一時期は映画「おくりびと」で有名になった葬儀屋の仕事。

映画をきっかけに、葬儀会社で勤めたいと思うようになった人もいるかもしれません。

人生の最期を見送るお手伝いの仕事は、大変でもありますがとてもやりがいのある仕事でもあります。

そんな葬儀の仕事の向き・不向きや、やりがいのポイントについてご紹介します。

「葬儀の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

葬儀屋はどんな仕事?

葬儀屋の仕事は、一言でいえば「遺族が故人の死を見送るための手伝い」をすることです。

誰しも身内が亡くなれば冷静ではいられません。

また、通夜から葬儀までの流れも慌しくなり、遺族だけでは回らないことも多いです。

そのため、葬儀屋は遺族に代わって葬儀までの流れを執り仕切ります。

葬儀屋の大まかな仕事内容

遺族からの連絡を受けて、故人のお迎えに上がります。

故人に枕飾りをし、お坊さん(宗教により変わります)にお経をあげてもらってから、遺族と葬儀内容を相談し、葬儀の準備に取り掛かります。

通夜から葬儀、初七日までを執り仕切った後は、弔問者への返礼品なども行います。

その後は四十九日までの間、仏壇の花を届けることも多いです。

問題なく葬儀までの流れを執り行うことが出来れば、その後法事の際などにも遺族から依頼を受けることが出来ます。

葬儀屋の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

仕事上の役割とは?

葬儀屋の仕事は、遺族が故人を心おきなく見送ることが出来るように、表立って、また時には陰ながらお手伝いをする役割があります。

「葬儀の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

葬儀屋の仕事はどんな人に向いている?

誰かがいつ、どこで亡くなるのかは誰にも予測出来ません。

そのため、葬儀屋の仕事はとても変則的で、早朝出勤や遅くまでの残業もあります。

しかしその仕事にやりがいを感じられる人は、真摯に自分の役割に取り組むことが出来ます。

では、どんなタイプの人に葬儀屋の仕事は向いているのでしょうか?

真摯に勤められる人

葬儀屋の仕事は、人が亡くなってから始まります。

人が亡くなるということは、遺族にとってはとても悲しく、辛いことです。

その重苦しい気持ちを受け止めながら、冷静に、そして真摯に勤められる人が葬儀屋の仕事に向いています。

どんなに優しい性格をしていても、遺族と一緒に泣いてしまうような、感受性の強すぎる人は向いていません。

人間洞察力が高い人

葬儀屋の仕事では、遺族の要望に細かく答えることで葬儀の形を完成させていきます。

そのため、葬儀会社の都合で一番高いプランを強引に進めてしまうような営業力の強すぎる人はあまり向いていないでしょう。

遺族の様子を伺いながら、適度に営業もしていけるような、人間洞察力に優れている人にはおすすめです。

落ち着いている人

葬儀は厳かな空気の中で行われます。

葬儀屋もその空気を保ちながら仕事をする必要があるため、落ち着いた性格の人に向いています。

わたわたと慌しく動き回るような人は、遺族側からも見ていて不安になってしまうことがあるため、例えそこまで仕事が出来るわけではなくても、落ち着いて立ち回れる人であれば向いていると言えるでしょう。

判断力のある人

葬儀の仕事は、全てが予定通りに行われるというわけではありません。

葬儀中に何らかのアクシデントがあることもあります。

例えばお見送りの際に花が足りなかったり、火葬場からのバスが遅れたりと、現場でさまざまな問題が発生することもあります。

そんな時に落ち着いて、冷静な判断を下せる人は、どの場面でも遺族や同僚から頼もしく思われることでしょう。

何も葬儀に限った話ではありませんが、判断力のある人というのは周囲から頼りにされやすいです。

体力のある人

葬儀屋の仕事には体力が必要です。

人がいつ亡くなるかなど誰にも分からないため、時には夜中に遺族から会社に連絡が入ることもあります。

そうすると夜中に出勤し、そのまま一日通しで遺族と葬儀の相談、葬儀の準備を行うことも珍しくはありません。

流石に途中で睡眠を取りますが、葬儀の打ち合わせが長引いたりすればそれだけ寝不足にもなりやすいため、ある程度体力に自信がある人でなければ勤まらないでしょう。

精神面の強い人

葬儀屋の仕事は、人の死に深く関わっています。

遺族が深い悲しみに包まれていると、感受性の強い人では自分まで悲しく辛い気持ちになってしまうことがあります。

遺族にとっては「自分たちの悲しみを理解してくれている」と思える反面、「この人に全部任せきりでも大丈夫なのだろうか」と不安に思えてしまうでしょう。

そのため、厳かに葬儀を執り行いながらも、あくまでも仕事として冷静に行動出来る精神面の強さが求められます。

直ぐに他人の感情に共感してしまう人や、感受性の強すぎる人にはそこまで向いているとは言えないかもしれません。

「葬儀の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どんな会社で葬儀屋の仕事募集があるの?

1. 株式会社 日本セレモニー

株式会社 日本セレモニーは、全国に典礼会館を展開している会社です。

典礼会館は全国170箇所以上にあり、葬祭ディレクター等のポジションを中途採用しています。

未経験でも普通免許があれば挑戦でき、キャリアチェンジも可能であることで長く働ける環境と言えそうです。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 株式会社愛和

株式会社愛和は、介護からセレモニーまで手掛ける会社です。

全国に15か所以上展開しており、湯灌・納棺スタッフの中途採用を行っています。

普通免許は必要ですが、未経験・ブランクありでも応募可能です。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、リンク先より詳細をご確認ください。

その他葬儀屋の募集は?

上記の会社以外にも葬儀会社の仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

葬儀屋の仕事で活かせる経験

葬儀屋の仕事は、一般的な仕事とは一線を画しています。

それは、人の死に直接触れる仕事だからでしょう。

だからこそ、他の仕事とはまったく関わりがなく、これまでの一般的な仕事の経験は活かせないと考えている人もいるでしょう。

しかし、どんな仕事であっても、「仕事」の面から見た時に、全く無関係で活かせるものがないものなどありません。

葬儀屋の仕事の場合、どんな仕事の経験が活かせるのでしょうか?

接客経験

接客経験は、人と関わる仕事であれば、どんな仕事でも活かせる経験です。

人と接する際に、どんな風に接すれば相手に不快感を与えないか、好印象や安心感を与えることが出来るかなどは、実際に自分が働いて経験を積まなければ身に付けることは出来ません。

自然な笑顔で人と話をしたり、時にはお客の怒りに対応したりと、笑顔の接客からクレームの対応まで、一通りの接客経験を予め積んでいる人は、葬儀屋で働く際にも遺族とのコミュニケーションをスムーズに取りやすいでしょう。

事務職経験

葬儀屋の仕事は、遺族の中に入って葬儀を執り仕切ることです。

遺族の住む地域の風習によっては、葬儀自体は町内会や隣近所、年長者などが執り仕切ることもあります。

その場合には陰ながら手伝いをすることになりますが、それらの手伝いの大半の作業は事務手続きなどの、パソコンを使った仕事です。

例えば葬儀で飾る故人の写真を作ったり、遺族に代わって市役所へ死亡診断書を提出し、火葬許可証を取りに行ったりします。

弔問者への返礼品の手配やメッセージカードの作成や、葬儀用の花の手配、住職(宗教により変わります)の手伝い、通夜の食事の手配など、さまざまな裏方作業を短い時間で行わなければなりません。

