葬儀の場には色々な仕事があります。

葬儀という特殊な場所での仕事のため、普通の仕事よりも時給が高かったり、自由度が高かったりとメリットもあるため、葬儀というセレモニーに抵抗が無ければ、チャレンジしてみる価値はあると思います。

昨今の終活ブームもあり、多様化するニーズに応えるため、各社様々な取り組みがなされており、広がりつつある業界でもあります。

ここではそんな葬儀アルバイトの実際のやりがいや、その仕事内容などについて解説します。

私はこんなところで葬儀のアルバイトをやりました

葬儀の仕事の場合、基本的に派遣された場所での仕事になるため、仕事場所はお寺だったり葬儀場だったり、故人のお宅だったりと、場所は様々になります。

葬儀社によって提携しているお寺や斎場だったりと、ある程度決まった場所はありますが、クライアントの要望によって様々な場所に行く可能性はあります。

雇用元は派遣会社の場合や葬儀会社の場合があり、どこに雇用されているかによっても多少仕事内容が変わってきます。

ただ雇用元に関わらず、仕事を実際にする場所は、お寺や斎場、故人のお宅になります。

葬儀アルバイトの時給は?

1000円程度から高いものだと2000円を超える場合もあります。

通常のアルバイトに比べて高めに設定されていることが多いです。

ただし、仕事は基本的にお通夜と告別式がメインになりますので、1日に3時間から4時間が通常の仕事時間になります。

1日に告別式とお通夜の両方で勤務する場合もあるかと思いますが、1日8時間勤務の仕事のように、規則的に仕事があるわけではないことは、覚えておいた方がいいと思います。

葬儀アルバイトの仕事内容ってどんな内容?

基本的な仕事内容はセレモニーの準備や後片付け、祭壇の組み立てなどで、場合によっては受付や、司会などをする事もあります。

弔電の仕分けや管理などをする場合もありますし、精進落としのお席の準備や、お茶出しやおしぼり配り、返礼品のお渡しなど、その葬儀の規模などによっても変わってきます。

また、葬儀の依頼を受けるコールセンターのお仕事などもありますので、葬儀の仕事と言ってもその内容は多岐に渡ります。

葬儀アルバイトの必需品は?

コールセンターの場合は別ですが、葬儀のアルバイトやお仕事をする場合、必ず必要になるのは喪服と黒い靴です。

喪服は貸与してくれる会社もありますので、喪服の貸与制度があるかどうかは確認しておくとよいでしょう。

靴に関しても貸与してくれる会社もあるかと思いますが、式の前後は立ちっぱなしのことも多い仕事ですので、出来るだけ自分の足に合った靴を、最低1足は持っていることをお勧めします。

喪服についても自分のサイズに合った喪服を1着持っていても損はないでしょう。

葬儀アルバイトでやりがいを感じたこと

やはり喪主の方から「ありがとう」という言葉をいただけた時です。

無事葬儀が執り行えた後、ご家族の方から感謝の言葉をいただける時は、全てが報われる瞬間です。

「おかげさまでいい葬儀が出来ました。ありがとうございました」と言っていただけた時は本当に、一日中立っていた疲れも一瞬で吹き飛びます。

葬儀アルバイトでの注意点

葬儀という特別な場所でのお仕事ですので、いくつか通常のお仕事とは違う注意点があります。

葬儀中の私語は厳禁!笑顔も禁止!

お葬式という場所がら、余計なおしゃべりは禁止です。

楽しげに話すことも笑顔も基本的に禁止です。

笑い上戸の人にはあまり向かない仕事と言えます。

通常、接客業などの場合は笑顔が基本になると思いますが、そういった他の仕事とは違う表情が要求されます。

濃いメイク、派手なネイルも禁止

基本女性は薄化粧。

しかし、ノーメイクもNGです。

ネイルも地味な物に限られます。

もちろん髪型も派手な髪型は出来ませんので、ショートカットまたは後ろで一つに束ねるなどになります。

髪飾りも華美なものは使えませんし、基本的には黒い髪飾りを準備する必要があります。

葬儀アルバイトをやってて良かったこと

葬儀というと暗いイメージを持たれがちですが、この仕事に携わることによって良いこともあります。

バイト料の他に金銭や物での特典がある場合も

葬儀の場合、「心づけ」と呼ばれる喪主の方からの「気持ち」が出る場合があります。

もちろん何もない場合もありますので、必ず出るものではありませんが、物の場合や金銭の場合など様々です。

他のアルバイトではあまりない特典と言えます。

葬儀のマナーを覚える事ができる

葬儀にはいくつかマナーがあります。

お焼香のマナーであったり、ご挨拶のマナーであったり、お香典についてのマナーであったりと、覚えておく必要のあるマナーが覚えられないと仕事になりません。

仕事で覚えたこのマナーは日常生活でいざという時に役立つマナーですので、覚えておいて損はありません。

葬儀アルバイトで身についたこんなスキル

葬儀のアルバイトをしているといくつか身につくスキルがあります。

それは、実生活で役に立つものであったり、他の仕事でも使えるスキルであったり。

ここではそんなスキルについて紹介します。

葬儀の流れや必要事項を覚えられる

葬儀は実際にはあまり参列したいものではないですが、人はいつかは死ぬものです。

自分の身の回りにも実際に起こりうるものであり、その時になって、葬儀について何も知らないことに気付く人が多いのも実情です。

そんないざという時に役立つ知識が身につきます。

最初に問い合わせるのはどこにするべきか、必要な書類にはどんなものがあるのかなど、仕事の中で知ることができます。

人にスムーズに動いてもらうための動きや段取りのスキルが身につく

葬儀のスタッフは裏方です。

喪主の方や親族の方、列席して下さった方に、スムーズに葬儀を行っていただくのが仕事です。

そのための段取りやセッティングを行います。

ケースによっては、ご家族がとてもセンシティブになられている場合もありますので、その辺の機微も心得ておく必要があります。

そういった細やかな対応をするスキルが身につく仕事です。

そしてこのスキルは、葬儀の仕事以外でも役に立ちます。

葬儀アルバイトのメリット

葬儀のお仕事は、経験出来る場所もなかなか少ないこともあり、初心者OKの求人が多い傾向にあります。

  • シフト制の求人が多いので、時間の融通がききやすい
  • 未経験OKのお仕事が多い
  • 給与面で優遇されている
  • 学歴不問の求人が多い

このように、未経験者でも始めるのにハードルが低い求人をよく見かけます。

自分に何が出来て、何が出来ないのか、自分の中でもしっかり精査して、可能であればチャレンジしてみる価値はあるお仕事です。

葬儀アルバイトのデメリット

葬儀は特殊な側面がいくつかあります。

そんな葬儀に携わる仕事をすることのデメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

楽しみながら出来るタイプの仕事ではない

人の悲しみの現場に立ち合う仕事になります。

もちろん、大往生で、終始和やかなムードで終わる葬儀も少なくはありませんが、どうしても、悲しむ人々と同じ空間で同じ時間を共有する仕事です。

やりがいはありますが、決して楽しいと言える仕事ではないですので、それがイヤという人には向かない仕事です。

不定期な仕事のため、スケジュールが立てにくい仕事である

葬儀は前もってわかっていることではありません。

突然決まることがほとんどですので、スケジュールが立てにくい仕事です。

また、時間も9時から18時などと決まっているわけではないので、ある程度フレキシブルに時間に対応出来る必要があります。

ご遺体に触れる機会がある

仕事の内容によっては、全くご遺体の近くに行くことはないお仕事もあります。

ですが、仕事の内容によっては、ご遺体の体を拭いたり着衣を整えたり、お顔にお化粧を施したりというケースもゼロではありません。

アルバイトするにあたっては、その仕事が出来ない場合は出来ないと、きちんと伝えておく必要があります。

また正社員の場合は、避けては通れない仕事のため、その部分に抵抗のある方には不向きな仕事です。

メンタルの強さが求められる

葬儀のケースによってはお子さんの葬儀や、不慮の事故などによって亡くなられた方の葬儀の場合も、もちろんあります。

号泣されているような方が多いような会場でも、流されず仕事をする強いメンタルが求められますし、葬儀社での仕事の場合、いつもきれいな状態のご遺体だけを扱うわけではないというのが、かなりメンタル的に負担になる事が多いです。

