葬儀屋の仕事にはどういった印象を持っていますでしょうか?

この記事では、葬儀屋のリアルな仕事内容・きついと言う人の理由・向いている人の特徴などを、経験者が解説していきます。

また具体的な仕事内容の解説に入る前に、「葬儀屋」の仕事がどういう流れで進んでいくかも紹介したいと思います。

「葬儀屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

葬儀屋の会社としての大まかな仕事の流れ

病院や遺族から葬儀の依頼の電話が入るとご遺体を受け取りに伺います。

その間に、喪主の方と葬儀の規模やお花の種類や本数などを決め、葬儀に来られる方や来ることが難しい方の電報などの受け取り住所や電話番号をご遺族の方へお教えし、電話を受ける準備を行います。

同時進行で祭壇業者や花屋、献茶、納棺士の手配を行い、喪服をお持ちでない方が遺族にいらっしゃれば、貸衣裳屋の手配など、全てを同時進行します。

特に喪主の方から「全てお任せします」と言われた場合は、全ての段取りや指示を取り仕切る必要があります。

葬儀の際に故人へ着させる洋服の指定の有無、棺の中へ入れたい故人の私物の有無、お坊さんの手配や宗派の確認、ご遺体を安置する場所が自宅では難しい場合は、遺体安置できる葬儀会社だったら自社に霊安室があり、なければ葬儀会場で遺体安置できるかの確認を行います。

本来はご家族が24時間、線香を絶やすことないように故人に付きっ切りになるのですが、ご遺族が葬儀の準備などで付きっ切りになることが難しい場合は、葬儀会社が代わりに故人に付きっ切りで線香を見たりします。

このように同時進行で様々なことを進めていかなければなりません。

葬儀屋の仕事内容は大きく4個の役割に分けられる

では、葬儀屋としての大まかな仕事の流れが分かったところで、葬儀屋で働いている従業員の仕事内容を具体的に紹介していきます。

①司会進行役(葬祭ディレクター)

葬儀当日の司会と進行を行う役割の事です。

大きい葬儀になればなるほど、今からお経が始まることや焼香の呼びかけ、お花を献花するタイミングなど、全ての段取りを指揮するようになります。

また、香典無しの葬儀となると、式の合間に数回、香典が必要ない旨を参列者に告知する必要があります。

ご遺族の方々(主に喪主の方)に段取りをお伝えしたり、段取りの変更や火葬場へ行く時間、手配を滞りなく進めることも重要な仕事の一つです。

②祭壇作り

葬祭ディレクターの資格を持つものが、祭壇のレイアウトから花の飾り付けなどを指示し、時には自ら祭壇を作り込むこともあります。

葬儀会社によっても異なりますが、作り込むだけの業者へ指示のみするパターンもあれば、葬儀会社が全て担うケースあります。

家族葬をメインにしている葬儀会社では、業者は挟まず一貫して自社で完結させることが多いですが、葬儀が大きくなればなるほど、祭壇業者・花の業者など、様々な業者と一緒に作り上げることが多くなります。

例えば、50人未満の式だと、一貫して葬祭ディレクターが行う事が多く、50人を超えてくると、様々な業者と協力しながら執り行われることが多くなります。

③献茶

「けんちゃ」と読みますが、なかなか聞き慣れない言葉ではないでしょうか。

「お茶子さん(おちゃこさん)」と呼ぶこともあります。

主に葬儀会場にて、弔電のお預かりや受付、精進料理の準備や、献花する際に参列者へお花を配る、おしぼりやお茶を配膳するなど、式全体の中で雑務と言われるものを全て行う人のことです。

葬式が始まる前から参列者の数を把握し、いつのタイミングで何を配膳・回収したら良いのか、献花の時間や精進料理の時間に沿って、段取りを考え行動します。

ご遺族の方から式の流れについて質問を受けたり、また喪主の方にお坊さんのご到着をお知らせし、双方がご挨拶できるように配慮することもあります。

献茶さんの仕事は、ここからここまでと範囲が決めにくく、臨機応変に動く事が必要とされます。

その為、スペシャリスト的存在の献茶さんは、基本的50歳オーバーの方々が多く、若手は少ないのも特徴です。

実際、20代前半の方よりも、ある一定の年代の方に担当してもらう方が、ご遺族が安心できるということも一つの理由としてあります。

葬儀の内容や会場の規模、葬儀会社によって献茶さんの仕事内容は大きく異なるため、求められる献茶さんの能力としては、臨機応変な対応能力といえるでしょう。

④納棺師

ご遺体を清潔にし、衣服を着せ、時には化粧を施し、棺に納める技術師のこと言います。

ご遺族の意向にもよりますが、最後にお風呂に入れてあげたいという事であれば、納棺師が専用のバスタブにて入浴をさせてあげることもあり、これをシャワー式湯灌と言います。