いざ葬儀の場では、受付や流れを執り仕切る程度で、ほとんどの準備は事務仕事といっても良いでしょう。

そのため、事務経験のある人は書類の作成や電話での手配などの作業が比較的スムーズに行いやすいです。

宗教法人・宗教団体に関わる仕事

人が亡くなり、葬儀を行う際には、いずれかの宗派で行います。

家が代々仏教ならば仏教方式で葬儀を行いますし、神道を信仰しているのなら神道方式で、キリスト教ならその宗派に則った葬儀を行います。

どんなに普段は「無宗教」を名乗っている人でも、葬儀の際には必ずいずれかの宗派に則ります。

そのため、宗教関係で仕事の経験がある人では、自分の良く知る宗教であれば葬儀の際にも手伝いがしやすいですし、知らない宗派でも偏見や戸惑いが少なく仕事に対応出来ます。

「葬儀の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

葬儀屋で働くメリットとは?

人の死を見送る手伝いは大変なものです。

遺族が心おきなく故人を見送るためにも、裏方で身を粉にして働かなければなりません。

しかし、その大変さがあってもそれ以上にやりがいやメリットを感じられる部分があれば、その仕事はあなたに向いていると言えるでしょう。

大変なことの多い葬儀屋の仕事で得られるメリットとは、一体どのようなものでしょうか?

遺族から感謝される

誰もが感謝されるために仕事をしているわけではないでしょう。

しかし、一生懸命に仕事をして、その上で誰かに感謝されると、それはとても嬉しいものですよね。

葬儀屋の仕事は、一般的な仕事に比べると大変なことが多いです。

短時間で葬儀の準備をしたり、残業したりはもちろんですが、何よりも人の死と向き合って行う仕事です。

懸命に働けば、その姿に「ありがとう、おかげで良い葬儀になりました」と感謝してくれる遺族は多いです。

葬儀の知識が身につく

葬儀屋の仕事をしていると、さまざまな葬儀の知識やマナーが身に付きます。

それだけでなく、遺族によって宗派が異なりますので、さまざまな宗派の勉強をすることも出来ます。

仕事ですから葬儀の知識や宗派の知識を身につけるのは当たり前のことですが、仕事をしながら学べることは良い機会だと言えるでしょう。

色々な人に出会える

葬儀屋は、たくさんの遺族の中に入って葬儀を行う仕事です。

そのため、嫌でも色々な人と出会う機会があります。

仕事で関わった人と、またいつかどこかで出会う可能性はありますし、葬儀の仕事を通して親しくなる人もいます。

会社にこもって仕事に明け暮れるよりも、たくさんの色々な人に出会えるのも葬儀屋の仕事の魅力の一つでしょう。

「葬儀の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

葬儀屋でキャリアを身に付けて、葬儀会社の中でキャリアアップを目指すことは出来ます。

最初はいち社員として葬儀の手伝いをするだけだったのが、次第に葬儀に関する知識や技術などのノウハウを身に付けて、いざ自分で葬儀までの流れを執り仕切れるように成長していきます。

一人で葬儀を担当するようになるまでは、どの社員も同じです。

それ以上の地位になると、それぞれの社員が担当する葬儀を統括したり、何かあった時の責任者に任命されたりします。

しかし、葬儀屋の仕事は特殊な仕事ですので、別系列の葬儀関係の仕事であれば大いに役に立ちますが、一般会社への転職となると、事務仕事や接客能力以外ではそこまで必要とされるものはないかもしれません。

とはいえ、どんな場面で葬儀屋時代のノウハウが役立つ時が来るかは分かりません。

思いもよらないところでそれが役に立ち、その後の評価や昇進に繋がることもまったくないとは言い切れないでしょう。

自分にあった葬儀屋求人の選び方や注意点

葬儀屋は、チラシやネットでも随時求人が募集されています。

正社員で募集しているところもあれば、パート・アルバイトの形で募集しているところもあります。

他の仕事同様に、どんな風に自分が葬儀屋で働きたいかによって、求人の選び方を変えていきましょう。

以下は葬儀屋の求人を探す上でのポイントです。

ぜひ参考にしてみて下さい。

【選び方①】雇用形態から探す

葬儀屋の仕事は、主に正社員・契約社員・パート・アルバイトで募集されていることが多いです。

葬儀屋は葬儀自体を他の会社へ委託することはほとんどないため、派遣社員の形で雇うことはあまりないでしょう。

その代わり、一定期間のみ働いてもらう契約社員を雇用することはあります。

それ以外は正社員か、パート・アルバイトが多いです。

正社員は葬儀を執り仕切りますが、パート・アルバイトは葬儀の手伝いをしたり、チラシのポスティングをしたりします。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

