これまでに「ブラック企業」、「パワハラ」等々の働く上でマイナスになるワードがたくさん生まれてきました。

そこに「働き方改革」といった法改正がなされ、日本の労働環境が少しづつですが改善されつつあります。

そして、その労働環境を改善する知識を持つ社会保険労務士も今注目されています。

しかし、社会保険労務士という名称は知っていても、実際にどのような資格なのかわからない方が多いかと思います。

この歴とした国家資格である社会保険労務士が、どのような仕事で、どんな方が向いているのかを解説いたします。

社労士(社会保険労務士)の仕事はどんな仕事?

世間的には、社会保険労務士というより略された社労士として浸透しつつあります。

しかしながら、具体的な仕事内容はなんなのかと質問されても返答に困るのではないでしょうか?

一言で言うと、労働する上で関係する法律のプロフェッショナルです。

労働基準法、労働者災害補償保険法(労災)、雇用保険法、厚生年金法等々と10以上の関係法律を独占業務として扱います。

その法律をもとに、企業の就業規則の作成、従業員の人事労務管理等を行い企業と従業員が健全に働ける環境を作り上げることが仕事となります。(※独占業務とは、社労士の資格を有していないと行えない仕事をさし、分かり易い仕事でいうと主に社会保険・雇用保険の手続きの代行などがあげられます。)

そして、社会保険労務士といっても働き方で呼び名が変わります。

勤務社会保険労務士(通称:勤務社労士)

一つの会社に所属して、他の従業員と同様に労働者として働き、会社内の従業員の雇用保険、社会保険の事務手続きや給与計算等々を行います。

難しい資格なので、企業からの評価も高く責任ある立場も任されやすくなります。

開業社会保険労務士(通称:開業社労士)

開業社労士の場合は、ご自身で事務所を設けて(自宅を事務所にする方が多いい)営業を行い顧客を獲得して、その企業のコンサルタントを行います。

そもそも社会保険労務士は、独立系の資格として位置づけられており独立志向の高い方にも人気の資格です。

特定社会保険労務士(通称:特定社労士)

社労士が厚生労働大臣が定める研修を受け、「紛争解決手続代理業務試験」に合格した者を、特定社会保険労務士と言います。

労働トラブルが大きくなると裁判にもなりかねません。

しかし、裁判には時間と費用が掛かる為、企業・従業員両者にとっても決していいことではありません。

そこで、特定社労士が間に入り、「あっせん」という手続きをもって和解に導きます。

この特定社労士とは、開業社労士が取得することが多く、社労士としてもとても醍醐味のある仕事ではありますが非常に難しい事案が多くあります。

社労士(社会保険労務士)の大まかな仕事内容

社労士の仕事はとても多岐に渡りますが、企業・従業員に分けて紹介していきます。

企業に対しては

  • 就業規則の作成及び提案、法改正に伴う修正
  • 賃金規定の作成及び提案、法改正に伴う修正
  • 社会保険料の算定基礎届(年に1度計算して提出)
  • 労働保険料の計算
  • 労働環境の改善提案、それに伴う関係助成金の手続き

といった、従業員が健全に働ける為の規定や環境を作りあげ、労働トラブル等に発展しないようにリスク管理を主とします。

これらは、勤務・開業共通して行っている仕事になりますが、顧客を複数持つ開業社労士の方が実務経験数が多く、スキルが高い方が多いいです。

従業員に対しては

  • 入社時の社会保険、雇用保険に加入する手続き
  • 仕事中にケガをした際の労災手続き
  • 休職する際の傷病手当の手続き
  • 退職する際の離職票作成

といった従業員が入社してから退職するまでの手続きを、一貫して行う仕事が主となります。

これらも勤務・開業ともに共通した仕事ですが、勤務社労士がいる場合は、タイムリーに書類を揃えられる点を踏まえると手続きが非常にスピーディに行えます。

特定社労士ともなれば、これらに合わせて

  • 裁判外紛争手続き
  • 都道府県労働局が行う「あっせん」「調停」の手続きの代理
  • 紛争の相手との交渉及び和解契約の締結

といった、非常にデリケートな案件も担当することが出来ます。

社会保険労務士として花形といってもいい仕事となります。

仕事上の役割とは?

前述してありますが、企業の体制を整備して従業員が健全に働ける環境を作り上げる。

つまり、企業と従業員の間にたってより良い会社を作り上げることが使命であり役割となります。

時には、先頭にたって改善を図り未然に労働トラブルを防ぐようなリーダーシップも必要となります。

労働トラブルは、企業が成り立つ上で非常にマイナスなことであり法の解釈を間違えて、時には未払い賃金等が発生して大きな損害が発生することもあります。

その結果、「労働倒産」といった企業にとっても従業員にとっても不幸な結果になりかねないのです。

労働倒産とまでならないにしても、そのような労働トラブルが発生しないよう法律を駆使して両者が幸せに働ける環境を作る非常に重要な役割なのです。

社労士(社会保険労務士)の仕事はどんな人に向いている?

社労士は非常に細かな事務手続きから企業の経営にまで関わる仕事まで多くの仕事を任されます。

そんなやりがいのある社労士の仕事がどんな人に向いているのか挙げていきます。

聞き上手な人

社労士として仕事をする為には、とても重要なスキルになります。

従業員が不満を打ち明ける際は、大抵の従業員は感情が表に出た状態となっています。

そこで怒りを納めて貰うことで、その後の労働問題に発展するかしないかが決まります。

しっかりと従業員の話を聞いてあげる事が出来る聞き上手でコミュニケーション能力の高い方は、社労士にとても向いています。

行動力がある人

従業員が不満を打ち明けて話を聞くだけでは、また同じ問題に発展しかねません。

しっかりとなにが問題なのか法律に当てはめトップに問題提起をして、解決させる為に待遇改善、場合によっては就業規則の修正が必要です。

そこには法律に則って早急に対応を行わないと、社内全体に問題が広がり大きな問題に発展していきます。

そうならない為にも、行動力がある方は社労士に向いていますし、とても必要な能力です。

気配り上手な人

これは聞き上手な人であれば備わっている能力かもしれませんが、問題を改善してより良い環境を作り上げる。

それで終わりでは社労士としては100点ではないのです。

その後、働く従業員に対して「あれからどうですか?」といった反応を確認することで、新たな労働トラブルを未然に防ぎます。

そのようにアフターケアが出来る気配り上手な人も、とても社労士に向いています。

細かな作業が好きな人

社労士の事務手続きは非常に細かな作業がたくさんあります。

給与をもとに、社会保険料の算定をする際も計算方法を間違えれば、従業員の給与の手取りが変わったりします。

その他にも、見落としがあれば本当は支給されたはずのものが支給されなかったりする可能性もあります。

数字を法律の知識を踏まえながら作業や確認をする為、細かな作業やチェックを得意とする方も社労士にとても向いています。

暗記力、記憶力が高い人

これは、実務経験より資格取得に重要になってくる能力です。

社労士試験は、弁護士とまではいかないですが非常に覚える幅が多く「暗記系」の資格です。

覚えてなんぼの試験なので暗記力が必要となります。

そして取得後は、その知識を実務経験に活かすので記憶力が必要となってきます。

その後も、常に法改正が行われるのでその都度覚えるという意味でも社労士にとって必要なスキルとなります。

社労士(社会保険労務士)の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

社会人に1年目から社労士として仕事をする方は実は少ないです。

社会人になって、社労士という資格を知り取得する方が多くいる事から、誰でもこれまでの経験を活かすことが可能です。

営業の経験がある方

社労士は、独立系の資格とされるので開業を目指す場合は、営業力が必要になってきます。

どのような業種の営業経験でも、営業していると開業する際はとても役に立ちます。

接客業の経験がある方

社労士は、時に感情が表に出た状態の従業員との労働トラブルを対応しなければなりません。

そんな時に、お客様ではないですがしっかりと相手の話を聞く姿勢が大事になります。

接客業を経験していることで誠意ある対応が出来るはずなので、そんな経験がある方も役に立ちます。

ファイナンシャルプランナーや私的保険に携わった経験がある方

社労士は、社会保険といった公的なものを扱うのですが、ファイナンシャルプランナーといった私的な保険をメインとする知識と併用することで相談相手に非常に適格なアドバイスが出来るようになるのでとても役に立ちます。

社会人経験がある方

大半が社会人経験のある方が、資格取得を目指しますが開業社労士ともなれば様々な企業の顧問になれます。

そして多岐に渡る業務を行う為、それぞれ得意分野を持っています。

更に業種に対しても得意不得意があったりします。

その点を踏まえると、これまでの経験を活かして業種の内情をもとに営業も行えますし、アドバイスも適格に出来ます。

よって、社会人経験全てが無駄になりません。

社労士(社会保険労務士)として働くメリットとは?

お役所からの信頼度が抜群

従業員の事務手続きといった細かな手続きは、資格がなくても行うことが出来ます。

しかし、社労士が手続きの窓口に言って行うのと社労士でない人が行うのとでは受理されるまでの時間に差が出ます。

国家資格なので、お役所からの信頼度も高く手続きがとてもスムーズに行われます。

手続によっては電子申請で行うことも出来、わざわざ窓口に出向くことも不要で時間短縮にもなります。

企業によっては資格手当が貰える

社労士の資格は非常に難関な資格で、合格率は2%~8%程度。

合格するだけでも1年2年を要する資格なので、企業からも重宝されます。

待遇として資格手当がある企業も多数あります。

異動や転勤が少ない

合格するだけでも難しい資格、かつ総務という立場でふるに活かせる資格。

その資格を活かせる総務からの異動、それに影響する転勤といったことが少ないです。

人脈が広がる

社労士を名乗る為には、社会保険労務士会に所属しなければなりません。(※正確には所属しなくても名乗れるのだが、名刺等には「社会保険労務士有資格者」と表記しなければならない。)

その社労士会はたくさんの社労士との交流があり、他の士業(弁護士、公認会計士、税理士等々)の方々との交流会もあります。

先ほど向いてる方のポイントで挙げたコミュニケーション能力と行動力があればみるみる人脈が広がります。

働く上で損をしない

働く目的は、給与を得る為ですが給与からは社会保険料、所得税、住民税といった税金が引かれます。

その税金の引かれ方、計算方法なども熟知している為、その時々の最適な働き方が出来る。

それ以外にも、労働に関する法律を知っているので法律違反かどうかの判断も出来、ホワイトな企業を転職等でも選べる知識を持っている。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

勤務社労士を続ける場合は、総務の長としてキャリアアップは間違いないでしょう。

企業としても、社労士という知識を活かさない手はないので信頼度も高いです。

開業社労士ともなれば、幅広い仕事をこなせることから様々な可能性があります。

社会保険に特化、助成金に特化といった得意分野をもって仕事をこなすことでライバルとの差をつけることも可能です。

有能な開業社労士ともなれば、年収1000万円を超えます。

他の資格との組合せで更に可能性が広がる?

社労士の資格は他の資格との相性も良く、取得することで仕事の幅が増えます。

事務系の資格でいえば、簿記検定との組合せで経理全般の知識も身に付き、より正確な財務面でのアドバイスも出来るようになります。

開業社労士となれば、特に相性の良い資格はファイナンシャルプランナーです。

公的な知識の社労士としての立場と、私的な知識のファイナンシャルプランナーの立場から相談者の働く上での困りごとから、ライフプランまで多岐に渡ってアドバイスが可能となります。

更に、とても人脈が広がる資格でもある中小企業診断士との組合せともなれば仕事の幅はより一層広がります。

そもそも、社労士は中小企業や零細企業に非常に求められます。

そこに中小企業診断士の知識があれば鬼に金棒です。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

総務の知識のプロフェッショナルである社労士。

どの職種でも総務というセクションは重要になります。

社労士という資格と実務経験があることで転職にも非常に有利とされています。

総務の立場ではなかったとしても働くことに変わりない以上、労働に関する法律を知っていることはどの職種でも役に立ちます。

まとめ

「日本人は働き過ぎ」と良く耳にしますが、先進国でありながら日本の労働環境は、他の先進国と比べて決して良いとは言えない環境です。

「働き方改革」という法改正に伴い、残業時間の規制、年次有給休暇の義務化、その他にも最低賃金の上昇といった労働者にとって少しづつですが環境の改善が行われています。

ですが、法改正されたから企業や従業員の環境が良くなるわけではありません。

それらの法律を正確に理解して、その企業にあった管理体制を築く、社労士が必要なのです。

今後、法改正が進み日本の労働環境が目まぐるしく変わっていきます。

より一層、社会保険労務士という立場が認知され、求められていくことでしょう。

難関な資格ではありますが、とてもやりがいのある仕事であり価値のある資格です。

今後のキャリアアップに社会保険労務士、目指してみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

社労士求人