お風呂までではなく、ご遺体の体を拭いてあげるのみの場合もあります。

これを古式湯灌と言います。

衣類に関しては、ご遺族の希望される衣服に着替えさせることもあれば、白装束に着替えさせることもあります。

昔「おくりびと」という映画が流行しましたが、あの映画は、この納棺師という方々の仕事を題材にしています。

また、爪を切ることや髭を剃ることも、ご希望があれば施します。

そして最後に、ワキの下などにドライアイスを入れ、鼻に脱脂綿を入れて棺に納め、納棺師の仕事は完了となります。

「葬儀屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

①司会進行役(葬祭ディレクター)の仕事内容や業務

会場の場所の把握

ご遺族の方の到着前に、トイレの場所やご遺族やお坊さんの控室、何時に誰が会場入りするかを入念に確認をします。

司会進行は一番顔を覚えられるため、場所を聞かれたり、段取りや今後の流れについて質問を受けることが非常に多くなります。

事前に把握できることは把握し、スムーズにご案内できるように覚える作業を行います。

ご遺族(喪主)の方と最終確認の打ち合わせ

喪主の方は心神喪失状態又は、心労が相当高まっている状態です。

前日にも段取りのご説明は行うものの、覚えれる状態ではない為、葬儀当日の数時間前に、最終の確認を兼ねて打ち合わせを行います。

その際に、何時に何が行われ、いつ火葬場へ移動するのかなど、親族から聞かれるであろう内容をお伝えします。

お坊さんへご挨拶

お坊さんが到着されたらご挨拶し、喪主の方をご紹介し、何名ほどの参列者が来られて、何時に火葬場へ移動して頂くかなど、細かく詳細をお伝えします。

式によって異なりますが、お車代などをご挨拶のタイミングでお渡しすることもあります。

全て完了時に、ご挨拶と清算処理

式が終わり次第、喪主の方へご挨拶と共に、今回のご請求書をお渡しします。

その場でお支払い頂けるケースがほとんどで、後日払いでも翌日にはご精算頂く事が一般的です。

式が終わってスグに清算も気が引けますが、トラブル回避のために、当日清算を推奨している葬儀会社は比較的多いです。

②祭壇作りの3個の仕事内容や業務

祭壇のイメージ打ち合わせ

祭壇のイメージ写真を喪主の方に見て頂き、お決め頂くようにします。

あくまでイメージ写真になるので、お花の色合いや飾り方などの細かな打ち合わせは勿論、生前好きだった音楽を式の最中に流すなど、故人を送り出すために可能な限り、遺族の思いや故人の思いを汲み取るようにします。

