰かが亡くなると、地域の人にではなく葬儀会社に葬儀を依頼して行うようになりました。

今でも地域同士での繋がりが強いところでは、葬儀自体は町内会の人が執り仕切り、葬儀会社はあくまでもサポート役に徹している場合もあります。

しかし、それ以外のほとんどの場合は葬儀会社に依頼する形が一般的ですので、葬儀会社は葬儀を請け負うことで、地域へ大きな貢献をしているのです。

知識が私生活でも役立つ

葬儀屋で働いていると、礼儀作法が改めて身につきます。

バイトの立場であっても、食器の並べ方から遺族への言葉使いまで、社員から教育されることが多いため、仕事をしている内に礼儀作法が自然と身に付きます。

また、葬儀に関する知識も身に付きますので、いざ自分の身内や親族が亡くなった場合でも、葬儀屋の仕事で身に着いたことが役に立つことがあるかもしれません。

\葬儀屋のバイトに「やりがい」があると感じた人は/

葬儀屋のバイトはデメリットもある

葬儀屋で働くことで、地域に貢献したり、礼儀作法や知識が身に着いたりします。

しかし、メリットだけでなくデメリットもあります。

葬儀屋は人の死に携わる仕事ですので、当然遺族も弔問者も深い悲しみに包まれています。

厳粛で重苦しい雰囲気の中での仕事は、少なからず精神面に影響を与えます。

とくに怒りや悲しみといった負の感情に引っ張られやすい人の場合、葬儀の仕事に携わるたびに自分が苦しくなってしまう可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?葬儀屋の仕事は、悲しい雰囲気の中でも冷静に落ち着いて仕事が出来る人であれば、向いていると言えるでしょう。

バイトであればそこまで重たい責任を背負うこともなく、働きながら葬儀に関する知識を身に付けたり、礼儀作法を身に付けたりすることが出来ます。

葬儀の仕事に興味があるけれども、いきなり正社員として応募するのは抵抗があるという人は、まずは葬儀屋のバイトから始めてみると良いかもしれませんね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
ユーザー満足度No.1!テレビCMでもお馴染み。高時給バイトも多数あります。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト