遺族が故人を心置きなくお見送りするために、葬儀屋は遺族をサポートし、陰でさまざまな仕事を行います。

一般職とはちょっと違った特殊な仕事に憧れて、転職を目指す人もいるでしょう。

しかし、まったく何の心構えもなく葬儀屋の世界に飛び込むと、意外に大変な仕事の数々に、心が折れてしまうかもしれません。

そこで、葬儀屋へ転職するのなら予め知っておきたいことや、やっておきたいこと、注意すべきことについてご紹介していきます!

「葬儀屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

葬儀屋の転職で注意したほうが良い6個のこと

葬儀屋の仕事というと、あなたはどんなことを想像しますか?全く何も知らないという人は、テレビドラマで見るような内容を想像するかもしれません。

また、実際に遺族の立場で葬儀屋のお世話になったことがある人は、何となく「こういう感じの仕事かな?」と漠然とした想像をしているかもしれません。

どんな想像であれ、実際に働いてみると、きっと予想外のことがたくさんあるでしょう。

その想像とのギャップがあまりに激しいと、葬儀屋の仕事自体が嫌になってしまうことがあるかもしれません。

そこで、予め葬儀屋の仕事で必要とされる、いくつかのポイントについて以下にご紹介していきます。

葬儀屋への転職を考えている人は、ぜひ注意して確認しましょう。

力仕事がある

葬儀屋の仕事は、案外力仕事が多いです。

例えばご遺体を移動させる際には運ばなくてはなりませんが、亡くなられた方というのは、体重が普段以上に重たくなっています。

そのため大人の男性でも力が要ります。

また、葬儀会場で飾る花や棺、通夜振舞いやさまざまな準備などで、何かと力仕事が必要になる場合があります。

葬儀屋の仕事は基本スーツ姿ですので、夏場にはスーツを汗で濡らしながら作業をすることも珍しくはありません。

精神的に辛い場面もある

葬儀屋の仕事というのは、誰かが亡くなられてから始まります。

すなわち、遺族が悲しみに暮れる中で、淡々と仕事を進めて行かなくてはなりません。

遺族の中には悲しみのあまりパニックに陥ることもありますので、神経質になりがちで、気持ちも落ち込んだ状態の遺族の心のケアまでは出来なくても、その悲しみに寄り添いながら、葬儀の進行をしていなくてはなりません。