また、故人の写真をご準備頂くように手配をしたり、香典を受け取る場合の香典返しの商品なども決めます。

その他、親族の方々の衣装について、レンタルする必要がある場合は衣装の手配も行います。

この打ち合わせで、式の規模や参列者の人数なども具体的に決めてしまう形になります。

規模や参列者の人数が分かれば、衣装・お花・料理(仕出し)・献茶さんの人数など手配ができるようになります。

祭壇作り

当日、祭壇を作る為の準備を早朝から行います。

業者の入り時間、香典返しの品物が到着する時間、お花が届く時間など細かく確認をします。

滞りなく進んでいるかどうか、随所で確認を行いながら、合間に喪主の方との最終打ち合わせと祭壇の確認を依頼し、了承を得ます。

その他、香典返しの袋詰めの指示や、献花の際のお花準備を行い、式のお時間ギリギリまで最終調整を行います。

撤収作業

火葬場へご遺体も親族の方も移動された後は、撤収作業に移ります。

事前に喪主の方に、お花の束を幾つ用意をするかを確認しておき、撤収前に花束を作り枯れないようにしておきます。

その後、祭壇を片付けていきます。

花の撤収が終わってから祭壇の骨組みを撤去し、その他の盆提灯や仏具関係など、細かな物を片付けていきます。

基本的に30分~40分ほどで撤収作業は完了します。

撤収作業は早く終わらせなければ、次のお葬式がある場合に迷惑を掛けてしまうことも考えられるため、時間との勝負になります。

③献茶の2個の仕事内容や業務

宗派と当日の流れを確認

宗教によって式の流れなど全て異なります。

宗派によって精進料理があるのか、お坊さんを呼ぶのか、香典があるのかなど、献茶さんは当日のスケジュールに沿って動く必要があるため、事前に把握しておきます。

会館の把握と参列者の把握

献茶の仕事は、館内の案内や親族の方々の案内、着替えのお手伝い、焼香のタイミングなど、細やかなフォローをすることになります。

全て把握した上で、献茶さんとして臨機応変に対応できるようにしなければなりません。

葬儀には同じものはないためマニュアルが存在しません。

その時々に応じて対応しなければ、式全体の進行も悪くなってしまうこともあります。

だからこそ、事前に把握できることは把握しておくのが一番だということです。

④納棺師の3個の仕事内容や業務

当日朝に、訪問先の確認とメンバー確認

基本的に当日の訪問先は事前に予約が入るため、朝一に確認を行い、何時にどこへ向かうのか確認します。

大体、1チーム2~3名で動く事が多いです。

その為、誰が運転し遺族からの要望をお聞きするかなど、その日の役割分担を決めて現地へ出発します。

平均で1日4訪問ですが、季節の代わり締めなどには7~8件訪問することもあります。

要望の聞き取り

遺族からのご要望をお聞きします。

湯灌、化粧、御着替えなどという順番になりますが、着せたい洋服があればお預かりし、使ってほしい化粧品などがあれば、それを使用したメイクを行います。

また湯灌も湯船に入れてあげる方が良いのか、身体を拭いてあげるのみなのかも、ご遺族の希望をヒアリングします。

中にはご遺族の方も一緒に納棺作業をしたいと言われるケースもありますので、その場合は出来る限り一緒に行うなど、思いを汲み取ります。

大体、要望の聞き取りから納棺するまでの時間として、平均90分ほどとなります。

備品交換と衛生管理

会社へ帰社後は、車に湯船を積んでいることもあるため、衛生面に配慮しなければなりません。

消毒作業やタオルなどの備品交換を行い、翌日の作業に影響が出ないように点検を行い、業務終了となります。

冠婚関係との仕事内容の違い

同じ式の執り行いでも、全く違うのが冠婚関係の仕事です。

陰と陽というように、冠婚はお祝い事になるため、スタッフの声色や表情までも全く異なります。

冠婚の場合は、満面の笑みでお出迎えや受け答えをすることが、正しい接客スタイルです。

一方で、葬儀関係は電話対応も、明るくハキハキされている方はいらっしゃらないと思います。

落ち着いた声色で丁寧な話し方をする方が多いでしょう。

ご家族の気持ちに寄り添って、という基本の考え方は一緒でも、TPOをわきまえた対応となると全く別物になるのです。

葬儀屋の仕事はどんな人に向いている?

誰かがいつ、どこで亡くなるのかは誰にも予測出来ません。

そのため、葬儀屋の仕事はとても変則的で、早朝出勤や遅くまでの残業もあります。

しかしその仕事にやりがいを感じられる人は、真摯に自分の役割に取り組むことが出来ます。

では、どんなタイプの人に葬儀屋の仕事は向いているのでしょうか?

真摯に勤められる人

葬儀屋の仕事は、人が亡くなってから始まります。

人が亡くなるということは、遺族にとってはとても悲しく、辛いことです。

その重苦しい気持ちを受け止めながら、冷静に、そして真摯に勤められる人が葬儀屋の仕事に向いています。

どんなに優しい性格をしていても、遺族と一緒に泣いてしまうような、感受性の強すぎる人は向いていません。

人間洞察力が高い人

葬儀屋の仕事では、遺族の要望に細かく答えることで葬儀の形を完成させていきます。

そのため、葬儀会社の都合で一番高いプランを強引に進めてしまうような営業力の強すぎる人はあまり向いていないでしょう。

遺族の様子を伺いながら、適度に営業もしていけるような、人間洞察力に優れている人にはおすすめです。

落ち着いている人

葬儀は厳かな空気の中で行われます。

葬儀屋もその空気を保ちながら仕事をする必要があるため、落ち着いた性格の人に向いています。

わたわたと慌しく動き回るような人は、遺族側からも見ていて不安になってしまうことがあるため、例えそこまで仕事が出来るわけではなくても、落ち着いて立ち回れる人であれば向いていると言えるでしょう。

判断力のある人

葬儀の仕事は、全てが予定通りに行われるというわけではありません。

葬儀中に何らかのアクシデントがあることもあります。

例えばお見送りの際に花が足りなかったり、火葬場からのバスが遅れたりと、現場でさまざまな問題が発生することもあります。

そんな時に落ち着いて、冷静な判断を下せる人は、どの場面でも遺族や同僚から頼もしく思われることでしょう。

何も葬儀に限った話ではありませんが、判断力のある人というのは周囲から頼りにされやすいです。

体力のある人

葬儀屋の仕事には体力が必要です。

人がいつ亡くなるかなど誰にも分からないため、時には夜中に遺族から会社に連絡が入ることもあります。

そうすると夜中に出勤し、そのまま一日通しで遺族と葬儀の相談、葬儀の準備を行うことも珍しくはありません。

流石に途中で睡眠を取りますが、葬儀の打ち合わせが長引いたりすればそれだけ寝不足にもなりやすいため、ある程度体力に自信がある人でなければ勤まらないでしょう。

精神面の強い人

葬儀屋の仕事は、人の死に深く関わっています。

遺族が深い悲しみに包まれていると、感受性の強い人では自分まで悲しく辛い気持ちになってしまうことがあります。

遺族にとっては「自分たちの悲しみを理解してくれている」と思える反面、「この人に全部任せきりでも大丈夫なのだろうか」と不安に思えてしまうでしょう。

そのため、厳かに葬儀を執り行いながらも、あくまでも仕事として冷静に行動出来る精神面の強さが求められます。

直ぐに他人の感情に共感してしまう人や、感受性の強すぎる人にはそこまで向いているとは言えないかもしれません。

どんな会社で葬儀屋の仕事募集があるの?

1. 株式会社 日本セレモニー

株式会社 日本セレモニーは、全国に典礼会館を展開している会社です。

典礼会館は全国170箇所以上にあり、葬祭ディレクター等のポジションを中途採用しています。

未経験でも普通免許があれば挑戦でき、キャリアチェンジも可能であることで長く働ける環境と言えそうです。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 株式会社愛和

株式会社愛和は、介護からセレモニーまで手掛ける会社です。

全国に15か所以上展開しており、湯灌・納棺スタッフの中途採用を行っています。

普通免許は必要ですが、未経験・ブランクありでも応募可能です。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、リンク先より詳細をご確認ください。

その他葬儀屋の募集は?

上記の会社以外にも葬儀会社の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

葬儀屋の仕事で活かせる経験

葬儀屋の仕事は、一般的な仕事とは一線を画しています。

それは、人の死に直接触れる仕事だからでしょう。

だからこそ、他の仕事とはまったく関わりがなく、これまでの一般的な仕事の経験は活かせないと考えている人もいるでしょう。

しかし、どんな仕事であっても、「仕事」の面から見た時に、全く無関係で活かせるものがないものなどありません。

葬儀屋の仕事の場合、どんな仕事の経験が活かせるのでしょうか?

接客経験

接客経験は、人と関わる仕事であれば、どんな仕事でも活かせる経験です。

人と接する際に、どんな風に接すれば相手に不快感を与えないか、好印象や安心感を与えることが出来るかなどは、実際に自分が働いて経験を積まなければ身に付けることは出来ません。

自然な笑顔で人と話をしたり、時にはお客の怒りに対応したりと、笑顔の接客からクレームの対応まで、一通りの接客経験を予め積んでいる人は、葬儀屋で働く際にも遺族とのコミュニケーションをスムーズに取りやすいでしょう。

事務職経験

葬儀屋の仕事は、遺族の中に入って葬儀を執り仕切ることです。

遺族の住む地域の風習によっては、葬儀自体は町内会や隣近所、年長者などが執り仕切ることもあります。

その場合には陰ながら手伝いをすることになりますが、それらの手伝いの大半の作業は事務手続きなどの、パソコンを使った仕事です。

例えば葬儀で飾る故人の写真を作ったり、遺族に代わって市役所へ死亡診断書を提出し、火葬許可証を取りに行ったりします。

弔問者への返礼品の手配やメッセージカードの作成や、葬儀用の花の手配、住職(宗教により変わります)の手伝い、通夜の食事の手配など、さまざまな裏方作業を短い時間で行わなければなりません。

いざ葬儀の場では、受付や流れを執り仕切る程度で、ほとんどの準備は事務仕事といっても良いでしょう。

そのため、事務経験のある人は書類の作成や電話での手配などの作業が比較的スムーズに行いやすいです。

宗教法人・宗教団体に関わる仕事

人が亡くなり、葬儀を行う際には、いずれかの宗派で行います。

家が代々仏教ならば仏教方式で葬儀を行いますし、神道を信仰しているのなら神道方式で、キリスト教ならその宗派に則った葬儀を行います。

どんなに普段は「無宗教」を名乗っている人でも、葬儀の際には必ずいずれかの宗派に則ります。

そのため、宗教関係で仕事の経験がある人では、自分の良く知る宗教であれば葬儀の際にも手伝いがしやすいですし、知らない宗派でも偏見や戸惑いが少なく仕事に対応出来ます。

その後のキャリアについて

葬儀屋でキャリアを身に付けて、葬儀会社の中でキャリアアップを目指すことは出来ます。

最初はいち社員として葬儀の手伝いをするだけだったのが、次第に葬儀に関する知識や技術などのノウハウを身に付けて、いざ自分で葬儀までの流れを執り仕切れるように成長していきます。

一人で葬儀を担当するようになるまでは、どの社員も同じです。

それ以上の地位になると、それぞれの社員が担当する葬儀を統括したり、何かあった時の責任者に任命されたりします。

しかし、葬儀屋の仕事は特殊な仕事ですので、別系列の葬儀関係の仕事であれば大いに役に立ちますが、一般会社への転職となると、事務仕事や接客能力以外ではそこまで必要とされるものはないかもしれません。

とはいえ、どんな場面で葬儀屋時代のノウハウが役立つ時が来るかは分かりません。

思いもよらないところでそれが役に立ち、その後の評価や昇進に繋がることもまったくないとは言い切れないでしょう。

葬儀屋の仕事の良いところ

ここからはこの仕事の良いところをいくつか挙げていきます。

やりがいを感じるポイント

ありがとうの言葉をもらえる

お礼を言われるとは想像できない仕事ですが、しっかりと誠心誠意ご対応すると、お礼を言われるものです。

故人の最後となるため、故人の為にできる限りのことをするというのが大前提ですが、それだけではなく、残された遺族の気持ちを汲み取り、悲しみを乗り越えて頂くためにお手伝いすることも、葬儀屋の仕事です。

気持ちの整理をするお手伝いになりますので、式が全て終わった際に、感謝の言葉をもらえることも多々あります。

「〇〇をしてくれて、喜んでくれていると思う」や、「私たちの気持ちを汲み取ってくれてありがとう」など、涙を流しながらお礼を言われると「この葬儀を担当して良かった」と思えます。

専門的知識を身につけられる

冠婚のマナーなどを知っている方は多いですが、「葬儀のマナーや知識などは持っていないし、不安」と思われる方が大半です。

葬儀の場合は、突如訪れることが多く、心の準備もできていないケースが9割を占めます。

これはどうしたらいいのか、こういう時はどうするべきなのかということを、的確にアドバイスすることで、安心感を持って頂けるようになります。

遺族の気持ちになり、不安なところや疑問点などを先回りしてお伝えし、安心して頂くことは、葬儀会社にしかできない、謂わば技です。

無事に最後のお見送りをできる

葬儀屋の仕事は日々、遺体に触れるお仕事です。

しかし遺族にとっては、初めてご遺体を見るという方も多いでしょうし、事件や事故などで目を覆いたくなるような状態の遺体も決して少なくありません。

ただ、葬儀屋の仕事はどの故人に対しても必ず、平等に接する必要があります。

弔問者に亡くなった方のお顔を見せてあげられないことも多々あります。

でも遺族にとっては、弔問者に察知してもらいたくないデリケートな部分があるということですよね。

そういった場合、どのようにしたら不自然さがないかを考え、遺族にご提案してあげなければなりません。

エンゼルメイク(死化粧)で隠せるものなのか、完全にお顔を見るという行為自体を無くすのかなど、様々な案を用いて遺族の意思を尊重しつつ、故人をお見送りするなど、多種多様な事例がその場その場で起きていきます。

何かが起きた時も無事にトラブルなく葬儀を完遂することで、やりがいを感じるでしょう。

未経験でもやる次第で即戦力になる

冒頭にもお伝えした通り、知識などは自分自身の努力で補うことができます。

最初は誰でも未経験なので、たくさん現場に出て、先輩方のやり方を多く見るようにしましょう。

少しずつ段取りを覚え、次の作業はこれ!

というように流れを知れば、先手を打った行動ができるようになります。

先読みをしてくれるスタッフが現場に1人でもいると、非常に頼りにされやすく、新しい仕事もドンドン覚える環境を与えてもらえます。

私も最初は右往左往しましたが、2回・3回と現場に行くようになり、次はこれをした方が良いのかなと考えられるようになりました。

全部の流れを理解できなくても、一部分でも理解できれば、その持ち場を任せてもらえることも早々にあります。

私は最初、献茶として現場に出て、段取りや流れを覚えてから、お花の手配や祭壇の手配、電報関係の受付など事務方を任せていただきました。

その後に事務方と献茶を兼務するようになり、エンゼルメイクの資格を取りに行き、納棺士の方々と協力するようになり、最終的には司会をさせて頂くまでになりました。

完全未経験からスタートして司会業までやるまでに要した期間は1年でした。

葬祭ディレクターの資格は持っていなかったので、祭壇を作ったりまではしていませんが、お手伝いはさせて頂いていました。

このように在籍年数には関係なく、自分の覚えようとする行動力次第で、あっという間にスキルアップできるのは魅力的だと思います。

どんな仕事でも会社や先輩から頼りにされるのは、やはり嬉しいものです。

年功序列がない業界なので、そうした部分では自分の頑張りがしっかりと評価されるため、やりがいを感じやすいのではないでしょうか。

面白いポイント

宗派による違いを学べる

葬儀は、宗派によって段取りも進め方も全て異なるため、覚えれば覚えるほど、できる仕事の幅が広くなります。

例えば準備物なども、佛教、浄土真宗、理教、創価学会など、それぞれで準備するものが全て異なります。

創価学会はそもそもお坊さんを呼びません。

理教はお酒やお米をお供えしますし、浄土真宗では必要ありません。

このように宗派だけで用意するものが全て異なるので、把握できればプライベートでも役立つ知識です。

目に見えて仕事の幅が広がったことが分かるのは、やはり面白いものです。

「葬儀屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

葬儀屋の仕事がきついと言われる5個の理由とは?