自分がどれだけ稼ぎたいかによって、どの雇用形態で応募するかが変わってきます。

例えばバリバリ働いてたくさんお給料が欲しいのなら、迷わず正社員への道を目指すべきでしょう。

一方で、そこまで過酷な労働はしたくないけれど、ある程度お金は欲しいという人は、パート・アルバイトで応募する方が良いでしょう。

パート・アルバイトの場合は時給制が多く、一般的なパート・アルバイトの時給と大きく差はありません。

「葬儀の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか?故人の最期を厳かに、そして温かく遺族が見送ることが出来るように、葬儀屋は裏で一生懸命に働く仕事をしています。

そうした意味では、葬儀屋は故人のためではなく、遺族のために仕事をしていると言っても良いでしょう。

一人の命が終わる時、それは遺族にとってはとても辛くて悲しい出来事です。

何も考えられなくなっていることも多く、葬儀の流れは専門の会社へ任せたいと思う人は多いです。

そうした遺族の要望から、葬儀屋は存在し、粛々と仕事をこなします。

人に死に関わる仕事は、体力面よりも精神面できついかもしれません。

しかし一つひとつの葬儀を通して、自分自身が学べることも多いです。

もしあなたがこの記事を読んで、「自分に向いているかもしれないな・・やってみようかな」と思ったなら、ぜひ葬儀の仕事に携わってみるべきです。

そうしてあなたの働きによって、どこかで気持ちが救われる遺族の姿があるかもしれません。

「葬儀の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  葬儀屋の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  葬儀屋の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
2位
テレビCM『条件は、今よりいい会社』でお馴染みのdoda。転職の条件を有利になるようサポートしてくれます。 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

仕事 葬儀屋求人

葬儀屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

葬儀屋の年収・給料はどのくらい?私の周りの相場や年収の決まり方を紹介します

葬儀会社での勤務というと、悪い仕事ではないものの、忌み嫌われる仕事だと思います。人の死に触れる、詐欺師みたいなイメージを抱かれやすく、気嫌いされてしまいます。でも、社会にとってもとても大切な仕事で、誇りを持てる職業です。そんな葬儀会社の従業員の年収はどのくらいなのでしょうか?経験者がお伝えします。葬儀屋の年収の相場はどのくらい?実際に葬儀屋の方々は、どれぐらいの年収でお仕事をされているのでしょうか?葬儀屋では、様々な雇用形態で働かれている方が多いことが特徴です。また雇用形態というよりも、業界の経験年数によって報酬が変わることも多く、一概に雇用形態で給与が異なると言えません。ではそれぞれの雇用形

葬儀司会の仕事はどんな経験が役に立つの?活かせる経験やメリットをご紹介します!

求人情報等で目にすることも多くなってきた「葬儀司会」。時給が高めに設定されていたり、シフト制で希望が出せたりと、メリットが感じられて、気になる方もいるのではないでしょうか?でも、未経験で葬儀司会の仕事ができるのかどうか不安でもあり、なかなか飛び込みにくい業界ですよね。では、どんな経験を持っていると重宝されるのでしょうか?活かせる経験について解説します。葬儀司会の大まかな仕事内容についておさらいしておこう葬儀司会の仕事は、葬式での司会はもちろんですが、全体の状況把握と全体の時間や流れを把握することが求められます。理由としては、司会者は式進行を執り行うことが仕事になります。だからこそ、何に時間が掛