また、全ての遺族が故人の為に精いっぱい気持ちを尽くすというわけでもありません。

辛い話ではありますが、中には遺族同士で揉める姿を目にすることもあります。

また、ある時には葬儀の際に遺族の悲しむ姿を見て、こちらまで精神的に辛くなってしまうこともあります。

そのため、他人の感情に引っ張られやすい人や、感情移入が激しい人には不向きと言えるかもしれません。

土日祝日の休みが取りにくい

人が亡くなる時はいつだって突然です。

「明日の何時にこの人は亡くなります」なんてことは誰にも分かるわけはないのです。

そのため、葬儀屋の仕事は24時間365日、どこで始まるのか全く予測がつかない職種です。

もちろん基本的な仕事の時間帯はありますし、休みもあります。

しかし、それ以外にもどこで急な残業や休日出勤が入るのかが分からない仕事でもあります。

例えば年末年始や盆暮れでも、誰かが亡くなれば当然仕事の依頼が舞い込んできます。

「毎週土日は絶対に休みたい!」「20時までには家に帰りたい!」というこだわりが強い人には働きづらい環境かもしれません。

残業が多い

葬儀屋の仕事はハッキリ言って残業が多いです。

一般的な仕事であれば、「残った仕事は次の日に回して今日は帰る」なんてことも出来ますが、葬儀屋の仕事ではそうはいきません。

何せ通夜や葬儀の予定が立ってしまっていますので、それに間に合うように葬儀の準備をしなければなりません。

花や通夜振舞いなどの手配から、遺族の代わりに役所に火葬許可証を取りに行ったり、さまざまな作業をしたりする必要があります。

また、葬儀はともかく通夜が始まる時間は早くても18時頃からです。

そこから通夜を行い、遺族が通夜振舞いをして、全員が解散する頃には21時や22時を回っていることも珍しくはありません。

例え残業代がついたとしても、そんな残業の多い生活では自分のプライベートの時間にも支障が出てしまいます。

夜間の勤務がある

先にも挙げたように、人の死期は誰にも予測出来ません。

大まかに余命を予想することは出来ても、いつ亡くなるかまでは分かりようがないため、葬儀屋は昼でも夜でも、いつでもすぐに対応出来るようにしておかなければなりません。

特に冷え込みの厳しい冬や夜の時間帯には人が亡くなる可能性が昼間よりも高いため、夜中に葬儀の依頼の電話がかかってくることも少なくありません。

そのため、葬儀会社では依頼があれば夜間でも勤務を行います。

葬儀会社によっては依頼の電話を受ける担当が決まっていて、葬儀の依頼が入ったら社員へ連絡して現場へ向かわせる場合もあります。

または、その日の夜間勤務の担当が、電話で依頼を受けたらそのまま自分で遺族の元へと向かう場合もあります。

会社によって若干やり方は違いますが、どの葬儀屋でも夜間勤務はあります。

夜間に働かなくて済むのは、通夜や葬儀の手伝いのみを行うアルバイトくらいでしょう。

不規則な生活習慣になる

これまでにご紹介してきた内容でも分かるように、葬儀屋の仕事というのはとても時間帯が不規則です。

基本的には朝8時半~9時頃に仕事が始まり、定時は18時頃と決まっていますが、ひとたび葬儀の依頼が入ればそこに早朝出勤や遅くまでの残業が加わります。

通夜から葬儀までの担当を受け持つ立場になれば、前日遅くまで残業をして、翌日は早朝出勤をすることもあるため、依頼が立て込んでいる時にはしっかりと休息をとることも難しいでしょう。

もちろん葬儀の依頼がない日には定時に帰宅して自分の時間を楽しめますが、一般的な会社に比べるとどうしても勤務時間帯が不規則なので、生活習慣も不規則になりがちです。

体力気力共に充実していて、多少の生活習慣の乱れにも負けないタフさがある人には向いていますが、ちょっと生活習慣が乱れると直ぐに体調を崩してしまうような人には、葬儀屋の仕事は難しいかもしれませんね。

「葬儀屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職を成功させるためには何をすれば良い?

葬儀屋で働くには、上記に挙げたような事柄に注意する必要があります。

しかしその上で、それでも葬儀屋に転職したいという気持ちが強い人は、ぜひ葬儀屋への転職を目指すと良いでしょう。

一般的に、自分が転職しようと思ったら、転職希望先の会社について調べたり、どんな業務形態なのかを知ろうとしたりしますよね。

もし資格が必要な会社であれば、入社してからでも資格を取れるのか、それとも資格を取ってからでなければ会社へ応募することが出来ないのかなど、事前にあれこれと準備をすることもあるでしょう。

では、葬儀屋への転職を考えている人は、予めどんなことをしておけばいいのでしょうか?以下にやっておいた方がいいことについてポイントをまとめました。

転職を希望している人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

転職理由を明確に持とう

あなたが葬儀屋への転職を希望する理由は何ですか?

「自分が遺族の立場だった時にお世話になり、やってみたいと思ったから」「人の死を送る仕事を通して、宗教的な考え方を身に付けたかったから」「葬儀について深く知りたかったから」など、人によってさまざまな理由があると思います。

明確な理由を持っている人ほど、例え実際に働いてみた結果仕事内容がきつかったとしても、直ぐに根をあげたり、へこたれたりすることはあまりありません。

一方で、明確な理由もないままに、「なんとなく」葬儀屋の仕事を始めた人は、人の死に触れることや、体力や精神面が削られることに耐え切れずに、直ぐに辞めてしまうことが多いです。

転職は、新入社員がなんとなく会社に入って働き始めるのとはわけが違います。

明確な理由がなければ、雇用する側も慎重になります。

葬儀屋への転職を考えている人は、まずは何故自分がそこで働きたいのかの動機を自分の中でまとめておきましょう。

求人はひとつに絞らず沢山探そう

葬儀屋の求人は、意外にたくさんあります。

新聞紙と一緒に届けられるチラシから、インターネットの求人募集まで、探せばあちこちで見つかります。

また、社員やアルバイトを募集している葬儀会社も種類がさまざまです。

葬儀会社を想像する時に、直ぐに頭に浮かんでくるような大手の葬儀会社もあれば、名前すら聞いたことがないような、小さな葬儀会社までたくさんあります。

葬儀会社によって微妙に勤務内容が違っていたり、給料が違っていたりしますので、求人を探す際には一社だけでなく、いくつかの会社の求人募集を探して、自分に一番合った葬儀会社を見つけるようにしましょう。

転職するに当たっての必要な心構え

いざ葬儀屋へ転職する時には、ある程度の心構えをしておくと良いでしょう。

他の会社でも言えることですが、葬儀屋へ転職したい!という明確な理由や目的がある人の場合、働き始めのモチベーションはかなり高いことが多いです。

要は転職始めが一番やる気に満ちている時期でもありますので、この時期に自分で心構えをしたり、目標を定めたりして働けるようにしておくと良いでしょう。

初めのうちは土日祝日は積極的に働こう

葬儀会社は、葬儀の依頼がなければ土日祝日が休みのところもあります。

また、交代で土日祝日に休みをとっている会社も少なくはありません。

しかし、葬儀の依頼が入れば、土日だろうが祝日だろうが関係なく朝から夜まで勤務することになります。

家族がいる人や、土日祝日を休みたいと思っている人は多いです。

しかし、転職したての頃は、出来るだけ積極的に土日祝日休みは求めずに、皆が休みたい時に出勤するように心がけましょう。

転職してから暫くの間は、上司や同僚はあなたの仕事に対する姿勢や意欲をしっかりとチェックしています。

土日祝日休みを求めずに、皆が休みたいような時期でも進んで出勤しようとする意志を見せることで、あなたのやる気に対する評価に繋がります。

体力仕事と力仕事を覚悟しよう

これまでにご紹介したように、葬儀屋の仕事は体力が要りますし、力仕事も多いです。

男性は当たり前に力仕事を任されますし、女性であってもいちいち力仕事を男性に頼むような人は社内では疎まれてしまいます。

どんな仕事であっても、何でも自分で進んでやれる人は会社では重宝されます。

ある程度体力や力を使うことは覚悟して仕事に臨みましょう。

「葬儀屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

葬儀屋の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

葬儀屋の転職の場合は、他の一般的な会社のようにヘッドハンティングといったことは滅多にありません。

要は引き抜きですが、ライバルの葬儀会社同士で優秀な人材を引き抜こうとするようなことはほとんどありませんので、転職後の給料は誰もが似たようなものです。

転職前にも葬儀会社でのキャリアがあれば、その分を考慮して最初から給料が少し高く設定されていることはありますが、一般的な会社から葬儀会社への転職となると、そこまで年収は高くはないでしょう。

では、少しでも年収を上げたいと思う人は、どのようなことをすれば良いのでしょうか?

昇進を目指す

年収を上げるのに一番確実な方法は、社内で昇進することです。

昇進とは言っても、葬儀会社の場合には、一般的な会社のように、課長や係長、部長といった役職がないところもあります。

その代わりに、一社員と、それらをまとめる立場の責任者といったように、大まかな役職の違いがあることも多いです。

一社員では葬儀を担当しますが、まとめ役の社員ではそれぞれの社員が担当している葬儀内容をすべて把握して、何かあった時には責任を取る立場になっていることもあります。

小さな会社の場合は、社長の下にトップ3がいて、それぞれその下に社員が数人ずつ付いている体制のところもあります。

会社によって形態は異なりますが、もしも年収アップを狙うのなら、少なくとも一社員ではなく、社員たちのまとめ役の立場を狙っていくべきでしょう。

資格を取得する

葬儀屋では厚生労働省が認定する資格があります。

「葬祭ディレクター」と言って、1級と2級に分かれています。

2級では個人葬における、受注から会場設営、式典運営までの一般的な知識と技能が求められ、1級では全ての葬儀の詳細な知識と技能が求められます。

簡単に言うと、2級は個人葬がプランニングでき、1級では社葬のプランニングまでが出来ます。

葬儀屋では必ずしもこの資格を取らなければならないというわけではありませんが、葬儀の仕事内容に関してはこのように認定がありますので、資格を持っておくと会社側が考慮してくれることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?葬儀屋は遺族の中に入り、故人を見送る手伝いをする仕事です。

人の死に直接触れる仕事ですので、体力のみでなく、精神面も強くなければ仕事を続けることは出来ません。

しかし一方で、葬儀屋の仕事へ転職を希望する人は、それなりに明確な希望動機や決意を持っていることも多いです。

明確な動機や決意を持っている人であれば、例え体力面や精神面で辛いことがあっても、きっと乗り越えていけることでしょう。

葬儀屋で働きたいという決意が強いほど、その決意が辛い時には心の支えとなってくれるでしょうから。

  葬儀屋の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  葬儀屋の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
2位
テレビCM『条件は、今よりいい会社』でお馴染みのdoda。転職の条件を有利になるようサポートしてくれます。 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト



葬儀屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

葬儀屋のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

日々、人の死に触れる葬儀屋のお仕事。この仕事でやりがいを感じるポイントが、今一つ想像できない方も多いのではないでしょうか。そもそも人の死に触れる仕事なのに、やりがいを持つこと自体が後ろめたい気持ちになる方も多いと思います。実際に、私も最初はやりがいを持つことは、気が引けるような思いでした。果たして、本当にやりがいを持ってはいけないのでしょうか?どんな仕事にもやりがいは存在します。葬儀屋のお仕事でやりがいを感じた私の経験をご紹介します。葬儀屋ってどんな仕事?葬儀屋の仕事は、お亡くなりになった方の遺体を管理したり、葬式の始めから終わりまでを執り行う監督者のような存在です。ご遺族の方々の要望を汲み取

葬儀屋の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

葬儀会社での勤務というと、悪い仕事ではないものの、忌み嫌われる仕事だと思います。人の死に触れる、詐欺師みたいなイメージを抱かれやすく、気嫌いされてしまいます。でも、社会にとってもとても大切な仕事で、誇りを持てる職業です。そんな葬儀会社の従業員の年収はどのくらいなのでしょうか?経験者がお伝えします。葬儀屋の年収の相場はどのくらい?実際に葬儀屋の方々は、どれぐらいの年収でお仕事をされているのでしょうか?葬儀屋では、様々な雇用形態で働かれている方が多いことが特徴です。また雇用形態というよりも、業界の経験年数によって報酬が変わることも多く、一概に雇用形態で給与が異なると言えません。ではそれぞれの雇用形

葬儀司会が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

葬儀司会と聞いて、なんとなくイメージが沸く方が多いのではないでしょうか。「葬儀会社の営業の仕事よりも簡単にできそう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。婚礼と違って、葬儀は忌み嫌われる職業の一つです。仕事内容やどういう大変さとやりがいがあるかを知って頂き、葬儀司会者職にチャレンジして下さる方がいれば嬉しいです。実際に葬儀会社に勤めた経験から、詳しい詳細をお伝えします。葬儀司会とはどんな仕事?当日の式全般を取り仕切るのが、葬儀司会者の役割になります。参列者の着座状況や、遺族の準備時間が間に合っているかどうかなども、葬儀を滞りなく進めるために必ず把握する必要があります。また参列者や遺族のみなら

葬儀司会の仕事はどんな経験が役に立つの?活かせる経験やメリットをご紹介します!

求人情報等で目にすることも多くなってきた「葬儀司会」。時給が高めに設定されていたり、シフト制で希望が出せたりと、メリットが感じられて、気になる方もいるのではないでしょうか?でも、未経験で葬儀司会の仕事ができるのかどうか不安でもあり、なかなか飛び込みにくい業界ですよね。では、どんな経験を持っていると重宝されるのでしょうか?活かせる経験について解説します。葬儀司会の大まかな仕事内容についておさらいしておこう葬儀司会の仕事は、葬式での司会はもちろんですが、全体の状況把握と全体の時間や流れを把握することが求められます。理由としては、司会者は式進行を執り行うことが仕事になります。だからこそ、何に時間が掛

葬儀司会求人でよくある募集内容は?給料はいくらくらい?気になる疑問にお答えします!

ほとんどの人が一生に何度か参加することになるであろう葬儀。その葬儀には司会の仕事があります。でも、「葬儀司会のお仕事」ってコアな部分になるため、なかなか情報収集できないですよね。今回は私の過去の経験から、葬儀司会求人のコア部分の内容や疑問について解説いたします。葬儀司会のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容葬儀の際に司会進行を行うことになるため、当日の流れや段取りを全て把握し指揮する、司令塔の役割を担います。葬儀は、1つ1つの葬儀それぞれで、対応しなければならないことが異なります。本当に1つとして同じものはありません。宗派が違うだけでも進行の仕方が変わりますし、準備する物も変わります。またその

葬儀屋の仕事内容12個の業務・きついと言われる理由・向き不向き・向いてる人の特徴を経験者が解説します

葬儀屋の仕事にはどういった印象を持っていますでしょうか?この記事では、葬儀屋のリアルな仕事内容・きついと言う人の理由・向いている人の特徴などを、経験者が解説していきます。また具体的な仕事内容の解説に入る前に、「葬儀屋」の仕事がどういう流れで進んでいくかも紹介したいと思います。葬儀屋の会社としての大まかな仕事の流れ病院や遺族から葬儀の依頼の電話が入るとご遺体を受け取りに伺います。その間に、喪主の方と葬儀の規模やお花の種類や本数などを決め、葬儀に来られる方や来ることが難しい方の電報などの受け取り住所や電話番号をご遺族の方へお教えし、電話を受ける準備を行います。同時進行で祭壇業者や花屋、献茶、納棺士

葬儀アルバイトのやりがいは?やってて良かった2個のことやそこで身に付く力とは?

葬儀の場には色々な仕事があります。葬儀という特殊な場所での仕事のため、普通の仕事よりも時給が高かったり、自由度が高かったりとメリットもあるため、葬儀というセレモニーに抵抗が無ければ、チャレンジしてみる価値はあると思います。昨今の終活ブームもあり、多様化するニーズに応えるため、各社様々な取り組みがなされており、広がりつつある業界でもあります。ここではそんな葬儀アルバイトの実際のやりがいや、その仕事内容などについて解説します。私はこんなところで葬儀のアルバイトをやりました葬儀の仕事の場合、基本的に派遣された場所での仕事になるため、仕事場所はお寺だったり葬儀場だったり、故人のお宅だったりと、場所は様

葬儀屋バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

「葬儀屋で正社員として働くのはちょっと・・・でもアルバイトとしてなら働きたい!」そう考えている人は案外多いです。とくに家事や育児がある人や、仕事が出来る時間が制限されている人では、正社員よりもパート・アルバイトとして働くことを希望するでしょう。そんな人のために、葬儀屋のバイト求人での時給や、向き不向きなどについてご紹介していきます!葬儀屋のアルバイトを考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。葬儀屋のバイトはどんな仕事?葬儀屋のバイトでは、主に通夜や葬儀の手伝いをメインで行います。葬儀の依頼がない日には、チラシをポスティングする仕事をすることもありますが、葬儀がある時には受付を手伝ったり、葬儀