イメージが先行してしまい、葬儀屋の仕事がキツイと感じてしまう人もいます。

実際に働いてみると、本当にキツイこともあるのでしょうか。

具体的に紹介していきます。

体力的にキツイ

なぜ、体力的にキツイかというと、重い荷物を運んだり、遺体を運んだりと、意外と力仕事が多いのです。

特にご遺体の方の体重によって、重さも違いがありますし、力が入っていない方というのは、驚くほど重くなります。

それだけ力が必要になります。

また、忙しくて葬儀当日までの間に、仮眠時間が2~3時間しかないというパターンもあり得ます。

短時間で質の良い睡眠をとらなければ、体力が温存できないため、仕事にならないでしょう。

そして、葬儀が始まるとほぼ立ちっぱなしです。

座るということはほぼなく、立ったり、動き回ることが多くなります。

更に、夏は炎天下の中で、弔問者を誘導することもあります。

冬は暖房がない中、雨や暴風の時も誘導しなければなりません。

風邪を引いた、寝不足で元気が出ない、立ち仕事がしんどいとなると仕事になりません。

だからこそ、体力が必要となります。

世間体が悪い

皆さんもイメージ的に、良い印象をお持ちになる方は少ないでしょう。

特に年配の方には、良く思われることがありません。

「人の死を商売にしている」「詐欺」などという印象を持たれやすいです。

一部の葬儀会社が確かに、詐欺に近いような商売をしているケースがあるため、こういった印象を持たれてしまうのでしょう。

葬儀会社毎に葬儀費用は異なります。

一番ランクの低い葬儀を依頼すると「このプランだととても質素になるから、これぐらいのランクのものが妥当だ」というような説明をされ、言われるがままランクを上げ、予算以上の費用を掛けてしまうということもあります。

確かに結婚式でも同様で、花が貧相になったりするからこうした方が良い、とランクアップを勧められるケースはあるでしょう。

これは言い方の問題であり、詐欺をしているわけではありません。

実際、家族葬などは低料金で受けますし、葬儀会社によっては予算範囲で見栄えよくできるように案を出してくれる会社もあります。

しかし世間のイメージでは前者の内容が色濃く残っているため、良いようなイメージを持って頂けません。

もちろん、自分自身がそうした詐欺のような仕事をしていないという自信があっても、なかなか「葬儀会社に勤めてます!」と胸を張って言える方の方が少ないでしょう。

この部分は非常にツライと言えるでしょう。

精神的にキツイ

この精神的にキツイというのが一番、多く声を聞くかと思います。

何が精神的にキツイのでしょうか。

ご遺体にもいろいろあります。

正確に言うと、亡くなり方が色々あるということです。

病気・事故・自殺・事件・身元不明など、人の最期というのは千差万別です。

病気の場合は、綺麗なご遺体が多いですが、不慮の事故や事件などは、息を引き取る瞬間の顔が恐ろしい形相のままとなっている方もいらっしゃいます。

中には目を閉じることができない方もいます。

これは死後硬直が始まってしまい、目を閉ざすことができないパターンです。

事件の場合は顔を傷付けられてしまっている場合なども目にすることがあります。

こうした部分が精神的にキツイということになります。

この経験は決して慣れることがありません。

そういった面では、精神的にキツくて厳しいということになるでしょう。

覚えることが多い

葬儀会社は基本的に、マニュアルというものが存在しません。

基本的な知識を入れて、そこから臨機応変に対応していく必要がありますが、この基本的な知識というのが多岐にわたります。

宗派によって異なる葬儀の進行内容・用意するもの・礼儀作法など、一つ一つの項目で奥深く覚える必要があるため、経験を積むことで「手に職」と言われる専門分野の人材として活躍することができるでしょう。

感情移入は厳禁ですが、遺族の立場になり言葉遣いや心遣いをしていかなければ、無神経な人と言われるでしょう。

感情移入をせず、しかし遺族の立場を考えつつ、配慮していくということを覚えていかなければなりません。

知識だけでなく、その時々に応じた心理状態を考え察知し、行動するということを意識するため、最初は膨大な量を覚えていく必要があるといえるでしょう。

性別に関係なく夜の勤務がある

葬儀業界というのは、昼夜問わず勤務することが多々あります。

通夜は夜に行われることが多く、葬儀は日中に行うこともあります。

そうなると人員の体制をある程度、シフトで交代することはありますが、全ての人員を交代させるということはありません。

シフトによって男性でも女性でも夜通し勤務する可能性があるということになります。

女性で夜勤がある職種も珍しいものです。

だからこそ、女性が長く続けて行くのは難しいと言われます。

また、若手であればこうした不規則な生活も耐えられますが、年齢を重ねると不規則な生活がつらくなりがちです。

こうしたある一定の年齢層しかできない仕事という部分もキツイといえるでしょう。

葬儀屋の仕事のつらさを乗り越える5個の方法

このように非常にキツイ部分が幾つかあるものです。

では現在、葬儀会社でお勤めの方はどのようにして、このキツイ部分を乗り切っているのでしょうか?

もちろん、人によって乗り越え方は十人十色とあると思いますが、その一部を今回、ご紹介します。

体力的にキツイを乗り越える方法

ある程度、力仕事となるということを理解し、基礎体力の向上に努める必要はあるでしょう。

基礎体力を上げることで、風邪を引きにくい身体を作ることができるようになります。

あとは睡眠の質を良くするために、枕や呼吸方法を変えるなど、短時間でも熟睡できるような方法を自分なりに編み出すことは必須です。

また、防寒対策としてはヒートテック・貼るカイロなど防寒グッズを用意し駆使する。

暑さ対策は、熱中症にならないように水分補給と塩分補給を徹底する、冷却グッズを用意し駆使するなど、体力が奪われないようにするために様々な対策が必要となります。

私がよくやっていたのは、夏場はとにかく水分補給と塩分補給をすることでした。

飲み物も水ではなくスポーツ飲料を選び、冷却シートを首やワキに貼ってクールダウンさせる。

冬場は貼るカイロをとにかく腰やワキに貼り、指先用に貼らないカイロを持ち、ホットレモンなどコーヒー以外の温かい飲み物を飲むようにしていました。

コーヒーは利尿作用があるため、トイレの頻度が高くなると仕事に影響をもたらし易くなるので、そういったものは控えるようにしていました。

睡眠に関しては、比較的に寝るのが早い方でしたが、やはり家と違う空気感でなかなか寝付けずに最初は過ごしていましたが、雰囲気や家以外で眠ることに慣れると、短時間睡眠でもスッキリ目覚めることができていました。