葬儀司会求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ほとんどの人が一生に何度か参加することになるであろう葬儀。その葬儀には司会の仕事があります。でも、「葬儀司会のお仕事」ってコアな部分になるため、なかなか情報収集できないですよね。今回は私の過去の経験から、葬儀司会求人のコア部分の内容や疑問について解説いたします。葬儀司会のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容葬儀の際に司会進行を行うことになるため、当日の流れや段取りを全て把握し指揮する、司令塔の役割を担います。葬儀は、1つ1つの葬儀それぞれで、対応しなければならないことが異なります。本当に1つとして同じものはありません。宗派が違うだけでも進行の仕方が変わりますし、準備する物も変わります。またその

葬儀屋バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

「葬儀屋で正社員として働くのはちょっと・・・でもアルバイトとしてなら働きたい!」そう考えている人は案外多いです。とくに家事や育児がある人や、仕事が出来る時間が制限されている人では、正社員よりもパート・アルバイトとして働くことを希望するでしょう。そんな人のために、葬儀屋のバイト求人での時給や、向き不向きなどについてご紹介していきます!葬儀屋のアルバイトを考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。葬儀屋のバイトはどんな仕事?葬儀屋のバイトでは、主に通夜や葬儀の手伝いをメインで行います。葬儀の依頼がない日には、チラシをポスティングする仕事をすることもありますが、葬儀がある時には受付を手伝ったり、葬儀

葬儀屋の転職を成功させるためにやるべき2個のことや注意すべきこと

遺族が故人を心置きなくお見送りするために、葬儀屋は遺族をサポートし、陰でさまざまな仕事を行います。一般職とはちょっと違った特殊な仕事に憧れて、転職を目指す人もいるでしょう。しかし、まったく何の心構えもなく葬儀屋の世界に飛び込むと、意外に大変な仕事の数々に、心が折れてしまうかもしれません。そこで、葬儀屋へ転職するのなら予め知っておきたいことや、やっておきたいこと、注意すべきことについてご紹介していきます!葬儀屋の転職で注意したほうが良い6個のこと葬儀屋の仕事というと、あなたはどんなことを想像しますか?全く何も知らないという人は、テレビドラマで見るような内容を想像するかもしれません。また、実際に遺


葬儀屋仕事に関するコラム

葬儀屋の仕事がきついと言われる5個の理由とそれを乗り越える5個の方法。経験者が解説!

一度は「葬儀屋の仕事はキツイ」と耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、何がキツイのかと聞かれると、ズバッと言える方がいないのが大半です。そして、そのキツイ仕事でも辞めずに続く方もいらっしゃるのが事実です。どのようにしてキツイ仕事を乗り越え継続して勤務できるのか、キツイ仕事内容と乗り越え方を解説いたします。葬儀屋のおおまかな仕事内容とは?病院や遺族から葬儀の依頼の電話が入るとご遺体を受け取りに伺います。その間に、喪主の方と葬儀の規模やお花の種類や本数などを決め、葬儀に来られる方や来ることが難しい方の電報などの受け取り住所や電話番号をご遺族の方へお教えし、電話を受ける準備

葬儀屋の仕事内容12個の業務。経験者が教えます!

冠婚葬祭の仕事ってどういう印象でしょうか?ほとんどの方が「婚」の結婚式を真っ先に想像するのではないでしょうか。仕事内容的にもイメージもしやすいからだと思います。では、ちょっとイメージしにくい「葬」の仕事ってどんな内容なのでしょうか。リアルな仕事内容を知って頂けるように、葬儀屋の仕事を解説します。葬儀屋の仕事は大きく4個の役割に分けられるまず、葬儀屋の仕事は大まかに4つに分けられます。司会進行役(葬祭ディレクター)葬儀当日の司会と進行を行う役割の事です。大きい葬儀になればなるほど、今からお経が始まることや焼香の呼びかけ、お花を献花するタイミングなど、全ての段取りを指揮するようになります。また、香