事故などで亡くなった方のご遺体の引き取りなどは、仕事ですので慣れは必要ですが、慣れるまでは、ご遺体を扱うことだけでもメンタル的に辛いという人もいます。

また、葬儀の場面ではあまり遭遇したくないような、遺産の揉めごとなどの場面に遭遇する場合もあります。

親族同士の罵り合いといった場面も、スルーできるくらいに慣れたら一人前ですが、なかなか最初はそうもいかないことが多いようです。

他にも、葬儀の仕事というだけで偏見を持たれる方もいますので、偏見に耐えるといった部分でもメンタルの強さが求められます。

葬儀アルバイトはこんな人におすすめです!

人の人生の最後のセレモニーに携わる仕事は、どんな人に向いているのでしょうか。

ここでは、葬儀に携わる仕事に向いている人について紹介します。

コミュニケーション能力の高い人

葬儀の仕事は、セレモニーに携わる人が多く、葬儀はチームプレイだという人もいるほど、葬儀に携わる人をまとめるコミュニケーション能力が求められます。

チームはもちろん、僧侶や、センシティブになられているご家族の方々などと話し合いをしながら、セレモニーを進行させていかなければなりません。

言葉の選び方1つで、ご家族の方から信用をなくすこともありますので、これらを全て円滑に進められるコミュニケーション能力の高い人は、この仕事に向いていると言えます。

冷静な人

先ほど笑顔は厳禁と書きましたが、あまり陽気な人には不向きな仕事と言えます。

逆に、常に冷静に周囲に目を配れる人には向いている仕事です。

葬儀の内容によっては、もらい泣きをしてしまうようなケースもあります。

でも、そこで一緒に泣き崩れてしまうようでは、仕事になりません。

自分を律する事のできる冷静さの必要な仕事です。

人の感情の機微に敏感な人

葬儀は寿命を迎えた大往生の葬儀ばかりではありません。

不慮の事故や病のためにこの世を去った方の葬儀を引き受けることもあります。

そんな時のご家族の方々は、とてもセンシティブです。

そんな方々の気持ちに寄り添い、気持ちを汲める人には、ぜひやっていただきたい仕事です。

トラブルを予測して先回りできる人

葬儀は一生に1回のセレモニーです。

失敗するということが絶対に許されない儀式です。

段取りから実際の式までを執り行う中、どうしても段取り通りに進まないことが度々起こります。

そんなトラブルを予測し、先回りして準備を行えないと、式が予定通りに執り行えなくなってしまいます。

どんなトラブルが想定されるのかをきちんと予測し、準備することのできる人は、この仕事に向いているといえます。

体力のある人

葬儀の仕事は、力仕事から、人のメンタルを察するようなセンシティブな仕事まで、多岐に渡ります。

また、式の間は座ることはまずなく、あちこちを歩き回ってセッティング・段取り・指示などを行うため、体力勝負の仕事です。

24時間体制でいつ連絡が入るかわからない仕事でもありますし、長時間立っていられない人や、体力に自信のない人には不向きな仕事です。

真面目な人

どんな仕事でも言えることではありますが、先ほども書いた通り、葬儀は一生に1度のセレモニーです。

失敗は許されませんし、ご家族にとっても一生思い出に残るセレモニーです。

仕事だから適当にこなしておけばいい、という気持ちでは絶対に取り組めませんし、何よりも故人にもご遺族にも失礼に当たります。

真摯にセレモニーに取り組める、真面目な人でなければ務まらない仕事です。

まとめ

葬儀の仕事にはこのように、他の仕事ではなかなか覚えられないようなことを覚えることができたり、身につけることのできるスキルがあったりします。

日常生活で役に立つことも覚えられる仕事でもあります。

ただし悲しみの現場に立ち合うことの多い仕事ですので、人によって向き不向き、好き嫌いのある仕事だと思います。

体力も必要であったり、メンタル面でも強さが求められます。

自分の適性を見極めてから、仕事選びの選択肢に加えて下さい。


関連キーワード

葬儀屋バイト