雰囲気にいち早くなれるということが大事です。

世間体が悪いことを乗り越える方法

他人が言うことを気にするなと言われても、やはり多少は気にしてしまいますよね。

これは自分自身の考え方の転換かもしれませんが、自分の仕事にやりがいや誇りを持っているなら、他人が言う言葉を気にしないことだと思います。

世の中、世間体が悪い職業なんて山ほどあります。

例えば、飲食店での仕事となると、休みなし・しんどい・大変そう・収入が低いなど、様々な見解を持たれる方が多いでしょう。

しかし、飲食店で調理することや接客をすることが、「自分の店」として責任持って出来ているなら、その人にとって天職となると思います。

仕事の価値は他人が決めるのではなく、自分で決めるものです。

自分がしている仕事の中で、自分にしかできない仕事内容があると思います。

そこに自信や誇り、プライドを持てば、他人が言うことを気にすることがなくなります。

この世の中に不必要な仕事はないと私は思います。

飲食店がなければ、仕事終わりや休日に外食ができないでしょうし、葬儀屋がなければ亡くなった後のことが困ります。

ゴミ清掃車がなければ、世の中はゴミで溢れ返ってしまいます。

このように偏見があるような職業でも、世の中から無くなってしまうと困る部分があるということです。

自分のしている仕事にプライドを持ち、胸を張ることをおススメします。

精神的にキツイを乗り越える方法

私もこの部分は一番、乗り越えるのに時間が掛かりました。

当初は感情移入してしまい、遺族が泣き出すと同じように泣いていました。

結論から言うと、葬儀に慣れたということは一度もありません。

やはり悲しくなりますし、事故や事件などでお亡くなりになった方は、まさかその日に死ぬということを考えて生活していないと思います。

そう思うとやっぱり涙が出ますし、もっとこうしたかったかなとか考えてしまいます。

特に子供の葬儀はとてもツライです。

会場も亡くなったお子さんが好きなアニメの主題歌などが掛かっていることが多く、不憫に思う気持ちがより一層高まってしまいます。

この悲しい気持ちを解消することは難しいと私は思い、「どんな風な葬儀にしたら、亡くなった方が安心して浮かばれていくのか」ということを意識するようにしました。

好きなお菓子をたくさん供えてあげる、弔問者全員がゆっくり最後の挨拶ができるように時間を設けてあげる、少量の花でもたくさんあるように置き方を工夫するなど、自分自身が故人に対してできる配慮は何かを考えて、出来る限りのことをやるよう意識していました。

悲しいということには慣れないですが、自分にできることを最大限してあげることを意識すると、今まで見えなかったことが見えたり、こうしてあげようと考えることができ、しっかりしなくては!

という気持ちに切り替わります。

ビジネスとして割り切ることができる人もいますが、割り切りができない人は、私と同じように考えて行動してみる事をおススメしますよ。

覚えることが多いことへの乗り越え方

知識を付けるために、宗派などはとにかく暗記しました。

また上司に相談し、様々な宗派の葬儀に行かせてもらえるように依頼したりし、勉強と現場で見て覚えるという二通りの方法を取りました。

覚えることが多いというのは、自己の努力でカバーするしかありません。

最初は覚えるために現場に入ることもあるため、体力的に少し大変な思いをすることもあります。

しかし、自転車の乗り方と同様で、一度身につけてしまうと忘れるということはなかなかありません。

だからこそ、最初の数ヶ月の苦労が実りやすく、仕事でもプライベートでも活かすことができる知識となるのです。

根性論みたいになりますが、自分自身の努力で乗り越えるしかありません。

性別に関係なく夜の勤務を乗り越える方法

ある程度身体が慣れると、生活スタイルが固定されてくるため、夜の勤務をしていても特に負担に感じることはないと思いますが、慣れるまでの間は、身体のサイクルが出来上がっていないため、勤務中に眠くなることもあるでしょう。

私の場合は、食事の量を気をつけていました。

特に夜中の勤務時には、22時以降にお腹いっぱいの食事を避け軽食にすることで、眠くなることを避けるという方法をしていました。

その方が、体重の増加を防ぐことも出来ますし、何より不摂生になりにくいのが特徴です。

また、その他にも睡眠時間を均等にするようにしていました。

寝溜めをしないように気を付けたりと生活習慣を見直しをして、睡眠サイクルを安定させるようにすることで、睡魔に襲われることが少なくなるでしょう。

まとめ

どの仕事でもそうですが、特に葬儀会社で働くことは、メンタル面で結構負荷が掛かる仕事です。

ですが、無くてはならない職業でもあります。

目に見える喜びは冠婚に比べて少ないかもしれませんが、やりがいや面白い部分もあります。

イメージではなく、正しく職業を理解して頂けたら嬉しい限りです。


関連キーワード

葬儀屋求人

葬儀屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

葬儀屋の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

葬儀会社での勤務というと、悪い仕事ではないものの、忌み嫌われる仕事だと思います。人の死に触れる、詐欺師みたいなイメージを抱かれやすく、気嫌いされてしまいます。でも、社会にとってもとても大切な仕事で、誇りを持てる職業です。そんな葬儀会社の従業員の年収はどのくらいなのでしょうか?経験者がお伝えします。葬儀屋の年収の相場はどのくらい?実際に葬儀屋の方々は、どれぐらいの年収でお仕事をされているのでしょうか?葬儀屋では、様々な雇用形態で働かれている方が多いことが特徴です。また雇用形態というよりも、業界の経験年数によって報酬が変わることも多く、一概に雇用形態で給与が異なると言えません。ではそれぞれの雇用形

葬儀司会の仕事はどんな経験が役に立つの?活かせる経験やメリットをご紹介します!

求人情報等で目にすることも多くなってきた「葬儀司会」。時給が高めに設定されていたり、シフト制で希望が出せたりと、メリットが感じられて、気になる方もいるのではないでしょうか?でも、未経験で葬儀司会の仕事ができるのかどうか不安でもあり、なかなか飛び込みにくい業界ですよね。では、どんな経験を持っていると重宝されるのでしょうか?活かせる経験について解説します。葬儀司会の大まかな仕事内容についておさらいしておこう葬儀司会の仕事は、葬式での司会はもちろんですが、全体の状況把握と全体の時間や流れを把握することが求められます。理由としては、司会者は式進行を執り行うことが仕事になります。だからこそ、何に時間が掛

葬儀司会求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ほとんどの人が一生に何度か参加することになるであろう葬儀。その葬儀には司会の仕事があります。でも、「葬儀司会のお仕事」ってコアな部分になるため、なかなか情報収集できないですよね。今回は私の過去の経験から、葬儀司会求人のコア部分の内容や疑問について解説いたします。葬儀司会のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容葬儀の際に司会進行を行うことになるため、当日の流れや段取りを全て把握し指揮する、司令塔の役割を担います。葬儀は、1つ1つの葬儀それぞれで、対応しなければならないことが異なります。本当に1つとして同じものはありません。宗派が違うだけでも進行の仕方が変わりますし、準備する物も変わります。またその

葬儀屋バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

「葬儀屋で正社員として働くのはちょっと・・・でもアルバイトとしてなら働きたい!」そう考えている人は案外多いです。とくに家事や育児がある人や、仕事が出来る時間が制限されている人では、正社員よりもパート・アルバイトとして働くことを希望するでしょう。そんな人のために、葬儀屋のバイト求人での時給や、向き不向きなどについてご紹介していきます!葬儀屋のアルバイトを考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。葬儀屋のバイトはどんな仕事?葬儀屋のバイトでは、主に通夜や葬儀の手伝いをメインで行います。葬儀の依頼がない日には、チラシをポスティングする仕事をすることもありますが、葬儀がある時には受付を手伝ったり、葬儀

葬儀屋の転職を成功させるためにやるべき2個のことや注意すべきこと

遺族が故人を心置きなくお見送りするために、葬儀屋は遺族をサポートし、陰でさまざまな仕事を行います。一般職とはちょっと違った特殊な仕事に憧れて、転職を目指す人もいるでしょう。しかし、まったく何の心構えもなく葬儀屋の世界に飛び込むと、意外に大変な仕事の数々に、心が折れてしまうかもしれません。そこで、葬儀屋へ転職するのなら予め知っておきたいことや、やっておきたいこと、注意すべきことについてご紹介していきます!葬儀屋の転職で注意したほうが良い6個のこと葬儀屋の仕事というと、あなたはどんなことを想像しますか?全く何も知らないという人は、テレビドラマで見るような内容を想像するかもしれません。また、実際に遺

葬儀屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやりがいポイントについて解説します

一時期は映画「おくりびと」で有名になった葬儀屋の仕事。映画をきっかけに、葬儀会社で勤めたいと思うようになった人もいるかもしれません。人生の最期を見送るお手伝いの仕事は、大変でもありますがとてもやりがいのある仕事でもあります。そんな葬儀の仕事の向き・不向きや、やりがいのポイントについてご紹介します。葬儀屋はどんな仕事?葬儀屋の仕事は、一言でいえば「遺族が故人の死を見送るための手伝い」をすることです。誰しも身内が亡くなれば冷静ではいられません。また、通夜から葬儀までの流れも慌しくなり、遺族だけでは回らないことも多いです。そのため、葬儀屋は遺族に代わって葬儀までの流れを執り仕切ります。葬儀屋の大まか